Academic Box Logo

仮BAND - 唯一無二のセッションバンド?セッションの革命とは!?

仮BAND - 唯一無二のセッションバンド?セッションの革命とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 仮BANDは、藤岡幹大(g)、BOH(b)、前田遊野(dr)の3人によるインストゥルメンタル・バンドです。

💡 個性豊かな3人のメンバーが織りなす音楽は、テクニカルでエキセントリックなサウンドが特徴です。

💡 彼らの音楽は、既存のカテゴリーに収まらない、唯一無二のセッションを追求しています。

では、第一章から詳しく見ていきましょう。

仮BANDの始まりとデビュー・ミニ・アルバム『仮音源-Demo-』

それでは、仮BANDの始まりとデビュー・ミニ・アルバムについて詳しくご説明します。

🔖 関連記事の要約!藤岡幹大/仮BAND『仮音源
藤岡幹大/仮BAND『仮音源

✅ 仮BANDは、国内屈指のテクニカル度とミュージシャンシップを誇る藤岡幹大(g)、BOH(b)、前田遊野(dr)の3人によって結成された超技巧派インストゥルメンタル・バンド。

✅ バンド名の由来は、人気アーティストのバックを務めるバンドから来ている。デビュー・ミニ・アルバム「仮音源 -Demo-」は、エキセントリックながらもキャッチーな曲調で、聴く者を魅了する。

✅ 藤岡氏は、本作の制作について、セッションから生まれたバンドであり、3人の個性が融合した独特な音楽性について語っている。BOH氏のユーモアがライヴを盛り上げ、前田氏の自由な演奏が楽曲にスパイスを加え、藤岡氏の緻密なアレンジが楽曲の深みを生み出している。

さらに読む ⇒HOMEHOME出典/画像元: https://youngguitar.jp/interviews/1704-mikio-fujioka-kariband

メンバーそれぞれの個性が光る演奏は、聴く者を魅了するだけでなく、笑わせる要素も満載ですね。

国内屈指のテクニカル度とミュージシャンシップを誇る藤岡幹大(g)、BOH(b)、前田遊野(dr)の3人によるインストゥルメンタル・バンド、仮BAND。そのデビュー・ミニ・アルバム『仮音源-Demo-』は、エキセントリックながらもキャッチーな楽曲で、聴くものを驚かせる。藤岡氏によると、バンド結成はセッション・イベントがきっかけ。当初は2016年中に完成させる予定だったが、時間が取れず、本格的なライヴも数回しか行われていない。2016年の桑原あいとのライヴで初めて「仮BAND」の名前を使用。その後、新宿BLAZEや大阪茨木JACKLIONでのライヴを経て、今回のミニ・アルバムがリリースされた。ライヴではBOH氏の漫談が話題となり、演奏の合間に笑いが絶えない。メンバーそれぞれの個性が光る楽曲制作では、BOH氏がキャッチーな方向に、前田氏が自由なアイデアで、藤岡氏が複雑なリズムパターンや音階を導入し、独特の世界観を作り上げている。特に「Chuku」は、13拍子でありながらギターのリフは4拍子に聴こえるなど、藤岡氏のこだわりが垣間見える。3曲目の「忍者Groove」は、BOHさんと前田さんが作ったリズムネタから生まれた楽曲です。前田さんが算数のように「1、2、3、1、2、1、2、3」と叩くリズムが特徴的です。BOHさんの提案で和風要素を取り入れ、ギターソロでは雅楽っぽい雰囲気を出すために、スライド奏法やハーモニクスを用いています。4曲目の「Djentleman」は、ジェントスタイルの楽曲で、ISAOさんをゲストに迎え、ギターとベースのユニゾンが特徴です。BOHさんが作ったベースラインに、藤岡さんがギターでメロディーを乗せることで、速く弾くと情緒不安定で笑いながら怒っているような印象を与える楽曲に仕上がりました。藤岡さんは、ソロパートにジェントルマン的なコードを当て、ISAOさんとスタジオで一緒に演奏を行いました。

え、まじ!?セッションとかめっちゃ楽しそうやん!

お兄さん、詳しいね!セッションって、やっぱ技術も必要やけん、大変そうやけど、楽しそうでうらやましいっちゃ!

あら、若いもんは、セッションとかいう言葉、よく使うのね。私の時代は、もっと違う言葉だったわよ。

藤岡幹大の死後、新たな章へ - セカンドアルバム『二枚目』

続いて、藤岡幹大氏の逝去後、仮BANDがどのように変化していったのかについてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!インタビュー】仮BAND、仮のままで突っ走る唯一無二のバンドが待望の2nd AL『二枚目』
インタビュー】仮BAND、仮のままで突っ走る唯一無二のバンドが待望の2nd AL『二枚目』

✅ 仮BANDは、ギタリスト藤岡幹大の逝去後、より自由な音楽性を追求するため、新たなメンバーを迎えてセカンドアルバム「二枚目」をリリース。

✅ 藤岡幹大の弟子である岡聡志(SAM)や平賀優介(G)をはじめ、様々なジャンルのミュージシャンが集結し、ジャズ、ラテン、ファンク、メタルなど、多様な楽曲を収録している。

✅ セッションという新たなジャンルを開拓し、既存のカテゴリーに収まらない唯一無二の音楽性を追求している。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000177939

故藤岡幹大氏へのリスペクトを感じられるセカンドアルバム。彼らの音楽は、これからも進化していくでしょう。

仮BANDは、ギタリスト藤岡幹大の急逝から約1年を経て、より自由な音楽性を追求するため、新たなメンバーを迎えてセカンドアルバム『二枚目』をリリースした。藤岡幹大のプレイを受け継ぐ岡聡志(SAM)や平賀優介ら、実力派ミュージシャンが参加し、ジャズ、ラテン、ファンクなど、ジャンルを超えたセッションを展開している。BOHと前田遊野は、藤岡幹大へのリスペクトを込めて、彼の弟子であるSAMと平賀を迎え入れ、故人のフレーズを忠実に再現した楽曲「侍Groove」を収録。アルバムは、楽曲ごとに異なる個性を持つ、まさに゛仮゛のままで突っ走る唯一無二のバンドサウンドを聴かせる。BOHは、仮BANDの音楽性を「セッションという棚があればそこに置いてほしい」と表現し、J-POP、ロック、ジャズなどの枠に収まらない、独自の音楽性を持つことを強調している。前田遊野は、作曲を担当した「CloudFunding」について、「前作にも参加してもらった(桑原あいの)ピアノが最高」とコメントしている。

えー、まじ!?そんな悲しいことあったん!?

でも、新たなメンバーも加わって、セッションの幅が広がったみたいやけん、今後の活動に期待しかないっちゃ!

あら、若いもんは、セッションとかいう言葉、よく使うのね。私の時代は、もっと違う言葉だったわよ。

『二枚目』収録曲:それぞれの個性が光る楽曲制作

では、セカンドアルバム『二枚目』の収録曲について、詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!CDレビュー
CDレビュー

✅ 「仮音源 -DEMO-」は、腕利きのミュージシャンが集結した仮BANDのファースト・ミニアルバムで、アマゾンのフュージョンカテゴリーで1位を獲得した注目の作品です。

✅ 楽曲はバラエティ豊かで、テクニック満載ながらも自然に聴ける点が魅力です。ジャズピアニスト桑原あいさんをゲストに迎えた「Jamrika」や、ホーンセクションをゲストに迎えた「Common time’s Logic」など、様々なジャンルの楽曲が楽しめます。

✅ BABY METAL好きな方には、ヘビーメタルのジェントサウンドが楽しめる「Djentleman」がおすすめです。メンバーの個性と遊び心が光る、進化したフュージョンアルバムとなっています。

さらに読む ⇒High Sense DesignHigh Sense Design出典/画像元: http://hsd.cocolog-nifty.com/high_sense_design/2017/06/cd--demo--band-.html

各楽曲の個性が際立ち、それぞれのメンバーの才能が存分に発揮されていますね。

「Jamrika」は、BOHさんが作ったリフを基に、藤岡さんがコードを後付けして作った曲。BOHさんは5/8拍子、前田さんは5/4拍子で演奏することで、独特のリズムを生み出している。レコーディングは3テイク行われ、2テイク目のぶち切れた感じが気に入って採用された。ピアノソロからギターソロへの流れは桑原あいちゃんのアイデアによるもので、ギターソロはピアノソロのフレーズを引き継いでいる。バンドメンバーそれぞれが個性を発揮しながらも、お互いの演奏に反応し、一体感を感じられる楽曲となっている。「Snowflakes」は、BOHさんが作ったリディアン・スケールを使ったフレーズを基に、レコーディング中に前田さんのアイデアでリズムがストレートに変化した曲。歌詞は藤岡さんが書き、BOHさんの思い出をモチーフにしている。

ええー、曲のタイトルも個性的やんなー!セッションって、やっぱ最高やん!

うーん、セッションって、やっぱ奥が深いけん、ついつい聞き込んでしまうっちゃ!

あら、若いもんは、セッションとかいう言葉、よく使うのね。私の時代は、もっと違う言葉だったわよ。

藤岡幹大氏のシグネチャーギター「G-SN-62MF」

続いて、藤岡幹大氏のシグネチャーギターについてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!GrassRoots G
GrassRoots G

✅ GrassRootsは、ESP SNAPPER Fujioka CustomのシグネチャーモデルとしてG-SNAPPER-MFを発表しました。

✅ G-SNAPPER-MFはESP SNAPPER Fujioka Customにインスパイアされた設計で、ボディ、ネック、指板、スケール、ナット、インレイ、構造、チューナー、ブリッジ、ピックアップ、パーツカラー、コントロールに至るまで、その特徴を継承しています。

✅ G-SNAPPER-MFは、ESP SNAPPER Fujioka Customの象徴的なサウンドとルックスをより手頃な価格で提供することを目指しています。

さらに読む ⇒ミュージックランドKEYミュージックランドKEY出典/画像元: https://www.musicland.co.jp/fs/musiclandkey/grsrts-g-sn-62mf

故藤岡幹大氏の想いが詰まったシグネチャーモデル。ギター愛好家にとって、垂涎の的ですね。

故藤岡幹大氏のシグネチャー・ギター「G-SN-62MF」が、GrassRootsブランドより発売される。このモデルは、ESPとEDWARDSの藤岡幹大シグネチャーモデルの流れを汲みつつ、全体サイズを89%に縮小、手が小さい人や握力が弱い人でも弾きやすい設計となっている。これからギターを始める人にも最適なモデルで、2021年1月19日に発表され、2021年5月に出荷予定。価格は62,000円(税抜)。スペックは、ボディ:アルダー、ネック:ハードメイプル、指板:パウフェロ、フレット数:22、スケール:577mm、ナット:ボーン(42mm)、インレイ:ドット、構造:ボルトオン(スターカット)、チューナー:ロトマチックタイプ、ブリッジ:BS113、ピックアップ:GH-1G(ネック)、GS-1G(ミドル)、GH-1GP(ブリッジ)、パーツカラー:クローム、コントロール:マスターボリューム、マスタートーン、5ウェイレバーPUセレクター、ネックPUSingleModeSwitch、カラー:ヴィンテージバーガンディミストなど。

まじ!?ギターの値段って、高いんかなー?

お兄さん、ギター詳しいんかー!俺もギター弾きたいっちゃけど、なかなか時間がないっちゃー。

あら、若いもんは、ギターとかいう言葉、よく使うのね。私の時代は、もっと違う言葉だったわよ。

以上、仮BANDについてご紹介しました。彼らの音楽は、これからも多くの人を魅了していくでしょう。

🚩 結論!

💡 仮BANDは、セッションという新たなジャンルを切り開き、唯一無二の音楽性を追求しています。

💡 彼らの音楽は、テクニカルな演奏と個性的なメンバーの組み合わせによって生み出される、まさにセッションの革命です。

💡 今後の活動にも注目していきたいですね。