Academic Box Logo

YMOの音楽は、今も聴き継がれる?テクノポップの革命とは!?

YMOの音楽は、今も聴き継がれる?テクノポップの革命とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 YMOはテクノポップという新しいジャンルの確立に貢献した

💡 メンバーそれぞれのソロ活動も高く評価されている

💡 現代の音楽シーンにも大きな影響を与えている

それでは、YMOの魅力について掘り下げていきましょう。

YMOの革新的な音楽性

YMOの音楽は、まさに革新的ですね。

🔖 関連記事の要約!日本が世界に誇るテクノユニット、YMOの歴史と魅力を再確認!
日本が世界に誇るテクノユニット、YMOの歴史と魅力を再確認!

✅ Yellow Magic Orchestra(YMO)は、テクノミュージックの元祖として、世界中の音楽シーンに大きな影響を与えてきた日本の音楽グループです。

✅ YMOは、1970年代後半から1980年代にかけて、テクノポップという新しいジャンルを確立し、その独特なサウンドと革新的な音楽テクノロジーで社会現象を巻き起こしました。

✅ YMOは、音楽以外のジャンルのクリエイターとも積極的にコラボレーションを行い、新しいエンターテイメントを生み出し、その影響は後のJ-POPにも大きく、現在でも多くのアーティストから影響を受けています。

さらに読む ⇒KKBOX - LISTEN, AND BE HEARDKKBOX - LISTEN, AND BE HEARD出典/画像元: https://www.kkbox.com/jp/ja/column/showbiz-0-1026-1.html

YMOの音楽は、時代を超えて愛される理由がよくわかります。

1978年に結成されたイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)は、テクノポップの先駆者として、世界的に大きな影響を与えた音楽グループです。彼らの音楽は、当時画期的なサンプリング技術や電子楽器を駆使し、独自のサウンドを生み出しました。YMOの音楽は、キャッチーなメロディー、歌謡テイスト、効果音の巧みな使い方が特徴で、代表曲『RYDEEN』は日本で大ヒットしました。

YMOって、めっちゃカッコええやん!

確かに、YMOの音楽は独特で、中毒性があるよね。

YMOの音楽は、未来を感じさせるわね。

メンバーそれぞれのソロ活動における革新性

メンバーそれぞれの個性が光るソロ活動も魅力的ですね。

🔖 関連記事の要約!最初の フィルハーモニー細野晴臣 と 坂本龍一音楽図鑑レコードセット 邦楽
最初の フィルハーモニー細野晴臣 と 坂本龍一音楽図鑑レコードセット 邦楽

✅ 細野晴臣のレコード「フィルハーモニー」と坂本龍一のレコード「音楽図鑑」のセット販売です。

✅ 商品の状態は、経年による汚れやスレ、ヤケがあるものの、ディスクは問題なく再生できます。

✅ 購入者からは、音質の良さを評価する声や、迅速丁寧な対応への感謝の声が寄せられています。

さらに読む ⇒ findbug.io findbug.io出典/画像元: https://findbug.io/goods/0025445511.html

細野さんと坂本さんのソロ作品は、どちらも素晴らしいですね。

YMOのメンバーそれぞれのソロ作品にも、彼らの革新的な音楽性は光っています。細野晴臣のソロアルバム『フィルハーモニー』では、自然音を加工してリズムやフレーズに取り込んだサンプリング技術が、当時の音楽シーンに衝撃を与えました。細野の最新アルバム『VuJaDe』収録曲『洲崎パラダイス』は、映画音楽へのオマージュでありながら、細野作品特有のノスタルジックな響きが感じられます。坂本龍一のソロアルバム『音楽図鑑』収録曲『PARADISELOST』は、パンク、即興性、ダブの手法を融合させた実験的な作品であり、彼の音楽における挑戦的な姿勢を垣間見ることができます。

細野さんの音楽、めっちゃ落ち着くわ〜。

坂本さんの音楽は、ちょっと難しくてよくわからんけど、なんかカッコええ。

若い頃は、細野さんと坂本さんの音楽に夢中になったのよ。

時代を超えて愛されるYMOの音楽

YMOの楽曲人気投票の結果は、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!YMO】人気曲ランキングTOP23! 第1位は「Tong Poo(東風)」に決定!【2021年最新投票結果】(1/9)

公開日:2021/11/28

YMO】人気曲ランキングTOP23! 第1位は「Tong Poo(東風)」に決定!【2021年最新投票結果】(1/9)

✅ ねとらぼ調査隊が実施した「YMOの名曲であなたが好きなのは?」というアンケートの結果、1位は「Tong Poo(東風)」、2位は「ライディーン」、3位は「Behind The Mask」となりました。

✅ 「Tong Poo(東風)」は坂本龍一さんが作曲を担当し、北京交響楽団をイメージして作られた楽曲で、オーケストラ風のイントロから始まり、ダンサブルな楽曲へと転調していく、さまざまなシンセの音色が使用された名曲です。

✅ 「ライディーン」はYMOの代表曲として知られており、当時最先端だったシンセサイザーを駆使して作られた楽曲であり、現在聞いても色褪せない名曲となっています。

さらに読む ⇒�˂Ƃ���˂Ƃ��出典/画像元: https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/471041/

YMOの音楽は、世代を超えて愛されていることがわかります。

YMOの楽曲人気投票の結果、1位は「TongPoo(トンプー/東風)」、2位は「ライディーン」、3位は「Behind The Mask」でした。投票数からもわかるように、YMOの代表曲である「ライディーン」「テクノポリス」「Behind The Mask」は、時代を超えて愛され続けていることが証明されました。また、アルバム「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」収録の楽曲も上位にランクインしており、このアルバムの人気の高さがうかがえます。

やっぱり、ライディーンが一番好きやねん!

Tong Pooもええ曲やけど、ライディーンの方が好きかな。

昔は、YMOのレコードを毎日聞いてたのよ。

現代音楽における『YMO環境以後』

YMOの音楽は、現代の音楽にも大きな影響を与えているんですね。

🔖 関連記事の要約!2020年のYMO評 エキゾ、電子音楽、ポップスの視点から3人が紡ぐ
2020年のYMO評 エキゾ、電子音楽、ポップスの視点から3人が紡ぐ

✅ 1978年にデビューしたYMOは、1980年代の高度に成熟した社会と密接な関係があり、音楽やアートだけでなく、思想、広告文化、ファッション、メディア環境など幅広い文化に影響を与えました。

✅ YMOは、日本人によるオリジナルかつ最先端の音楽が世界で受け入れられた最初の例であり、その事実は、YMOが日本の音楽文化の頂点にあるとされる理由の一つです。

✅ 本稿では、YMOの権威的な面や多様な言説をいったん脇に置いて、いわゆる「アルファレコード期」のYMOを現代の日本の音楽との「接続点」に焦点を当て、YMOという音楽精神が現代の音楽文化にどのように影響を与えているかを考察します。

さらに読む ⇒CINRACINRA出典/画像元: https://www.cinra.net/article/column-202002-ymc_ymmts

YMOの音楽精神は、現代の音楽文化に受け継がれているんですね。

YMOの音楽は、現代の音楽文化にも大きな影響を与えています。YMOが醸成した「エキゾ」という概念は、現代のミュージシャンたちの音楽にも受け継がれており、その影響は多岐にわたります。現代のミュージシャンたちは、YMOの音楽精神を受け継ぎ、自分たちの音楽を通して、YMOへのオマージュと敬意を表現しています。

YMOの音楽、今の音楽にも影響与えてるんや!知らんかったわ〜。

YMOの音楽は、時代を超えて響くものがあるよね。

YMOの音楽は、未来を予見していたのよ。

YMOの音楽精神を受け継ぐトリビュートバンド「YMC」

YMOの音楽を継承するトリビュートバンドの活動は、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!Yellow Magic Children 〜40年後のYMOの遺伝子〜〉―OTOTOYライヴレポート
Yellow Magic Children 〜40年後のYMOの遺伝子〜〉―OTOTOYライヴレポート

✅ 「Yellow Magic Children 〜40年後のYMOの遺伝子〜」は、YMOの楽曲カバーとYMOの影響を受けたオリジナル楽曲を演奏する一夜限りのライブイベント。

✅ イベントには、HANA、坂本美雨、高田漣、カジヒデキ、野宮真貴、DAOKO、片寄涼太、そして細野晴臣の孫であるYUTAなど、様々な世代のアーティストが出演。

✅ それぞれのアーティストがYMOへのリスペクトを込めて、個性的なパフォーマンスを披露し、YMOの音楽の多様性と影響力の大きさを示した。

さらに読む ⇒OTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviewsOTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviews出典/画像元: https://ototoy.jp/news/91723

YMCの活動は、YMOの音楽の素晴らしさを改めて感じさせてくれます。

YMOの音楽を継承するトリビュートバンド「YMC」は、現代のミュージシャンたちがYMOへの敬意を表し、その音楽精神を現代に蘇らせる活動を行っています。YMCの活動は、YMOの音楽が現代でも色褪せることなく輝き続けていることを証明しており、YMOの音楽が現代音楽文化に与えた影響の深さを改めて示しています。

YMOの音楽、ホンマにええわ〜。

YMCのライブ、めっちゃ行ってみたい!

YMOの音楽は、永遠に色褪せないわね。

YMOの音楽は、時代を超えて愛される、まさに伝説的な音楽ですね。

🚩 結論!

💡 YMOはテクノポップという新しいジャンルの確立に貢献した

💡 メンバーそれぞれのソロ活動も高く評価されている

💡 現代の音楽シーンにも大きな影響を与えている