Academic Box Logo

電気グルーヴ、石野卓球とピエール瀧の軌跡?二人の出会いと音楽への情熱とは!?

電気グルーヴ、石野卓球とピエール瀧の軌跡?二人の出会いと音楽への情熱とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 電気グルーヴは石野卓球とピエール瀧の二人組の音楽グループ

💡 テクノ、ハウス、ヒップホップ、ロックなど様々なジャンルを融合した音楽性

💡 日本を代表する音楽グループとして、数々のヒット曲を世に送り出してきた

それでは、二人の出会いから電気グルーヴの軌跡、そして現在の活動までを詳しく見ていきましょう。

二人の出会いから音楽への情熱

高校時代からの二人の関係は、音楽への情熱と共通の価値観によって育まれたのでしょうね。

🔖 関連記事の要約!ピエール瀧 高1の夏に石野卓球の家で受けた衝撃を語る

公開日:2014/04/26

ピエール瀧 高1の夏に石野卓球の家で受けた衝撃を語る

✅ ピエール瀧さんが高校時代に石野卓球さんと出会ったきっかけは、野球部の仲間から紹介されたこと。卓球さんの家で初めて聴いたNew Orderの「Blue Monday」に衝撃を受け、洋楽に目覚めた。

✅ 卓球さんは当時のバイト代でレコードや音楽を買い集めていた。高校時代は野球部と洋楽という二つの世界を両立させていた。

✅ 高校時代からの付き合いは30年以上続き、今でも仲が良い。

さらに読む ⇒miyearnZZ LabomiyearnZZ Labo出典/画像元: https://miyearnzzlabo.com/archives/18379

音楽に目覚めた二人の出会いは、まさに運命的なものだったと言えるのではないでしょうか。

1989年、共通の友人を介して出会った石野卓球とピエール瀧は、音楽という共通言語と「悪フザケ」の相性の良さで意気投合しました。石野卓球はピエール瀧にNew Orderの「BlueMonday」を聴かせ、その斬新さに衝撃を受けたピエール瀧は石野卓球の家によく通うようになりました。高校時代は、音楽を聴いたり、宅録やピンポン録音で遊んだりしながら、二人の音楽に対する情熱は深まっていきました。石野卓球は、当時のピエール瀧を「目立ちたがり屋」と評し、音楽を通じて自分の中のパッションを表現したいという衝動を共有していたことを明かしています。二人の間に流れるグルーブこそが、電気グルーヴの創作の源泉となっています。

えー、まじ!?高校時代から仲良かったんや!意外やわー。

そうか、卓球さんと瀧さんの出会いは高校時代やったんか。音楽の趣味が合うって素敵やん!

ふーん、若い頃から音楽好きだったんやね。今の電気グルーヴにつながる出会いだったのかしら。

電気グルーヴの軌跡

電気グルーヴは、日本の音楽シーンに大きな影響を与えてきたグループですね。

🔖 関連記事の要約!DENKI GROOVE
DENKI GROOVE

✅ 電気グルーヴは1989年に結成された日本の音楽グループです。

✅ メンバーは石野卓球、ピエール瀧の2人です。

✅ 電気グルーヴは、テクノ、ハウス、ヒップホップ、ロックなどのジャンルを融合した音楽で知られ、日本を代表する音楽グループの一つとして、数々のヒット曲を生み出しています。

さらに読む ⇒Jpop WikiJpop Wiki出典/画像元: https://jpop.fandom.com/wiki/DENKI_GROOVE

時代を超えて愛される電気グルーヴの音楽は、本当に素晴らしいですね。

1989年の結成から、メンバーチェンジを経て、現在の石野卓球、ピエール瀧、砂原良徳の3人体制になった電気グルーヴは、イギリス音楽の影響を受けながらも独自の音楽スタイルを確立しようと試みました。デビューアルバム『FLASHPAPA』はマンチェスターのクラブシーンに衝撃を与え、3rdアルバム『KARATEKA』以降は、楽曲の面白さだけでなく、トークの面白さやサブカル的な側面も人気を博し、日本武道館での単独公演も成功させました。テクノシーンへの影響を与えたアルバム『VITAMIN』を発表し、唯一無二の存在として、日本の音楽シーンに大きな影響を与えてきました。

電気グルーヴって、めっちゃ有名やんな!私もよく聴くで!

電気グルーヴって、昔から人気あるよね!武道館でライブやったってすごい!

電気グルーヴって言うたら、あの、独特な音楽のグループよね?

サカナクション山口一郎と電気グルーヴ砂原良徳の対談

貴重な映像や関係者の証言が盛り込まれた、見応えのあるドキュメンタリー映画になりそうですね。

🔖 関連記事の要約!電気グルーヴ、映画の予告編公開。砂原良徳、山口一郎らの証言も (2015/08/03) 邦楽ニュース
電気グルーヴ、映画の予告編公開。砂原良徳、山口一郎らの証言も (2015/08/03)  邦楽ニュース

✅ 電気グルーヴ初のドキュメンタリー映画「DENKI GROOVE THE MOVIE?~石野卓球とピエール瀧~」の予告編が公開された。

✅ 予告編には、貴重な記録映像に加え、砂原良徳、DJ TASAKA、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、スチャダラパー、山口一郎など、電気グルーヴに関わりの深いアーティストやスタッフの証言が収録されている。

✅ 映画は2015年12月に公開予定で、監督は大根仁、出演は石野卓球、ピエール瀧に加え、多くの関係者が登場する。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/128685

サカナクションの山口一郎さんも電気グルーヴに影響を受けているんですね。

サカナクションの山口一郎は電気グルーヴに影響を受け、「今の時代の電気グルーヴになりたい」と語る。砂原良徳は電気グルーヴが90年代初頭に、ヒップホップやハウスなどの新しい音楽ムーブメントにいち早く反応し、日本のエレクトロミュージックシーンに大きな影響を与えたことを振り返る。山口は電気グルーヴのアルバム「ORANGE」の゛ママケーキ゛を最初に聴いた時の衝撃を語り、砂原は゛Shangri-La゛誕生秘話を明かす。また、映画「DENKIGROOVETHEMOVIE?―石野卓球とピエール瀧―」の制作秘話や、石野卓球とピエール瀧の素顔、当時の音楽シーンについて語り合う。

電気グルーヴの映画、めっちゃ気になる!早く観に行きたいわー!

電気グルーヴの映画!卓球さんと瀧さんの素顔が見れるんかな?

電気グルーヴの映画かぁ。若い頃の映像とかあるのかな?

ヨーロッパ進出を支えたマーク・リーダー

マーク・リーダーさんの存在は、電気グルーヴのヨーロッパ進出において非常に大きかったのでしょう。

🔖 関連記事の要約!彼がいなかったらいまの僕も電気グルーヴもなかった」石野卓球と゛あの音楽密輸人゛、20年越しの特別対談

公開日:2019/09/27

彼がいなかったらいまの僕も電気グルーヴもなかった」石野卓球と゛あの音楽密輸人゛、20年越しの特別対談

✅ マーク・リーダーが電気グルーヴの才能に惚れ込み、ベルリンを皮切りにヨーロッパ進出を促した。

✅ 電気グルーヴの曲「虹」をマーク自身のレーベルMFSで再リリースした。

✅ ドイツのソニーミュージックが電気グルーヴを知らなかったため、再リリースが実現した。

さらに読む ⇒HEAPSHEAPS出典/画像元: https://heapsmag.com/special-interview-with-takkyu-ishino-mark-reeder-man-who-made-denki-groove-world-famous-20-year-friendship

日本の音楽をヨーロッパに紹介することの重要性を示すエピソードですね。

マーク・リーダーは、日本のテクノバンド「電気グルーヴ」の石野卓球の才能を見抜き、ヨーロッパ進出をサポートしました。電気グルーヴのアルバムを聴いたマークは、その中の楽曲『虹』に強い感銘を受け、自身のレーベル「MFS」からドイツでリリースすることにしました。当時、電気グルーヴはソニーミュージックと契約していましたが、ドイツのソニーは『虹』をドイツで売ることに関心がなかったため、マークはドイツのソニーからリリースの許可を得ることができました。マークは『虹』をクラブ仕様にリミックスし、DJ向けにリリースしたところ、その売れ行きは予想をはるかに超え、電気グルーヴはドイツで人気を獲得しました。

電気グルーヴ、海外でも人気やったんや!知らんかったわー!

電気グルーヴ、海外でも認められてたんや!なんか、カッコええなぁ!

ふーん、海外でも人気だったのね。電気グルーヴって、すごいわね。

ピエール瀧逮捕事件と二人の関係性

石野卓球さんの発言からは、電気グルーヴとしての活動を続ける強い意志を感じます。

🔖 関連記事の要約!石野卓球、解散問われ「するかよ!バーカ!」ピエール瀧被告逮捕後初めて取材応じた/芸能/デイリースポーツ online
石野卓球、解散問われ「するかよ!バーカ!」ピエール瀧被告逮捕後初めて取材応じた/芸能/デイリースポーツ online

✅ 電気グルーヴの石野卓球が、ピエール瀧逮捕後初の公の場でDJライブを開催し、報道陣の取材に応じた。

✅ 卓球はライブ会場でファンや報道陣から大きな声援を受け、解散の質問には「するかよ!バーカ!」と絶叫し、電気グルーヴとしての活動を続けることを表明した。

✅ 卓球は報道陣の質問に笑顔を見せ、ピエール瀧との会話について「エロい話」と答えるなど、落ち着いて対応した。

さらに読む ⇒石野卓球、解散問われ「するかよ!バーカ!」ピエール瀧被告逮捕後初めて取材応じた/芸能/デイリースポーツ online石野卓球、解散問われ「するかよ!バーカ!」ピエール瀧被告逮捕後初めて取材応じた/芸能/デイリースポーツ online出典/画像元: https://www.daily.co.jp/gossip/2019/04/18/0012252126.shtml

二人にとって、音楽は特別な存在なのでしょうね。

2019年3月、ピエール瀧の逮捕という衝撃的な事件に遭遇した電気グルーヴ。石野卓球は事件後、瀧をフォローする発信をSNSで続け、その動向が注目を集めました。インタビューでは、瀧の逮捕が二人の関係性に何をもたらしたのか、そして事件後の心境について語られています。石野は瀧の逮捕は驚きではあったものの、電気グルーヴの活動に影響はないと語り、むしろ瀧が個人として抱える負担の方が大きいと感じていた。瀧は事件後、反省こそしているものの、下を向いて謝罪を続けるよりも、積極的に活動していくことを選択した。石野も瀧が萎縮することなく前向きに進んでいけるよう、積極的に彼をフォローし続けた。石野は、瀧の逮捕が二人の関係性に影響を与えるようなものではないと主張した。二人の関係は、事件以前と変わらず、むしろ事件を通じてその強さが浮き彫りになったともいえる。石野はSNSでの発信においても、常に冷静かつユーモアを交えながら、瀧に対するサポートを表明し続けた。事件後も、二人は活動を続け、関係性は以前と変わっていないということが、インタビューを通じて伝わってくる。

卓球さん、めっちゃ強いわー!解散とか絶対ないやろ!

卓球さん、さすがやね!これからも電気グルーヴの音楽を聴き続けたい!

電気グルーヴ、これからも頑張ってほしいわね。

電気グルーヴは、音楽を通して多くのファンを魅了し続けているグループと言えるでしょう。

🚩 結論!

💡 石野卓球とピエール瀧の出会いが、電気グルーヴ誕生のきっかけ

💡 テクノ、ハウス、ヒップホップなど、様々なジャンルを融合した音楽性

💡 日本を代表する音楽グループとしての地位を確立