Academic Box Logo

クリスタルキング:解散の真相は?伝説のロックバンドとは!?

クリスタルキング:解散の真相は?伝説のロックバンドとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 クリスタルキングは、1970~1980年代に活躍したロックバンドです。

💡 元ボーカルの田中昌之とリーダーのムッシュ吉崎の確執が、バンドの解散に繋がりました。

💡 現在、クリスタルキングはムッシュ吉崎のソロプロジェクトとして活動を続けています。

それでは、クリスタルキングについて詳しく見ていきましょう。

クリスタルキングの軌跡

田中昌之さん、今ではソロ活動をされているんですね。

🔖 関連記事の要約!大都会』の元「クリスタルキング」田中昌之さんは70歳、シルバーヘアで現役続行「今のほうが歌うまい」
大都会』の元「クリスタルキング」田中昌之さんは70歳、シルバーヘアで現役続行「今のほうが歌うまい」

✅ 「クリスタルキング」の田中昌之さんは、自身のソロ活動や「クリスタルキング」の過去のメンバーについて語った。

✅ 田中さんは、現在「クリスタルキング」の名前で活動しているのはリーダーのムッシュ吉崎さんだけで、オリジナルメンバーはほとんどが音楽活動を離れていることを明かした。

✅ 田中さんは、吉崎さんから「クリスタルキング」の商標権侵害で訴えられたことを振り返り、裁判の経験について語った。

さらに読む ⇒NEWSポストセブンNEWSポストセブン出典/画像元: https://www.news-postseven.com/archives/20220617_1763235.html?DETAIL

裁判の経験はつらいものだったでしょうね。

クリスタルキングは、1970~1980年代に活躍したロックバンドで、低音のムッシュ吉﨑とハイトーンボイスの田中昌之によるツインボーカルが特徴でした。佐世保で米軍相手に腕を磨いた彼らは、1976年に「カモン!ハッスル・ベイビー」でデビューしましたが、ブレイクには至りませんでした。しかし、1978年のポプコンで「大都会」を発表し、翌1979年にシングルカットされると、オリコンチャートで2位を獲得する大ヒットに。その後も「愛を止めないで」「君がいたから」など数々のヒット曲を世に送り出し、一世を風靡しました。しかし、メンバー間の不仲が原因で田中昌之は脱退を繰り返し、最終的には訴訟に発展するまでに。現在は、ムッシュ吉﨑がソロプロジェクトとして活動を続けています。田中昌之は、現在もライブを中心にアーティスト活動を続けており、クリスタルキング時代の楽曲を披露しています。

えー、マジ!?昔のクリスタルキングって、めっちゃかっこよかったのに!

そりゃ、商標権は大事やけん。みんなも気をつけなね。

若い頃は、みんなワイルドだったのよ。でも、歳とったら、みんな穏やかに落ち着いたわね。

ムッシュ吉崎:クリスタルキングのリーダー

ムッシュ吉崎さんは、クリスタルキングの顔ですね。

🔖 関連記事の要約!クリスタルキング(田中昌之、ムッシュ吉崎など全メンバー)の現在

公開日:2023/06/12

クリスタルキング(田中昌之、ムッシュ吉崎など全メンバー)の現在

✅ クリスタルキングは、1971年にムッシュ吉崎を中心に結成されたロックバンドで、1980年代に「大都会」「蜃気楼」「愛をとりもどせ」などのヒット曲を世に送り出した。

✅ 現在は、ムッシュ吉崎がソロでクリスタルキングとして活動しており、新曲リリースは少ないものの、数々のライブ活動を行っている。

✅ 一方、元ボーカルの田中昌之は、クリスタルキングを名乗って活動していたことから、ムッシュ吉崎から訴えられたが、訴えは棄却され、現在はソロで活動している。

さらに読む ⇒あの人は今 最新版あの人は今 最新版出典/画像元: https://anohitohaima.tokyo/post-1316/

ソロ活動でも、クリスタルキングの名曲を聴けるのは嬉しいですね。

ムッシュ吉崎(本名:吉崎勝正)は、クリスタルキングのリーダーで低音ボーカルを担当していた人物です。現在はソロでクリスタルキングとして活動しています。1971年に九州でクリスタルキングを結成し、米軍キャンプのクラブなどで活動を始めました。1975年に田中昌之が加入し、ツインボーカル体制で人気を獲得しました。1979年に「大都会」がミリオンセラーを記録し、紅白歌合戦にも出場するなど、大きな成功を収めました。しかし、メンバーの脱退・加入を繰り返し、現在はムッシュ吉崎のソロバンドとして活動しています。ムッシュ吉崎の身長は公表されていませんが、田中昌之との身長差から推測すると172~177cmぐらいとみられます。また、素顔はサングラスで隠されているため不明ですが、薄めのサングラスの写真から優しい顔立ちをしていることがうかがえます。

ムッシュ吉崎って、めっちゃ渋い!かっこよすぎ!

ソロで活動しとるんやね。知らんかったわ。

昔は、もっと若い男の人だったのよ。今では、すっかりおじいちゃんになったわね。

「大都会」:クリスタルキングの代表曲

「大都会」は、クリスタルキングの代表曲ですね。

🔖 関連記事の要約!大都会〜クリスタルキングが夢を賭けた楽曲の誕生物語
大都会〜クリスタルキングが夢を賭けた楽曲の誕生物語

✅ 「大都会」は、クリスタルキングがポプコンでグランプリを受賞する目標を掲げ、彼らの最大の武器であるツインボーカルを生かし、田中の高音を曲の冒頭に持ってくることで制作された楽曲である。

✅ 楽曲の舞台は、メンバーの出身地である佐世保から見た福岡(博多)であり、当時の彼らにとって博多は「大都会」だった。

✅ クリスタルキングは、長年プロとして活動していたため、当初はポプコンへの出場をためらっていたが、関係者からの励ましの言葉を受け、グランプリ獲得を目指して練習を重ねた結果、見事デビューを果たした。

さらに読む ⇒TAP the POPTAP the POP出典/画像元: https://www.tapthepop.net/machinouta/58884

歌詞の内容も、当時のクリスタルキングの心情を表しているようですね。

「大都会」は、クリスタルキングの代表曲であり、1979年11月にリリースされ、オリコン年間ランキング3位を獲得した大ヒット曲です。歌詞は、故郷を離れ、都会で夢を追う若者の心情を描いています。主人公は、都会で裏切られたように感じる苦しみや、厳しい現実と向き合いながらも、夢を叶えるため懸命に努力します。そして、都会で出会った愛に支えられ、再び目標に向かって進んでいくというストーリーが描かれています。この曲は、クリスタルキング自身の夢と重ねて作られたものであり、ポプコンでグランプリを獲得し、プロデビューを果たした彼らの軌跡を反映していると言えるでしょう。「大都会」は、単なる場所ではなく、夢や目標に向かって頑張る青春期の若者の象徴であり、聴く人それぞれが自身の「大都会」を思い浮かべながら、この曲を深く味わうことができるでしょう。

「大都会」って、めっちゃ懐かしい!カラオケでよく歌ったわ!

福岡が「大都会」って、なんか笑えるけど、わかる気がする。

昔は、若いもんが夢に向かって頑張る姿って、輝いて見えたのよ。

「大都会」:ポプコンと世界歌謡祭での活躍

「大都会」は、ポプコンでグランプリを受賞したんですね。

🔖 関連記事の要約!クリスタルキング 世界歌謡祭グランプリ受賞「大都会」ツインボーカルの栄光と悲劇

公開日:2024/04/12

クリスタルキング 世界歌謡祭グランプリ受賞「大都会」ツインボーカルの栄光と悲劇

✅ クリスタルキングは、ムッシュ吉﨑を中心としたバンドで、ツインボーカル体制で「大都会」や「蜃気楼」などのヒット曲を出し、世界歌謡祭グランプリを受賞するなど、一世を風靡しました。

✅ しかし、1986年に田中 昌之が脱退し、ツインボーカル体制が崩れたことがバンドの転換点となり、以降はムッシュ吉﨑のソロ活動が中心となりました。

✅ その後、グループ名の権利をめぐるトラブルや訴訟問題があり、メンバー間の関係も悪化、クリスタルキングとしての活動は事実上終止符を打ちました。

さらに読む ⇒はぼぞうの昭和探検隊はぼぞうの昭和探検隊出典/画像元: https://habomilk.com/fridayrock/post-2322/

クリスタルキングの活躍は、当時の人々に大きな影響を与えたんでしょうね。

「大都会」は、クリスタルキングが1979年にリリースした名曲です。この曲は、ヤマハが主催する音楽イベント「ポプコン(ヤマハポピュラーソングコンテスト)」でグランプリを獲得し、さらに「世界歌謡祭」でもグランプリを受賞したことで、日本中に知られるようになりました。ポプコンは1969年から1986年まで開催されたフォーク、ポップス、ロックの音楽コンテストで、オフコースや中島みゆきなど、現在も活躍する多くのアーティストがグランプリを獲得しています。クリスタルキングは、ポプコンで「大都会」を歌いグランプリを獲得、その後世界歌謡祭でも「大都会」でグランプリを獲得し、まさに歌詞にある「果てしない夢」を東京という「大都会」で実現しました。この曲は、ラジオで繰り返しオンエアされ、大ヒットとなりました。

ポプコンって、めっちゃレベル高いんやろ?

グランプリってすごい!クリスタルキング、まじで売れてたんだな。

若い頃は、みんな夢を追いかけて、必死に頑張ってたのよ。

クリスタルキングの軌跡は、まさに夢と現実の物語ですね。

🚩 結論!

💡 クリスタルキングは、1970~1980年代に活躍したロックバンドです。

💡 元ボーカルの田中昌之とリーダーのムッシュ吉崎の確執が、バンドの解散に繋がりました。

💡 現在、クリスタルキングはムッシュ吉崎のソロプロジェクトとして活動を続けています。