Academic Box Logo

175RのSHOGO、セブ島移住でうどん屋経営!?音楽活動と家族との生活は?セブ島移住の理由とは!?

175RのSHOGO、セブ島移住でうどん屋経営!?音楽活動と家族との生活は?セブ島移住の理由とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 175RのボーカルSHOGOさんが、2018年に家族でセブ島に移住した理由

💡 セブ島でSHOGOさんがプロデュースした日本食レストラン街「NEO TOKYO」について

💡 175Rの活動再開と、SHOGOさんの音楽活動について

それでは、最初の章として、SHOGOさんのセブ島移住についてお話しましょう。

セブ島移住と子育て

SHOGOさんのセブ島移住は、お子様たちの英語教育のためだったんですね。

🔖 関連記事の要約!自民党・今井絵理子議員の元夫『175R』SHOGOがフィリピン・セブ島に家族移住していた!現地で実践する英語教育と子育て、日本食展開と留学支援の゛外交活動゛(2ページ目)
自民党・今井絵理子議員の元夫『175R』SHOGOがフィリピン・セブ島に家族移住していた!現地で実践する英語教育と子育て、日本食展開と留学支援の゛外交活動゛(2ページ目)

✅ 175RのボーカルSHOGOさんは、セブ島で「NEO TOKYO」という日本食レストラン街をプロデュースし、うどん屋やしゃぶしゃぶ、カラオケバーなどをオープンしました。

✅ SHOGOさんは、セブ島にうどん屋がないことにストレスを感じ、自分でプロデュースしてうどん屋をオープンしたそうです。

✅ SHOGOさんは、セブ島での活動を通して、日本の食文化を海外に広めたいと考えており、日本とフィリピンの友好や交流を深める活動を続けていきたいとのことです。

さらに読む ⇒ 週刊女性PRIME 週刊女性PRIME出典/画像元: https://www.jprime.jp/articles/-/28901?page=2

セブ島での子育て環境は、日本の過剰な便利さとは対照的で、シンプルながらも心の豊かさを感じられるものなのですね。

175RのボーカルSHOGOは、2018年に家族でフィリピン・セブ島に移住しました。移住の主な理由は、子どもたちの英語教育です。フィリピンは英語人口が多く、子どもたちは日常生活の中で自然に英語を学習しています。また、フィリピンは国際化が進み、将来の発展が期待されています。SHOGOは、フィリピンの人々の寛容さや、家政婦文化が定着していることなどから、子育て環境の良さを感じています。子どもたちが英語を学ぶだけでなく、心の成長にも良い影響を与えていると実感しています。SHOGOは、セブ島での子育てのしやすさを強調します。フィリピンでは子どもは神様のように大切にされ、周りの大人たちが積極的に面倒を見てくれるため、日本では見られない大らかな環境があると言います。また、離婚制度がなく、事実婚を選択する人が多いこと、家政婦文化が定着していることから、ワンオペ育児になりにくい環境であることも利点として挙げています。さらに、SHOGOは日本の過剰な便利さや競争社会が、子育てにおけるストレスや負担を増幅させているのではないかと指摘。フィリピンでは、シンプルながらも心の豊かさを感じられる生活様式が、子育てに良い影響を与えていると分析しています。SHOGOは、子どもの英語教育という当初の目的以外にも、セブ島での暮らしを通じて、日本の文化や社会に対する新たな視点を得ています。フィリピンの人々の温かさ、大らかさ、そしてシンプルながらも豊かな生活様式が、SHOGOの考え方や生き方を大きく変えつつある様子が伺えます。

えー、セブ島ってええとこやんなー!うちも行きたーい!

そうやね、セブ島って英語も話せるし、子育てには良さそうやな。

あら、セブ島ね。昔、フィリピンにはよく行ったのよ。当時はまだ発展途上だったけど、今は随分変わって、いいところになったみたいね。

セブ島での挑戦: 日本人街とうどん屋

セブ島でうどん屋さんをオープンするとは、SHOGOさんの行動力、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!えびす うどん】NEO TOKYOにオープンしたセブ島初うどん専門店

公開日:2024/04/06

えびす うどん】NEO TOKYOにオープンしたセブ島初うどん専門店

✅ セブ島初となるうどん専門店「えびすうどん」は、マンダウエ市のChatswoodという商業施設内に位置し、日本食ストリート「NEO TOKYO」の一角にあります。

✅ メニューは温かいうどん、冷たいうどん、丼もの、サイドメニュー、ドリンクなど多岐にわたり、日本食レストランならではのサービスも提供されています。

✅ 実際に注文したぶっかけ肉うどんは、麺に少し硬さを感じましたが、ぶっかけ海老天うどんはコシがあり美味しく、セブ島初となるうどん専門店として、今後の更なる発展が期待されます。

さらに読む ⇒セブ島の観光情報サイト|ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピングセブ島の観光情報サイト|ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピング出典/画像元: https://bestofcebuislandhopping.com/ebisu-udon/

セブ島ならではのうどん専門店、行ってみたいです。

2018年にセブ島に移住したSHOGOさんは、セブ島の日本食レストランの距離の遠さを感じ、多くの人が集まる日本人街の必要性を感じていました。コロナ明けのタイミングでテナントが空き、日本人街「NEOTOKYO」をプロデュースし、日本食レストランが集まる場所を実現しました。SHOGOさんは、セブ島で新しい文化を生み出し、多くの人に喜びと感動を届けています。セブ島移住後、SHOGOさんは、音楽活動と飲食店経営を両立させながら、セブ島で新しい文化を生み出し、多くの人に喜びと感動を届けています。SHOGOさんは、フィリピン人スタッフにうどんの作り方を教え、日本と同じように美味しいうどんを提供するために苦労を重ねました。製麺機はSHOGOさん自身で使いこなせるように、日本で講習を受け、麺の太さなど細かい部分までこだわって調整しました。SHOGOさんは、故郷である福岡のうどん屋からレシピを伝授され、本格的な「だし」を使ったうどんを提供しています。

うどん屋、セブ島にあるんか!?まじ!?

うどん屋、セブ島にあるのは知らんかったわ。行ってみよかな。

あら、うどん屋さんね。セブ島にうどん屋さんがあるなんて、時代は変わったわね。昔は、そんなものなかったわよ。

音楽への情熱と175Rの再始動

175Rの活動を再開されて、嬉しいです。これからも素晴らしい音楽を届けてください。

🔖 関連記事の要約!175R゛活動祭開゛の日比谷野音、7年間の思い込め「空に唄えば」響かせる
175R゛活動祭開゛の日比谷野音、7年間の思い込め「空に唄えば」響かせる

✅ 175Rが活動再開後初のワンマンライブ「175R 活動祭開!青き春の野音!」を東京・日比谷野外大音楽堂で開催し、最新アルバム収録曲や懐かしのパンクナンバーなどを披露した。

✅ ライブでは、SHOGOが観客との会話やユーモアを交え、会場に和やかな雰囲気を作り出し、最新アルバム「GET UP YOUTH!」収録曲や代表曲「ハッピーライフ」などの演奏でファンを熱狂させた。

✅ アンコールでは、SHOGOが今後の活動について語り、新曲「夏のマボロシ」を含むニューシングル「SUMMER VACATION」の発売を発表。最後は「空に唄えば」で締めくくり、盛大なシンガロングでライブは幕を閉じた。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/228230

活動再開後のライブ、盛り上がっている様子が伝わってきます。

175Rは2016年12月に活動を再開。その後、アルバム『GETUPYOUTH!』をリリースし、日比谷野外大音楽堂や大阪城野外音楽堂でワンマンライブを開催しました。ボーカルのSHOGOは、活動休止の理由を音楽から離れたかったことと、175Rの後期は疲れていたこと、そしてメンバーの休止期間中の過ごし方を見たいという気持ちがあったと語っています。ロンドンでの生活は、SHOGOにとって音楽から離れるための決断であり、175Rという存在から個人としてのSHOGOの人生を見つめ直す機会となりました。SHOGOは、音楽を「メシの種」にしたくないという強い思いを持ち続けており、メンバーにも正直に伝え続けてきました。活動休止期間を経て、SHOGOは音楽への情熱を取り戻し、175Rとしての活動を再開。バンドとしての原点回帰ではなく、新たな音楽に挑戦することで、バンドのコンディションやバイオリズムが向上したことを感じています。

175R、復活したんか!マジ!?ライブ行きたいわー!

175R、まだやってたんや!知らんかったわ。

あら、175Rね。懐かしいわね。昔はよく聴いたのよ。

175R活動休止と再開

活動休止の理由は、音楽に対しての熱意が薄れたということだったんですね。

🔖 関連記事の要約!原点回帰というより、新しいバンドを組み直したイメージ」 175R活動再開! 休止期間の真相にルーツに 7年ぶりのアルバム『GET UP YOUTH!』制作秘話まで SHOGO(vo)が復活の大阪野音前に語るインタビュー&動画コメント
原点回帰というより、新しいバンドを組み直したイメージ」 175R活動再開! 休止期間の真相にルーツに 7年ぶりのアルバム『GET UP  YOUTH!』制作秘話まで SHOGO(vo)が復活の大阪野音前に語るインタビュー&動画コメント

✅ 175RのSHOGOさんは、活動休止から6年を経て再始動した理由、休止中の心境、そして今後の活動について語った。

✅ 休止期間中は、音楽から離れ、イギリスに留学するなどして精神的にフラットな状態になることを目指した。

✅ しかし、音楽への情熱は消えず、再開を決めたきっかけは、恩人への感謝の気持ちや、再びメッセージを発信したいという思いからだった。

さらに読む ⇒ぴあ関西版WEBぴあ関西版WEB出典/画像元: https://kansai.pia.co.jp/interview/music/2017-04/175r-getupyouth.html

活動休止から6年を経て再始動されたSHOGOさんの音楽への情熱を感じますね。

175Rが7年ぶりに活動を再開し、新アルバム「GETUPYOUTH!」をリリースした。ボーカルのSHOGOは、2010年の活動休止理由について、音楽に対する熱意が薄れ、新たなメッセージを発信したいと思えなかったことを明かした。休止中はイギリスに留学し、精神的なフラット化を目指していたが、音楽から完全に離れることはできなかったという。再び音楽活動を始めたのは、175Rを再開したいという気持ちはずっとあったためであり、メンバーとの5年の約束を守った結果である。今回のアルバムは、リスタートを宣言するような内容となっており、過去の楽曲への回帰よりも、新しいバンドを組み直したようなイメージだとSHOGOは語っている。

音楽って、やっぱりええもんやな。

音楽って、人生のスパイスみたいなもんやけんね。

あら、活動休止って、難しいものね。でも、音楽って、やっぱり人を元気にするものよね。

SHOGOの多岐にわたる活動とプライベート

SHOGOさんの多岐にわたる活動、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!175R】SHOGO(ショーゴ)の現在は?セブ島で活動している理由
175R】SHOGO(ショーゴ)の現在は?セブ島で活動している理由

✅ 175RのボーカルSHOGO(ショーゴ)さんは、2018年8月にフィリピン・セブ島に移住しました。移住の理由は、英語圏で日本から距離が近く、物価が安いこと、そして将来英語が必須になることを考えて子供たちの教育環境を良くしたいという思いがあったからです。

✅ SHOGOさんはセブ島に移住後も音楽活動を継続しており、2022年1月には公式YouTubeチャンネルを開設し、アパレルブランド「Cebu&Co.」を立ち上げています。また、セブ島への留学や移住を考えるサイト「CEBUYOLO(せぶよろ)」も運営しています。

✅ SHOGOさんは175Rの活動休止期間中にロンドンへ渡り、音楽について深く学び、自分自身を見つめ直す時間を取りました。活動休止の理由は、12年間休まずに活動してきた中で、自分たちの音楽を向上させるために必要な休息時間だと判断したためです。その後、石井あみさんと再婚し、中居正広さんの番組出演がきっかけとなり、2016年に175Rの活動を再開しました。

さらに読む ⇒KAZE NO UWASAKAZE NO UWASA出典/画像元: https://outidesigoto.com/archives/48755

SHOGOさんは、音楽活動だけでなく、様々な分野に挑戦されていますね。

175Rのボーカル・SHOGO(ショーゴ)さんは、現在はフィリピン・セブ島に移住し、音楽活動を続けています。2022年1月には公式YouTubeチャンネルを開設し、2019年12月には自身のアパレルブランド「Cebu&Co.」を立ち上げました。セブ島移住の理由は、英語圏で日本から距離が近く、物価が安いこと、そしてお子様たちの将来を見据えて英語を学ばせる環境を求めたためです。SHOGOさんは、過去にSPEEDの今井絵理子さんと結婚・離婚、現在は石井あみさんと再婚されています。2010年に175Rは活動休止を発表しましたが、2016年12月に活動を再開しました。活動休止の理由は、ロンドンでの活動を通して自身を見つめ直し、音楽を学びたいという思いからだったそうです。SHOGOさんは、175Rのボーカルを務めるミュージシャンであり、ソロ活動やユニット活動、楽曲プロデュースなど幅広く活動しています。身長は155cmと男性としては低めですが、その音楽性と活動範囲は広く、高い人気を誇ります。しかし、SHOGOさんは元SPEEDの今井絵理子さんと結婚し、その後離婚したことが話題になりました。離婚理由は、今井さんの芸能活動継続と、息子の先天性難聴が原因であるとされていますが、実際は本人同士しか分かりません。また、結婚中に小阪由佳さんと不倫していたとの報道があり、世間の批判を浴びました。これらのことから、SHOGOさんの性格は「クズ」だと言われるようになりました。しかし、離婚や不倫の真相は当事者以外には分かりません。SHOGOさんは音楽活動を通して多くの人を魅了していますが、私生活では様々な騒動があり、その性格をめぐっては賛否両論があります。

SHOGOさんって、色々やってはるんやな!

SHOGOさんって、何やってもええ感じやん!

あら、SHOGOさんって、色々やってはるんやな。若いって、素晴らしいわね。

SHOGOさんのセブ島での生活や音楽活動、そして活動休止と再開までの道のり、どれも興味深い内容でしたね。

🚩 結論!

💡 175RのボーカルSHOGOがセブ島に移住し、うどん屋をオープンした

💡 SHOGOはセブ島で日本食レストラン街「NEO TOKYO」をプロデュース

💡 175Rは活動再開後、精力的に音楽活動を続けている