Academic Box Logo

クリスタルキングの解散と再結成?田中昌之の脱退理由とは?クリスタルキングの軌跡とは!?

クリスタルキングの解散と再結成?田中昌之の脱退理由とは?クリスタルキングの軌跡とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 クリスタルキングは、1970年代後半から1980年代前半にかけて一世を風靡した日本のロックバンドです。

💡 代表曲には「大都会」や「愛をとりもどせ!!」などがあります。

💡 2009年にメンバー間の確執が表面化し、田中昌之が脱退しました。

それでは、クリスタルキングの結成から現在までの歩みについて詳しく見ていきましょう。

クリスタルキングの結成とブレイク

クリスタルキングの結成のきっかけは、ポプコン本選大会での敗北だったとは、意外ですね。

🔖 関連記事の要約!大都会〜クリスタルキングが夢を賭けた楽曲の誕生物語
大都会〜クリスタルキングが夢を賭けた楽曲の誕生物語

✅ 「大都会」は、クリスタルキングが1979年にリリースした楽曲で、翌1980年にヒットチャートで6週間連続1位を獲得したミリオンセラー曲です。

✅ 楽曲誕生のきっかけは、1978年のポプコン本選大会で、クリスタルキングが「夢想花」でグランプリを獲得した円広志に敗れたことです。 ポプコンスタッフの「九州の男ならもう一回勝負するよね?」という言葉が彼らに奮起を促し、グランプリ獲得を目指して「大都会」が制作されました。

✅ 「大都会」は、ポプコンだけでなく第10回『世界歌謡祭』でもグランプリを受賞しました。 歌詞は博多(福岡)を舞台としており、佐世保出身のクリスタルキングメンバーにとって博多は゛大都会゛だったというエピソードが語られています。

さらに読む ⇒TAP the POPTAP the POP出典/画像元: https://www.tapthepop.net/machinouta/58884

「大都会」は、博多を舞台にした楽曲なんですね。メンバーにとって博多が゛大都会゛だったというエピソードが印象的です。

クリスタルキングは、1971年に長崎県佐世保市で結成されたロックバンドです。メンバーはムッシュ吉崎、田中昌之、内田聖治、山下三智夫、川上聡、上坂哲史、福田彰一郎、中村公晴、今給黎博美、野元英俊、尾町英司、秦好樹、金福健、ファンキー末吉、高木和好、高岡丈二などがいました。初期には米軍キャンプやクラブで腕を磨き、1975年には博多のディスコから引き抜かれましたが、思うようにセールスは伸びませんでした。1978年秋のポプコン本選大会で「夢想花」に破れた後、1980年にリリースした「大都会」がヒットし、ブレイクを果たしました。

へぇー、そうなんや!知らんかったわ!

博多は、確かに都会っちゃ都会やけど、そんなに都会じゃないやろ?笑

そうじゃな、福岡は、昔はもっと静かだったろうよ。

クリスタルキングの音楽活動と代表曲

「北斗の拳」のオープニングテーマ「愛をとりもどせ!!」のセルフカバー、気になりますね。

🔖 関連記事の要約!愛をとりもどせ!! – TEAM Entertainment
愛をとりもどせ!! – TEAM Entertainment

✅ クリスタルキングが1984年10月に発売された人気TVアニメ「北斗の拳」のオープニングテーマ「愛をとりもどせ!!」を20年ぶりにセルフカバーした。

✅ CDには「愛をとりもどせ!!」のオリジナルバージョンとカラオケバージョン、そして「ルパン三世のテーマ」のオリジナルバージョン、カラオケバージョン、インストゥルメンタルバージョンが収録されている。

✅ クリスタルキングは「大都会」や「蜃気楼」などヒット曲を輩出し、1970年代後半から1980年代前半にかけて一世を風靡した日本のロックバンドである。

さらに読む ⇒TEAM EntertainmentTEAM Entertainment出典/画像元: https://www.team-e.co.jp/kdsd-00040/

「大都会」は、石原プロモーション制作の刑事ドラマからタイトルを拝借したとは、面白いですね。

クリスタルキングは、ムッシュ吉崎と田中昌之のツインボーカルで人気を博し、1970~80年代に「大都会」「摩天楼」「愛をとりもどせ!!」などのヒット曲を輩出しました。バンドの代表曲である「大都会」は、福岡を舞台としており、石原プロモーション制作の刑事ドラマ「大都会」からタイトルを拝借したとのことです。また、「愛をとりもどせ」は、人気漫画「北斗の拳」の主題歌として知られています。

「愛をとりもどせ!!」って、めっちゃ懐かしい!

「北斗の拳」って、世代的に分からんけど、めっちゃ有名らしいね!

懐かしいなぁ、北斗の拳。昔は、よく見てたんだよ。

田中昌之の脱退とソロ活動

田中昌之さんのソロ活動、気になる方はぜひ調べてみてください。

🔖 関連記事の要約!大都会』の元「クリスタルキング」田中昌之さんは70歳、シルバーヘアで現役続行「今のほうが歌うまい」
大都会』の元「クリスタルキング」田中昌之さんは70歳、シルバーヘアで現役続行「今のほうが歌うまい」

✅ 「クリスタルキング」の田中昌之さんは、自身の楽曲「大都会」がNHKの番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」でオーブニングに使用されていることに喜びを感じている。

✅ 田中さんはかつて「クリスタルキング」を脱退し、現在はソロシンガーとして活動している。元メンバーの近況についても触れ、バンドが抱えてきた歴史や複雑な関係性について語っている。

✅ 田中さんは、吉崎さんから「クリスタルキング」の商標権侵害で訴えられた経験について振り返り、裁判を通して複雑な心境を吐露している。

さらに読む ⇒NEWSポストセブンNEWSポストセブン出典/画像元: https://www.news-postseven.com/archives/20220617_1763235.html?DETAIL

音楽の方向性の違いは、バンドにとって難しい問題ですよね。

1986年3月、クリスタルキングの田中昌之は、グループでの自作自演にこだわれないこと、自身のロックを歌えないことなどを理由に脱退しました。田中昌之は、クリスタルキング内でハイトーンボイスばかり期待され、自分が本当に歌いたい音楽との乖離に不満を抱いていたようです。脱退後は、ソロ活動を開始し、高音のシャウトを控え、新たな音楽に挑戦しましたが、アルバムの売上は伸び悩み、翌年には地元の博多に戻りホストクラブで歌うように。歌手としての道を歩むことに苦悩し、時には「落ちぶれた歌手」と呼ばれることもあったようです。

うわぁ、マジかよ!ホストクラブで歌ってたんか!

田中昌之さんって、今も音楽活動してるんかな?

昔は、よく歌手だったわね。

脱退後の活動

田中昌之さんの脱退後、クリスタルキングはムッシュ吉崎さんのソロプロジェクトとして活動を続けているんですね。

🔖 関連記事の要約!クリスタルキング(田中昌之、ムッシュ吉崎など全メンバー)の現在

公開日:2023/06/12

クリスタルキング(田中昌之、ムッシュ吉崎など全メンバー)の現在

✅ クリスタルキングは1971年にムッシュ吉崎を中心に結成されたロックバンドで、1970年代後半にブレイクし、「大都会」「愛をとりもどせ」などのヒット曲を世に送り出した。

✅ 2009年にムッシュ吉崎が田中昌之を提訴したことをきっかけに、クリスタルキングはムッシュ吉崎のソロプロジェクトとなり、田中昌之はクリスタルキングとしての活動から離れた。

✅ ムッシュ吉崎は現在もクリスタルキングとして精力的に活動しており、ライブ活動を中心に活動している一方で、田中昌之はクリスタルキングとしての活動から離れ、音楽業界から引退している。

さらに読む ⇒あの人は今 最新版あの人は今 最新版出典/画像元: https://anohitohaima.tokyo/post-1316/

ムッシュ吉崎さんは、クリスタルキングとして精力的に活動されているんですね。

田中昌之の脱退後、クリスタルキングはムッシュ吉崎のソロプロジェクトとして活動を続けました。現在も地道に音楽活動を続けており、年末にはクリスマスディナーショーやライブを予定しています。一方、田中昌之は現在もソロ活動を行っており、年末にはクリスマスライブを予定しています。

田中昌之って、クリスタルキングから抜けたんか!

ムッシュ吉崎って、今もクリスタルキングとして活動してるんかな?

若い子は知らないだろうけど、クリスタルキングは、昔は人気だったんだよ。

メンバー間の確執

メンバー間の確執は、バンドにとって大きな問題ですよね。

🔖 関連記事の要約!クリスタルキングの不仲の理由!裁判沙汰や泥沼の内紛を総まとめ
クリスタルキングの不仲の理由!裁判沙汰や泥沼の内紛を総まとめ

✅ クリスタルキングは、1970~80年代に「大都会」や「摩天楼」などのヒット曲を出し人気を博したツインボーカルのロックバンドですが、現在はムッシュ吉崎さんのソロプロジェクトとして活動しており、メンバー間の不仲は修復不可能なほど深まっています。

✅ 不仲の理由は、田中昌之さんがクリスタルキングの中でハイトーンボイスばかり期待され、自分の歌いたい音楽とのずれを感じたことや、音楽の方向性の違い、活動の疲れからくるストレスなど、様々な要因が重なり合った結果とされています。

✅ 田中昌之さんは1986年に脱退し、その後は裁判沙汰に発展するなど、泥沼の内紛に発展しました。裁判は、田中昌之さんがクリスタルキングに楽曲使用料を求めたもので、最終的には田中昌之さんの勝訴となりました。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001574

裁判沙汰になるほど、メンバー間の確執が深かったんですね。

田中昌之の脱退理由は、メンバー間の音楽の方向性の違いとされています。その後、ムッシュ吉崎と田中昌之の間には深い溝が生まれ、裁判沙汰にまで発展したと言われています。具体的な裁判の内容は不明ですが、メンバー間の確執が深かったことがうかがえます。現在、クリスタルキングはムッシュ吉﨑のソロプロジェクトとして活動しており、田中昌之との再結成は難しい状況です。クリスタルキングは、日本の音楽史に名を刻む伝説的なバンドですが、メンバー間の確執は、多くのファンにとって残念な出来事と言えます。

マジ?裁判まで?どんだけ仲悪かったん?

でも、再結成とかは無理そうかな?

昔は、仲良く歌ってたのにね。

クリスタルキングは、日本の音楽史に名を刻む伝説的なバンドですが、メンバー間の確執は残念な出来事ですね。

🚩 結論!

💡 クリスタルキングは、1970年代後半から1980年代前半にかけて一世を風靡した日本のロックバンドです。

💡 代表曲には「大都会」や「愛をとりもどせ!!」などがあります。

💡 2009年にメンバー間の確執が表面化し、田中昌之が脱退しました。その後、クリスタルキングはムッシュ吉崎のソロプロジェクトとして活動を続けています。