Academic Box Logo

森友嵐士、心因性発声障害から復活!歌声を取り戻した秘訣とは?10年以上歌えなかった日々からの奇跡の再生!!

森友嵐士、心因性発声障害から復活!歌声を取り戻した秘訣とは?10年以上歌えなかった日々からの奇跡の再生!!
📘 この記事で分かる事!

💡 心因性発声障害によって10年以上も歌えなくなった森友嵐士さんの苦悩

💡 音楽活動を諦めずにリハビリを続けた森友嵐士さんの強い意志

💡 T-BOLANの復活と、新たな楽曲への熱い思い

それでは、森友嵐士さんの壮絶な闘病と復活の物語を紐解いていきましょう。

歌えなくなった日々

歌手を諦めずに音楽活動を続ける決意をした森友さんの強い意志に、感動しました。

🔖 関連記事の要約!元T
元T

✅ 元T-BOLANの森友嵐士は、心因性発声障害により歌声を失い、10年以上歌えない状態が続いた。

✅ それでも彼は歌手を諦めず、音楽活動を続ける決意をし、長年のリハビリを経て歌声を回復させた。

✅ 今回のコンサートは、苦難を乗り越えて手に入れた「青春」という名の1ページをファンに届けたいという熱い思いから開催される。

さらに読む ⇒ 週刊女性PRIME 週刊女性PRIME出典/画像元: https://www.jprime.jp/articles/-/8169?display=b

森友さんの経験は、私たちに勇気を与えてくれますね。

T-BOLANのボーカル・森友嵐士さんは、1994年に心因性発声障害を発症し、14年間歌えなくなる苦しみを経験しました。原因不明の病に苦しみ、10年以上も歌えない日々が続きましたが、彼は音楽を諦めませんでした。絶好調の音楽活動中のハードスケジュールと、それに伴うプレッシャーが原因と考えられています。心因性発声障害は、激しい情動ストレスによって起こる発声障害で、十代の若年者にも多く見られます。森友さんの場合は、現代医療では治す手立てがなく、ストレスやプレッシャーを取り除くための心理療法が有効です。

えー、マジ?10年以上も歌えんかったん?つらっ!

いや、マジっすか。歌えないって、相当キツかったやろなぁ。

あら、かわいそうに。でも、諦めずに頑張って良かったわね。

富士山の麓での再生

富士山麓での生活は、森友さんの心身にどのような影響を与えたのでしょうか。

都会から離れて自然と向き合うことで、心身のリラックスができたんですね。

都会の喧騒から離れ、富士山麓のアトリエに籠もり、日々リハビリに励みました。都会への未練を断ち切るため、本籍まで移し、24時間すべてを声を取り戻すことに費やしました。自然に囲まれた環境で、歌のトレーニングや作曲を続けながら、心の平静を取り戻し、再び歌えるようになることを信じて努力を続けました。森友さんは、音楽活動から離れ、富士山の麓で好きな釣りなどを楽しみ、心身のリラックス状態になったことで、発声障害が治癒したそうです。森友さんの経験から、音楽活動など、自分の好きなことや得意なことを続けるために、ストレスやプレッシャーをうまく解消することが重要だとわかります。

富士山麓って、ええとこやん!私も行ってみたいわー。

自然に囲まれた環境って、やっぱりええよね。ストレスから解放されそう。

あら、富士山麓で釣りか。いいわね。私も昔はよく釣りに行ったのよ。

新たな章の始まり

T-BOLANの復活を記念したアルバムのテーマは、愛の力なんですね。

コロナ禍の時代に愛の力を伝えるというメッセージに、深い感銘を受けました。

T-BOLANが約28年ぶりにリリースしたオリジナルアルバム『愛の爆弾=CHERISH〜アインシュタインからの伝言〜』は、パンデミックという時代背景を踏まえ、゛愛゛という普遍的なテーマを掲げている。アルバムは、再始動後に発表された楽曲に加え、新曲5曲で構成されており、アインシュタインの言葉を届けるためのパイプとして、T-BOLANの音楽が新たな境地を開拓している。

えー、まじっすか!T-BOLAN復活って、めっちゃ嬉しい!

28年ぶりとか、すごいな!やっぱT-BOLANって、永遠やね。

あら、T-BOLANって、まだ活動してたの?若い頃はよく聴いたわ。

インスピレーションの源

アインシュタインの手紙からインスピレーションを得たとは、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!愛の爆弾 = CHERISH 〜アインシュタインからの伝言〜
愛の爆弾 = CHERISH 〜アインシュタインからの伝言〜

✅ T-BOLANの30周年アルバム「CHERISH」は、アルベルト・アインシュタインが生前娘に宛てた手紙から生まれたもので、愛の大切さを説くメッセージが込められています。

✅ アインシュタインは、人類は宇宙の様々なチカラの利用と制御に失敗し、その結果、発展という名の下に自然を破壊してきたと指摘しています。また、人類は結果と成果、利益ばかりを追求し、人生の意義や心の豊かさを失ってきたとも述べています。

✅ アルバムを通して、アインシュタインが残してくれた「愛のチカラ」を現代社会に活かすことの重要性を訴え、愛とは見返りを求めない「与えること」であり「許すこと」であると主張しています。

さらに読む ⇒ 森友嵐士オフィシャルファンクラブ「SINGING TREE」 森友嵐士オフィシャルファンクラブ「SINGING TREE」出典/画像元: https://arashi.fanmo.jp/message/

愛の大切さを説くメッセージは、現代社会においても重要なテーマだと思います。

森友嵐士は、アインシュタインが娘に宛てた手紙にインスパイアされ、愛が持つ超越的な力について歌にしたという。メロディーに飽きてしまい制作に苦戦していたが、アインシュタインの手紙からインスピレーションを得て、「愛の爆弾=CHERISH〜アインシュタインからの伝言〜」という曲が生まれ、その後、アルバムの他の楽曲が次々と完成した。

アインシュタインって、めっちゃ頭いい人やん!

アインシュタインの手紙って、どんな内容だったんやろ?気になるわ。

あら、アインシュタインね。天才って、やっぱり違うわね。

愛と音楽のメッセージ

森友さんの言葉には、愛に対する深い考察と音楽への情熱を感じますね。

🔖 関連記事の要約!奇跡の復活゛T
奇跡の復活゛T

✅ T-BOLANの森友嵐士さんは、28年ぶりのオリジナルアルバム「愛の爆弾=CHERISH」の制作を通して、愛は種類が増えていくものであり、恋愛、家族愛、助け合いの愛、悼む愛など、経験を通してその種類と色合いが深まっていくことを語っている。

✅ 森友嵐士さんは、20代の頃は恋愛に関する曲が中心だったが、歌えない期間に父親として子育てをする中で、親子の愛情について深く考え、新たな愛の種類に気づいたと述べている。

✅ 病気や災害、パンデミックなどの経験を通して、人との関わりから様々な愛を受け取り、自分の弱さや誰かの優しさに気づくことで、愛の種類と色合いがさらに増したと語っている。

さらに読む ⇒ENCOUNT | エンカウント ―日本の「今」がここにある―ENCOUNT | エンカウント ―日本の「今」がここにある―出典/画像元: https://encount.press/archives/292157/

愛の種類は経験を通して深まっていくという考え方は、とても共感できます。

このアルバムは、愛の力に対する森友の深い考察と、音楽への真摯な向き合い方を表現しており、T-BOLANの30周年を記念するだけでなく、時代を超越したメッセージを届ける作品となっている。彼の決意と努力は、多くのファンに感動を与え、再び音楽活動を再開する道へと繋がりました。

恋愛だけやなくて、いろんな愛があるんやね。知らんかった。

子育てを通して、愛の大切さを感じたっていうのは、わかるなぁ。

あら、愛の種類か。人生経験を重ねると、愛も深まっていくものよ。

森友嵐士さんの歌声は、多くの人の心を癒し、勇気を与えてくれるでしょう。

🚩 結論!

💡 心因性発声障害という困難を乗り越え、歌声を再び手に入れた森友嵐士さんの物語

💡 音楽活動を通して、愛の大切さを伝えている森友嵐士さんのメッセージ

💡 T-BOLANの復活と、新たな音楽への挑戦