Academic Box Logo

寺岡呼人、音楽活動の軌跡は?30年の歩みとは!?

寺岡呼人、音楽活動の軌跡は?30年の歩みとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 寺岡呼人は、ソロデビュー30周年を迎え、アニバーサリーライブを開催する。

💡 ライブでは、寺岡呼人と成田昭次、そしてゲストが共演する。

💡 寺岡呼人の30年の音楽活動を振り返る貴重な機会となる。

では、寺岡呼人の音楽活動について、詳しく見ていきましょう。

寺岡呼人:音楽活動の軌跡

寺岡呼人さんは、JUN SKY WALKER(S) のベーシストとしてデビューされましたね。

🔖 関連記事の要約!ソロデビュー30周年を迎えた寺岡呼人が成田昭次と アニバーサリー・ライブを開催!公演ごとに異なるシークレットゲストは後日発表
ソロデビュー30周年を迎えた寺岡呼人が成田昭次と アニバーサリー・ライブを開催!公演ごとに異なるシークレットゲストは後日発表

✅ 寺岡呼人がソロデビュー30周年を記念して、成田昭次とゲストを迎えたアニバーサリーライブを開催する。

✅ ライブでは、寺岡呼人と成田昭次に加え、公演ごとに異なるゲストが登場し、寺岡呼人の30年の音楽活動を彩る。

✅ 寺岡呼人は、JUN SKY WALKER(S) のベーシストとしてデビュー後、ソロアーティストとして活動する傍ら、多くのアーティストへの楽曲提供やプロデュースを手掛け、今年11月にはソロデビュー30周年を記念したデジタル・ベストアルバムをリリースする。

さらに読む ⇒USENの音楽情報サイト「encore(アンコール)」 | encoremode | 音楽とファッションの最新ニュースとインタビューUSENの音楽情報サイト「encore(アンコール)」 | encoremode | 音楽とファッションの最新ニュースとインタビュー出典/画像元: https://e.usen.com/news/news-event/30.html

30周年おめでとうございます!今後の活躍も期待しています。

寺岡呼人は、1968年生まれのミュージシャン、プロデューサー。1988年にJUNSKYWALKER(S)のベーシストとしてデビューし、その後ソロ活動を開始。数々のアーティストのプロデュース、ライブイベント『ゴールデンサークル』の主催など、幅広く活躍している。2018年には、ジュンスカデビュー30周年、ソロデビュー25周年を記念して、奥田民生、斉藤和義、トータス松本らとスーパーバンド、カーリングシトーンズを結成。2022年には、成田昭次を中心としたバンド、成田商事(現・NARITATHOMASSIMPSON)に加入し、RockonSocialClubのプロデューサーも務める。ソロ活動では、2023年11月1日に配信ベストアルバム「MASTERPIECE-maverick-Bestof30Years」をリリースし、ソロデビュー30周年を迎えた。近年はアコースティックライブ「寺岡呼人弾き語りツアー徒然道草」や、ゲストを迎えて行うマンスリーイベント「呼人の部屋」も精力的に開催している。

え、まじ!?めっちゃ懐かしいやん!ジュンスカとか、世代やわー!

うん、うん。寺岡呼人さんて、めちゃくちゃ多才な人よね。ソロでも活躍してるし、楽曲提供とかもしてるし。

あら、寺岡君って言うのね。懐かしいわー。昔はよくテレビに出てたわよね。

カーリングシトーンズ:バンドとしての進化

カーリングシトーンズは、寺岡呼人さんが結成したスーパーバンドですね。

🔖 関連記事の要約!カーリングシトーンズ「氷上のならず者」寺岡シトーン×トータスシトーンインタビュー
カーリングシトーンズ「氷上のならず者」寺岡シトーン×トータスシトーンインタビュー

✅ カーリングシトーンズ、1stアルバム「氷上のならず者」リリース。メンバー6人全員による書き下ろし楽曲12曲を収録。

✅ 個性的なメンバーが集まり、バンドとしてのまとまりよりも、それぞれの個性を活かした独自のスタイルを確立している。

✅ リーダーの寺岡シトーンは、メンバーの個性を最大限に引き出し、それぞれのスキルが発揮される場を作っている。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/curlingsitones

メンバーそれぞれ個性的で、バンドの今後の活動が楽しみです。

寺岡呼人ソロデビュー25周年を記念して結成されたカーリングシトーンズのライブ映像作品『またか!いい加減にシトーンズ!~Live at 東京ガーデンシアター2021.03.16~』がリリース。本作品は、寺岡呼人、奥田民生、斉藤和義、浜崎貴司、YO-KING、トータス松本の6人によるドリームバンド、カーリングシトーンズの東京ガーデンシアター最終日の公演をノーカット収録。寺岡呼人は、バンドの結成はソロ活動25周年記念という名目で始まったが、メンバーとの関係値の深まりやライブを重ねるごとにバンドとしての一体感が増し、進化を感じていると語る。バンドとは、サポートメンバーでは出せないグルーヴや一体感、メンバーにしか出せない味を生み出すものだと定義し、ビートルズの「GETBACK」セッションを例に挙げ、遊びと音楽の融合がバンドの重要な要素だと説明。コロナ禍での音楽活動については、YouTubeチャンネルのような活動を通じてメンバー間の絆が深まったと語り、音楽の発信方法の変化を感じているという。

へー、知らんかったわ。寺岡呼人さんのバンドなんや。聴いてみよかな。

カーリングシトーンズって、名前が面白いよね!どんな音楽なんやろ?

あら、カーリングシトーンズって言うのね。若い子のバンドかしら?

GoldenCircleSpecial:世代間交流

GoldenCircleSpecialは、寺岡呼人さんと桜井和寿さんの共同企画ですね。

🔖 関連記事の要約!寺岡呼人『Golden Circle Special いつかの僕らの夢、星になれたかな』桜井和寿、マカえんはっとり、リョクシャカ長屋と奇跡の一夜
寺岡呼人『Golden Circle Special いつかの僕らの夢、星になれたかな』桜井和寿、マカえんはっとり、リョクシャカ長屋と奇跡の一夜

✅ 「Golden Circle Special いつかの僕らの夢、星になれたかな」は、寺岡呼人、桜井和寿、長屋晴子、はっとりの4人が出演した音楽イベントで、世代を超えて音楽で繋がれたメンバーによる、オリジナル曲、共演、カバーなど多彩なセットリストが繰り広げられました。

✅ イベントでは、それぞれのアーティストがステージの主役を務めながらオリジナル曲を披露し、寺岡呼人、はっとり、桜井和寿がそれぞれカバー曲を歌う「カバーセクション」も設けられました。

✅ 桜井和寿が歌うMr.Children楽曲の爆発的な盛り上がりや、4人で歌い繋ぐ「フォーエバーヤング」など、観客とアーティストが一体となって盛り上がり、一緒に歌える日々が戻ってきたことを実感できる、記憶に残るイベントとなりました。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/315681

世代を超えた共演は、とても新鮮で、音楽の素晴らしさを感じました。

寺岡呼人と桜井和寿による音楽イベント『GoldenCircleSpecial いつかの僕らの夢、星になれたかな』は、若手ミュージシャンとの世代間交流を目的としたライブイベント。寺岡は、若手との距離感を感じ、桜井との会話からイベント開催を決意した。ゲストには、マカロニえんぴつのはっとりさんと緑黄色社会の長屋晴子を選出し、世代の異なる4人で音楽談義に花を咲かせた食事会を開催した。食事会では、互いの音楽を聴きながらセットリストを決定し、ボーカリストとしての意見交換も活発に行われた。コロナ禍を経て、熱気に満ちた会場の空気を感じ、音楽を通して新しい時代への希望を感じさせるライブとなった。寺岡は、イベントを通して若手ミュージシャンとの繋がりを作り、音楽シーンを活性化させることを目指している。

え、まじ!?桜井さんとかも出てたん!?めっちゃ豪華やん!

GoldenCircleSpecialは、なんか、いい響きやね。行ってみたいな。

あら、GoldenCircleSpecialって言うのね。若い人たち、頑張ってるわね。

JUNSKYWALKER(S):寺岡呼人卒業

JUN SKY WALKER(S) は、寺岡呼人さんの影響が大きかったですね。

🔖 関連記事の要約!JUN SKY WALKER(S)、寺岡呼人の「卒業」を発表。バンドは3人で活動継続
JUN SKY WALKER(S)、寺岡呼人の「卒業」を発表。バンドは3人で活動継続

✅ JUN SKY WALKER(S)のベーシスト、寺岡呼人がバンドから「卒業」し、残りの3人で活動を継続することが発表された。

✅ 寺岡はバンド結成当初から在籍し、30年以上活動を共にしてきたが、今後の音楽人生でより自由にやりたいことに集中するため、脱退を決断した。

✅ メンバーは今回の決断がバンドをより結束させ、今後も新しい音を届けていくことを約束している。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/news/2021/01/28/tg002

寺岡呼人の卒業は寂しいですが、今後の活躍も応援しています。

ロックバンドJUNSKYWALKER(S)のベーシスト寺岡呼人が、27日にバンドを卒業することが発表されました。寺岡は自身の公式サイトでコメントを発表し、「僕の音楽の旅はまだまだ続きます。まだ見たことのない、ワクワクした旅を続けていきたいと思っています。どうかこれからもジュンスカと寺岡呼人を見守ってもらえたら幸いです」と今後の音楽活動への意欲を示しました。JUNSKYWALKER(S)は、ボーカル宮田和弥、ギターの森純太、ドラムの小林雅之の3人で活動を継続します。

えー、まじ!?寺岡呼人さん、脱退するの!?ショックやわー。

寺岡呼人さん、ソロ活動に専念するんかな?今後の活動も楽しみやね。

あら、寺岡君、卒業するのね。若い子も卒業する時代になったのね。

JUNSKYWALKER(S):3人での再出発

JUN SKY WALKER(S) は、寺岡呼人さんの卒業後も、3人で活動を続けるんですね。

🔖 関連記事の要約!JUN SKY WALKER(S)」寺岡呼人の卒業を発表、今後は3人で活動/芸能/デイリースポーツ online
JUN SKY WALKER(S)」寺岡呼人の卒業を発表、今後は3人で活動/芸能/デイリースポーツ online

✅ ロックバンド「JUN SKY WALKER(S)」のベース担当、寺岡呼人が卒業することを発表した。

✅ 今後はギターの森純太、ドラムスの小林雅之、ボーカルの宮田和弥の3人で活動していく。

✅ 寺岡は自身の公式サイトで「まだ見たことのない、ワクワクした旅を続けていきたい」と今後の活動への意欲を示した。

さらに読む ⇒JUN SKY WALKER(S)」寺岡呼人の卒業を発表、今後は3人で活動/芸能/デイリースポーツ onlineJUN SKY WALKER(S)」寺岡呼人の卒業を発表、今後は3人で活動/芸能/デイリースポーツ online出典/画像元: https://www.daily.co.jp/gossip/2021/01/28/0014036724.shtml

JUN SKY WALKER(S) の今後の活動にも注目ですね。

ロックバンドJUNSKYWALKER(S)が、ベースの寺岡呼人が卒業し、3人での活動継続を発表しました。寺岡は脱退ではなく、卒業という形でバンドを離れます。今後の活動は、ボーカルの宮田和弥、ギターの森純太、ドラムの小林雅之の3人で継続されます。JUNSKYWALKER(S)は1980年に結成され、1988年に寺岡が加入しメジャーデビュー。1997年に解散後、2007年に再結成、2008年に活動休止、2011年に復活し、2012年から活動を再開していました。JUNSKYWALKER(S)の寺岡呼人がバンドから゛卒業゛することが発表されました。森純太、小林雅之、宮田和弥の3人は話し合いを行い、今後の活動は3人で続けることを決め、寺岡は脱退することになりました。森純太は今回の決断が、お互いにとってより自由に活動できる機会になると語り、寺岡は自身の公式サイトで今後の音楽活動への意気込みを表明しました。JUNSKYWALKER(S)は1980年に結成、1988年に寺岡が加入しメジャーデビュー。1993年に寺岡が脱退し1997年に解散した後、2007年に再結成、2012年に本格的に活動を再開していました。

え、まじ!?でも、3人でも頑張ってほしいわ!応援してるで!

JUN SKY WALKER(S) は、これからも長く続いてほしいね。

あら、3人になったのね。頑張ってね!

寺岡呼人さんの音楽活動は、これからも注目ですね。

🚩 結論!

💡 寺岡呼人は、JUN SKY WALKER(S) のベーシストとしてデビューし、ソロアーティストとしても活躍している。

💡 カーリングシトーンズ、GoldenCircleSpecialなど、様々なプロジェクトを牽引している。

💡 今後の活動にも期待が高まる。