Academic Box Logo

キャロル解散の真相?伝説のロックバンドの栄光と悲劇解散の真相とは!?

キャロル解散の真相?伝説のロックバンドの栄光と悲劇解散の真相とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 キャロルは、矢沢永吉とジョニー大倉が中心となって結成された伝説のロックバンドです。

💡 1972年にデビューし、1975年に解散しました。

💡 キャロルの解散は、音楽シーンに大きな衝撃を与えました。

それでは、伝説のロックバンド「キャロル」について、詳しく見ていきましょう。

伝説のロックバンド「キャロル」の誕生と解散

それでは、キャロルのデビューアルバム「ルイジアンナ」について、ご紹介いたします。

🔖 関連記事の要約!□キャロル(CAROL/矢沢永吉/ジョニー大倉)□デビューアルバム□「ルイジアンナ (1972年)」□PHCL
□キャロル(CAROL/矢沢永吉/ジョニー大倉)□デビューアルバム□「ルイジアンナ (1972年)」□PHCL

✅ この商品は、矢沢永吉とジョニー大倉が所属していたバンド「キャロル」の1972年発売のデビューアルバム「ルイジアンナ」のレコードです。

✅ 状態は中古品ですが、きれいにクリーニングされており、ケース、盤面、歌詞カードとも良好な状態とのことです。

✅ 発送は入金確認後、翌日にゆうメール、ゆうパック、レターパックのいずれかで行われます。補償のない発送方法での破損、紛失の際は出品者に責任はないので、ご注意ください。

さらに読む ⇒Funbid JPmall 香港最大日本代購日本代Bid網站 – 日本Yahoo、日本樂天、日本Amazon、日本全網代購Funbid JPmall 香港最大日本代購日本代Bid網站 – 日本Yahoo、日本樂天、日本Amazon、日本全網代購出典/画像元: https://funbid.com.hk/yahoojp/auctions/item.php?aID=q1089472065

キャロルのデビューアルバム「ルイジアンナ」は、当時、非常に高い人気を博したアルバムですね。

1972年、ビートルズのコピーバンドとしてスタートしたキャロルは、矢沢永吉の楽曲とジョニー大倉のカリスマ性で人気を獲得しました。1972年12月にはデビューシングル「ルイジアンナ」が発売され、その後もヒット曲を連発し、人気絶頂期を迎えます。しかし、メンバー間のトラブルや音楽性の違いから、1975年4月、日比谷野外音楽堂で解散ライブを行い、解散しました。解散の原因は、ジョニー大倉と矢沢永吉の不仲が噂されましたが、確証はありません。確執は噂レベルで、解散理由はメンバー間の音楽性の違いや、ユウ岡崎の不祥事など複合的な要因が考えられます。

へぇー、キャロルって解散したんかー。知らんかったわー。

キャロルって、やっぱ、すごいバンドやったんやね!

あの頃は、若かったなぁ。キャロル、よく聴いてたわ。

キャロルの結成と転機

続いて、キャロルの結成と転機について解説していきます。

🔖 関連記事の要約!最後までノッていけよ!」矢沢永吉の掛け声で始まった熱狂ステージ…キャロル解散コンサート最終日で起こった完全に想定外のトラブル(集英社オンライン)
最後までノッていけよ!」矢沢永吉の掛け声で始まった熱狂ステージ…キャロル解散コンサート最終日で起こった完全に想定外のトラブル(集英社オンライン)

✅ 1972年10月、フジテレビの情報番組「リブ・ヤング!」に出演したキャロルは、その場で内田裕也、ミッキー・カーチスらにスカウトされ、わずか10日後にデビューが決まりました。

✅ バンド名はジョニー大倉が「クリスマス・キャロル」のイメージから命名し、矢沢永吉とジョニー大倉という対照的な個性がバンドの音楽に大きな影響を与えました。

✅ デビュー直前の1972年12月、キャロルは業界向けのクリスマスパーティーで演奏し、その場でサディスティック・ミカ・バンドの加藤和彦と高中正義も彼らの才能に衝撃を受けました。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/articles/57736662925907c1542cf906b8962ce5ff326409

キャロルは、まさに運命的な出会いと転機によって誕生したバンドと言えるでしょう。

キャロルは、1972年に矢沢永吉とジョニー大倉がメンバー募集の貼り紙がきっかけで結成されました。当初は「ハコバン」として活動していましたが、フジテレビの音楽番組「リブ・ヤング!」にジョニー大倉がハガキで応募したことが転機となり、バンドの運命を変えました。しかし、番組への出演は叶わず、矢沢永吉が番組スタッフに電話で猛烈に抗議したことが、キャロルの知名度を上げるきっかけとなりました。

キャロルって、ほんまにいろんなとこからスカウトされてたんやなー。

いやー、キャロルって、ホンマにすごいバンドやったんやね!

キャロルはね、若い子に人気があったのよ。

キャロル解散の真相に迫る

それでは、キャロルの解散の真相に迫ってみましょう。

🔖 関連記事の要約!吉田豪が語る ジョニー大倉と矢沢永吉

公開日:2014/11/28

吉田豪が語る ジョニー大倉と矢沢永吉

✅ ジョニー大倉さんの訃報を受け、キャロル時代のバンドメンバーである矢沢永吉さんからのコメントや、ジョニーさんが肺がんを患っていたこと、そして闘病中の様子について語られています。

✅ プロインタビュアーの吉田豪さんが、ジョニー大倉さんとの関係性や、真樹日佐夫先生のパーティーでのジョニーさんの様子、そしてジョニーさんの性格について語っています。

✅ 吉田豪さんが、真樹日佐夫先生のパーティーで前田日明さんとジョニー大倉さんが遭遇したエピソードを語り、UWF解散後に前田さんが泥酔してジョニーさんとのトークショーで放送禁止用語を連発した事件について触れています。

さらに読む ⇒miyearnZZ LabomiyearnZZ Labo出典/画像元: https://miyearnzzlabo.com/archives/21428

キャロルの解散は、メンバー間の確執や、ジョニー大倉さんのドラッグ問題など、様々な要因が複雑に絡み合った結果だったようです。

キャロルの解散は、当時の音楽シーンに衝撃を与え、現在も伝説として語り継がれています。解散の原因として、ジョニー大倉と矢沢永吉の確執が挙げられます。ジョニーは矢沢がキャロルの実権を握ったことを恨んでおり、矢沢が「キャロルは俺のもの」という意識が強いと感じているようです。また、ジョニーはドラッグ依存で失踪した過去があり、バンドに多大な迷惑をかけたことも事実です。ジョニーは矢沢にキャロルの権利関係を押さえられ、納得がいかず、矢沢に対する批判を繰り返してきました。しかし、矢沢はジョニーの挑発に乗ることはなかったそうです。キャロルの解散は、メンバー間の確執や、ジョニーのドラッグ問題など、様々な要因が複雑に絡み合った結果であると考えられます。

解散の原因って、ほんまに色々あったんやなー。

やっぱ、音楽性の違いとか、そういうのがあったんかなー。

あの子たち、若い頃はよっぽど仲良かったのよね。

ジョニー大倉の訃報とキャロルの影響

それでは、ジョニー大倉さんの訃報と、キャロルが日本のロックシーンに与えた影響について、お話しましょう。

🔖 関連記事の要約!矢沢永吉 大倉さん死去に「非常に残念です。心からお悔やみ」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
矢沢永吉 大倉さん死去に「非常に残念です。心からお悔やみ」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ 松たか子が第1子妊娠を発表し、妊娠6ヶ月であることが明らかになりました。松たか子は直筆メッセージで喜びを表明し、仕事はベストを尽くすことを明言しました。夫である佐野元彦も祝福のコメントを発表しました。

✅ 元「キャロル」のジョニー大倉さんが肺炎のため死去しました。享年62歳。大倉さんは1972年に「キャロル」を結成し、数々のヒット曲を世に送り出しました。矢沢永吉も大倉さんの訃報に接し、深い悲しみを表しました。

✅ 紅白歌合戦の出場者が続々と発表され、中島みゆき、郷ひろみ、V6、中島美嘉、テンドラー、ジバニャンが出場することが決定しました。また、紅白審査員には井上真央が内定し、錦織圭もリストアップされているようです。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/27/kiji/K20141127009360490.html

ジョニー大倉さんの逝去は、日本のロックシーンにとって大きな損失です。

2014年11月28日の芸能ニュースでは、ジョニー大倉さんの訃報がトップを飾りました。キャロルでの活躍や矢沢永吉との関係など、彼の音楽人生が偲ばれています。

ジョニー大倉さん、ほんまに残念やわー。

キャロル、懐かしいなー。

ジョニー大倉さん、良い人だったわよ。

キャロルが日本のロックシーンに残した足跡

では、最後に、キャロルが日本のロックシーンに残した足跡について、解説していきます。

🔖 関連記事の要約!デビュー50周年・矢沢永吉「キャロル」解散ライブのステージ炎上で消防車出動!/日本音楽シーン「名作裏面史」

公開日:2022/09/03

デビュー50周年・矢沢永吉「キャロル」解散ライブのステージ炎上で消防車出動!/日本音楽シーン「名作裏面史」

✅ 1972年にデビューし、1975年に解散した伝説のロックバンド「キャロル」の軌跡と、解散ライブでの炎上事故について、メンバーや活動、解散ライブの様子、そしてバンドの功績を振り返る。

✅ キャロルは矢沢永吉(b,vo)、ジョニー大倉(g.vo)、内海利勝(g)、ユウ岡崎(ds)の4人で結成され、デビュー曲「ルイジアナ」が爆発的な人気を博し、当時のロック界に大きな影響を与えた。

✅ 解散ライブは日比谷野音で行われ、熱狂的な観客の中で行われたが、ラストの曲「ラスト・チャンス」終了後に発生した爆竹の炎がステージセットに燃え移り、炎上事故が発生した。この事故は、燃え尽きるように活動を終えたキャロルの象徴的な出来事として語り継がれている。

さらに読む ⇒GREE ニュースGREE ニュース出典/画像元: https://jp.news.gree.net/news/entry/4401892

キャロルは、日本のロックシーンに多大な影響を与えたバンドです。

日本のロックシーンに多大な影響を与えたバンド、キャロル。その音楽性を継承し、現在も活躍するアーティストやバンドを紹介する。キャロルの解散コンサートで親衛隊を務めたクールス、柳田ヒロのプロデュースでデビューしたチェリーボーイズなど、キャロルの遺伝子を受け継ぐバンドから、矢沢永吉、THEBAWDIESといった日本のロックシーンを牽引するアーティストまで、幅広いラインナップを紹介。さらに舘ひろし、クールスのベスト盤、矢沢永吉のオールタイム・ベスト第二弾も紹介し、日本のロック史における重要な位置付けを改めて示している。

キャロルって、ほんまに伝説のバンドやんなー。

キャロルって、今も人気あるよねー。

キャロルはね、あの頃は、すごい人気があったのよ。

本日は、伝説のロックバンド「キャロル」について、ご紹介いたしました。

🚩 結論!

💡 キャロルは、日本のロックシーンに大きな影響を与えたバンドです。

💡 キャロルの音楽は、現在でも多くのファンに愛されています。

💡 キャロルの解散は、音楽シーンに大きな衝撃を与えました。