Academic Box Logo

クリスタルキングの田中昌之、ハイトーンボイスが消えた真相とは?伝説の歌声の秘密と、事故による悲劇!!

クリスタルキングの田中昌之、ハイトーンボイスが消えた真相とは?伝説の歌声の秘密と、事故による悲劇!!
📘 この記事で分かる事!

💡 クリスタルキングの田中昌之さんが、草野球で喉にボールが直撃しハイトーンボイスを失った事実

💡 田中昌之さんのハイトーンボイスは、クリスタルキングの楽曲に欠かせない要素であったこと

💡 田中昌之さんは、現在も精力的に音楽活動を続けていること

それでは、第一章から詳しく見ていきましょう。

クリスタルキングの始まりと隆盛

クリスタルキングの始まりと隆盛についてお話します。

🔖 関連記事の要約!楽譜】大都会 / クリスタルキング(メロディ譜)提供:全音楽譜出版社
楽譜】大都会 / クリスタルキング(メロディ譜)提供:全音楽譜出版社

✅ この記事は、クリスタルキングの「大都会」のメロディ譜について解説しています。

✅ 楽譜は全音歌謡曲全集 29 に収録されており、リズムパターン、前奏と1番のメロディ、歌詞が記載されています。

✅ 楽譜はPDF形式で、全音楽譜出版社から220円で販売されています。

さらに読む ⇒楽譜@ELISE(アットエリーゼ)| 楽譜のダウンロードとコンビニ印刷楽譜@ELISE(アットエリーゼ)| 楽譜のダウンロードとコンビニ印刷出典/画像元: https://www.at-elise.com/elise/JPDPZO05912/

田中昌之さんのハイトーンボイスは、本当に魅力的でしたよね。

1971年に結成されたクリスタルキングは、ムッシュ吉崎の低音ボイスと田中昌之のハイトーンボイスによるツインボーカルが特徴でした。 佐世保の米軍キャンプやクラブで腕を磨き、1976年に「カモン!ハッスル・ベイビー」でデビューを果たします。しかし、ブレイクには至らず、1978年のポプコンで「夢想花」を歌った円広志に敗れたことが転機となり、翌年に大ヒット曲「大都会」を発表しました。その後も「愛を止めないで」「君がいるだけで」などヒット曲を連発し、一世を風靡しました。1974年の『世界歌謡祭』でグランプリを獲得した田中昌之は、圧倒的な歌唱力で多くのファンを魅了しました。デビューシングル『大都会』は150万枚の大ヒットとなり、その後も『蜃気楼』などヒット曲を連発し、人気絶頂を迎えます。しかし、アイドル的な路線にシフトしたことで、従来のロックファンからの支持を失い、人気は下降線をたどりました。

えー!知らんかった!めっちゃショックやわ。

いや、田中昌之さんって、ほんまに凄い人よね。

あの頃は、クリスタルキングの曲が流行ってて、よくラジオで流れてたわね。

田中昌之の事故とその後

続いて、田中昌之さんの事故について詳しくご紹介します。

🔖 関連記事の要約!大都会」高音を草野球で失う、元クリスタルキング田中昌之の悲劇。
大都会」高音を草野球で失う、元クリスタルキング田中昌之の悲劇。

✅ クリスタルキングの田中昌之さんは、番組「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」に出演し、代表曲「大都会」のハイトーンボイスが草野球で喉にボールが直撃したことで失われたと明かした。

✅ 田中さんは、1989年に草野球中にゴロをさばこうとした際に喉にボールが直撃し、それ以来自慢のハイトーンボイスが戻らなくなり、ガラガラ声になってしまった。

✅ この出来事は田中の音楽人生を大きく変えたものであり、ファンにもよく知られているエピソードである。

さらに読む ⇒Narinari.comNarinari.com出典/画像元: https://www.narinari.com/Nd/20160336716.html

事故の影響は大きかったでしょうね。それでも音楽活動を続けている田中昌之さんは本当にすごいと思います。

田中昌之は、1975年に「クリスタルキング」に加入し、「大都会」の大ヒットで人気を博しました。彼の魅力はハイトーンボイスで、当時の田中昌之は「高い音は出そうと思えばいくらでも出せた」と語っていたそうです。しかし、1986年に草野球中に打球が喉を直撃し、一時的に声を失った後、二度とハイトーンボイスは戻りませんでした。この事故により、高音を出す際に喉を開く機能が損なわれたことが原因と考えられます。田中さんの草野球チームは「クリスタルキング球団」と呼ばれ、九州時代は「スタッフ」というクラブのバンド仲間でくんだチームだったそうです。田中昌之さんは、クリスタルキングの元ボーカリストで、圧倒的なハイトーンボイスで知られる歌手です。クリスタルキング時代には「大都会」や「愛をとりもどせ!!!」などのヒット曲を歌い、高い歌唱力で人気を博しました。しかし、1989年に草野球中の事故で喉を負傷し、声変わりが噂されるようになりました。事故後も音楽活動を続け、ソロ歌手としても成功をおさめ、「ウルトラマンガイアの」主題歌を担当するなど、幅広く活躍しています。

そんなことあったん?まじかー!

つらい経験だったと思うけど、それでも歌い続けてるってすごいよね。

あのね、私ね、若い頃、よくクリスタルキングのライブに行って歌ってたのよ。

クリスタルキングの解散と内紛

それでは、クリスタルキングの解散と内紛についてお話します。

🔖 関連記事の要約!クリスタルキング(田中昌之、ムッシュ吉崎など全メンバー)の現在

公開日:2023/06/12

クリスタルキング(田中昌之、ムッシュ吉崎など全メンバー)の現在

✅ クリスタルキングは、ムッシュ吉崎を中心に結成されたロックバンドで、1980年代に「大都会」「蜃気楼」「愛をとりもどせ」などのヒット曲を世に送り出し、一世を風靡しました。

✅ 現在は、ムッシュ吉崎が中心となって活動しており、田中昌之との関係は修復不可能となっています。

✅ ムッシュ吉崎は、クリスタルキングとして精力的にライブ活動を行っており、特に「愛をとりもどせ」は、北斗の拳のゲームやパチスロなどでも人気が高く、幅広い世代に愛され続けています。

さらに読む ⇒あの人は今 最新版あの人は今 最新版出典/画像元: https://anohitohaima.tokyo/post-1316/

クリスタルキングの解散は本当に残念でした。

クリスタルキングは、田中昌之の脱退と再加入を繰り返すなど、メンバー間の不仲説が囁かれ、2002年に田中昌之が脱退した後、事実上解散となりました。その後、ムッシュ吉崎はソロプロジェクトとして活動しており、田中昌之はライブを中心にアーティスト活動を続けています。クリスタルキングの商標権をめぐる内紛では、元メンバーである田中氏がソロ活動でグループ名を使用し、吉崎氏(クリスタルキングカンパニーのオーナー)が使用禁止と損害賠償を求めて提訴しました。しかし、東京地裁は吉崎氏の請求を棄却しました。判決の根拠として、田中氏のソロ活動がクリスタルキングの社会的地位を低下させるものではないと判断されたことが挙げられています。この事件は、経営者とアーティストを兼ねる難しさや、知的財産権の活用方法について考えさせられます。また、ファンとしては、過去の確執を乗り越えて、再びメンバーがステージに立つことを望んでいるようです。

え、まじで?なんで解散したん?

解散って、なんか悲しいよね。

昔は、よくクリスタルキングのレコード聴いてたわよ。

クリスタルキングの現在

最後に、クリスタルキングの現在についてお話しします。

🔖 関連記事の要約!大都会』の元「クリスタルキング」田中昌之さんは70歳、シルバーヘアで現役続行「今のほうが歌うまい」
大都会』の元「クリスタルキング」田中昌之さんは70歳、シルバーヘアで現役続行「今のほうが歌うまい」

✅ 田中さんは、プロ野球選手を目指していたが、高校1年で音楽の道へ進み、バンド「クリスタルキング」を結成。九州で人気を得て1979年のヤマハポピュラーソングコンテストで「大都会」でグランプリを受賞し、全国的な知名度を獲得した。

✅ 「大都会」は、グランプリ獲得を目指して作られた曲で、バンドメンバーは当初は売れるとは思っていなかったが、予想外のヒットにより、田中さんは歌手として活動を続けることができた。

✅ 田中さんは、その後も「愛をとりもどせ!!」や「ウルトラマンガイア」などの主題歌など、幅広い層に記憶に残る楽曲を歌い続け、現在もライブ活動やYouTubeなどで楽曲を披露している。

さらに読む ⇒ Part 2 Part 2出典/画像元: https://www.news-postseven.com/archives/20220617_1763235.html/2

クリスタルキングは、今でも多くの人に愛されているんですね。

クリスタルキングは、1980年代に北斗の拳の主題歌「愛をとりもどせ」がヒットし、1980年代の日本のロックシーンを席巻しました。その後も、ムッシュ吉崎が中心となり、クリスタルキングとしての活動を行っています。田中昌之は、クリスタルキングを名乗り活動していたことが原因で2009年にムッシュ吉崎から提訴されましたが、判決は田中昌之に有利なものでした。そのため、現在ではムッシュ吉崎がクリスタルキングとしての活動を行い、田中昌之は別の活動をしています。現在のムッシュ吉崎は、新曲のリリースはほとんどありませんが、多くのライブ活動を行っており、テレビ出演は少ないものの第一線で活躍しています。一方、田中昌之はクリスタルキング以外で活動しており、詳細は不明です。

え、クリスタルキングって、まだ活動してるの?

クリスタルキングって、今も人気あるんかな?

クリスタルキングって、若い人には分からんのかね〜。

それぞれの未来

それでは、田中昌之さんとクリスタルキングのそれぞれの未来についてお話します。

🔖 関連記事の要約!大都会」元クリスタルキング田中昌之のいま 北斗の拳のおっちゃんは生涯ロック!
大都会」元クリスタルキング田中昌之のいま 北斗の拳のおっちゃんは生涯ロック!

✅ クリスタルキングの元ボーカル田中昌之さんは、66歳にしてなおロック魂を燃やし、生涯現役を貫く決意を語った。

✅ かつてのハイトーンボイスは、病気によりハスキーボイスに変わったものの、歌に対する情熱は衰えず、ソロ活動を精力的に続けている。

✅ 近年は「北斗の拳」の主題歌「愛をとりもどせ!!」で若い世代からも認知度が高まっている一方、クリスタルキング再結成については、現在の声の状態と金福健さんの逝去を理由に否定的な見解を示した。

さらに読む ⇒まいどなニュースまいどなニュース出典/画像元: https://maidonanews.jp/article/13160224

田中昌之さんの今後の活躍が楽しみです。

田中昌之は現在72歳で、精力的に音楽活動を続けており、3ヶ月に一度のペースでライブを開催しています。目標は70歳、80歳になっても歌い続けることだそうです。一方、クリスタルキングのもう一人のボーカルであるムッシュ吉崎とは、2009年の商標権侵害裁判をきっかけに不仲になり、二度と一緒には歌わないと断言しています。田中昌之は、現在でも高い歌唱力を持ち、自身の音楽活動を充実させています。クリスタルキングは、今もなお「愛をとりもどせ」などの楽曲が人気であり、ムッシュ吉崎はこれからも生きた伝説として活躍を続けることが期待されます。

田中昌之さん、今も歌ってるん?すごいなぁ!

田中昌之さん、これからも頑張ってほしいよね。

田中昌之さん、昔はイケメンやったのよ。

クリスタルキングの過去と現在を振り返り、田中昌之さんのハイトーンボイスの秘密と事故による影響についてお話しました。

🚩 結論!

💡 田中昌之さんは、草野球で喉にボールが直撃し、ハイトーンボイスを失った。

💡 クリスタルキングは、田中昌之さんの脱退を経て解散した。

💡 田中昌之さんは、現在もソロ活動を精力的に続けている。