Academic Box Logo

サンプラザ中野くんの「Runner」は、ただの応援歌じゃない!?誕生秘話とは!?

サンプラザ中野くんの「Runner」は、ただの応援歌じゃない!?誕生秘話とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 「旅人よ」のリメイクと応援歌としての側面について解説します。

💡 「Runner」の誕生秘話を紐解き、その背景に隠された真実を探ります。

💡 「Runner」の歌詞に込められたメッセージと、その誕生秘話について解説します。

それでは、最初のテーマに入っていきましょう。

『旅人よ』のリメイクと応援歌について

「旅人よ」は、本当に力強い応援歌ですよね。

🔖 関連記事の要約!サンプラザ中野くん、25年が経っても色あせない「旅人よ ~The Longest Journey」のパワー 時代が求めた真の応援歌
サンプラザ中野くん、25年が経っても色あせない「旅人よ ~The Longest Journey」のパワー 時代が求めた真の応援歌

✅ 「旅人よ~The Longest Journey」は、1996年に猿岩石のユーラシア大陸横断ヒッチハイクを応援するために作られた楽曲で、傷つきながらも前に進む人々への賛辞と、笑顔を絶やさずに進んで欲しいという願いを込めた応援歌です。

✅ 猿岩石の過酷な旅を目の当たりにしたサンプラザ中野くんは、力強くも優しい歌声で彼らを励まし、孤独な旅の中で力強い支えとなりました。

✅ 直接的な励ましの言葉ではなく、傷つきながらも前に進む姿への共感と、笑顔を忘れないで欲しいという願いが、猿岩石だけでなく、多くの人の心を打った楽曲と言えるでしょう。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2021/11/post-899722.html

25年の時を経て、今の時代にも響く応援歌として蘇りましたね。

サンプラザ中野くんは、爆風スランプ時代の楽曲「旅人よ」を25周年を記念してリメイクし、ミニアルバム「旅人よ~TheLongestJourney」をリリースしました。コロナ禍での人々の励みになればと、25年前の゛真の応援歌゛を今の時代に蘇らせたのです。中野くんは、自身の「応援歌を歌うべくしての喉、声質を持っている」という認識について語り、応援歌として認知されている「Runner」は、メンバーの脱退時に書かれた曲であり、当初は応援歌として意識していなかったと明かしました。

えー、まじ!?めっちゃ懐かしい!昔、よくカラオケで歌ってたわー。

うんうん、懐かしい。でも、最近の子は知らんやろなぁ。

あら、懐かしいわね。あの頃は、まだ若かったのよ。

「Runner」誕生秘話

「Runner」の誕生秘話、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!爆風スランプ名曲『Runner』誕生秘話。メンバーも知らなかった真実が明らかに。 – ニッポン放送 NEWS ONLINE
爆風スランプ名曲『Runner』誕生秘話。メンバーも知らなかった真実が明らかに。 – ニッポン放送 NEWS ONLINE

✅ 「Runner」誕生秘話として、ファンキー末吉さんが作ったデモテープを、就職で上京した森隆史さんがいち早く聴いたというエピソードが明かされ、曲の誕生秘話が語られた。

✅ サンプラザ中野くん自身の高校時代や、音楽活動の裏側、幻の人気コーナー「商売繁盛!えーらいこっちゃ」の後日談などが語られた。

✅ サンプラザ中野くんは、2018年2月24日(土)に「サンプラザ中野くん Style 1」を開催する。

さらに読む ⇒ニッポン放送 NEWS ONLINEニッポン放送 NEWS ONLINE出典/画像元: https://news.1242.com/article/134004

ファンキー末吉さんのデモテープを、森隆史さんがいち早く聴いたというのは、貴重なエピソードですね。

2018年1月3日放送の「サンプラザ中野くんのオールナイトニッポンPremium」では、爆風スランプの名曲「Runner」の誕生秘話が明かされました。番組では、リスナーから「Runnerをいつどこで知ったか」というメールが届き、そのメールがきっかけで、曲誕生の裏側や、サンプラザ中野くん自身の高校時代、そして「Runner」誕生にまつわる様々なエピソードが語られました。リスナーのメールでは、当時ドラマーのファンキー末吉さんが住んでいたアパートで、曲のデモ音源を聴かされたという貴重な体験談が語られ、サンプラザ中野くんは「世界で誰よりも早く『Runner』を聴いた人」だと明かしました。さらに、番組内では、サンプラザ中野くんが高校時代に陸上部に入っていたことや、幼少の頃に右半身に障害があったことなど、これまで語られることのなかった過去のエピソードも明かされ、彼が「Runner」を作った理由が「ネタを仕込むため」だったという衝撃的な事実も明かされました。この番組では、「Runner」誕生秘話だけでなく、幻の人気コーナー「商売繁盛!えーらいこっちゃ」の後日談なども語られるなど、ファンにとっては見逃せない内容となっています。

えー、まじ!?そんな話あったんや!知らんかったわー。

へぇー、そうなんだ。知らなかった。

あら、懐かしいわね。あの頃は、まだ若かったのよ。

「Runner」の誕生背景

「Runner」の誕生背景は、バンドの危機と、個人の経験が複雑に絡み合っていますね。

🔖 関連記事の要約!爆風スランプ、デビュー40周年を記念してHD化された「Runner」MVが500万回再生突破 – THE FIRST TIMES
爆風スランプ、デビュー40周年を記念してHD化された「Runner」MVが500万回再生突破 – THE FIRST TIMES

✅ 爆風スランプが26年ぶりにツアーを開催することが発表され、チケット最速先行受付がスタートしました。

✅ 「Runner」のMVがYouTubeで500万回再生を突破するなど、デビュー40周年を記念した活動が注目を集めています。

✅ ツアーは10月31日から11月17日にかけて名古屋、兵庫、東京で開催され、中国のバンドBuYiとの共演も予定されています。

さらに読む ⇒THE FIRST TIMESTHE FIRST TIMES出典/画像元: https://www.thefirsttimes.jp/news/0000394971/

「Runner」の歌詞は、本当に深いですね。

爆風スランプの「Runner」は、1988年にリリースされた国民的な人気曲です。ベースの江川ほーじんさんの脱退が決まり、バンドが危機に瀕していた時期に制作された楽曲で、歌詞は陸上部の少年と江川ほーじんさんの両方を象徴しています。歌詞の内容は、雨が降り、部活を続けられない陸上部の少年の心情と、バンドを続けられない江川ほーじんさんの心情を重ねて表現されています。「Runner」は、単なるラブソングではなく、少年同士の青春ソングであり、人生の応援歌としても解釈できます。歌詞には、困難に立ち向かう力強さ、友情、そして夢を追いかけることの大切さが込められています。

えー、まじ!?知らんかったわー。

へぇー、そうなんだ。知らなかった。

あら、懐かしいわね。あの頃は、まだ若かったのよ。

「Runner」に込められたメッセージ

「Runner」に込められたメッセージは、時代を超えて多くの人に響くものだと思います。

🔖 関連記事の要約!リリース30周年を迎える「Runner」が゛平成30年Ver.゛として完全新録!

公開日:2018/02/21

リリース30周年を迎える「Runner」が゛平成30年Ver.゛として完全新録!

✅ 2018年4月11日にリリースされるサンプラザ中野くんのミニアルバム「Runner」は、1988年リリースの「Runner」の30周年を記念して制作された。

✅ アルバムには、「Runner」の平成30年バージョンに加え、「さよなら文明」「神話」のセルフカバーも収録されており、盟友のパッパラー河合によるギタープレイが聴きどころとなっている。

✅ さらに、ライブ会場限定CDでしか聴けなかった「愛してるよ」のニューバージョンや、電撃ネットワークへのメッセージソング「Song for Mr. Tokyo Shock Boy」など、新録曲が収録されている。

さらに読む ⇒ユニバーサル ミュージックジャパン公式サイト - UNIVERSAL MUSIC JAPANユニバーサル ミュージックジャパン公式サイト - UNIVERSAL MUSIC JAPAN出典/画像元: https://www.universal-music.co.jp/spnakanokun/news/2018-02-24-2/

30周年を記念して制作されたアルバム、聴きごたえがありますね。

当時の爆風スランプは、コミックバンドとして過激なステージを展開していましたが、売れる戦略にシフトする中で、メンバー間の軋轢が生じました。江川ほーじんさんは脱退を決意し、バンドは危機に瀕していました。そんな状況下で制作された「Runner」は、バンドの苦悩と希望を反映した楽曲といえます。また、作詞者のサンプラザ中野くんは、幼い頃に右半身に障害がありながらも、陸上部でやり投げをしていたという事実が明らかになりました。彼は「Runner」を制作することで、自身の経験を投影し、困難に立ち向かう人々へのメッセージを込めたとも考えられます。「Runner」は、世代を超えて愛される名曲であり、その背景には、バンドの苦悩、メンバーの友情、そして作詞者の個人的な経験が複雑に絡み合っています。歌詞を深く読み解くことで、楽曲に込められたメッセージをより深く理解することができます。

えー、まじ!?知らんかったわー。

へぇー、そうなんだ。知らなかった。

あら、懐かしいわね。あの頃は、まだ若かったのよ。

「Runner」は、時代を超えて愛される名曲であることがわかりました。

🚩 結論!

💡 「旅人よ」は、25周年を記念してリメイクされ、応援歌として蘇りました。

💡 「Runner」の誕生秘話には、ファンキー末吉さんのデモテープや、森隆史さんのエピソードなど、貴重な情報が隠されています。

💡 「Runner」の歌詞には、バンドの苦悩や、メンバーの友情、そして作詞者の個人的な経験が込められています。