Academic Box Logo

1980年代の音楽!今聴いても最高?懐かしの名曲たちとは!?

1980年代の音楽!今聴いても最高?懐かしの名曲たちとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 1980年代は、ロックとポップスの黄金時代であった

💡 マイケル・ジャクソンやプリンスなど、世界的に有名なミュージシャンが登場した

💡 インディーズシーンの台頭やスタジアムでの成功など、音楽シーンが多様化した

それでは、1980年代の音楽について詳しく見ていきましょう。

1980年代:音楽史上の重要な時代

1980年代の音楽は、まさに時代の変化を反映したと言えるのではないでしょうか。

🔖 関連記事の要約!80年代の音楽は思っている以上にクールなものだった

公開日:2023/11/25

80年代の音楽は思っている以上にクールなものだった

✅ 1980年代の音楽は、当時流行していたファッションや文化の影響で軽視されがちだが、ロックとポップスの黄金時代であり、数々の名曲やアーティストを生み出した。

✅ 特に、マイケル・ジャクソンやプリンスなど、文化的な影響力を持つミュージシャンが登場し、世界中で大きな話題を呼んだ。

✅ 1980年代は、インディーズシーンの台頭や、ブルース・スプリングスティーンやU2のような大物ミュージシャンによるスタジアムでの成功など、音楽シーンの多様化と発展が見られた時代である。

さらに読む ⇒HomeHome出典/画像元: https://www.udiscovermusic.jp/stories/80s-music

当時の音楽シーンを考えると、本当にエキサイティングな時代だったと思います。

1980年代は、音楽史上のピークとしてではなく、コスチュームパーティ程度の陳腐なものとして記憶されているという意見もある。それは、ベビーブーマー世代が1960年代のカウンターカルチャーのアイコンでさえ、MTV黎明期の明るく陽気な文体に染められてしまったためである。しかし、1980年代の音楽は、実はロックとポップスの黄金時代だった。ユーリズミックスやソフト・セルなどのヒット曲は、今聴いても素晴らしい。1980年代は、マイケル・ジャクソンやプリンスなどのスターが台頭しただけでなく、インディーズシーンも活発化していた。そして、ブルース・スプリングスティーンやU2などのアーティストは、スタジアムでの成功を収めながら芸術性を保つことを証明し、一方で、ジャームズのようなバンドは、マイノリティながらも独特なサウンドでシーンを彩った。1980年代は、Xのデビューアルバムからニルヴァーナの『Bleach』まで、パンク、ニューウェーブ、グランジなど、多様な音楽が生まれた時代であり、現代の音楽シーンの基礎を築いたと言える。

へぇ~、知らんかったわ。めっちゃ興味深い!

そうやね、あの頃は音楽もファッションも最高やったけんね!

あら、懐かしいわね。私も若い頃は、よくレコードを聴いていたのよ。

1980年代邦楽プレイリスト:時代を彩る名曲たち

1980年代の邦楽は、多様なジャンルが花開いた時代ですね。

🔖 関連記事の要約!ROCK JET vol.75 YMO+シーナ&ロケッツ特集号
ROCK JET vol.75 YMO+シーナ&ロケッツ特集号

✅ ROCK JET vol.75は、シーナ&ロケッツの鮎川誠がシーナ&ロケッツのアルバムを語る連載の第2回インタビューを特集しており、YMO「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」とシーナ&ロケッツ「真空パック」の特集号です。

✅ 特集では、鮎川誠のロングインタビューが26ページ掲載され、「真空パック」の製作エピソードや3KINGS(鮎川誠、友部正人、三宅伸治)についてのインタビューも掲載されています。

✅ 記事では、1979年にリリースされた「真空パック」と「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」の制作秘話や、両アルバムの関係性について考察されています。

さらに読む ⇒Sheena & Rokkets | シーナ&ロケッツ★ オフィシャルショッピングSheena & Rokkets | シーナ&ロケッツ★ オフィシャルショッピング出典/画像元: https://sheena.cc/rockjet75.html

当時の音楽を聴きながら、青春時代を思い出せるようなプレイリストですね。

この記事は、1980年代邦楽ベストをSpotifyで独自に再現したプレイリストを紹介しています。選曲基準は、1アーティスト1曲、リードボーカリストが同じ曲はなるべく被らないように、発売日順を基本とし、ヒット時期も考慮したとのことです。1980年から順に、各年度の代表的な楽曲とアーティストを紹介しながら、当時の音楽シーンを振り返っています。具体的には、1980年は、YMO、シーナ&ザ・ロケッツ、寺尾聰、長渕剛、オフコースなど、テクノブーム、ニューミュージック、歌謡ポップスなどが共存していた様子が伺えます。記事は、プレイリストのURLを掲載し、さらに詳細な解説と選曲理由が書かれていると推測されます。全体として、1980年代の音楽シーンを、個人的な主観と客観を交えて、わかりやすく解説したエッセイと言えるでしょう。

え、まじ!?めっちゃ懐かしい曲ばっかりやん!

うん、わかる!あの頃の音楽は、今の音楽とは全然違うよね。

あら、懐かしいわね。あの頃は、レコード屋さんに行くのが楽しみだったのよ。

ラジオ番組「J-POPLEGENDFORUM」:1980年代の幕開け

1980年代の音楽シーンを語る上で、オフコースと浜田省吾は欠かせない存在ですね。

田家秀樹さんの解説は、当時の音楽シーンを鮮明に浮かび上がらせてくれますね。

「J-POPLEGENDFORUM」は、日本の音楽の礎となったアーティストにスポットを当て、深く掘り下げた話を聞くラジオ番組です。2019年12月は「80年代ノート」というテーマで、1980年から89年までの10年間を毎週2年ごと語っていきます。第1回目は、1980年と1981年について深く語りました。田家秀樹氏は、1980年3月5日発売のオフコースのシングル「生まれ来る子供たちのために」が、70年代の暗いイメージを払拭し、80年代への新しい希望を象徴していたと述べています。オフコースは「さよなら」の大ヒットの後、「生まれ来る子供たちのために」という暗い曲をシングルに選んだことについて、レコード会社との衝突があったことを明かしました。

オフコースとか浜田省吾とか、めっちゃ有名じゃん!

うん、確かに。あの頃の音楽は、今の音楽とは全然違うよね。

あら、懐かしいわね。あの頃は、ラジオでよく音楽を聴いていたのよ。

1980年代:新たな音楽の潮流

浜田省吾のコンサートイベント、楽しみですね。

🔖 関連記事の要約!浜田省吾 100% FAN FUN FAN 2019 ゛Journey of a Songwriter゛ since 1975 Welcome back to The 80゛s Part
浜田省吾 100% FAN FUN FAN 2019 ゛Journey of a Songwriter゛ since 1975 Welcome  back to The 80゛s Part

✅ 浜田省吾の80年代前半のオリジナルアルバム3枚から選曲したコンサートイベントが開催されることが決定した。

✅ イベントは2023年秋に開催予定で、詳細はまだ未定だが、6枚のアルバムから厳選された曲が演奏される見込み。

✅ イベントは多くのファンにとって待ち焦がれていたもので、チケット争奪戦が予想される。

さらに読む ⇒fishtail2017 ~遠くても…空とこの道出会う場所へ~fishtail2017 ~遠くても…空とこの道出会う場所へ~出典/画像元: https://fishtail2017.hatenablog.com/entry/20190520_ShogoHamada

浜田省吾の「終わりなき疾走」は、まさに80年代を象徴する曲ですね。

田家氏は、80年代はロックやフォークなど様々な音楽が市民権を得始めた時代であり、オフコースや浜田省吾など、多くのアーティストが新しい時代に向けて走り出したと述べています。また、浜田省吾の1980年10月発売のアルバム『HomeBound』の1曲目「終わりなき疾走」は、80年代の新しい疾走感を象徴する曲として紹介されました。この曲は、浜田省吾がロサンゼルスで制作したもので、当時の彼の意気込みを感じることができます。

浜田省吾のライブ行きたいわー!

うん、浜田省吾は、今も昔も人気やけんね!

あら、懐かしいわね。浜田省吾の曲は、よくカラオケで歌ったのよ。

1980年代の音楽シーン:更なる展望

音楽は、時代を超えて人々を魅了する力を持っていると感じますね。

🔖 関連記事の要約!80年代ノート 花開いたJ

公開日:2022/10/04

80年代ノート 花開いたJ

✅ 46歳の投稿者が、80~90年代の音楽を懐かしむ気持ちについて、同じく同年代の人も共感するかと質問している。

✅ 管理人カレーせんべいは、80年代後半生まれで90年代の音楽に親しみ、小室ファミリー全盛期を経験したことを共有し、自身の音楽体験を語っている。

✅ 管理人カレーせんべいは、音楽から勇気をもらった経験を語り、サブスクに頼らずとも音楽を楽しんでいることを示している。

さらに読む ⇒世界のゴー宣ファンサイト世界のゴー宣ファンサイト出典/画像元: https://www.worldofgosen.com/2022/10/04/80%E5%B9%B4%E4%BB%A3%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%8A%B1%E9%96%8B%E3%81%84%E3%81%9Fj-pop/

管理人カレーせんべいさんの音楽体験、共感できる部分がたくさんありました。

この回の放送は、1980年の音楽シーンを象徴するアーティストであるオフコースと浜田省吾を例に、80年代の幕開けがいかに劇的なものだったのかを語っています。今後の放送では、80年代の様々なアーティストやムーブメントが取り上げられる予定です。

うん、わかる!音楽って、ホンマに人生のスパイスよね!

うん、音楽なしでは生きていけんとばい!

あら、懐かしいわね。あの頃は、音楽を聴きながら、よくダンスを踊ったのよ。

1980年代の音楽は、多様性と革新性を持ち、現代の音楽シーンに大きな影響を与えています。

🚩 結論!

💡 1980年代は、ロックとポップスの黄金時代であった

💡 マイケル・ジャクソンやプリンスなど、世界的に有名なミュージシャンが登場した

💡 インディーズシーンの台頭やスタジアムでの成功など、音楽シーンが多様化した