Academic Box Logo

『楢山節考』はカンヌで賞を取ったけど、実際どんな映画?『楢山節考』とは!?

『楢山節考』はカンヌで賞を取ったけど、実際どんな映画?『楢山節考』とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した映画『楢山節考』について解説します。

💡 映画『楢山節考』は、深沢七郎の同名小説を原作とした作品です。

💡 映画は、江戸時代の貧しい村で、老人が70歳になると息子に背負われ楢山に捨てられるという風習を描いています。

では、最初の章に移りましょう。

カンヌ受賞と映画『楢山節考』

映画『楢山節考』は、1983年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品です。

🔖 関連記事の要約!楢山節考 : 作品情報

公開日:2023/12/17

楢山節考 : 作品情報

✅ 深沢七郎の小説「楢山節考」を映画化した作品で、1983年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した人間ドラマです。

✅ 舞台は信州の山深い寒村で、70歳を迎えた老人は冬に楢山へ行くという掟があり、これは死を意味します。

✅ 主人公の辰平は、69歳の母おりんが楢山へ行くことを受け入れられず、苦悩する姿を描いています。

さらに読む ⇒映画.com - 映画のことなら映画.com映画.com - 映画のことなら映画.com出典/画像元: https://eiga.com/movie/38363/

自然の厳しさや人間の残酷さを、美しくも恐ろしい映像で表現した作品で、観る人の心に深い印象を与えます。

1983年、今村昌平監督は深沢七郎の短編小説を映画化した『楢山節考』で、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞しました。この映画は、江戸時代の貧しい村で、70歳になると息子に背負われ楢山に捨てられるという残酷な因習を描いています。老母役の坂本スミ子さんの神々しくも異様な存在感は、映画全体を引き立たせる重要な要素です。今村監督は、生と死、性、老いをテーマに、人間存在の根源を考えさせながらも、軽快でユーモラスなタッチで描き切りました。緒形拳の緊迫感溢れる演技も素晴らしく、日下部五朗プロデューサーにとって異次元の代表作と言えるでしょう。

え、マジ?映画ってめっちゃ好きやねんけど、知らんかったわ!

おー、カンヌとかすごいね!映画好きの俺でも知らんかったわ。

あら、昔はこんなことあったのよ。山奥の村ではね。

村の掟と人間の葛藤

それでは、次の章に移りましょう。

🔖 関連記事の要約!映画「楢山節考」で老いた母役を演じた坂本スミ子さん― スポニチ Sponichi Annex 芸能
映画「楢山節考」で老いた母役を演じた坂本スミ子さん― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ ハン・ヘジンとチン・ソンギュが新バラエティ「ザ・マジックスター」の制作発表会に出席しました。

✅ SEVENTEENが大阪と横浜で開催した「THE CITY」プロジェクトに7万人以上が参加しました。

✅ 山里亮太が話題のジムに入会しましたが、周りの服装に驚き、短パンと汗を吸うシャツを着ていた自分が恥ずかしかったそうです。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/23/gazo/20210124s00041000131000p.html

老人の死にまつわる村の掟は残酷な一方で、そこに暮らす人々の生き様を切々と描き出しています。

『楢山節考』は、70歳になると老人は「楢山参り」をしなければいけない(姥捨て)という寒村の風習を描いた作品です。主人公の辰平は、母親のおりんを楢山に捨てに行くことをためらうが、貧困と掟に押し潰され、ついに決意します。坂本スミ子は40代で老婆役を演じるために前歯を削るなど、役への強い情熱を見せました。閉鎖的な寒村の過酷な生と性に、自然界の力強さと人間の弱さを見せつけられる、衝撃的な作品である。

え、まじ?70歳で捨てられるとか、鬼畜すぎるやろ!

昔は、こんな風習があったんやね。今の時代には考えられんわ。

昔は、若いもんが年寄りを見捨てたって話、よく聞いたわよ。

今村昌平監督の功績

それでは、次の章に進みましょう。

🔖 関連記事の要約!2016/5/28~6/3上映作品
2016/5/28~6/3上映作品

✅ 1926年から1927年にかけて、日本の経済は深刻な不況に陥りました。1951年の朝鮮戦争は、日本経済に大きな好影響を与え、高度経済成長の始まりとなりました。

✅ 1958年以降、日本経済は安定的な成長を続け、1960年代には高度経済成長期を迎えました。高度経済成長期には、国民所得の向上や都市への人口集中が進み、日本の社会構造は大きく変化しました。

✅ 1970年代以降、日本経済は高度経済成長期から成熟期へと移行しました。1980年代にはバブル経済が勃発し、不動産価格や株価が急騰しましたが、1990年代にはバブル崩壊によって経済は低迷しました。その後も日本経済は低迷が続き、近年では人口減少や少子高齢化などの課題に直面しています。

さらに読む ⇒早稲田松竹 official web site | 高田馬場の名画座早稲田松竹 official web site | 高田馬場の名画座出典/画像元: http://wasedashochiku.co.jp/lineup/2016/imamurashohei.html

今村昌平監督は、他の作品でも人間の生と死、性、老いという普遍的なテーマを、独自の視点で描き続けています。

今村昌平監督は、『楢山節考』以外にも数々の傑作を生み出し、世界的に著名な映画監督です。彼はカンヌ国際映画祭で5度の受賞歴を持ち、1983年の『楢山節考』の受賞に加え、1997年の『うなぎ』でもパルムドールを受賞しました。さらに、日本アカデミー賞でも数々の賞を受賞し、その功績は日本の映画界において非常に高く評価されています。『黒い雨』では、第13回日本アカデミー賞で監督賞と脚本賞を受賞するなど、数々の映画賞を受賞しています。これらの受賞歴は、今村昌平監督の映画の芸術性と社会性に対する高い評価を示しており、彼の作品は世界中の観客に感動を与え続けています。

え、あの監督さんって、めっちゃ有名なんや!

へぇ、すごい監督さんなんだね。映画の世界って奥深いなぁ。

あら、映画って、いろいろあるのよ。

「楢山節考」の物語

では、最後の章に入ります。

🔖 関連記事の要約!楢山節考 (1983) — The Movie Database (TMDB)
楢山節考 (1983) — The Movie Database (TMDB)

✅ 楢山節考は、深沢七郎の同名小説を原作とした映画で、木下恵介監督による映画化に続く2度目の作品です。

✅ 今村昌平監督がメガホンを取り、因習により山に捨てられる老婆とその息子の心の葛藤を描いた人間ドラマで、1983年のカンヌ国際映画祭グランプリを受賞しました。

✅ 舞台は信州の山深い寒村で、70歳の冬に皆、息子に背負われ楢山へ捨てられるという村の掟を描いています。主人公の息子・辰平は、母親であるおりんの死を目前にして葛藤する様子が描かれます。

さらに読む ⇒The Movie Database (TMDB)The Movie Database (TMDB)出典/画像元: https://www.themoviedb.org/movie/42113?language=ja

映画『楢山節考』は、現代においても、人間の存在、生と死、そして自然との関係について考えさせられる作品です。

『楢山節考』は深沢七郎の同名小説を原作とする映画で、木下恵介監督作品に続く2度目の映画化です。今村昌平監督が、70歳の冬に息子に背負われ山に捨てられるという村の掟「楢山まいり」に翻弄される老婆おりんと、その息子の葛藤を描いた人間ドラマです。1983年のカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した作品で、信州の寒村を舞台に、伝統と人間の心の複雑さを深く描いた作品です。

えー、なんか怖い話やなー。

なんか、昔の人の生き方は、今の自分達とは全然違うみたいだね。

あら、昔は、こんなことあったのよ。山奥の村ではね。

以上が、『楢山節考』についての解説でした。

🚩 結論!

💡 『楢山節考』は、1983年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品です。

💡 映画は、深沢七郎の同名小説を原作とし、江戸時代の貧しい村の風習を描いています。

💡 今村昌平監督は、この作品で人間の生と死、性、老いという普遍的なテーマを、独自の視点で描き出しています。