Academic Box Logo

石井明美の「CHA-CHA-CHA」って、一体どんな曲?社会現象となったヒット曲とは!?

石井明美の「CHA-CHA-CHA」って、一体どんな曲?社会現象となったヒット曲とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 「CHA-CHA-CHA」は、1986年のドラマ「男女7人夏物語」の主題歌として大ヒットした

💡 石井明美さんは、この曲で歌手デビューを果たし、オリコン1位を獲得するなど、社会現象となった

💡 現在も「CHA-CHA-CHA」は、石井明美さんの代表曲として知られており、多くのファンから愛されている

それでは、石井明美さんのデビュー曲「CHA-CHA-CHA」について、詳しく見ていきましょう。

CHA-CHA-CHA誕生秘話

石井明美さんのデビュー曲「CHA-CHA-CHA」は、1986年のドラマ「男女7人夏物語」の主題歌として、社会現象となりました。

🔖 関連記事の要約!楽譜】CHA
楽譜】CHA

✅ 石井明美さんの1986年デビュー曲「CHA-CHA-CHA」は、TBS系ドラマ「男女7人夏物語」の主題歌として、第28回日本レコード大賞新人賞を受賞し、オリコンチャートで週間1位、年間1位を獲得したヒット曲です。

✅ この楽譜は、ウクレレソロ譜で、High-G、Low-Gどちらでも演奏可能です。

✅ 歌詞とコードが記載されており、弾き語りや歌の伴奏にも役立ちます。TAB譜も付属しています。

さらに読む ⇒ Piascore  楽譜ストア Piascore 楽譜ストア出典/画像元: https://store.piascore.com/scores/258742

1986年は、まさにバブル景気真っ只中だったんですね。

1986年、石井明美はドラマ『男女7人夏物語』の主題歌『CHA-CHA-CHA』で鮮烈デビューを果たしました。この曲は、オリコン1位を獲得し、ミリオンセラーを記録するなど、社会現象ともなった大ヒット曲となりました。石井明美は、当初、歌詞が全て日本語で、イントロの台詞も「ベイビー、デートしようぜ」だったことを明かし、気恥ずかしさから作詞家今野雄二さんに英語を入れてもらったそうです。レコーディングには、つのだ☆ひろさんが参加し、アドリブでのコーラスを披露しました。事務所は、石井明美を「男女7人夏物語」の主題歌に起用し、中山美穂の「夏・体験物語」の挿入歌には別の新人歌手を選んだそうです。

え、まじ!?私、当時まだちっちゃかったけど、この曲めっちゃ流行ってたわ!

懐かしいなぁ。この曲聴くと、あの頃の青春時代を思い出すばい。

あら、懐かしいわね。あたしらの若い頃は、こんな曲ばっかり流行ってたのよ。

デビューの舞台裏

では、石井明美さんのデビューの舞台裏について、お話をお伺いします。

🔖 関連記事の要約!石井明美『CHA
石井明美『CHA

✅ 石井明美のデビュー曲「CHA-CHA-CHA」は、1986年のドラマ「男女7人夏物語」の主題歌として大ヒットし、石井は一躍時の人となった。

✅ 石井は当初、クールなイメージで売り出される予定だったが、事務所が「男女7人夏物語」の主題歌に彼女を選んだのは、芸人主演ドラマの未知数さを考慮してのことだった。

✅ 石井は、美容師を志望していたが、六本木のカラオケスナックでバイト中に事務所にスカウトされ、1曲だけ出すことを決意。売れなければ引退する約束で、親に内緒でデビューし、キャンペーン活動もせず、ドラマ効果でブレイクした。

さらに読む ⇒NEWSポストセブンNEWSポストセブン出典/画像元: https://www.news-postseven.com/archives/20200609_1567588.html?DETAIL

事務所の戦略が功を奏したんですね。

石井明美は、美容師を目指しており、六本木のカラオケスナックでバイトをしていた時に事務所に誘われ、1曲だけ出すことを決意しました。売れなければ引退する約束で、親に内緒でデビューしたため、レコードジャケットは横顔のスッピンで、キャンペーンもしていませんでした。ドラマの効果で『CHA-CHA-CHA』はヒットし、「ザ・ベストテン」にランクインし、石井明美は初めてテレビで歌を披露しました。

えー、ほんまに!?スッピンでレコジャケとか、めっちゃ勇気いるわ!

うっわ、親に内緒でデビューとか、めっちゃチャレンジャーやん!

あら、若いって素晴らしいわね。あたしらの頃は、そんなこと考えられなかったわよ。

デビュー当時の苦悩

デビュー当時の石井明美さんの苦悩について、お話を伺いましょう。

🔖 関連記事の要約!会長の愛人では?」と揶揄も…石井明美語る爆速デビューの裏側(3ページ目)
会長の愛人では?」と揶揄も…石井明美語る爆速デビューの裏側(3ページ目)

✅ 石井明美さんは、中森明菜さんが所属する事務所に所属後わずか4ヶ月でデビューを果たした。

✅ デビューの理由は、事務所スタッフの熱心な誘い、そして所属タレントに失敗させるわけにはいかないという状況から、石井さんに白羽の矢が立ったことによる。

✅ デビュー曲「CHA-CHA-CHA」は大ヒットし、その後も歌手として大きく成長していくが、その成長には中森明菜さんの影響が大きく、特に明菜さんのライブのゲネプロに参加できたことは歌手としての血となり骨となったと石井さんは語っている。

さらに読む ⇒女性自身[光文社女性週刊誌女性自身[光文社女性週刊誌出典/画像元: https://jisin.jp/entertainment/interview/2089141/3/

中森明菜さんの影響が大きかったんですね。

石井明美は、デビュー当時、スカウトされてからわずか2ヶ月でレコーディングを行い、家族に内緒で活動していました。事務所からしゃべるように指示されなかった時期があり、クールな印象でモテなかったことを明かしています。事務所から「キャラを覚えられないからしゃべらないで」と言われたことを明かしており、当時の状況が伺えます。

え、まじ!?事務所も大変やったんやな。

しゃべらせないとか、ちょっと厳しすぎない?

あら、若いって大変ね。あたしらの頃は、もっと自由だったわよ。

現在も続く活躍

石井明美さんは、現在も精力的に活動を続けていらっしゃいます。

🔖 関連記事の要約!石井明美さんの現在の活動は?結婚や旦那様について

公開日:2024/03/28

石井明美さんの現在の活動は?結婚や旦那様について

✅ 石井明美さんは、1986年に「CHA-CHA-CHA」でデビューし、80万枚を売り上げオリコン年間シングルチャート1位を獲得しました。その後も歌手活動を続け、現在はテレビ特番への出演や地方の祭り、ミニコンサート、ディナーショーなどを中心に活動しています。

✅ 石井明美さんは、1990年にサポートメンバーだったドラマーの斉藤敦史さんと結婚し、長男を1人もうけましたが、1993年に離婚しました。その後、2013年に創作和食料理店の料理長をしている男性と再婚しました。

✅ 石井明美さんは、夢グループ主催のコンサート「夢スター『春・秋』」の春組に所属し、往年の昭和歌謡を支えてきた面々と共に歌手として出演しています。

さらに読む ⇒MONPAPA ROOMMONPAPA ROOM出典/画像元: https://www.m-around-fifty.com/akemi-ishii/

石井明美さんの今後の活躍にも注目したいですね。

現在では、昭和歌謡コンサート『夢コンサート』で精力的に活動し、全国各地を駆け巡っている石井明美。最年少メンバーとして、持ち歌『CHA-CHA-CHA』で会場を盛り上げています。コンサートは、春組と秋組に分かれており、3時間のステージでは、持ち歌に加え、バラードや春にまつわる曲をユニットで披露するなど、さまざまな楽曲を楽しめます。石井明美は、自身の活躍を『CHA-CHA-CHA』の一発屋として捉えつつも、他の楽曲も高いセールスを記録していたことを明かしつつ、一発屋ではないことを強調しています。

え、まじ!?今も歌ってはるんや!

夢コンサートって、楽しそうじゃん!

あら、今も頑張っていらっしゃるのね。あたしは、もう体力がなくてね。

「CHA-CHA-CHA」への思い

では、石井明美さんの「CHA-CHA-CHA」への思いについてお伺いします。

🔖 関連記事の要約!石井明美【CHA
石井明美【CHA

✅ 「CHA-CHA-CHA」は1986年の年間シングルチャート1位を獲得した石井明美のデビューシングルで、ドラマ「男女7人夏物語」の主題歌として社会現象となりました。

✅ 当時のバブル景気を反映した華やかな歌詞と、ラテン風のディスコミュージックという新しいサウンドが、時代の気分とマッチし、大ヒットの要因となりました。

✅ 「CHA-CHA-CHA」は、日本の音楽シーンに新しい潮流をもたらし、後のトレンディーポップスの隆盛や、ダンスミュージックの普及に影響を与えました。

さらに読む ⇒OTOKAKE(オトカケ) - 音楽メディアOTOKAKE(オトカケ) - 音楽メディア出典/画像元: https://otokake.com/matome/xLjMNb

石井明美さんの「CHA-CHA-CHA」への想いが伝わってきます。

石井明美は、10月16日放送のNHK・BSプレミアムとBS4Kの音楽番組「歌える!J-POP黄金のヒットパレード決定版!」に出演しました。番組収録後、取材に応じ、大ヒット曲「CHA-CHA-CHA」へのポリシーを明かしました。石井さんは、同曲のアレンジは当時のまま「一切変えず」に、当時と同じ歌い方で歌うことをポリシーとしています。理由は、「CHA-CHA-CHA」を好きな人や聴きたい人は、石井さんの歌い方を含め、1986年放送のドラマ「男女7人夏物語」の雰囲気を思い出したい人が多いと考えているためです。「CHA-CHA-CHA」は、石井さんにとって名刺代わりの曲となっています。「一曲も売れない人もいる中で、一曲でも売れるのはすごく大変」と実感し、「石井明美」という名前を知らない人でも、「CHA-CHA-CHA」は知っている人が多く、感謝の気持ちを表しました。今年はデビュー35周年を迎えた石井さんですが、歌手活動を続けて来られたことについて、「芸能界が体に合っていた」と振り返り、早朝から深夜まで仕事をすることが苦にならないと話しました。今回の番組については、「BSプレミアムならではのキャスティング、セット、音楽設備と、いま民放にはないスタイルの音楽番組で、一視聴者としても放送を楽しみにしています」と期待を寄せました。

え、まじ!?今も昔と一緒の歌い方とか、めっちゃこだわりやんな!

やっぱり、デビュー曲って特別なもんやね。

あら、若いって素晴らしいわね。あたしは、もう昔の歌は歌えないわよ。

石井明美さんの「CHA-CHA-CHA」は、今も多くの人の心を掴む名曲です。

🚩 結論!

💡 「CHA-CHA-CHA」は、1986年のドラマ「男女7人夏物語」の主題歌として大ヒットした

💡 石井明美さんは、この曲で歌手デビューを果たし、オリコン1位を獲得するなど、社会現象となった

💡 現在も「CHA-CHA-CHA」は、石井明美さんの代表曲として知られており、多くのファンから愛されている