Academic Box Logo

ザ・スパイダースの『夕陽が泣いている』はなぜ大ヒットした?GSブームの火付け役とは!!?

ザ・スパイダースの『夕陽が泣いている』はなぜ大ヒットした?GSブームの火付け役とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ザ・スパイダースは、1960年代後半に日本で最も人気のあるバンドの一つです。

💡 ザ・スパイダースの代表曲「夕陽が泣いている」は、1966年に発売され、120万枚を超える大ヒットを記録しました。

💡 ザ・スパイダースの解散後も、メンバーはそれぞれ音楽界や芸能界で活躍しています。

それでは、ザ・スパイダースの歩みを紐解いていきましょう。

ザ・スパイダースの誕生と苦悩

ザ・スパイダースの誕生から、彼らの苦悩の歴史を紐解いていきましょう。

🔖 関連記事の要約!The Spiders
The Spiders

✅ ザ・スパイダースは、1961年から1971年まで活動した日本のグループサウンズ・ロックバンドです。

✅ ザ・スパイダースは、1960年代後半に日本で最も人気のあるバンドの一つであり、多くのヒット曲をリリースしました。

✅ ザ・スパイダースの音楽は、当時の日本の若者の間で大きな影響を与え、日本のロックンロールの隆盛に貢献しました。

さらに読む ⇒Jpop WikiJpop Wiki出典/画像元: https://jpop.fandom.com/wiki/The_Spiders

ザ・スパイダースは、グループサウンズという新たな音楽ジャンルを牽引する存在でしたね。

ザ・スパイダースは、田邊昭知が1961年に結成したグループサウンズのパイオニアです。ビートルズの影響を受けたブリティッシュ・ビートを演奏していましたが、初期はヒットに恵まれず、外部のプロ作曲家起用を模索していました。1965年に「フリフリ」でレコードデビューを果たしましたが、ムード歌謡曲全盛の日本でヒットに繋がりませんでした。その後も数々のシングルを発表するも、ヒット曲に恵まれず、転機となったのが浜口庫之助提供の「夕陽が泣いている」でした。

へぇー、スパイダースって、最初は全然売れてなかったんや。

そうやねー。でも、諦めずに努力を続けたからこそ、大ヒットに繋がったんやろうね。

若い頃は、苦労が多かったんやろうねー。でも、苦労は買ってでもしろって言うけん、今の成功に繋がっとるんやろーね。

「夕陽が泣いている」の大ヒット

ザ・スパイダースにとって転換期となった「夕陽が泣いている」について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!夕陽が泣いている☆ザ・スパイダース
夕陽が泣いている☆ザ・スパイダース

✅ ザ・スパイダースの代表曲「夕陽が泣いている」は、1966年に発売され、120万枚を超える大ヒットを記録した。

✅ ザ・スパイダースのメンバーは、田辺昭知、加藤充、かまやつひろし、大野克夫、井上孝之、堺正章、井上順の7人で構成され、それぞれ解散後に音楽界や芸能界で活躍している。

✅ 作者は、海なし県で育ち、海への憧れを抱いている。特に夕焼けの海を眺めたいという気持ちがある。

さらに読む ⇒自動車・カー用品情報ならみんカラ|整備・燃費から評価・口コミまで自動車・カー用品情報ならみんカラ|整備・燃費から評価・口コミまで出典/画像元: https://minkara.carview.co.jp/userid/516066/blog/38045844/

「夕陽が泣いている」は、ザ・スパイダースの代表曲であり、彼らの黄金時代を象徴する楽曲ですね。

1966年、ザ・スパイダースは、浜口庫之助から「夕陽が泣いている」を提供されました。メンバーは当初、歌謡曲調の楽曲に戸惑いましたが、アレンジを加えて完成させ、リリースすると120万枚を超える大ヒットを記録しました。このヒットによって、ザ・スパイダースはグループサウンズの代表的なバンドとなり、その後も「なんとなくなんとなく」「あの時君は若かった」などのヒット曲を連発しました。

ええー、120万枚って、すごい数やんな!

そやね。あの頃は、みんなスパイダースの曲聴いてたもんねー。

夕陽が泣いてるとか、ロマンチックやねー。私も昔は、夕焼けによく見とったわ。

堺正章の加入と「夕陽が泣いている」の衝撃

ザ・スパイダースのメンバー、堺正章の加入と「夕陽が泣いている」の関係について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!楽譜】夕陽が泣いている / ザ・スパイダーズ / ザ・ スパイダーズ (ウクレレソロ / 初〜中級)
楽譜】夕陽が泣いている / ザ・スパイダーズ / ザ・ スパイダーズ (ウクレレソロ / 初〜中級)

✅ ザ・スパイダーズの楽曲「夕陽が泣いている」のウクレレ・ソロTAB譜です。

✅ 映画「涙くんさよなら」の挿入歌としてスパイダーズが劇中で歌った曲で、後に堺正章がソロで歌って大ヒットしました。

✅ Low-Gウクレレ用で、初〜中級レベルの難易度です。

さらに読む ⇒ Piascore 楽譜ストア Piascore 楽譜ストア出典/画像元: https://store.piascore.com/scores/43704

堺正章さんの加入が、ザ・スパイダースの音楽に新たな魅力をもたらしたんですね。

堺正章は、1962年に16歳でザ・スパイダースに加入し、1965年にデビューしました。当初はコアなファンに支持されたものの、ヒットに恵まれず、ヒット曲を作るため、メンバーは自分たちのスタイルを変え、ヒットメーカー浜口庫之助に曲を依頼しました。浜口が提供した「夕陽が泣いている」は、彼らのこれまでのブリティッシュ・ロックとは異なる歌謡曲調であったため、メンバーは戸惑いました。しかし、1966年9月にリリースされた「夕陽が泣いている」は、120万枚を超える大ヒットを記録し、ザ・スパイダースを一躍スターダムに押し上げました。堺正章の歌唱力も高く評価されました。

堺正章って、元スパイダースやったんや!知らんかったー。

そうやねん。堺正章は、スパイダースのボーカルやけど、俳優としても活躍しとるんやで。

若い頃は、アイドルやったんやろーね。私も昔は、アイドル好きやったわ。

ザ・スパイダースの栄光と解散

ザ・スパイダースの栄光と解散について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!WebVANDA: ☆Favorite Musician 全音源コレクティング邦楽編第3回:ザ・スパイダース
WebVANDA: ☆Favorite Musician 全音源コレクティング邦楽編第3回:ザ・スパイダース

✅ この記事は、日本のロック史においてスパイダースがはっぴいえんどよりもパイオニア的な存在であると主張しています。

✅ スパイダースは1966年にデビューアルバムをリリースし、全12曲中10曲がオリジナル曲で構成されており、本格的なビートルズスタイルのヴォーカルロックバンドとして、日本語でオリジナルのロックアルバムを最初に制作したバンドです。

✅ スパイダースはグループサウンズの隆盛期にも数々の名曲を制作し、日本の音楽シーンに大きな影響を与えましたが、オリジナル曲よりもカバー曲の方がヒットし、1970年に解散しました。

さらに読む ⇒WebVANDAWebVANDA出典/画像元: https://www.webvanda.com/2017/07/favorite-musician-3.html

ザ・スパイダースの解散は、日本の音楽シーンにとって大きな損失だったと思います。

「夕陽が泣いている」の大ヒット後、ザ・スパイダースは「太陽の翼」、「風が泣いている」などのヒット曲をリリースしました。しかし、ライバルグループの台頭やメンバーのソロ活動などで、ザ・スパイダースの人気は徐々に低迷していきました。メンバーのスケジュールが過密になったこともあり、1971年1月にザ・スパイダースは解散しました。

えー、解散しちゃったん?なんで?

解散は残念やけど、メンバーはそれぞれ違う道に進んどるみたいやね。

解散しても、それぞれの道で成功する人がおるけん、素晴らしい事やと思うわ。

「夕陽が泣いている」のその後と影響

「夕陽が泣いている」のその後と、ザ・スパイダースが音楽界に残した影響について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!聴き比べ スパイダースの『夕陽が泣いている』
聴き比べ スパイダースの『夕陽が泣いている』

✅ ザ・スパイダースの「夕陽が泣いている」は1966年の大ヒット曲で、GSブームのきっかけとなった曲の一つである。

✅ 「夕陽が泣いている」は浜口庫之助の作詞・作曲で、従来のロックンロールとは異なる歌謡曲っぽいメロディが特徴で、映画化もされた。

✅ ザ・スパイダースは、田辺昭知、堺正章、井上順、かまやつひろし、井上堯之、大野克夫など、後の音楽シーンで活躍するメンバーを擁し、GSブームを牽引したグループである。

さらに読む ⇒Flying SkynyrdのブログFlying Skynyrdのブログ出典/画像元: https://lynyrdburitto.hatenablog.com/entry/2021/12/03/153000

「夕陽が泣いている」は、日本の音楽史に残る名曲ですね。

「夕陽が泣いている」は、ザ・スパイダースが1966年9月15日に発表した楽曲です。この曲は、急上昇のことば固有名詞として広く知られており、フリー百科事典『ウィキペディア』に詳細な情報が掲載されています。ウィキペディアの記事はGNU Free Documentation Licenseの下で提供されており、Weblio辞書に掲載されている情報はGRASGroup,Inc.によって提供されています。このページは、ヤマハ音楽エンターテインメントホールディングスのウェブサイトの一部です。ユーザーは、アーティスト名や曲名で検索するか、リクエストフォームから歌いたい曲をリクエストできます。ページには、ザ・スパイダースの曲「夕陽が泣いている」のコード譜が掲載されています。また、特定商取引法に基づく表示、個人情報保護方針、利用規約、お問い合わせなどの情報も掲載されています。ザ・スパイダースの楽曲「夕陽が泣いている」に関する情報です。1966年、1967年、1977年のリリース情報、歌詞付きバージョン、カラオケバージョン、堺正章の歌唱バージョン、THE ALFEEによるカバーバージョンなど、様々な情報が記載されています。ザ・スパイダースの7枚目のシングル「夕陽が泣いている」は、1966年9月15日にリリースされたフォーク・バラード。浜口庫之助が作詞作曲を担当し、堺正章がソロで歌い、映画「涙くんさよなら」の挿入歌として大ヒットした。従来のスパイダースサウンドとは異なり、洋楽の影響を受けながらも、感傷的なバラードで聴く人の心を掴んだ。

「夕陽が泣いている」って、今でもよく聞く曲やんなー。

そうやね。時代を超えて愛される名曲やね。

夕焼けって、いつ見ても綺麗やねー。私も夕焼けを見ながら「夕陽が泣いている」を歌おかなきゃ。

今日の記事では、ザ・スパイダースの歩みと、彼らの代表曲「夕陽が泣いている」についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 ザ・スパイダースは、「夕陽が泣いている」の大ヒットによって、1960年代後半の日本の音楽シーンを席巻しました。

💡 「夕陽が泣いている」は、ザ・スパイダースの音楽性を象徴する楽曲であり、彼らの黄金時代を物語っています。

💡 ザ・スパイダースの解散後も、「夕陽が泣いている」は、多くのアーティストによってカバーされ、歌い継がれています。