Academic Box Logo

山本リンダの『狙いうち』は、なぜ今も愛される?その秘密とは!?

山本リンダの『狙いうち』は、なぜ今も愛される?その秘密とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 『狙いうち』は、山本リンダの代表曲の一つであり、1973年にリリースされた。

💡 この曲は、当時流行していた「アクション歌謡」の先駆けとなり、多くの女性たちの共感を呼んだ。

💡 現在でも、野球の応援歌など、様々な場面で歌われている。

それでは、山本リンダさんの代表曲『狙いうち』について、詳しく見ていきましょう。

デビューと社会背景

山本リンダさんは、1966年のデビュー以来、数々のヒット曲を世に送り出してきましたね。

🔖 関連記事の要約!どうにもとまらない/山本リンダ
どうにもとまらない/山本リンダ

✅ 山本リンダの代表曲「どうにもとまらない」は、1972年にリリースされた20枚目のシングルで、オリコンチャート3位を記録した。

✅ この曲は、セクシーな衣装と激しいダンスで当時の人々を魅了し、山本リンダを70年代前半を代表するセクシーアイドルへと押し上げた。

✅ 歌詞は、恋愛に揺れる女性の心情を表現しており、阿久悠作詞、都倉俊一作曲という黄金コンビによる作品である。

さらに読む ⇒<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック出典/画像元: https://twilight-tasogare.hatenablog.com/entry/2019/01/07/203637

当時の若者の流行を反映した歌詞は、今聴いても新鮮で、時代を超えて愛される理由がよく分かります。

1966年、山本リンダは「こまっちゃうナ」で歌手デビューを果たしました。この曲は累計売上100万枚を突破する大ヒットとなり、翌年の紅白歌合戦への初出場へと繋がりました。この曲は、デートに誘われて困ってしまう女の子の心情を描いたもので、当時の若者の共感を呼びました。1966年は、ビートルズが来日し、日本の総人口が1億人を突破するなど、社会的に大きな変化がありました。この時代の流行を反映した「こまっちゃうナ」は、山本リンダの代表曲の一つとして、現在でも多くの人に愛されています。

へぇ~、知らんかったわ~。リンダって、めっちゃ昔から歌っとったんや!

そうやね、あの頃の曲って、なんか懐かしい感じがして、ええよね。

あんた、若い頃はリンダちゃんみたいだったんやろ?

狙いうちの誕生

それでは、次の章では、山本リンダさんの代表曲『狙いうち』が生まれた背景についてお話します。

🔖 関連記事の要約!狙いうち
狙いうち

✅ 1972年2月25日に発生したミュンヘンオリンピックテロ事件は、イスラエル選手団に対するパレスチナ解放人民戦線(PFLP)による襲撃事件です。

✅ 事件は、イスラエル選手村への侵入から始まり、11人のイスラエル選手が殺害され、テロリストは人質を奪って逃走しました。

✅ 事件は世界に衝撃を与え、国際テロに対する意識を高め、オリンピックの安全対策強化やテロ対策の必要性を改めて認識させる契機となりました。

さらに読む ⇒oh la la!oh la la!出典/画像元: http://linda.pupu.jp/discography/neraiuchi-s.html

ミュンヘンオリンピックテロ事件という、世界に衝撃を与えた事件があったんですね。

1973年、山本リンダは「狙いうち」をリリースしました。この曲は、阿久悠作詞、都倉俊一作曲によるもので、当時の「アクション歌謡」の先駆けとなりました。力強い歌声と歌詞、そして「ウララ~ウララ~」という印象的なフレーズは、当時の女性たちの共感を呼び、大きな話題となりました。この曲は、男性を「狙いうち」する肉食系な女性を描いたもので、自信に満ち溢れた歌詞は、後のアイドル文化に大きな影響を与えました。また、歌いながら踊るスタイルも、後のピンク・レディーなど、多くのアイドルに影響を与え、現在のアイドル文化の礎を築いたと言えるでしょう。

え、マジ!?そんな事件があったん!?知らんかったわ~。

そうやね、あの事件は、世界中に衝撃を与えたよね。

テロとか、昔もこんなもんやったんやで。

狙いうちの再ブレイク

それでは、次は『狙いうち』の再ブレイクについて解説していきます。

🔖 関連記事の要約!山本リンダ「狙いうち」の歌詞を解説!リンダにしか歌えない強烈な歌詞が魅力♪作詞者・阿久悠の想いとは?
山本リンダ「狙いうち」の歌詞を解説!リンダにしか歌えない強烈な歌詞が魅力♪作詞者・阿久悠の想いとは?

✅ 「狙いうち」は、山本リンダが1973年に発表した楽曲で、キャッチーな歌詞と力強い歌声で人気を博し、野球の応援歌としても有名です。

✅ 楽曲の再ブームは1990年代に訪れ、米米CLUBによるカバーや「ちびまる子ちゃん」での登場が影響し、バブル時代の景気と相まって人気が高まりました。

✅ 作詞は阿久悠、作曲は都倉俊一という、ピンク・レディーの楽曲を手掛けたコンビによるもので、歌いながら踊るというスタイルは、後のアイドル文化に大きな影響を与えました。

さらに読む ⇒OTOKAKE(オトカケ) - 音楽メディアOTOKAKE(オトカケ) - 音楽メディア出典/画像元: https://otokake.com/matome/grPbD7

米米CLUBのカバーやアニメ『ちびまる子ちゃん』での登場など、様々な要因が重なり、再び脚光を浴びたというわけですね。

「狙いうち」は、1990年代に米米CLUBによるカバーやアニメ「ちびまる子ちゃん」での登場によって再ブレイクを果たし、現在でも多くの人に愛される名曲として、その地位を確立しています。この曲は、当初は「ララララララ…」という歌詞でしたが、阿久悠により「ウララ」に変更されたことで、よりインパクトのあるフレーズとなり、曲のヒットに大きく貢献しました。

米米CLUBがカバーしとったん!?知らんかったわ~。

そうやね、あの頃は、米米CLUBも大人気やったよね。

米米CLUBって、何だっけ?

山本リンダの個性と「どうにもとまらない」

では、山本リンダさんの個性と『どうにもとまらない』の関係について深掘りしていきましょう。

🔖 関連記事の要約!2024年最新】Yahoo!オークション
2024年最新】Yahoo!オークション

✅ 商品ページに送料が表示される。

✅ ログインするとYahoo! JAPAN IDに登録中の地域が表示され、送料が確認できる。

✅ この画面で地域を変更しても保存されない。

さらに読む ⇒Yahoo!オークション - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリYahoo!オークション - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ出典/画像元: https://auctions.yahoo.co.jp/search/search/%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AB%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84/22260/

なるほど、都倉俊一さんの戦略が奏功した結果、今の山本リンダさんのイメージが出来上がったんですね。

山本リンダは、モデルのオーディションに応募したのがきっかけで、人気モデルとして活動を始めました。都倉俊一氏は、山本リンダを「総合プロデュース第1弾アーティスト」と表現し、彼女の強烈な個性に着目しました。都倉氏は、リンダを「強烈な個性を持ったイイ女」にしたいと考え、サンバロック調の楽曲「どうにもとまらない」を制作しました。当初は「恋のカーニバル」というタイトルでしたが、レコーディング後、スタッフ全員が「どうにもとまらない」を口ずさんでいたため、そのままタイトルに変更されました。

リンダって、めっちゃ個性的やんな~。

そうやね、リンダは、独特の魅力があるよね。

リンダちゃん、昔はもっと可愛かったのよ。

山本リンダの軌跡

最後に、山本リンダさんの軌跡を振り返りつつ、彼女の音楽の魅力について考えていきましょう。

🔖 関連記事の要約!阿久悠さん 山本リンダ『どうにもとまらない』で「女性上位の詞を実現」
阿久悠さん 山本リンダ『どうにもとまらない』で「女性上位の詞を実現」

✅ 山本リンダは、1972年の「どうにもとまらない」がヒットしたことで歌手としてブレイクし、その後の「狂わせたいの」「じんじんさせて」「狙いうち」など、阿久悠作詞・都倉俊一作曲による一連のヒット曲でリンダ旋風を巻き起こしました。

✅ 「どうにもとまらない」の歌詞を読んだ山本リンダは、「カッコイイ!待ってた通りの歌だ!これが駄目なら私は歌手としてもう駄目だ!」と感じ、必死に歌を歌ったと語っています。

✅ 阿久悠は、女性上位の歌詞を書くことを目指し、山本リンダでそれを実現させたという思いを表明しており、山本リンダは阿久悠と都倉俊一による作品には時代も世代も超える魅力があると述べ、これからも歌の主人公になりきって歌い続けると語っています。

さらに読む ⇒NEWSポストセブンNEWSポストセブン出典/画像元: https://www.news-postseven.com/archives/20210731_1678957.html?DETAIL

時代を超えて愛される楽曲を生み出した、山本リンダさんと阿久悠さん、都倉俊一さんのタッグは、本当に素晴らしいですね。

山本リンダは、1951年3月4日生まれの福岡県出身の歌手です。彼女は、「こまっちゃうナ」「どうにもとまらない」「狙いうち」など数々のヒット曲を世に送り出し、60~70年代を代表するアイドルとして活躍しました。彼女の楽曲は、当時の流行を反映しており、彼女の幅広い音楽性を示しています。「狙いうち」の歌詞は、自分を「神がくれたこの美貌」と称え、世界一の男を手に入れるためなら手段を選ばない強い意志を表明しています。贅沢な暮らしと権力を手に入れ、男性を従わせることを目標とする、彼女の野心的な姿が描かれています。

リンダの歌は、めっちゃカッコイイよね!

そうやね、リンダの歌は、元気になれるよね。

リンダちゃん、昔はもっと若かったのよ。

以上、山本リンダさんの『狙いうち』についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 『狙いうち』は、山本リンダの代表曲の一つであり、1973年にリリースされた。

💡 この曲は、当時流行していた「アクション歌謡」の先駆けとなり、多くの女性たちの共感を呼んだ。

💡 現在でも、野球の応援歌など、様々な場面で歌われている。