Academic Box Logo

ELLEGARDEN復活!16年ぶりのアルバム『TheEndofYesterday』とは?ELLEGARDENの復活と新アルバムの魅力とは!?

ELLEGARDEN復活!16年ぶりのアルバム『TheEndofYesterday』とは?ELLEGARDENの復活と新アルバムの魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ELLEGARDENが約16年ぶりに新作アルバムをリリースした

💡 ELLEGARDENが新作アルバムを引っさげてツアーを開催している

💡 Nothing’sCavedInStoneが新曲「Fuel」をリリースし、初の大阪城野外音楽堂公演を開催する

それでは、ELLEGARDENの復活と最新アルバム『TheEndofYesterday』について、詳しく見ていきましょう。

ELLEGARDENの復活と『TheEndofYesterday』

ELLEGARDENの復活は、多くのファンにとって待ち焦がれていた出来事だったと思います。

🔖 関連記事の要約!細美武士さんと生形真一さんが語る、ELLEGARDEN16年ぶりのアルバム『The End of Yesterday』の誕生秘話 – J
細美武士さんと生形真一さんが語る、ELLEGARDEN16年ぶりのアルバム『The End of Yesterday』の誕生秘話 – J

✅ 2021年の正月、メンバーで集まった際に、細美さんが「人生全のせで勝負をする」と提案し、16年ぶりのアルバム制作がスタートした。

✅ アルバム制作にあたり、細美さんは2021年の間に40曲ほど作曲したが、過去の活動から生まれた影響を受け、ELLEGARDENらしいサウンドを見つけるのに苦労した。

✅ 2022年の頭、細美さんは作曲のためロサンゼルスに渡り、防音設備のないスタジオで制作を開始。周囲の環境や不安に満ちた状況の中で、新しい挑戦に立ち向かう決意を固めた。

さらに読む ⇒J-WAVE 81.3 FM RADIOJ-WAVE 81.3 FM RADIO出典/画像元: https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/the-hidden-story/2023/02/10-104055.html

細美さんの葛藤や決意が伝わってくる、とても深い内容ですね。

2008年9月の活動休止から約10年を経て、2018年に活動を再開したELLEGARDENは、2022年12月21日に16年ぶりのアルバム『TheEndofYesterday』をリリースしました。アルバム制作はLAで行われ、メンバー全員にとって大きな転換点になったと生形真一は語っています。日本とは異なる環境で、自分たちが本当に好きなものを作れたという感覚を得たそうです。スタッフなしで4人で作業したことは、結成当時のレコーディングを彷彿とさせ、メンバー間の絆を再確認したとも語っています。細美武士は、アルバムの曲順はリスナーに「わかりやすいもの」ではなく、自分たちがこだわって作った「いいもの」を追求した結果だと語っています。自分自身も毎日聴きたくなるレコードを作ることが重要だと考えており、ELLEGARDENというバンドを誇りに思っていると語っています。

まじ!?アルバム制作って大変なんやなぁ。

なるほど、細美さんってロサンゼルスとか行くくらいだから、やっぱすごいんやね。

人生全のせって、すごい言葉ね。若いもんには分からんわ。

ELLEGARDENのツアーと細美武士のギター

ELLEGARDENの音楽は、時代を超えて愛される魅力がありますよね。

🔖 関連記事の要約!PREMIUM INTERVIEWELLEGARDEN 細美武士×生形真一2022

公開日:2023/07/27

PREMIUM INTERVIEWELLEGARDEN 細美武士×生形真一2022

✅ ELLEGARDENの16年ぶりの新作『The End of Yesterday』は、メンバー全員が自分たちの本質を変えず、過去の再現ではなく、今の自分たちが作りたい音楽を追求した結果生まれた。

✅ レコーディングはLAで行われ、スタッフなしで4人だけで作業したことで、結成当時の感覚を取り戻し、メンバー間の絆を再確認した。

✅ 細美は、音楽業界の常識にとらわれず、自分たちが良いと思うものを追求し、自分たちの音楽に自信を持っている。

さらに読む ⇒  Gibson Japan Gibson Japan出典/画像元: https://gibson.jp/news-events/19890

細美さんのギターは、本当にカッコいいですね。

ELLEGARDENの再始動後、アリーナとスタジアム公演を含む大規模ワンマンツアー<GetitGetitGo!SUMMERPARTY2023>を敢行中です。細美は、16年ぶりの新作である『TheEndofYesterday』について、表面上は変化しているように見えるかもしれないが、自分たちが大切にしてきた本質は変わっていないと語っています。初期から世界のミュージシャンたちと張り合うことを目指してきたELLEGARDENは、今回も正直な気持ちを言葉にするスタイルを貫きました。思い出の再現ではなく、今の自分たちだからこそ作れたアルバムだと強調しています。細美の愛用ギターは、1959年製レスポール・スタンダード。ステージではこのギターをメインに使用しています。常にギターと寄り添いながら音楽を作り続けてきた細美にとって、ギターは相棒のような存在であることを伺わせます。

細美さんって、ギターも弾けるんや!

やっぱ、ELLEGARDENは最高やね!

ギターと寄り添うって、ロマンチックね。

Nothing’sCavedInStoneの新曲「Fuel」

Nothing’sCavedInStoneの新しい音楽も楽しみです。

🔖 関連記事の要約!Nothing゛s Carved In Stone、初の大阪城野音と渋谷公会堂ワンマンを4月開催
Nothing゛s Carved In Stone、初の大阪城野音と渋谷公会堂ワンマンを4月開催

✅ Nothing’s Carved In Stoneが4月9日(土)に大阪城野外音楽堂、4月20日(水)にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて、初となる会場でのワンマンライブ<Bring the Future>を開催する。

✅ メンバーシップサイト「RULE’s」がリニューアルオープンし、有料会員向けの特典として会員最速チケット先行、メンバーによるVlog、LIVE DVD/Blu-rayの未収録映像公開などが追加された。

✅ リニューアルオープンを記念して、会員限定ライブ<BEGINNING 2022 for RULE’s>が2月27日に新代田FEVERで開催され、会員先行チケットの販売が開始された。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000215027

大阪城野外音楽堂でのライブは、きっと盛り上がるでしょうね。

Nothing’sCavedInStoneは、2022年第一弾となる「Fuel」を配信リリースしました。同曲は、4月9日に開催される自身初の大阪城野外音楽堂公演および、自身初のホールワンマンとなる4月20日のLINECUBESHIBUYA(渋谷公会堂)公演といった東阪ワンマンライブ<BringtheFuture>直前にリリースされた新曲です。「大阪野音ライブに合う曲を作ろうと思っていた」という新曲「Fuel」は、結果、攻撃的なNothing’sCavedInStoneサウンドと呼べる仕上がりとなりました。技術力の高さを凝縮して、その中核に旋律を置いたここ最近のアプローチを踏襲しつつ、突進力の高いリズムがライブの盛り上がりを約束します。

大阪城野外音楽堂って、めっちゃいいとこやん!

「Fuel」って、どんな曲なんやろ?

若いもんは、元気やからいいね。

コロナ禍におけるNothing’sCavedInStoneのツアー

コロナ禍でのツアー開催は、本当に大変だったと思います。

🔖 関連記事の要約!Nothing゛s Carved In Stoneの゛最高傑作゛『ANSWER』 白熱のツアーファイナルを観た
Nothing゛s Carved In Stoneの゛最高傑作゛『ANSWER』 白熱のツアーファイナルを観た

✅ Nothing’s Carved In Stoneの「ANSWER TOUR 2021-22」ファイナル公演では、ロックバンドとしての力強い演奏と、ダンスミュージック的な要素を取り入れた多彩な楽曲が融合し、観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

✅ 村松拓の力強いボーカル、生形真一のテクニカルなギター、大喜多崇規と日向秀和の精密かつ豪快なリズム隊が織りなすサウンドは、バンドの過去と現在、そして未来を象徴するような、まさに最高傑作と言えるライブだった。

✅ コロナ禍でのツアー開催を経て、バンドメンバーとファンとの絆をより深め、今後の活動への期待感を高めた。村松拓は、新しい挑戦を続けることを示唆し、今後も進化し続けるバンドとしての展望を予感させた。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/299629

コロナ禍でも、音楽を通じてファンと繋がることの大切さを改めて感じますね。

生形真一は、コロナ禍のツアーである<ANSWERTOUR2021-22>について、キャパが制限されていたり歓声を禁止するなど、さまざまな規制があったものの、無事完走できたことを喜んでいます。また、ライブを重ねることでバンドがどんどん洗練されていくというツアーならではの感覚をメンバー全員が実感できたと語っています。さらに、地方に行ってお客さんの顔を見れたことがよかったと話し、この2年間、どういう気持ちでいたかということもステージに立てばわかるという。生形は、このコロナ禍でライブをしているほうだと前置きした上で、地方にも行くことができたことで、すごく大事なことを思い出したと語っています。

ええなぁ、ライブ行きたい!

生形さんって、優しい人やね。

コロナ禍でも頑張ってるんやね。えらい!

ELLEGARDENの音楽性

ELLEGARDENの音楽は、世代を超えて愛されていますよね。

🔖 関連記事の要約!全7組が参加!ELLEGARDEN、トリビュートアルバム『ELLEGARDEN TRIBUTE』が配信決定 – THE FIRST TIMES
全7組が参加!ELLEGARDEN、トリビュートアルバム『ELLEGARDEN TRIBUTE』が配信決定 – THE FIRST TIMES

✅ ELLEGARDENのトリビュートアルバム「ELLEGARDEN TRIBUTE」が、2023年2月17日に主要各配信サイトにて一斉配信開始となりました。

✅ アルバムにはVaundy、My Hair is Bad、BiSH、マカロニえんぴつ、山本彩、BLUE ENCOUNT、Saucy Dogの7組が参加し、ELLEGARDENの楽曲をそれぞれカバーしています。

✅ 参加アーティストは楽曲選曲からアレンジまで手がけており、ELLEGARDENへの愛を感じられる作品集となっています。

さらに読む ⇒THE FIRST TIMESTHE FIRST TIMES出典/画像元: https://www.thefirsttimes.jp/news/0000244218/

ELLEGARDENの楽曲をカバーしたアーティストたちの熱い思いが伝わってきます。

ELLEGARDENは、2001年にインディーズデビューし、2002年から2006年までに5枚のスタジオアルバムをリリースしたロックバンドです。2008年に活動休止しましたが、2018年に活動を再開し、精力的に活動しています。2002年にリリースされた1stフルアルバム『DON’TTRUSTANYONEBUTUS』は、彼らが持つ力強いバンドサウンドと繊細な歌詞の組み合わせが特徴です。特に、「風の日」は、力強いギターサウンドと、優しさを感じさせる歌詞が共感を呼び、後の作品にも影響を与えました。2003年にリリースされた2ndアルバム『BRINGYOURBOARD!!』は、ギターロックやメロディックパンク色が強まった作品で、躍動感あふれるパフォーマンスが魅力です。シングルカットされた「ジターバグ」は、アップテンポで疾走感のあるアンサンブルが特徴です。ELLEGARDENは、力強いバンドサウンドと繊細な歌詞、そして、ギターロックやメロディックパンクの要素を融合させた音楽で、多くのファンを魅了してきました。彼らの作品は、聴く人の心を奮い立たせ、前向きな気持ちにさせてくれる力を持っています。

ELLEGARDENの曲、知らんかったわ。

やっぱ、ELLEGARDENって、すごいバンドやね。

昔の音楽は、いいね。

本日は、ELLEGARDENとNothing’sCavedInStoneの最新情報をお届けしました。

🚩 結論!

💡 ELLEGARDENは16年ぶりの新作アルバム『TheEndofYesterday』をリリースし、ツアーを開催している

💡 Nothing’sCavedInStoneは、新曲「Fuel」をリリースし、大阪城野外音楽堂公演を開催する

💡 両バンドともに、コロナ禍の中でも精力的に活動を続けている