Academic Box Logo

ピコ太郎のヒット曲「PPAP」を生み出したプロデューサー古坂大魔王の戦略とは?古坂大魔王の戦略とは!?

ピコ太郎のヒット曲「PPAP」を生み出したプロデューサー古坂大魔王の戦略とは?古坂大魔王の戦略とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ピコ太郎のヒット曲「PPAP」は、古坂大魔王氏とマネージャー白取輝知氏、エイベックスの新井正則氏の3人によって生み出されました。

💡 3人は長年の信頼関係で結ばれており、それぞれの役割を担いながら成功を収めました。

💡 古坂大魔王氏の音楽への情熱、戦略的なマーケティング、そして3人の絆が「PPAP」の成功に繋がっています。

それでは、最初の章へ参ります。

3人の絆

古坂大魔王氏のヒット曲「PPAP」を生み出した秘話、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!ピコ太郎ヒットの秘密が明かされる!「PPAP」を生み出した古坂大魔王と支えたスタッフ
ピコ太郎ヒットの秘密が明かされる!「PPAP」を生み出した古坂大魔王と支えたスタッフ

✅ avexのホームページ上で、ピコ太郎のヒット曲「PPAP」を生み出したプロデューサー古坂大魔王氏へのインタビュー記事が公開されました。

✅ 記事では、ピコ太郎誕生秘話やヒットの裏側、古坂氏とマネージャーの二人三脚による芸能活動、ヒットを生み出すための準備など、貴重な情報が公開されています。

✅ エイベックスという組織と3人のトップダウンによる戦略、そして努力の過程についても語られており、ファンならずとも興味深い内容となっています。

さらに読む ⇒avex management Webavex management Web出典/画像元: https://avex-management.jp/news/180922_5921

3人の絆が、まさに「PPAP」の成功の基盤となっていると感じます。

古坂大魔王、白取輝知、新井正則の3人は、長い年月を経て築き上げてきた強い絆で結ばれています。古坂と白取は幼馴染みで、古坂が芸人として東京に出てきた際に、白取は金融機関から転職し、古坂のマネージャーになりました。新井は、古坂と同じ事務所に所属していたお笑い芸人であり、白取がマネージャーを探していた際に、その根性と勤勉さを見込まれて、エイベックスに転職しました。3人は、それぞれ異なる道を歩んできましたが、互いに協力し合い、支え合いながら、現在の成功を掴み取りました。特に白取は、古坂と新井の才能を見抜き、彼らを導いてきたキーパーソンと言えるでしょう。

え、まじ!?幼馴染みとか、なんかええ話やん!

そうやね、やっぱ信頼できる仲間って大事よね!

若いもんは、ええなぁ。私も若い頃は、こんな熱い思いを持ってたんよ。

音楽への情熱

古坂大魔王氏の音楽への情熱が、ここまで「PPAP」を成功に導いたんですね。

🔖 関連記事の要約!古坂大魔王】ピコ太郎のPPAPはアップサイクルで生まれた!?「アイデアや思考はいつでも生き返るんです」
古坂大魔王】ピコ太郎のPPAPはアップサイクルで生まれた!?「アイデアや思考はいつでも生き返るんです」

✅ 古坂大魔王は、美容業界のアップサイクルプロジェクト「BrandX」の発表会に登場し、自身のSDGsに対する意識の変化や、アップサイクルというテーマにちなんで、ピコ太郎のPPAPが生まれた背景を語った。

✅ 古坂は、SDGsに対する関心が、ピコ太郎がSDGs推進大使になったことで高まったと語り、物事を知ることの重要性や、教育の重要性を訴えた。

✅ 古坂は、アップサイクルは「成長だけが真実ではない、持続していくというところにこそ意味がある」と述べ、BrandXプロジェクトへの期待感を表明した。

さらに読む ⇒エイベックス・ポータル - avex portalエイベックス・ポータル - avex portal出典/画像元: https://avexnet.jp/news/detail.php?id=1012715

音楽に対する情熱と、SDGsへの意識、どちらも持ち合わせていらっしゃるんですね。

古坂大魔王は、お笑い芸人としてエイベックスに入社した後、NOBOTTOM!というテクノユニットを結成し、音楽活動を始めました。2002年頃から、白取と新井は、古坂の音楽活動をサポートするようになりました。古坂は、音楽に対する情熱を燃やし続け、10年以上もの間、ピコ太郎の楽曲である「PPAP」を温めてきました。そして、ついに「PPAP」は世に送り出され、世界中の人々を魅了しました。

へぇ~、古坂さんって音楽もやってたんや!知らんかった!

音楽好きな人って、やっぱ熱いよね!

音楽って、やっぱりええもんやなぁ。

PPAPの誕生

「PPAP」の制作秘話、興味深いですね。古坂大魔王氏の音楽へのこだわりを感じます。

🔖 関連記事の要約!古坂大魔王が語るピコ太郎の「PPAP」@ ミニターンテーブルRSD3 !!
古坂大魔王が語るピコ太郎の「PPAP」@ ミニターンテーブルRSD3 !!

✅ 古坂大魔王がピコ太郎のプロデューサーとして、「PPAP」の制作秘話や音楽への熱い想いを語った。

✅ 「PPAP」のトラックは、808のカウベルをスネアの位置に配置するなど、ユニークな構成で、tofubeatsなどからも高い評価を受けている。

✅ 古坂大魔王は、幼い頃から電子音に魅了され、TR-808やYMO、アフリカ・バンバータなどの音楽に影響を受けてきたことを明かした。

さらに読む ⇒RPMRPM出典/画像元: https://r-p-m.jp/interview/kosakadaimaou

音楽への情熱と、ユニークな発想が「PPAP」を生み出したんですね。

「PPAP」は、シンプルな歌詞と中毒性のあるリズムが特徴で、世界中で愛される楽曲となりました。古坂大魔王は、楽曲制作にもこだわりを持ち、カウベルやローランド・TR-909のスネアを駆使して、独特の「まぬけなテンポ」を生み出しました。歌詞は、誰もが知っている簡単な英語「I have a pen」から始まり、ユーモラスな展開で進行していきます。このシンプルさとユーモアが、世界中の人々に共感され、爆発的な人気に繋がったのです。

カウベルとか、なんか懐かしいわー!

古坂さんって、音楽好きなんだね。知らなかった!

音楽って、時代を超えて、みんなを繋ぐ力があるんやなぁ。

世界への拡散

「PPAP」の世界的な拡散、本当にすごいですね。

🔖 関連記事の要約!Youtube』にアップされて2ヶ月……世界に広がるペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)

公開日:2016/10/25

Youtube』にアップされて2ヶ月……世界に広がるペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)

✅ 「PPAP」こと「ペンパイナッポーアッポーペン」は、古坂大魔王がプッシュする千葉県出身のシンガーソングライター「ピコ太郎」の代表曲で、2016年8月25日にYouTubeにアップロードされた。

✅ 9月末には、ジャスティン・ビーバーが「My favorite video on the internet」とツイートして動画を紹介し、ビルボードのソングチャートにランクインするなど、世界中で注目を集めている。

✅ 世界中でカバーされ、インド風、メタル風、バラード風などさまざまなアレンジバージョンがアップロードされており、日本でもYouTuber「はじめしゃちょー」によるカバー動画が578万再生を超えるなど、大きな話題となっている。

さらに読む ⇒|ガジェット通信 GetNews|ガジェット通信 GetNews出典/画像元: https://getnews.jp/archives/1543378

ジャスティン・ビーバーのツイート、本当に大きかったんですね。

「PPAP」は、2016年8月に公開されたユーチューブ動画で、世界中で話題となり、再生回数は2億回を突破しました。ジャスティン・ビーバーが自身のSNSで紹介したことで、さらに注目を集め、世界134カ国で配信されるまでになりました。アメリカの音楽チャート誌『ビルボード』にもランクインし、日本人のエンターテイナーが世界的に成功した初の例として、大きな話題となりました。

え、まじ!?世界中で流行ったんか!すげー!

やっぱり、世界中の人を魅了する音楽って、すごいよね!

世界の音楽は、みんなを笑顔にする力があるんやなぁ。

戦略的拡散

古坂大魔王氏の戦略的な拡散方法、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!古坂大魔王、ピコ太郎「PPAP」のヒットをマーケティングの視点で解説!

公開日:2023/07/31

古坂大魔王、ピコ太郎「PPAP」のヒットをマーケティングの視点で解説!

✅ 古坂大魔王氏は、ピコ太郎の「PPAP」が世界的なヒットとなった要因について、「たまたまはまっただけ」と語り、戦略としては「とりあえず球を投げた。その投げた球が、いい感じにはまった。でも投げないと駄目」と説明しました。

✅ 「PPAP」を広げるために、古坂氏は、お笑い芸人や声優などの「界隈」だけでなく、「世間」が同じことを同時につぶやくことを重要視し、AAA、LiSAなどのアーティストや後輩芸人に、同時刻にツイートするようお願いしました。

✅ ジャスティン・ビーバーが「PPAP」のツイートをしたきっかけは、スクーター・ブラウンがジャスティン・ビーバーに見せたことが始まりで、ジャスティン・ビーバーが面白がり、ツイートすることになったそうです。

さらに読む ⇒文化放送 FMラジオ91.6MHz AMラジオ1134kHz JOQR文化放送 FMラジオ91.6MHz AMラジオ1134kHz JOQR出典/画像元: https://www.joqr.co.jp/qr/article/97035/

戦略的に拡散させることで、世界中に「PPAP」を広げていったんですね。

古坂大魔王は、マーケティング視点から、ピコ太郎の成功要因を分析しました。彼は、たまたまジャスティン・ビーバーの目に止まったことを強調しつつ、「とりあえず球を投げた」という戦略を明かしました。ネットを通じた拡散方法として、「界隈」と「世間」の違いを説明し、複数の業界に同時に拡散させる重要性を訴えました。具体的には、AAA、LiSAなどのアーティストや後輩芸人に、同時刻に「PPAP」に関するツイートを依頼したそうです。この一斉ツイートにより、「PPAP」は様々な層に広がっていきました。

え、まじ!?古坂さんって、戦略家やったんや!

やっぱ、成功するには戦略が大切なんだね!

戦略って、大事やなぁ。でも、やっぱり、最後は、人との繋がりやなぁ。

本日は、古坂大魔王氏の戦略についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 古坂大魔王氏は、マネージャー白取輝知氏、エイベックスの新井正則氏との3人の絆によって「PPAP」を成功させました。

💡 音楽に対する情熱と、戦略的なマーケティングにより、世界中に「PPAP」を広めました。

💡 「PPAP」は、世界中で愛される楽曲となり、日本人のエンターテイナーが世界的に成功した初の例となりました。