Academic Box Logo

ARBのアルバム『AFTER 45』は、戦後40周年をテーマに作られた?その魅力とは!?

ARBのアルバム『AFTER 45』は、戦後40周年をテーマに作られた?その魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 戦後40周年をテーマに制作されたアルバム『AFTER 45』の全貌

💡 ARBサウンドにホーン・セクションとキーボードが加わった、厚みのあるサウンド

💡 バラエティ豊かな楽曲と、当時の社会状況を反映したメッセージ

それでは、ARBのアルバム『AFTER 45』について詳しく見ていきましょう。

戦後40周年をテーマにした1985年のアルバム:厚みを増したARBサウンドとバラエティ豊かな楽曲

ARBの代表作である『AFTER 45』は、戦後40周年をテーマに制作されたアルバムです。

🔖 関連記事の要約!ARB(バンド)のアルバム15選!人気おすすめランキング【最新決定版】
ARB(バンド)のアルバム15選!人気おすすめランキング【最新決定版】

✅ ARBのアルバム人気おすすめランキングTOP15を紹介しています。

✅ ランキングは、15位「砂丘1945年」から1位「GET UP」まで、アルバムの特徴や評価と共に紹介されています。

✅ ARBの代表曲やアルバムを網羅しており、ファンはもちろん、初めて聴く人にとってもARBの魅力が伝わる内容となっています。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001611

30年以上経った今でも色褪せない、ARBサウンドを楽しむことができますね。

ARBの9枚目のアルバム『AFTER 45』は、戦後40周年をテーマに1985年にリリースされた。オリジナルリリースから30年以上経った現在、最新のデジタル・リマスタリングが施され、ボートラ3曲付きで紙ジャケCDとして再発された。このアルバムの特徴は、斉藤光浩を迎えたARBサウンドに、ホーン・セクションやキーボードが加わることで厚みが増している点だ。ながらもARBらしさは保たれている。岡部滋が作曲を担当した「あの娘はアトミック・ガール」「THE WORKER」など、聴き応えのある曲が数多く収録されている。また、光浩の「明日かもしれない」「闇をぶっとばせ!」、そして海辺で聴きたいバラード「波止場にて」など、バラエティ豊かな楽曲も魅力だ。ボートラには、12インチシングルの「ブルー・カラー・ダンサー」や「ONEWAYTRIP」のライブバージョンなどが収録されている。モノトーンのジャケットは植田正治氏によるもので、当時の雰囲気を漂わせるクールなデザインとなっている。

え、まじ!?めっちゃ気になるわ!

おいおい、ARBって、昔めっちゃ聴いとったわ!懐かしいなぁ。

あら、昔のARBって、若い頃によく聴いたのよ。

1985年の『闇をぶっとばせ!』:戦後日本の空虚感と寂寥感を映し出す力強いメッセージ

石橋凌さんのソロライブ盤「LIVE Neo Retro Music 2015」は、2015年のツアー最終日のライブを収録したものです。

🔖 関連記事の要約!ずっと゛挑戦゛ですね」。ARBに松田優作 渾身のライブ盤『LIVE Neo Retro Music 2015』 ミュージシャンとして、俳優として 60年の生き様とあの頃を語り尽くす石橋凌ロングインタビュー
ずっと゛挑戦゛ですね」。ARBに松田優作 渾身のライブ盤『LIVE Neo Retro Music 2015』 ミュージシャンとして、俳優として  60年の生き様とあの頃を語り尽くす石橋凌ロングインタビュー

✅ 石橋凌のソロライブ盤「LIVE Neo Retro Music 2015」は、2015年のツアー最終日のライブをそのまま収録したもので、まるでその場にいたかのような臨場感を楽しむことができる。

✅ ライブ盤には、石橋凌がARB時代に演奏していた「魂こがして」も収録されており、彼はMCで「一生歌い続けます」と語り、バンドを脱退した際にファンに贈った言葉と重なり、多くのファンを感動させた。

✅ 石橋凌は、俳優としても活躍しているが、幼い頃から音楽に触れており、バンド活動に憧れていた。松田優作との出会いが、俳優の道に進むきっかけとなり、現在も俳優とミュージシャンの両方を貫き、音楽と俳優活動を通して自身の表現を追求している。

さらに読む ⇒ぴあ関西版WEBぴあ関西版WEB出典/画像元: https://kansai.pia.co.jp/interview/music/2016-02/ishibashiryo-liveneoretromusic2015.html

当時の社会状況を反映した楽曲は、今聴いても響くものがありますね。

ARBの8枚目のアルバム『闇をぶっとばせ!』は、1985年に発表された。新メンバー斎藤光浩のカミソリのようなギターが光る一方で、前作の攻撃性とは対照的に、戦後日本の空虚感と寂寥感を漂わせる作品となっている。特に、「あの娘はアトミック・ガール」「THE WORKER」、そしてアルバムタイトル曲「闇をぶっとばせ!」は、当時の日本の社会状況を反映している。石橋凌は、アメリカからも見捨てられていく日本の姿を鋭く歌い上げ、当時の状況と比べて何が変わったのか、改めて考えさせられる作品となっている。

うっわ、石橋凌って、今も歌ってるんや!かっこよすぎ!

石橋凌って、俳優さんやと思っとったけど、音楽もやっていたんやね!

あら、石橋凌って、昔はARBにいたのよ。

ARBの代表作の一つ『砂丘1945年』:ロックファンから高い評価を受ける力強い作品

ARBの8枚目のスタジオアルバム『砂丘1945年』は、1985年10月3日にリリースされました。

🔖 関連記事の要約!LP ARB 指を鳴らせ! VIH28060 INVITATION /00260 : 2565733 : Record city
LP ARB 指を鳴らせ! VIH28060 INVITATION /00260 : 2565733 : Record city

✅ 中古のLPレコード「ARB 指を鳴らせ! VIH28060 INVITATION」が販売されています。

✅ 商品状態は「やや傷や汚れあり」で、価格は通常価格です。

✅ PayPay残高等で支払い&LINEと連携すると、5%のポイントが獲得できます。

さらに読む ⇒  Yahoo!ショッピング Yahoo!ショッピング出典/画像元: https://store.shopping.yahoo.co.jp/dubstorerecordmart/2565733.html

中古レコードの販売情報も、ファンにとっては嬉しいですね。

ARBの8枚目のスタジオアルバム『砂丘1945年』は、1985年10月3日にリリースされた。このアルバムは、ARBの代表作の一つとして知られており、ロックファンから高い評価を受けている。

え、まじ!?めっちゃ懐かしいやん!

砂丘1945年って、名盤やよね!

あら、砂丘って、昔はよく聴いたのよ。

ARBのアルバム『AFTER 45』は、戦後40周年をテーマに制作された、聴き応えのある作品です。

🚩 結論!

💡 厚みのあるサウンドと、バラエティ豊かな楽曲

💡 戦後日本の空虚感と寂寥感を漂わせるメッセージ

💡 ロックファンから高い評価を受ける力強い作品