Academic Box Logo

浅井健一は今もなお輝き続ける?BLANKEYJETCITYの影響力とは!?

浅井健一は今もなお輝き続ける?BLANKEYJETCITYの影響力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 浅井健一さんは、BLANKEYJETCITY解散後も精力的に活動されています。

💡 多くのアーティストが、BLANKEYJETCITYの影響を受けています。

💡 BLANKEYJETCITYの音楽の魅力は、時代を超えて多くの人々に愛され続けています。

それでは、最初の章に移りましょう。

BLANKEYJETCITYの影響力

それでは、BLANKEYJETCITYの影響力について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!グレッチで殴っての元ブランキージェットシティ浅井健一(ベンジー)の名曲、名言、現在

公開日:2023/08/29

グレッチで殴っての元ブランキージェットシティ浅井健一(ベンジー)の名曲、名言、現在

✅ この記事は、ブランキージェットシティのギターボーカルである浅井健一さんの活動について紹介しています。

✅ 浅井健一さんは、ブランキージェットシティ解散後もソロ活動や様々なバンドを結成し、音楽活動以外にも絵画や詩集の発表など多岐にわたる活動を行っています。

✅ 記事では、浅井健一さんの初期の活動からブランキージェットシティ時代、解散後の活動について、彼の影響を受けたアーティストや逸話と共に詳しく解説しています。

さらに読む ⇒ROCKラボROCKラボ出典/画像元: https://tisiki-manabu.com/asaikenichi/

浅井健一さんの活動を通して、BLANKEYJETCITYの音楽がいかに多くの人に影響を与えてきたか、改めて感じますね。

BLANKEYJETCITYは2000年に解散した伝説のバンドで、彼らの音楽は多くのアーティストに影響を与えています。この記事では、BLANKEYJETCITYの名曲ランキングや、椎名林檎、バイキングの小峠、PUFFY、ポルノグラフィティ、ドロスの5組のアーティストがどのようにブランキーに影響を受けたかを解説しています。椎名林檎は生粋のベンジー(浅井健一)ファンで、「丸の内サディスティック」の歌詞にベンジーと彼のトレードマークであるグレッチの名前が登場するほどです。また、ラジオでベンジーと会った際には、彼の音楽への熱い想いを語っています。バイキングの小峠は、ブランキーのファッション性に影響を受け、ライダースやダメージデニムを好むようになったそうです。彼はブランキーのライブにも足を運んでいたほどのファンで、解散後もベンジーのソロ活動などを追いかけています。PUFFY、ポルノグラフィティ、ドロスも、ブランキーの音楽に影響を受けたアーティストとして知られており、彼らの音楽にもどこかブランキーの要素を感じられます。この記事は、BLANKEYJETCITYの音楽が、多くのアーティストにインスピレーションを与え、日本の音楽シーンに大きな影響を与えてきたことを示しています。

へぇー、ベンジーってすごい人なんやなぁ!

そうたいね、ベンジーはカリスマやけん。

あら、懐かしいわ。あたしはブランキーのライブに何回か行ったのよ。

BLANKEYJETCITYの音楽の魅力

続いては、BLANKEYJETCITYの音楽の魅力について深掘りしていきましょう。

🔖 関連記事の要約!Song】BLANKEY JET CITY / ガソリンの揺れかた 1997
Song】BLANKEY JET CITY / ガソリンの揺れかた 1997

✅ BLANKEY JET CITYはカリスマインフレ時代にあっても真のカリスマであり、そのカリスマ性を象徴する楽曲「ガソリンの揺れかた」は、緊張感と熱量溢れるサウンドと浅井健一のカリスマ性あふれるボーカルによって聴く者を魅了する。

✅ 歌詞は、「切なさだとか」「運命だとか」といった言葉では解釈しきれない深いメッセージ性を持ち、楽曲全体で表現されている。ロックは理屈ではなく、体感するものだというメッセージが強く、聴く者の魂を揺さぶる。

✅ 「ガソリンの揺れかた」は、命を燃やすような熱さと、邦ロック魂を感じさせる力強いサウンドで、聴く者を興奮させ、黄色い声で叫びたくなるような、まさにロック魂を体現した楽曲と言える。

さらに読む ⇒ 脱R論 脱R論出典/画像元: https://drr.hateblo.jp/entry/2015/04/20/195542

ガソリンの揺れかた」は、本当にエネルギーに満ち溢れた楽曲ですよね。

BLANKEYJETCITYは、1987年結成の日本のロックバンドで、1990年にメジャーデビューし、2000年に解散しました。彼らの音楽は、独特の歌詞と演奏力で、日本の音楽シーンに大きな影響を与えました。この記事では、BLANKEYJETCITYの代表曲である『悪いひとたち』、演奏力が高い『ガソリンの揺れ方』、隠れた名曲とされる『Don’tkissmytail』、恋愛の切なさを感じさせる『いちご水』など、いま聴くべき名曲10曲を紹介します。BLANKEYJETCITYの音楽は、過激な歌詞やパフォーマンスで社会的に物議を醸すこともありましたが、ロックに対する強い情熱と、当時の日本の音楽シーンに対するアンチテーゼを感じさせるものでした。彼らの音楽は、時代を超えて多くの人々に愛され続けています。この記事を通じて、BLANKEYJETCITYの魅力に触れてみてください。

まじで!かっこよすぎ!

うん、わかるわかる。ブランキーの曲は中毒性があるよね。

あら、若いもんはガソリンの揺れかた知らないのかしら?

ブランキー・ジェット・シティの名盤アルバムランキング

それでは、BLANKEYJETCITYの名盤アルバムランキングを見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!Yahoo!オークション
Yahoo!オークション

✅ BLANKEY JET CITYのCD「SKUNK」の紙ジャケット仕様のレンタル落ち品(帯あり)が販売されています。

✅ 状態は中古品のため、帯に破れ、ジャケットに色あせ、CDに傷がありますが、再生には問題ありません。

✅ 入札前に必ず商品説明をよく読み、2日以内に連絡と入金ができる方のみ入札してください。また、発送方法は保証のない方法を選択した場合、郵便事故の責任は負いかねます。

さらに読む ⇒Yahoo!オークション - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリYahoo!オークション - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ出典/画像元: https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n1024913328

どのアルバムも魅力的ですが、やはり「LOVEFLASHFEVER」は外せないですね。

ブランキー・ジェット・シティの名盤アルバムランキングを紹介します。1位は「LOVEFLASHFEVER」、キャッチーなギターリフとスピード感溢れる楽曲で最も聴きやすいアルバム。2位は「SKUNK」、激、激、静の3曲構成を繰り返すリズムと長尺の「purplejelly」で大団円を迎える、飽きさせない構成が魅力。3位は「Bang!」、ブランキーのパブリックイメージを決定づけた作品で、90年代ロックシーンに衝撃を与えた。特に「ディズニーランドへ」は、生々しいアコギのイントロと歌詞の内容が衝撃的。4位は「C.B.Jim」、ライブのメインレパートリーになった「DIJのピストル」や「PUNKYBADHIP」「3104丁目のダンスホールに足をむけろ」など、天才的な楽曲が並ぶ。5位は「ロメオの心臓」、打ち込みの導入がバンド内の人間関係に影響を与えた問題作。しかし、充実した楽曲群と人気曲「赤いタンバリン」「ロメオ」などが収録され、セールス的には最高傑作。6位は「THESIX」、1stアルバムからの楽曲をリアレンジしたベストアルバム。特に「僕の心をとりもどすために」のアレンジが秀逸。7位は「国境線上の蟻」、オリジナルアルバム未収録の「水色」「JohnLennon」や「悪い人たち」のオーケストラ入りライブバージョンなどを収録したベストアルバム。8位は「HarlemJets」、ラストアルバム。快活なロック「SEASIDEJETCITY」「SALINGER」、ロカビリーテイストの「DERRINGER」「SWEETDAYS」、ベンジーの弾き語り「リス」など、ブランキーの集大成と言える楽曲が並ぶ。9位は「METALMOON」、わずか6曲のミニアルバムだが、高いテンションと鋭い歌詞が印象的。10位は「幸せの鐘が鳴り響き僕はただ悲しいふりをする」、プロデューサーの土屋昌巳さんの色が強く出ており、メンバーはあまり気に入っていないというアルバム。メンバー3人以外の意見を反映し、ブランキーの代表作を網羅したランキングになっている。ベンジーのソロアルバムについても触れられている。

え、まじ!?どのアルバムも捨てがたいんだけど!

うん、ブランキーのアルバムはどれも名盤やけんね。

あら、今の若いもんはCDなんて買うのかしら?

BLANKEYJETCITYの人気曲ランキング

それでは、BLANKEYJETCITYの人気曲ランキングを見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!BLANKEY JET CITY 「C.B.Jim」 : A CITY OF BLANKEY TO BE JET
BLANKEY JET CITY 「C.B.Jim」 : A CITY OF BLANKEY TO BE JET

✅ ブランキー・ジェット・シティのアルバム「C.B.Jim」は、1993年2月24日にリリースされたアルバムで、バンドを代表する楽曲「PUNKY BAD HIP」「D.I.J.のピストル」「3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ」などが収録されている。

✅ アルバムタイトルの「C.B.Jim」は、歌詞の中に登場する人物の名前であり、アルバムのリリース後にその正体が明らかになる。 浅井健一はインタビューで、「新しい心臓の型番」であり、「ブレードランナー」に登場するレプリカントの心臓の型番であると語っている。

✅ 「C.B.Jim」は、ブランキー・ジェット・シティの代表作の一つであり、激しいサウンドと印象的なギターフレーズが特徴。 アルバムの制作は、1992年8月から始まり、レコーディングは同年9月まで行われた。 レコーディング過程では、浅井健一のギターのネックが折れるアクシデントもあった。

さらに読む ⇒A CITY OF BLANKEY TO BE JETA CITY OF BLANKEY TO BE JET出典/画像元: https://acobtbj.xxxblog.jp/archives/6937203.html

どの曲も素晴らしいですが、やはり「ガソリンの揺れ方」は外せないですね。

BLANKEYJETCITYの人気曲ランキングを紹介します。1位は、バイクとロックンロールを体現するような疾走感あふれる「ガソリンの揺れ方」。2位は、中村達也さんの力強いドラムが印象的なパンクロック調の「D.I.Jのピストル」。3位は、中村達也さんの個性的な魅力が光る「赤いタンバリン」。4位は、ベースが目立つ、日本のガレージバンドらしい「Sweet Days」。5位は、シンプルながらも奥深い歌詞が魅力の「二人の旅」。6位は、ゾクゾクするような音色が特徴の「CAT WAS DEAD」。7位は、ロカビリースタイルのメロディがクールな「ロメオ」。8位は、孤独と希望を描いた歌詞が印象的な「ダンデライオン」。9位は、週末の夜にぴったりのアップテンポな「Saturday Night」。10位は、パンクなサウンドが魅力的な「SKUNK」。その他にも、「3104丁目のダンスホールに足を向けろ」「クリスマスと黒いブーツ」「冬のセーター」「ライラック」など、名曲揃いのBLANKEYJETCITY。彼らの唯一無二のロックンロールは、今もなお多くの人の心を魅了しています。

まじ!?「ガソリンの揺れ方」以外に好きな曲ある?

うん、ブランキーの曲はどれも最高やけんね。

あら、あたしは「赤いタンバリン」が好きなのよ。

BLANKEYJETCITYは、日本のロックシーンに大きな影響を与えたバンドであり、今もなお多くのファンから愛されています。

🚩 結論!

💡 浅井健一さんは、BLANKEYJETCITY解散後もソロ活動や様々なバンドを結成し、音楽活動以外にも絵画や詩集の発表など多岐にわたる活動を行っています。

💡 多くのアーティストが、BLANKEYJETCITYの影響を受けています。

💡 BLANKEYJETCITYの音楽の魅力は、時代を超えて多くの人々に愛され続けています。