Academic Box Logo

難波章浩、音楽活動からラーメン店経営まで!? Hi-STANDARD再始動から現在までを振り返る音楽界のレジェンドの挑戦とは!?

難波章浩、音楽活動からラーメン店経営まで!? Hi-STANDARD再始動から現在までを振り返る音楽界のレジェンドの挑戦とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 Hi-STANDARDの再始動と、メンバーそれぞれの活動について詳しく解説します。

💡 難波章浩氏のラーメン店経営について、その背景や取り組みを紹介します。

💡 音楽を通して社会貢献を行う難波章浩氏の活動について、具体的な事例を交えてご紹介します。

それでは、最初の章から詳しく見ていきましょう。

再始動とスプリットCD

Ken YokoyamaとNAMBA69のスプリットCDは、2人の音楽性の違いと共通点を浮き彫りにする興味深い作品ですね。

🔖 関連記事の要約!特集】横山健「Hi
特集】横山健「Hi

✅ Ken Yokoyamaは、2004年からソロ活動を開始したきっかけが、Hawaiian6のプロデュースを通して自分自身の音楽性に気づいたことだと語った。

✅ Ken Yokoyamaは、Hi-STANDARDとの棲み分けについて、ライブでは明確に区別したいと考えており、現在も模索中であることを明かした。

✅ スプリットCD『Ken Yokoyama VS NAMBA69』は、互いの楽曲を意識しながら制作された精神的な作品であり、タイトルの「VS」はわかりやすくするために付けたものであるとKen Yokoyamaは説明した。

さらに読む ⇒J-WAVE NEWS | 音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」 | J-WAVE 81.3 FMJ-WAVE NEWS | 音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」 | J-WAVE 81.3 FM出典/画像元: https://news.j-wave.co.jp/2018/06/65-ken-yokoyama-vs-namba69.html

Ken YokoyamaとNAMBA69の音楽性、そしてHi-STANDARDとの関係性について、より深く理解することができました。

2000年のHi-STANDARD活動休止後、横山健はKenYokoyama、難波章浩はNAMBA69をそれぞれ結成し活動してきた。2017年のHi-STANDARD再始動後、横山はKenBandの活動を再開するタイミングで、難波にスプリットCDの制作を提案。難波は当初は驚きながらも、横山の長期的な視点とアイデアに賛同し、スプリットCD「KenYokoyamaVSNAMBA69」が実現した。今回のスプリットは、Hi-STANDARD再始動後のそれぞれのバンドの活動の証であり、ハイスタをきっかけに知ったファンに、KenYokoyamaとNAMBA69の音楽を直接的に伝える機会となる。横山は、ハイスタの活動休止中に始まったそれぞれのバンドを「全力」で活動することを示すため、スプリットCDという方法を選んだと語っている。

へぇー、スプリットCDって、なんかカッコイイやん!

おー、ハイスタの再始動後も、それぞれが音楽活動を続けてるんやね!

あら、若いもんは、昔みたいにガッツリ喧嘩するんじゃなくて、音楽で勝負する時代になったんやね。

Hi-STANDARD 再始動

AIR JAM 2016 は、音楽を通して復興を願うメッセージが込められた素晴らしいイベントだったようですね。

🔖 関連記事の要約!万感のAIR JAM 2016約3万6千人の観客とともに伝説となったステージをレポート
万感のAIR JAM 2016約3万6千人の観客とともに伝説となったステージをレポート

✅ 「AIR JAM 2016」は九州での開催ということもあり、地元出身のWANIMAがトップを務め、熊本地震からの復興を願うメッセージが込められた演奏で観客を感動させた。

✅ The BONEZ、東京スカパラダイスオーケストラ、Crossfaith、HAWAIIAN6、HEY-SMITH、BRAHMAN、MAN WITH A MISSION、ONE OK ROCK、10-FEETと、個性豊かなアーティストたちが次々に登場し、それぞれ熱いパフォーマンスを披露した。

✅ 各アーティストは、ハイスタへのリスペクトや感謝の気持ちを表明するなど、イベント全体を通して「AIR JAM」への強い思いが感じられ、参加者全員が一体となって音楽を楽しんだ様子が伝わってくる。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/97168

ハイスタの再始動は、多くのファンにとって待ち焦がれていた瞬間だったと思います。

Hi-STANDARDは16年ぶりにシングル「ANOTHERSTARTINGLINE」をリリース。その後、カバーシングル「Vintage&New,GiftShits」もリリースした。難波章浩(Vo&B)へのインタビューでは、新曲制作までの道のり、新曲に込められたメッセージやカバーへのこだわり、新しいハイスタだからできること、1990年代当時と現在、そして<AIRJAM2016>について語っている。「ANOTHERSTARTINGLINE」は、事前に告知することなく店頭販売のみでリリースされたため、大きな反響があった。新曲の制作に至るまでには、<AIRJAM2011>と<AIRJAM2012>を経て、メンバー3人でスタジオに入り、リハーサルを重ねた2年間の期間があった。当初は、東北のために<AIRJAM>を開催したことで一段落し、次の活動は具体的に決まっていなかったという。しかし、週1回ペースのリハーサルを継続することで、演奏を通してメンバー間の距離を縮め、バンドとしての再始動への準備を整えていった。新曲制作は、<AIRJAM2016>開催が決まった2015年10月頃から本格的に始まった。難波は、ハイスタとしての活動再開は、バンドの再結成のような心境だったと語っている。インタビューでは、新曲に込められたメッセージやカバーへのこだわり、そして1990年代当時と現在の音楽シーンの違いなどについても触れている。

ええー、ハイスタ復活したん!?知らんかった!

ハイスタ、復活したんか!マジか!

あら、ハイスタって、まだやってたんかい?

音楽を通じた社会貢献

映画や音楽を通して社会問題について考えることは、非常に重要なことだと思います。

🔖 関連記事の要約!難波章浩、楽真琴監督とチベットを語る
難波章浩、楽真琴監督とチベットを語る

✅ チベットの現状を描いたドキュメンタリー映画「雪の下の炎」の監督である楽真琴氏と、チベット支援アルバム「ソングス・フォー・チベット・ジャパン」を企画した難波章浩氏の対談が紹介されている。

✅ 対談では、チベット問題に対するそれぞれの関心のきっかけや、映画や音楽を通してチベットの現状を多くの人に知ってもらいたいという思いが語られている。

✅ 映画や音楽を通してチベット問題への関心を高め、チベットの人々の解放を願うという、二人の強いメッセージが伝わってくる。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000047687

難波章浩氏のチベット問題への取り組みは、音楽の力で社会貢献ができることを示す素晴らしい例ですね。

難波章浩(Vo&B)は、映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」がきっかけでチベット問題に関心を持ち始め、ビースティー・ボーイズの「チベタン・フリーダム・コンサート」への参加を機に、音楽の力による社会貢献を意識するようになった。その後、Hi-STANDARDの休止期間を経て、北京オリンピックでのチベット問題の報道を受け、自分自身も何か行動を起こす必要があると感じ、ベネフィット・コンピレーションアルバム「ソングス・フォー・チベット・フロム・ジャパン」を制作した。アルバム制作の背景には、チベットに対する日本社会の関心の薄さに対する危機感と、音楽を通してチベットの現状を世界に訴えかけたいという強い意志がある。難波は、日本の音楽業界が社会的なメッセージを発信していくことの重要性を訴え、チベット問題への関心を深めていくことを目指している。

チベットって、なんか遠い国のイメージやけど、難波さん、色々考えてるんやね!

社会問題に音楽で立ち向かうって、なかなかできないことやと思うけど、すごいなー

あら、音楽で世界を救うって、昔の人は言ってたけど、まさか今の時代でもそんな人がいるとはね。

故郷の味を守り継ぐ

故郷の味を受け継ぐという難波章浩氏の熱い思いが伝わってきます。

🔖 関連記事の要約!ついに全貌が明らかに!「新潟ラーメン なみ福」/ハイスタ難波さん率いる『なみ福プロジェクト』
ついに全貌が明らかに!「新潟ラーメン なみ福」/ハイスタ難波さん率いる『なみ福プロジェクト』

✅ 2022年9月30日には、多くのアーティストやバンドが開催されたイベントに出演し、観客を熱狂させました。

✅ その中でも、Hi-STANDARD / NAMBA69などの人気バンドは、多くのファンを魅了するパフォーマンスを披露しました。

✅ イベントは、音楽を通して観客に忘れられない体験を提供し、アーティストとファンが一体となった特別な空間となりました。

さらに読む ⇒�V���̊X�j����X������J����� Komachi Web�i���܂��E�F�u�j�V���̊X�j����X������J����� Komachi Web�i���܂��E�F�u�j出典/画像元: https://m.week.co.jp/postpic/1039476/

音楽活動と並行して、故郷のラーメン文化を守り継ぐ難波章浩氏の姿は、まさに情熱に溢れていますね。

ハイスタの難波章浩さんが、新潟県にあるラーメン店「楽久」を継承し、新たに「新潟ラーメンなみ福」をオープンしました。難波さんは「楽久」の味を守りたい、そして新潟のラーメン文化を守りたいという強い思いから、クラウドファンディングで資金を募り、新しい店舗をオープンしました。「楽久」は難波さんの故郷の味であり、閉店を惜しむ思いから、継承を決意したそうです。「新潟ラーメンなみ福」では、従来の「楽久」の味を継承したラーメンを提供しており、冷凍ラーメンの製造・配送も行っています。場所: 新潟県新潟市中央区万代3-1-2アクセス: JR新潟駅から徒歩5分営業時間: 11:00~15:00、17:00~21:00定休日: 月曜日メニュー: 醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンなど通販: 冷凍ラーメンの販売あり難波章浩さんは、音楽活動と並行して、故郷のラーメン文化を守り、多くの人に「楽久」の味を届けるため、精力的に活動しています。

えー、まさかのラーメン屋さん!?意外やー!

ラーメン屋さんも経営してるんか!なんか、カッコイイ!

あら、ラーメン屋さんもやるんやったら、私にもおすそ分けしてくれんとね。

プライベートと今後の活動

NAMBA69の1stアルバムは、難波章浩氏の音楽性の集大成であり、バンドとしての新たなスタートを告げる作品ですね。

🔖 関連記事の要約!バンドって誰でも出来るからこそ、とてつもないバンドをやりたくて 結成、再会、人生、そしてハイスタ ツアー真っ最中の難波章浩率いるNAMBA69に迫る 『21st CENTURY DREAMS』インタビュー&動画コメント
バンドって誰でも出来るからこそ、とてつもないバンドをやりたくて 結成、再会、人生、そしてハイスタ ツアー真っ最中の難波章浩率いるNAMBA69に迫る  『21st CENTURY DREAMS』インタビュー&動画コメント

✅ NAMBA69の1stアルバム「21st CENTURY DREAMS」は、難波章浩、K5、SAMBUの3人でゼロから作り上げた集大成的な作品であり、バンドメンバーとして対等な関係になったことで、サポート時代とは異なる深みのあるサウンドを生み出した。

✅ バンド結成までの道のりは、難波章浩のソロ活動、サポートメンバーとの共演を経て、3人の強い絆と共通の夢が育まれた結果であり、サポート時代とは異なる運命共同体として、よりストイックで、強い意志を持った音楽を作り出すことができた。

✅ アルバム制作には、ハイスタ時代のプロデューサーであるライアン・グリーンが参加し、15年ぶりの再会で互いに成長した姿を見せ、難波章浩が長年培ってきた音楽性の集大成ともいえる作品に仕上がっている。

さらに読む ⇒ぴあ関西版WEBぴあ関西版WEB出典/画像元: https://kansai.pia.co.jp/interview/music/2015-01/namba69-21stcenturydreams.html

プライベートでは家族との時間を大切にする難波章浩氏。音楽活動とプライベートのバランスをうまく取っているようですね。

J-WAVEの番組「SONARMUSIC」で、NAMBA69の難波章浩さんがゲスト出演。プライベートでの家族との生活や、ツアーへの意気込みを語りました。難波さんは、新潟で家族と二世帯住宅に住んでおり、家では「パパモード」全開とのこと。3人の息子たちとのエピソードを披露し、特に長男が弟たちの面倒をよく見ている様子が微笑ましいと語りました。また、家族から大きな影響を受けていることを明かし、音楽のテーマは「生」、「命」、「未来」、「愛」など、人生や生きることについてだと話しました。ツアーに向けては、「KenYokoyamaVSNAMBA69」のスプリットCDを引っさげ、横山健さんとのツーマンツアーを行うと発表。7月4日、5日にはZeppダイバーシティ東京で開催されることが決定しました。難波さんは、ツアーでは「トップで思いっきりいく」と意気込みを語りました。11月15日放送の『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)2時間スペシャルに、Hi-STANDARD/NAMBA69の難波章浩がゲスト出演する。番組では、難波がインディーズで自主制作したアルバムが大ヒットし、社会現象となった伝説のバンドメンバーでありながら、家族で通い続けた新潟のラーメン店『なみ福』が閉店したことを知り、復活を目指す姿に密着する。番組では、難波の知られざるエピソードやHi-STANDARD再始動の意外なきっかけなども明かされる。難波にとって地上波ゴールデン番組初出演、民放キー局のバラエティ番組も初出演となる。Hi-STANDARDのボーカル・難波章浩が、地元の新潟でラジオ番組「難波章浩の今夜もCLOSETOME」をスタートさせた。番組では、ロックはもちろん、幅広いジャンルの音楽を紹介するほか、ツアーで新潟に来たアーティストとの対談や生ライブなども予定されている。FM新潟でのオンエアだが、将来的には全国展開も視野に入れている。

プライベートでも家族と仲良しって、ほんまにええ人やー!

家族との時間も大切にするって、ステキやなー。

あら、家族がいるって、ほんまに幸せなことよ。

難波章浩氏は、音楽活動はもちろん、ラーメン店経営や社会貢献活動など、幅広い分野で活躍されています。これからも彼の挑戦に期待したいですね。

🚩 結論!

💡 Hi-STANDARDの再始動から現在まで、難波章浩氏の音楽活動について詳しく解説しました。

💡 難波章浩氏のラーメン店経営について、その背景や取り組みを紹介しました。

💡 音楽を通して社会貢献を行う難波章浩氏の活動について、具体的な事例を交えてご紹介しました。