Academic Box Logo

崎山蒼志の音楽は一体どこへ向かうのか?彼の音楽遍歴とは!?

崎山蒼志の音楽は一体どこへ向かうのか?彼の音楽遍歴とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 崎山蒼志は、幼少期から音楽に親しみ、様々な音楽の影響を受けてきた。

💡 メジャーデビューアルバム『findfuseinyouth』は、彼の音楽性の集大成と言える作品である。

💡 最新アルバム『FaceToTimeCase』では、更なる音楽的挑戦と進化が見られる。

それでは、崎山蒼志さんの音楽遍歴について詳しく見ていきましょう。

音楽との出会い

崎山蒼志さんの音楽遍歴は、まさに音楽への情熱と探求心で満たされていると言えるでしょう。

🔖 関連記事の要約!崎山蒼志インタビュー
崎山蒼志インタビュー

✅ 崎山蒼志は、2018年の音楽活動開始以来、コラボレーションなどを経て音楽性を拡張し続けてきた。メジャーデビューアルバム「find fuse in youth」は、彼のこれまでの集大成と言える作品である。

✅ メジャーデビュー後、アレンジャーとのコラボレーションにより、自身の音楽の「再定義」を行い、新たな一面を見せた。また、アルバムでは、打ち込みなど自身の制作技術も駆使することで、カオスな作品に仕上げた。

✅ アルバムは、高校卒業を機に「青春」や「若さ」をテーマに制作され、18歳までの集大成となっている。様々な挑戦を経て、新しい音楽性を確立したと言えるだろう。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/sakiyamasoushi

幼少期から様々な音楽に触れてきた経験が、彼の音楽の深みや広がりを生み出していると感じますね。

崎山蒼志は、4歳の頃にtheGazettEの「REGRET」のミュージックビデオに衝撃を受け、ヴィジュアル系アーティストの世界観に魅了された。母親の影響でBUCK-TICKやTHEYELLOWMONKEYに触れ、父親の影響でOasisやR&B、オルタナ、ジャズなど多様な音楽に触れてきた。幼い頃から音楽に親しみ、theGazettEのURUHAさんとAOIさんのギター演奏に憧れてギター教室に通い始めた。当初はクラシックギターを学んでいたが、theGazettEの「Filthinthebeauty」のジェントサウンドに感銘を受け、エレキギターを始める。小学生時代にLinkinParkや9mmParabellumBulletなどの音楽も聴くようになり、theGazettEから受けた衝撃が、音楽を始めたきっかけとなり、今の音楽活動に多大な影響を与えていると語っている。小学5年生の頃には作曲を始め、ニンテンドー3DSで自作の曲を撮影するなど、音楽表現の幅を広げていった。

え、まじ!?4歳でtheGazettEとか、めっちゃ渋いじゃん!

そうそう、音楽ってやっぱ良いよね。人生のスパイスみたいなもんよ。

あら、若い頃から音楽好きだったのね。私も若い頃は、よく歌を歌ってたわよ。

メジャーデビューと今後の展望

メジャーデビューは、アーティストにとって大きな転換期ですよね。

🔖 関連記事の要約!崎山蒼志
崎山蒼志

✅ 浜松市在住の18歳シンガーソングライター崎山蒼志がメジャーデビューアルバム「find fuse in youth」をリリースしました。

✅ アルバムには、池田エライザ監督の映画「夏、至るころ」の主題歌「ただいまと言えば」を含む全12曲が収録されています。

✅ 初回生産限定盤には、ミュージックビデオやライブ映像を収録したDVDが付属します。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/feature_item/2020/10/31/0702

デビューアルバムのチャート入りは素晴らしいですね。これからの活躍がますます楽しみですね。

18歳のシンガーソングライター崎山蒼志は、アルバム『findfuseinyouth』でメジャーデビューを果たしました。アルバムは配信開始と同時にiTunesアルバムチャートで初登場TOP3入りし、現在も上位にランクインしています。アルバムには全12曲が収録されており、リード曲「Heaven」のライブ映像がOfficialYouTubeChannelで公開されています。また、12月に配信ライブも開催予定で、チケット情報は公式ホームページで確認できます。さらに、2021年1月27日には『findfuseinyouth』のCDが発売されます。CDには、通常盤と初回限定盤の2種類があり、初回限定盤にはDVDが付属します。DVDには、「Samidare」、「Heaven」、「Undulation」のミュージックビデオに加え、THE FIRST TAKEでのパフォーマンスや過去のライブ映像が収録されています。崎山蒼志は、2021年2月23日から3月21日にかけて、名古屋、大阪、東京でツアーを開催します。チケット情報は公式ホームページで確認できます。崎山蒼志は、デビュー後も精力的に活動しており、新曲のリリースやライブイベントなど、今後の活躍が期待されます。

え、まじ!?もうメジャーデビューとか、早すぎへん!?

いや、まじで!?すげーな!もうすでに人気者じゃん!

あら、もうメジャーデビューしたの?若いのにすごいわね。

メジャーデビューアルバム『findfuseinyouth』

メジャーデビューアルバム『findfuseinyouth』は、彼の新たな挑戦を感じさせる作品ですね。

🔖 関連記事の要約!Interview
Interview

✅ 崎山蒼志のメジャー・デビューアルバム『find fuse in youth』は、弾き語り曲だけでなく、バンド感を生かしたロック・チューンや打ち込みを導入したナンバーなど、彼の多面性を堪能できる作品となっている。

✅ アルバムの核となるのは、アレンジャーと共同制作された「花火」、「Undulation」、「Heaven」などの楽曲で、崎山自身のロックの影響やバンド経験から生まれたバンドサウンドが特徴となっている。

✅ 崎山は、アコギ1本でバンドサウンドを表現することにこだわり、リズムを重視したギタープレイを展開している。中学生時代からバンド経験があり、その影響から ゛1人でやるイメージ゛ではなく、゛バンドでやれるような曲゛を意識して作曲している。

さらに読む ⇒ギター・マガジンWEB|Guitar magazineギター・マガジンWEB|Guitar magazine出典/画像元: https://guitarmagazine.jp/interview/2021-0217-sakiyama/

バンドサウンドを取り入れたことで、彼の音楽の幅が広がったと感じます。

崎山蒼志のメジャーデビューアルバム『findfuseinyouth』は、インディーズ時代に話題になった弾き語りとは異なる、バンドサウンドを取り入れた楽曲が多く、一部では「変わった」と感じる人もいるかもしれません。しかし、アルバムは外部プロデューサーとのコラボレーションによって、彼の個性的なメロディをより多くの人に届けるための試みであり、彼の才能をわかりやすく伝える作品と言えるでしょう。アルバム前半は、バンドサウンドやJ-POP的な多彩な音色を取り入れた、これまでとは異なる楽曲が展開されます。一流の音楽プロデューサーが編曲に関わっているため、クオリティは高いですが、マスに刺さるための編曲とも捉えることができます。しかし、編曲によって彼の個性的なメロディは失われておらず、むしろバンドサウンドによってメロディの良さが際立っているとも考えられます。また、彼の個性的で誰も真似できないギターの魅力も、編曲によってさらに引き立てられています。アルバム後半には、弾き語りや本人編曲による楽曲も収録されています。弾き語り楽曲は、彼の個性的なギターカッティングを堪能できる一方で、彼の音楽性の軸は変わっていないことを証明しています。一方、本人編曲作品は、打ち込みを使用した実験的なサウンドが特徴です。エフェクトのかかった自身の声を重ねて歌を構築したり、プログレッシブロックのような構成を取り入れたりすることで、刺激的な音楽を生み出しています。このように、メジャーデビューアルバム『findfuseinyouth』は、彼の音楽性の幅広さと実験性を示す作品であり、従来の弾き語りイメージにとらわれず、新たな表現に挑戦していることを感じることができます。

え、まじ!?バンドサウンドとか、意外やな!

うん、確かに今までとは違う感じやね。でも、なんか新鮮でいいね!

あら、バンドサウンドを取り入れたの?若い子の音楽は、どんどん進化していくのね。

最新アルバム「FaceToTimeCase」について

最新アルバム『FaceToTimeCase』は、彼の音楽的探求心がより深まった作品ですね。

🔖 関連記事の要約!崎山蒼志の歌と言葉の秘密。写真家・石田真澄の目から紐解く
崎山蒼志の歌と言葉の秘密。写真家・石田真澄の目から紐解く

✅ 崎山蒼志さんと石田真澄さんの対談では、写真家としての石田さんの「光」に対する強いこだわりと、シンガーソングライターとしての崎山さんの「一瞬」を捉え、忘れないように言葉にするという創作への向き合い方が語られました。

✅ 石田さんは写真を通して「あるもの」を別のものに変化させることを追求し、その過程で「光」に強く惹かれると語っています。一方、崎山さんは音楽を通して「一瞬」を形にすることを意識し、光を「綺麗」なものや「オルゴール」のような感覚で表現しています。

✅ この対談を通して、お互いの創作活動における「光」や「一瞬」といった共通のテーマへの向き合い方や、写真と音楽という異なる表現方法を通して世界を捉える視点の違いが浮き彫りになりました。

さらに読む ⇒CINRACINRA出典/画像元: https://www.cinra.net/article/interview-201903-sakiyamaishida

石田真澄さんとの対談を通して、崎山さんの創作への向き合い方がより深く理解できました。

崎山蒼志の最新アルバム「FaceToTimeCase」のタイトルは、土地に刻まれた記憶が一気に現れて自分がそれに対面するような感覚から名付けられた。石沢麻依の小説「貝に続く場所にて」に影響を受け、土地の肖像という概念に興味を持った。田中泯の゛場踊り゛を通して、自分が表現したいのは、かつてそこにいた人と今踊っているという感覚だと気づいた。アルバムの最後に収録されている「タイムケース」は、その感覚を言語化した言葉から生まれた。曲は詩のようなイメージで制作され、アルバム全体のテーマというわけではないが、始まりと終わりの統一感を生み出した。前作「findfuseinyouth」が過去の作品を再定義した作品だったのに対し、「FaceToTimeCase」はゼロから作り上げたような作品であり、様々なタイアップ曲やコラボレーションによって混沌とした作品になった。しかし、終盤の流れなど、アルバムらしさを感じられる部分が前作より進化したと感じている。今後は、1人のアレンジャーやプロデューサーとタッグを組み、よりコンセプチュアルなアルバムに挑戦したいと考えている。ザ・ウィークエンドの「DawnFM」のような、聴き手を圧倒するような作品を作りたいという意欲も語った。

え、まじ!?アルバムのタイトル、めっちゃ深いねんけど!

うん、確かに新しい試みが多いよね。でも、彼の音楽って、やっぱり独特の雰囲気があるよね。

あら、新しいアルバムを出したの?どんな音楽なの?

崎山蒼志さんの音楽は、これからも進化し続けるでしょう。今後の活躍に期待が高まります。

🚩 結論!

💡 崎山蒼志は、幼少期から音楽に親しみ、様々な音楽の影響を受けてきた。

💡 メジャーデビュー後も、積極的に音楽に挑戦し続け、新たな音楽表現を見せている。

💡 今後の活動にも注目していきたい。