Academic Box Logo

TAKUYAのギターサウンドは天才的!?TAKUYAのギターサウンドとは!?

TAKUYAのギターサウンドは天才的!?TAKUYAのギターサウンドとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 TAKUYAのギターサウンドは、独自の技術と感覚で生み出されている。

💡 TAKUYAは、様々なギターを駆使し、楽曲のイメージに合わせてサウンドを変化させる。

💡 TAKUYAのギターサウンドは、多くのミュージシャンに影響を与えている。

それでは、TAKUYAのギターサウンドについて詳しく見ていきましょう。

天才ギタリストTAKUYAの誕生

TAKUYAのギターへの情熱が伝わってきますね。

🔖 関連記事の要約!ヤング・ギター2021年12月号 LOUDNESS大特集〜撃魂志士の40年戦史!!〜 – YOUNG GUITAR
ヤング・ギター2021年12月号 LOUDNESS大特集〜撃魂志士の40年戦史!!〜 – YOUNG GUITAR

✅ ヤング・ギター12月号の表紙はラウドネスで、デビュー40周年を記念した特集記事が掲載されている。

✅ 特集記事では、最新インタビュー、メンバー全員の言葉、貴重な写真と復刻記事でラウドネスの歴史を振り返り、高崎晃の最新機材や楽曲のスコアも掲載されている。

✅ その他、サンタナ、ザック・ワイルド、トニー・マカパイン、筋肉少女帯、ダミアン浜田陛下などのインタビューや、ギター関連の特集記事、連載コラムなどが掲載されている。

さらに読む ⇒HOMEHOME出典/画像元: https://youngguitar.jp/yg/yg-202112

TAKUYAの才能は、幼い頃から開花していたんですね。

TAKUYAは中学生時代に怪我でスポーツを断念し、バンドを始めました。ギターを手にした2日目に「プロになる」と確信し、同年代でトップになれると確信を持った彼は、練習に励みました。15歳でオリジナル曲を書き始め、16~17歳でYAMAHAの<TEENS’MUSICFESTIVAL>や地元のコンテストにも出場しました。バンドとしては評価されなくても、常にベスト・ギタリスト賞を受賞していました。15~16歳頃はチェッカーズやLOUDNESSをコピーするなど、様々な音楽に触れながら技術を磨いていきました。特にLOUDNESSのライブを観て、ギターを練習していた10代の頃を思い出して感動したと語っています。

うっわ、かっちょええやん!中学生からプロ意識持っとったとか、ほんまにすごいわ!

若い頃から才能開花しとったんやね!やっぱり努力も必要だけど、才能って大事だわ。

若い頃から才能開花って、生まれ持った才能ってすごいよねぇ。でも、努力なしには開花しないよ。

TAKUYAのギターサウンドの魅力

TAKUYAのギターサウンドの魅力について解説していきます。

🔖 関連記事の要約!JUDY AND MARY(ジュディマリ)TAKUYA ギターサウンドと音作り

公開日:2022/10/02

JUDY AND MARY(ジュディマリ)TAKUYA ギターサウンドと音作り

✅ この記事は、JUDY AND MARYのギタリストTAKUYAのギターサウンドについて解説しています。

✅ TAKUYAが使用していたギターやアンプ、エフェクターの具体的な機種やモデルを詳しく紹介しています。

✅ TAKUYAが使用していた機材は現在では入手困難で高価なものが多く、ファンにとって興味深い情報が満載です。

さらに読む ⇒バンチーズバンチーズ出典/画像元: https://bunches.site/jamsound/

TAKUYAのギターサウンドは、テクニックだけでなく、音楽的センスも光りますね。

TAKUYAは、テレキャスター、レスポール、ストラトキャスターなど、様々なタイプのギターを使いこなしますが、特定のギターに固執するわけではなく、楽曲や自身のイメージに合わせて使い分けています。彼のギターサウンドの魅力は、カッティングによるリズムと恩田快人のベースとのアンサンブルにあります。また、メロディーやサウンドは、レベッカのNOKKOやYUKIのボーカルに似た部分も見られます。TAKUYAの音楽性には、尊敬するエディー・ヴァンヘイレンの影響も垣間見えますが、彼自身の独自性も強く、特に「そばかす」などの楽曲に見られるギターリフは、天才的な才能を感じさせます。TAKUYAは、自身の才能を最大限に活かし、ジュディマリの楽曲を通じて、女の子センスの歌詞と超ポップなメロディーを生み出しました。彼の天才性は、楽曲制作における総合的なセンスにあると言えるでしょう。

え、まじ!?TAKUYAってあんなに色々使っとったんや!

TAKUYAのサウンド、めっちゃカッコいいよね!

TAKUYAのサウンド、若い子には分からんやろ?

TAKUYAの才能と個性

TAKUYAの音楽への影響について掘り下げていきましょう。

🔖 関連記事の要約!元・ジュディマリTAKUYA氏が語る、゛神様゛デヴィッド・ボウイへの想い
元・ジュディマリTAKUYA氏が語る、゛神様゛デヴィッド・ボウイへの想い

✅ TAKUYAさんは小学6年生の頃にデヴィッド・ボウイを知り、特に「レッツ・ダンス」に衝撃を受けました。その後、中学生でギターを始め、バンド活動を通じてボウイへの憧憬を深めます。バンド時代にはバイト仲間からボウイのアルバム『ロウ』と『スケアリー・モンスターズ』を借り、特に『ロウ』のインスト主体な音楽に衝撃を受け、ボウイ作品にのめり込みます。

✅ 上京後は西新宿のブートレグ屋に通い、ボウイの作品を買い集めていましたが、初めて見たボウイのライブは期待外れでした。1990年の東京ドーム公演は、選曲がヒット曲中心で、TAKUYAさんが期待していたアーティスティックな要素が少なかったため、少し残念に感じたようです。

✅ TAKUYAさんはボウイのアルバムの中で『ジギー・スターダスト』はあまり好みではないと語っています。理由は、作り込み過ぎで、別のアーティストのようにも感じてしまうこと、また、過剰なグラムロックと衣装が企画もののように感じてしまうからです。ただし、演奏してみると良い曲が多いことは認めており、初期のボウイの高いキーの歌声も、自身にとって少し遠い存在であることを示しています。

さらに読む ⇒ログミーBizログミーBiz出典/画像元: https://logmi.jp/business/articles/153468

ボウイへの憧憬がTAKUYAの音楽性に影響を与えているんですね。

元ジュディマリのTAKUYAは、ギタリストとして天才と称されることが多いですが、その才能は演奏テクニックだけではなく、作詞・作曲にも見られます。彼はギターを14歳から始め、ヤマハTEENS’MUSICFESTIVAL全国大会に出場するほどの腕前でした。プロギタリストとして、カッティングやヘビメタで有名な「はや弾き」などのテクニックも持ち合わせていますが、彼自身の個性は、ギターサウンドを創作するテクニックにあると考えられます。

TAKUYAってボウイ好きやったんや!意外!

TAKUYAはボウイの影響受けてるんかー。

ボウイは、時代を超えて愛されるアーティストよね。TAKUYAもボウイみたいに、時代を超える音楽を作ってほしいわ。

TAKUYAと「Kemper」

TAKUYAと「Kemper」の関係についてお話します。

🔖 関連記事の要約!佐久間正英のドキュメンタリー番組『ハロー&グッバイの日々』がNHK総合で放送 (2013年12月18日)
佐久間正英のドキュメンタリー番組『ハロー&グッバイの日々』がNHK総合で放送 (2013年12月18日)

✅ 記事は、音楽業界の最新ニュースを扱うものであり、主に新曲リリース、ライブイベント、アーティストの活動に関する情報を提供しています。

✅ 記事では、Snow Manの新曲リリースや、宇多田ヒカルの亡き母への想いについて語ったインタビューなどが取り上げられています。

✅ また、エレファントカシマシの佐久間正英のドキュメンタリー番組や、ケツメイシRYOJIの病気公表など、話題性の高いニュースも含まれています。

さらに読む ⇒ エキサイトニュース エキサイトニュース出典/画像元: https://www.excite.co.jp/news/article/Cinra_20131218_191429/

佐久間氏のサウンド理論がTAKUYAにも受け継がれているんですね。

「Kemper」は、自身のサウンドを持たないアンプであり、その自由度から使い方に難しさを感じられることが多い機材です。しかし、「Kemper」独自の機能である「プロファイリング」を正しく理解し、適切な手順で実行することで、その難しさは解消されます。本稿は、プロ・ギタリストであり、数々の音楽プロデュース活動を行うTAKUYA氏が、故・佐久間正英氏から受け継いだサウンド理論に基づき、「Kemper」のプロファイリング手法を徹底的に解説したものです。佐久間氏が存命であれば、TAKUYA氏と共に、自身の貴重なアンプを用いて「Kemper」で完璧なプロファイリングを行いたいと考えていたとされています。

Kemperって、なんか難しそうやなぁ。

Kemperって、プロが使っとるやつやんな?

Kemperって、魔法の箱みたいやねぇ。

「Kemper」プロファイリングへの挑戦

TAKUYAによる「Kemper」プロファイリングの実践についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!Kemperでプロファイリング機能をやる際の簡易まとめ
Kemperでプロファイリング機能をやる際の簡易まとめ

✅ Kemperのプロファイリングに必要な機材と接続方法について解説しています。

✅ プロファイリングに必要な機材は、XLRケーブル、ギターシールド、スピーカーケーブル、マイクまたはパッシブDI BOXです。

✅ プロファイリングを行う際は、Kemperのインプットにギターを接続し、KemperのSEND端子からプロファイリング対象のアンプのインプットにギターシールドを接続します。マイクまたはDI BOXからKemperのRETURN端子にXLRケーブルを接続します。アンプのスピーカーアウトからキャビネットにスピーカーケーブルを接続します。

さらに読む ⇒LCLounge InformationLCLounge Information出典/画像元: https://nonamegt.hatenablog.com/entry/20210405

TAKUYAは、佐久間氏のサウンド理論を完璧に理解しているんですね。

本稿では、佐久間氏ゆかりの方々から集められた貴重なアンプを用いて、TAKUYA氏が「Kemper」のプロファイリングに挑戦し、その過程を詳細に紹介しています。「プロファイリング」は、アンプの音だけでなく、環境も含めた音質を完全に再現する作業です。そのため、スピーカー、キャビネット、マイク、マイク位置、プリアンプ、卓、ケーブル、スタジオの環境、気温など、あらゆる要素が音質に影響を与えます。理想的なプロファイリングを行うためには、アンプの状態、環境、録音技術、機材、テスト・ギタリストの力量など、あらゆる要素を最高レベルに揃える必要があります。TAKUYA氏は、サウンドのプロが推奨する理想的な環境、機材、スタッフを集め、最上の音質環境の中でプロファイリングを実施しました。本稿では、プロファイリングの実践を通して、TAKUYA氏が「Kemper」という次世代前衛機材の可能性を最大限に引き出し、理想的なサウンドを実現するための具体的なノウハウを伝授しています。

プロファイリングって、なんか難しそうやけど、TAKUYAならできそう!

TAKUYAって、ホンマに色んなことに挑戦する人やなぁ。

プロファイリングって、まるで魔法の呪文みたいやねぇ。

TAKUYAのギターサウンドは、テクニックとセンス、そして情熱が融合した芸術作品と言えるでしょう。

🚩 結論!

💡 TAKUYAのギターサウンドは、独自の技術と感覚で生み出されている。

💡 TAKUYAは、様々なギターを駆使し、楽曲のイメージに合わせてサウンドを変化させる。

💡 TAKUYAのギターサウンドは、多くのミュージシャンに影響を与えている。