Academic Box Logo

TAKUYAのギターサウンドは、一体何が凄いのか?TAKUYAのギターサウンドの秘密とは!!?

TAKUYAのギターサウンドは、一体何が凄いのか?TAKUYAのギターサウンドの秘密とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 TAKUYAのギターサウンドを支える技術と影響について解説します。

💡 TAKUYAが使用していた機材やサウンドの特徴を紹介します。

💡 TAKUYAの才能と個性に迫り、今後の活動の可能性を探ります。

それでは、最初の章に移ります。

天才ギタリストTAKUYAの誕生

TAKUYAさんのギタープレイ、本当に痺れますね!

🔖 関連記事の要約!Interview
Interview

✅ TAKUYAは、エディ・ヴァン・ヘイレンのギター演奏に大きな影響を受けており、特にリズムの取り方や独特のフレーズを生み出す発想、そして強烈なピッキングによるサウンドに魅力を感じている。

✅ TAKUYAは、エディのギター演奏は「リズムとギターのパートだけで曲の80%が出来上がっている」ほど、ドラムとの呼吸が大切であり、その演奏スタイルはコピーが難しいと語る。

✅ TAKUYAは、エディのギターサウンドは「強いピッキング」と「音量の大きさ」が特徴だと分析し、特に強いピッキングによる弦への角度の付け方や、3本指でピックを持つことなど、具体的なテクニックについて言及している。

さらに読む ⇒ギター・マガジンWEB|Guitar magazineギター・マガジンWEB|Guitar magazine出典/画像元: https://guitarmagazine.jp/interview/2020-1207-evh-takuya/

エディ・ヴァン・ヘイレンの影響が色濃く出ているんですね。

TAKUYAは中学生時代に怪我でスポーツを断念し、バンドを始めました。ギターを手にした2日目に「プロになる」と確信し、同年代でトップになれると確信を持った彼は、練習に励みました。15歳でオリジナル曲を書き始め、16~17歳でYAMAHAの<TEENS’MUSICFESTIVAL>や地元のコンテストにも出場しました。バンドとしては評価されなくても、常にベスト・ギタリスト賞を受賞していました。15~16歳頃はチェッカーズやLOUDNESSをコピーするなど、様々な音楽に触れながら技術を磨いていきました。特にLOUDNESSのライブを観て、ギターを練習していた10代の頃を思い出して感動したと語っています。

めっちゃカッコええやん!

うっわ、TAKUYAさん、すげーな!

若い頃から才能開花しとったんやね!

TAKUYAのギターサウンドの魅力

TAKUYAさんが使っていた機材、どれもこれも憧れの逸品ばかりですね!

🔖 関連記事の要約!JUDY AND MARY(ジュディマリ)TAKUYA ギターサウンドと音作り

公開日:2022/10/02

JUDY AND MARY(ジュディマリ)TAKUYA ギターサウンドと音作り

✅ JUDY AND MARYのギタリストTAKUYAが使用していたギター、アンプ、エフェクターについて解説しています。

✅ TAKUYAが使用していたギターは、ゼマティス、ギブソン、ジャーニーマン、フェルナンデス、ツバサギターなど、今では入手困難で高額取引されているものばかりです。

✅ TAKUYAが使用していたアンプは、マッチレスDC-30、ダンブルオーバードライブスペシャル、ローランドJC-120などです。エフェクターには、ラット・プロトタイプ、ビバーチェ、パッシオネイト、コーラスアンサンブルなどを使用していました。

さらに読む ⇒バンチーズバンチーズ出典/画像元: https://bunches.site/jamsound/

TAKUYAさんのギターサウンドは、本当に唯一無二ですね!

TAKUYAは、テレキャスター、レスポール、ストラトキャスターなど、様々なタイプのギターを使いこなしますが、特定のギターに固執するわけではなく、楽曲や自身のイメージに合わせて使い分けています。彼のギターサウンドの魅力は、カッティングによるリズムと恩田快人のベースとのアンサンブルにあります。また、メロディーやサウンドは、レベッカのNOKKOやYUKIのボーカルに似た部分も見られます。TAKUYAの音楽性には、尊敬するエディー・ヴァンヘイレンの影響も垣間見えますが、彼自身の独自性も強く、特に「そばかす」などの楽曲に見られるギターリフは、天才的な才能を感じさせます。TAKUYAは、自身の才能を最大限に活かし、ジュディマリの楽曲を通じて、女の子センスの歌詞と超ポップなメロディーを生み出しました。彼の天才性は、楽曲制作における総合的なセンスにあると言えるでしょう。

えー、めっちゃ高そう!

TAKUYAさんのギター、ホンマに最高!

あの子、昔っから天才やったんやね!

TAKUYAの才能と個性

TAKUYAさんは、デヴィッド・ボウイにも影響を受けていたんですね!

🔖 関連記事の要約!元・ジュディマリTAKUYA氏が語る、゛神様゛デヴィッド・ボウイへの想い
元・ジュディマリTAKUYA氏が語る、゛神様゛デヴィッド・ボウイへの想い

✅ TAKUYAさんは小学生の頃にMTVでデヴィッド・ボウイを知り、その後「レッツ・ダンス」に魅了された。

✅ TAKUYAさんはデヴィッド・ボウイの音楽に影響を受け、特に「ロウ」や「スケアリー・モンスターズ」を高く評価している。しかし、1990年の東京ドームでのライブは期待外れだったと語る。

✅ TAKUYAさんはデヴィッド・ボウイの作品の中で、「ジギー・スターダスト」はあまり好みではなく、過剰にグラムロックを狙いすぎていると感じている。

さらに読む ⇒ログミーBizログミーBiz出典/画像元: https://logmi.jp/business/articles/153468

TAKUYAさんの個性は、音楽理論やテクニックだけでなく、独自の感性にあるんですね。

元ジュディマリのTAKUYAは、ギタリストとして天才と称されることが多いですが、その才能は演奏テクニックだけではなく、作詞・作曲にも見られます。彼はギターを14歳から始め、ヤマハTEENS’MUSICFESTIVAL全国大会に出場するほどの腕前でした。プロギタリストとして、カッティングやヘビメタで有名な「はや弾き」などのテクニックも持ち合わせていますが、彼自身の個性は、ギターサウンドを創作するテクニックにあると考えられます。

へぇー、TAKUYAさん、デヴィッド・ボウイ好きなんや!

TAKUYAさんの音楽、ホンマに才能を感じる!

デヴィッド・ボウイ、私も好きよ!

TAKUYAと「Kemper」

佐久間正英さんといえば、日本の音楽シーンを牽引した伝説的なプロデューサーですね!

🔖 関連記事の要約!People of Sound 第29回 佐久間 正英さん登場!

公開日:2016/06/10

People of Sound 第29回 佐久間 正英さん登場!

✅ 佐久間正英さんは、幼少期から音楽に囲まれた環境で育ち、2歳の時にベートーベンの第五番を聴いた衝撃的な体験から音楽への道を歩み始める。

✅ 小学校入学後、ピアノを1ヶ月間だけ習ったにも関わらず、音楽理論を独学で学び、トランペットやギターを始めるなど、様々な楽器を短期間でマスターしていく。

✅ 音楽理論の知識をベースに、アメリカンポップスやジャズの理論を学び、独学でコードを理解していくなど、音楽への探求心と並外れた才能を発揮した。

さらに読む ⇒Rock oN Company|DTM DAW 音響機器Rock oN Company|DTM DAW 音響機器出典/画像元: https://www.miroc.co.jp/rock-on/people-sakuma-masahide/

佐久間さんとTAKUYAさんの関係性、興味深いです!

「Kemper」は、自身のサウンドを持たないアンプであり、その自由度から使い方に難しさを感じられることが多い機材です。しかし、「Kemper」独自の機能である「プロファイリング」を正しく理解し、適切な手順で実行することで、その難しさは解消されます。本稿は、プロ・ギタリストであり、数々の音楽プロデュース活動を行うTAKUYA氏が、故・佐久間正英氏から受け継いだサウンド理論に基づき、「Kemper」のプロファイリング手法を徹底的に解説したものです。佐久間氏が存命であれば、TAKUYA氏と共に、自身の貴重なアンプを用いて「Kemper」で完璧なプロファイリングを行いたいと考えていたとされています。

佐久間さん、すげー人やったんやな!

佐久間さんとTAKUYAさん、最強のコンビやね!

若い頃から天才やったんやな!

「Kemper」プロファイリングへの挑戦

Kemperという機材、初めて知りました!

🔖 関連記事の要約!KEMPER』常識を変えるヘッドアンプ。独自の「プロファイル技術」で世界中のアンプを自分の物に!お得なセットも!【2019.3.12更新】
KEMPER』常識を変えるヘッドアンプ。独自の「プロファイル技術」で世界中のアンプを自分の物に!お得なセットも!【2019.3.12更新】

✅ この記事は、ギターアンプの新しい技術「プロファイリング」を採用したアンプヘッド「KEMPER」を紹介しています。

✅ KEMPERは、アンプの特性をそのままキャプチャーできるため、様々なアンプの音を一台で再現することができ、従来のモデリングアンプの限界を超えています。

✅ 記事では、KEMPERのラインナップ、機能、使用方法、おすすめのスピーカーやプロファイリングセット、フットコントローラーセットなどが紹介されています。

さらに読む ⇒CDJ��DJ����η������ | �ߥ塼���å��ϥ����ե��CDJ��DJ����η������ | �ߥ塼���å��ϥ����ե��出典/画像元: https://www.mh-friends.com/blog/2018/09/21/%E3%80%8Ekemper%E3%80%8F%E5%B8%B8%E8%AD%98%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97%E3%80%82%E7%8B%AC%E8%87%AA%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95/

TAKUYAさんのKemperプロファイリング、興味深いです!

本稿では、佐久間氏ゆかりの方々から集められた貴重なアンプを用いて、TAKUYA氏が「Kemper」のプロファイリングに挑戦し、その過程を詳細に紹介しています。「プロファイリング」は、アンプの音だけでなく、環境も含めた音質を完全に再現する作業です。そのため、スピーカー、キャビネット、マイク、マイク位置、プリアンプ、卓、ケーブル、スタジオの環境、気温など、あらゆる要素が音質に影響を与えます。理想的なプロファイリングを行うためには、アンプの状態、環境、録音技術、機材、テスト・ギタリストの力量など、あらゆる要素を最高レベルに揃える必要があります。TAKUYA氏は、サウンドのプロが推奨する理想的な環境、機材、スタッフを集め、最上の音質環境の中でプロファイリングを実施しました。本稿では、プロファイリングの実践を通して、TAKUYA氏が「Kemper」という次世代前衛機材の可能性を最大限に引き出し、理想的なサウンドを実現するための具体的なノウハウを伝授しています。

Kemperって、めっちゃすごいの?

TAKUYAさん、Kemper使いこなしてるんか!

TAKUYAさん、すごいなぁ!

TAKUYAさんのギターサウンドは、まさに天才のなせる技ですね!

🚩 結論!

💡 TAKUYAのギタープレイは、エディ・ヴァン・ヘイレンの影響を受けた独特のリズムとフレーズが特徴です。

💡 TAKUYAは、自身のサウンドを追求し、様々なギターや機材を使い分けてきました。

💡 TAKUYAの才能は、演奏テクニックだけでなく、作曲や音楽理論にも見られます。