Academic Box Logo

プリンセスプリンセスの『M』に隠された真実とは?森純太か宮城宗典か!?

プリンセスプリンセスの『M』に隠された真実とは?森純太か宮城宗典か!?
📘 この記事で分かる事!

💡 プリンセスプリンセスの楽曲『M』のメロディーラインとコード進行について解説します。

💡 『M』の歌詞に隠された真実について考察します。

💡 『M』の謎と解釈の多様性について解説します。

それでは、最初の章に入っていきましょう。

『M』: 静寂から始まるメロディーの美しさ

それでは、本章では『M』の楽譜について詳しく解説していきます。

🔖 関連記事の要約!楽譜】 M in B♭ / プリンセス プリンセス / Jポップ・スタンダード・ライブラリ / プリンセス プリンセス (テナーサックス / 初〜中級)
楽譜】 M in B♭ / プリンセス プリンセス / Jポップ・スタンダード・ライブラリ / プリンセス プリンセス (テナーサックス /  初〜中級)

✅ この楽譜は、クラリネット、テナーサックス、トランペット用にアレンジされた「M」という曲の楽譜です。

✅ コード進行とメロディーラインが記載されており、演奏中にページをめくる必要がないように曲全体が1枚の紙に収められています。

✅ セッションやバンド演奏でこの曲を演奏したい方、ジャムセッションに挑戦したい方におすすめです。

さらに読む ⇒ Piascore 楽譜ストア Piascore 楽譜ストア出典/画像元: https://store.piascore.com/scores/262714

静寂から始まるピアノのフレーズは、聴く人の心を惹きつけますね!

プリンセスプリンセスの楽曲『M』は、アルバム曲ながら様々なアーティストにカバーされ、幅広い世代に親しまれている名曲です。イントロは、静かなオルゴールのようなピアノのフレーズから始まり、半音進行が特徴的です。Aメロでは、ピアノのオブリガートがボーカルのメロディを繰り返す形で、寂しさを表現しています。Bメロでは、逆循環と呼ばれるコード進行を用い、2小節単位のパターンが3回繰り返されます。サビに向けて、ボーカルのメロディが「ラシド」を繰り返す中、ルートは半音ずつ上昇し、曲の盛り上がりを演出しています。しかし、ベースパートには不自然な進行が見られ、曲の盛り上がりを損なっている可能性があります。全体的に、若さゆえの詰めが甘い部分も散見されますが、楽曲全体の雰囲気やメロディの美しさは、聴く人の心を惹きつけます。

へぇー、あの『M』の楽譜とかあるんや!

なるほど、セッションとかで使えるんかな?

あら、懐かしいわね。プリンセスプリンセスって、若い頃よく聴いてたわよ。

『M』: 歌詞に隠された真実

続いては、『M』の歌詞に隠された真実についてお話していきましょう。

🔖 関連記事の要約!あれから24年、結局プリンセスプリンセスの名曲「M」とは誰なのか?
あれから24年、結局プリンセスプリンセスの名曲「M」とは誰なのか?

✅ プリンセスプリンセスの「M」の歌詞は、富田京子氏が経験した大失恋が元になっている。

✅ 「M」の歌詞に登場する男性は、ヒルビリーバップスの宮城宗典か、ジュンスカイウォーカーズの森純太だと噂されているが、どちらとも断定はできない。

✅ 「M」の歌詞が森純太を歌っているという説を支持するファンが多く、曲中に登場する「黒いジャケット」や「星が森へ帰るように」などの描写から、森純太を連想する人も多い。

さらに読む ⇒LIBOOlog | 石巻裏観光大使。食べ物と筋トレ好きSSWLIBOOlog | 石巻裏観光大使。食べ物と筋トレ好きSSW出典/画像元: https://liboo.jp/archives/293

確かに、歌詞の中に森純太を連想させる描写はいくつかありますね。

この記事は、プリンセスプリンセスの曲『M』の歌詞が、ヒルビリーバップスの宮城宗典またはジュンスカイウォーカーズの森純太のいずれかを指しているという噂について考察しています。「M」の歌詞は、富田京子氏の体験に基づいた失恋の歌であり、その歌詞の描写から「M」が誰なのか推測するファンが多くいます。著者は、宮城宗典が自殺した時期と「M」が収録されたアルバムリリース時期が近いこと、そして「M」の歌詞が振られたことをほのめかしていることから、宮城氏が「M」ではないかと推測します。しかし、ジュンスカイウォーカーズの曲「言葉につまる」の歌詞が、プリンセスプリンセスの「M」への返答だと噂されていること、森純太のイニシャルが「M」であること、そして「M」の歌詞が森純太を連想させる描写があることを指摘し、森純太が「M」の可能性も示唆しています。

マジ!?森純太って誰?

うっわ、深いなぁ。歌詞って奥深いね。

あら、あの頃のことはよく覚えてるわよ。

『M』: 解き明かされない謎と解釈の多様性

それでは、本章では『M』の謎と解釈の多様性について考えていきましょう。

🔖 関連記事の要約!JUN SKY WALKER(S)】5/21リリース ALL TIME BEST~全部このままで~1988

公開日:2018/04/16

JUN SKY WALKER(S)】5/21リリース ALL TIME BEST~全部このままで~1988

✅ ジュンスカのデビュー30周年記念ベストアルバム「ALL TIME BEST」が5月21日に発売されます。

✅ CDには、レーベルの垣根を越えて、オリジナル音源をリマスタリングしたベストソングに加え、リアレンジバージョンや新曲、ライブ音源、レア楽曲などが収録されています。

✅ 初回生産限定盤には、伝説の音楽番組「Live TOMATO」での貴重なライブ映像が収録されたDVDが付属し、通常盤にはジュンスカにとって最後の原宿ホコ天となる貴重な映像特典が付属します。

さらに読む ⇒森純太オフィシャルサイト森純太オフィシャルサイト出典/画像元: http://morijunta.com/?p=714

なるほど、解釈の多様性って面白いですね。

最終的に、著者は「M」が誰なのかは明かされず、真相は当人か神のみぞ知るとしています。しかし、ジュンスカイウォーカーズの再結成後リリースされたアルバムに収録された「タイムカプセル」という曲の歌詞が、プリンセスプリンセスの「M」へのオマージュである可能性を指摘し、「M」は森純太であるという説を支持するファンの見解を紹介しています。この記事は、音楽史における謎と解釈の多様性を示しており、ファン同士が想像力を膨らませて楽曲を解釈する楽しみを伝えています。

結局、誰が『M』なん?

うーん、わからん。でも、謎が多いってことは、それだけ魅力的ってことやん?

あら、そうね。若い子は、昔のことはよく知らないでしょう。

『M』誕生秘話: 失恋の経験から生まれた名曲

本章では、プリンセスプリンセスの『M』の誕生秘話についてお話していきます。

🔖 関連記事の要約!岸谷香 「M」の歌いだしで…「こんな大切な日に間違えた~」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
岸谷香 「M」の歌いだしで…「こんな大切な日に間違えた~」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ この記事は、吉田美和とJ-POPグループ「J-POP」のボーカルであるJUONの結婚について取り上げています。

✅ 記事では、JUONの母親が過去にヒット曲をリリースしていたこと、JUONが自身のファンクラブで結婚を発表したこと、結婚相手である吉田美和が自身のブログで結婚を発表したことを伝えています。

✅ また、JUONは結婚の報告とともに、ファンへの感謝の気持ちを表明しており、今後とも音楽活動を続けていくことを示唆しています。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/21/kiji/K20120321002874070.html

失恋の経験から生まれた楽曲なんですね。

プリンセスプリンセスの名曲『M』は、作詞を担当した富田京子さんの失恋経験から生まれたバラード。当時のバンドメンバーは、富田さんの素直な気持ちを歌にした楽曲に共感し、特にボーカルの岸谷香さんは、富田さんの言葉に曲を乗せ、聴く人の心を打つ名曲へと昇華させた。

へぇ、そうなんや。失恋って、ホンマに辛いもんね。

失恋って、誰でも経験することやしね。

あら、若い頃は、失恋って辛いものだったわよね。

『M』: 失恋の痛みと忘れられない思い出

それでは、本章では『M』が持つ意味について考えていきましょう。

🔖 関連記事の要約!カラオケで歌いたい失恋ソング特集【おすすめの曲・歌詞】
カラオケで歌いたい失恋ソング特集【おすすめの曲・歌詞】

✅ 記事は、失恋ソングランキングTOP10と、読者から寄せられた失恋ソングのおすすめコメントを紹介しています。

✅ ランキングでは、失恋の切なさや悲しみ、忘れられない気持ちなど、様々な感情を歌った曲が上位にランクインしています。

✅ 読者コメントでは、失恋ソングを聴いた時の思い出や、曲に共感した体験談などが語られており、それぞれの楽曲が持つ力強さや寄り添う力が伝わってきます。

さらに読む ⇒カラオケ・うたスキ・歌詞検索|JOYSOUND.comカラオケ・うたスキ・歌詞検索|JOYSOUND.com出典/画像元: https://www.joysound.com/web/s/karaoke/feature/heartbreak

失恋の痛みと忘れられない思い出を描いた素敵な楽曲ですね。

『M』は、失恋という普遍的なテーマを描き、聴く人それぞれの解釈や共感を呼び起こす楽曲であり、シンプルな歌詞とメロディーは、日常的な場面でも自然と心に響く。バンドメンバーは、楽曲の制作過程や歌詞への想いを語り、当時の時代背景や、楽曲が持つ普遍的な魅力について考察している。歌詞は、失われた恋への切ない想いを歌っています。楽しかった日々を思い出しながら、もう叶うことのない恋に心を痛める様子が描かれています。それでも、忘れようとする努力をする一方で、忘れられないあなたの存在に心が揺さぶられる複雑な感情が表現されています。思い出の中に残るあなたの姿、言葉、そして景色は、今も鮮明で、歌い手の心を締め付けます。叶わぬ恋に苦しみながらも、いつか忘れられる日が来ることを願う切ない心情が伝わってくる歌詞です。この曲は、失恋の悲しみと忘れられない思い出を描いています。歌詞は、別れた恋人との楽しい日々を振り返りながら、今もなおその人のことを忘れられずにいる切ない気持ち、そしてもう叶うことのない恋を諦め、忘れようとする心の葛藤を表現しています。恋人との思い出が鮮明に蘇り、その人の姿や声が忘れられないまま、心の奥底に深く刻み込まれている様子が、切なくも美しく歌われています。

ホンマに切ない歌詞やなぁ。

失恋って、切ないよね。でも、忘れられない思い出も大切にするべきだと思うよ。

あら、懐かしいなぁ。私も若い頃は、こんな歌を歌ってたわよ。

以上のことから、『M』は、失恋の痛みと忘れられない思い出を描いた名曲であることが分かります。

🚩 結論!

💡 プリンセスプリンセスの楽曲『M』のメロディーラインとコード進行について解説しました。

💡 『M』の歌詞に隠された真実について考察しました。

💡 『M』の謎と解釈の多様性について解説しました。