Academic Box Logo

金子マリの音楽人生?下北のジャニス・ジョプリンとは!?

金子マリの音楽人生?下北のジャニス・ジョプリンとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 下北沢出身のロックシンガー、金子マリさんの音楽人生を追う

💡 スモーキー・メディスン、金子マリ&バックスバニー、ソロ活動など幅広い活動

💡 数々の名曲と伝説に残るライブパフォーマンスで日本のロックシーンに貢献

それでは、金子マリさんの音楽人生について詳しく見ていきましょう。

下北のジャニス・ジョプリン、金子マリの音楽人生

金子マリさんの音楽は、パワフルでエネルギッシュなだけでなく、繊細で美しいメロディーも魅力的です。

🔖 関連記事の要約!42年前の今日、金子マリ&バックスバニーがデビュー・アルバムを発売。それは「下北のジャニス」が本格的レコード・デビューを飾る記念すべき日でもあった – ニッポン放送 NEWS ONLINE
42年前の今日、金子マリ&バックスバニーがデビュー・アルバムを発売。それは「下北のジャニス」が本格的レコード・デビューを飾る記念すべき日でもあった –  ニッポン放送 NEWS ONLINE

✅ 金子マリは、「下北のジャニス」と呼ばれ、70年代前半にデビューした日本の女性ロック・ヴォーカリストのパイオニアの一人である。

✅ 彼女は、スモーキー・メディスン、金子マリ&バックスバニーというバンドで活動し、1976年5月21日にCBSソニーからデビューアルバム「MARI & BUX BUNNY」をリリースした。

✅ バックスバニーは、その後何度かのメンバーチェンジを経て、1979年に解散したが、2017年にはオリジナルメンバーが再結成し、金子マリの息子である金子ノブアキとKenKenもゲスト出演したライブを行った。

さらに読む ⇒ニッポン放送 NEWS ONLINEニッポン放送 NEWS ONLINE出典/画像元: https://news.1242.com/article/144782

金子マリさんの圧倒的な歌唱力とステージパフォーマンスは、多くのファンを魅了してきたと思います。

金子マリは、1954年生まれ、東京都世田谷区下北沢出身のシンガーソングライターです。彼女は「下北のジャニス・ジョプリン」として知られており、日本で唯一無二の存在感を放つボーカリストとして、50年近くに渡り第一線で活躍しています。彼女の音楽キャリアは1970年に日比谷野音の「10円コンサート」への出演から始まりました。

え、金子マリってこんな昔から活動してたんだ!知らんかったわ~

いや、あのパワフルな歌声はホンマもんやね!

若い頃から、ずいぶんとロックな生き方をしてきたのねェ…

初期のバンド活動とデビュー

Chapter-2では、金子マリさんのバンド活動について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!MARI & BUX BUNNY / 金子マリ&バックスバニー(Mari & Bux Bunny シーズン2)商品一覧
MARI & BUX BUNNY / 金子マリ&バックスバニー(Mari & Bux Bunny シーズン2)商品一覧

✅ 「Mari & Bux Bunny シーズン2」は、1976年5月にレコードデビューしたスーパーバンド「金子マリ&BUX BUNNY」の3rdアルバムです。

✅ 活動期間はわずか3年でしたが、ジャパニーズ・ロック・シーンに強烈な印象を残した「金子マリ&BUX BUNNY」を代表する作品です。

✅ 金子マリの圧倒的なヴォーカルと、抜群のテクニックに裏打ちされたファンキー・サウンドが魅力です。

さらに読む ⇒ディスクユニオン|レコード・CD・DVD・音楽ソフトの通販・買取ディスクユニオン|レコード・CD・DVD・音楽ソフトの通販・買取出典/画像元: https://diskunion.net/rock/ct/list/0/72207271

初期のバンド活動から、金子マリさんの音楽に対する情熱と才能を感じますね。

1972年には、Charと共にロックバンド「スモーキー・メディスン」を結成しました。その後、1974年には「金子マリ&バックスバニー」を結成し、翌1976年にレコードデビューを果たしました。彼らのデビューアルバム『MARI & BAXBUNNY』は、金子マリの音楽の原点を示す重要な作品となりました。

スモーキー・メディスンって、知らんかったわ~

金子マリって、バンドもやってたんやね!

若い頃、あんなにロックな音楽をやってたなんて!素敵やん!

ソロ活動と幅広い共演

Chapter-3では、金子マリさんのソロ活動についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!KANEKO MARI official website Profile
KANEKO MARI official website Profile

✅ 1970年代に音楽活動をスタートさせ、1980年代には「RISE」のボーカルとして活動し、人気を博しました。

✅ 1990年代にはソロ活動を開始し、「JUST LOVE」や「WIE PIE」などのヒット曲をリリースしました。

✅ 2000年代以降も精力的に音楽活動を行い、現在は5th ElementWillというバンドで活動しています。

さらに読む ⇒KANEKO MARI official websiteKANEKO MARI official website出典/画像元: https://kanekomari.com/Profile/Profile.html

ソロ活動でも、精力的に活動を続けられているんですね。

バックスバニー解散後の80年代以降は、ソロ活動に専念し、数々のソロアルバムをリリースしました。代表的な作品としては、『MARIFIRST』、『B-ethics』、『金子な理由』などがあります。彼女は、RCサクセション、桑名正博、米米CLUBなど、様々なアーティストと共演し、コーラスやゲストボーカルを務めるなど、幅広い活動を行いました。

ソロでも活躍してたんだ!スゴイなぁ~

ソロ活動でも、金子マリさんの魅力が爆発してるね!

ソロになっても、個性的な音楽を作り続けてるわね!

金子マリさんの音楽には、世代を超えて愛される魅力があります。これからも、彼女の音楽を楽しみにしています。

🚩 結論!

💡 下北沢出身のロックシンガー、金子マリさんの音楽人生

💡 バンド活動、ソロ活動、幅広い共演など精力的に音楽活動を続ける

💡 日本のロックシーンに大きな影響を与え続ける伝説のシンガー