Academic Box Logo

175RのSHOGOがセブ島に移住!?家族で決めた理由とは?移住の理由から、ビザ取得、セブ島での生活まで!!?

175RのSHOGOがセブ島に移住!?家族で決めた理由とは?移住の理由から、ビザ取得、セブ島での生活まで!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 175RのボーカルSHOGOさんが、家族でセブ島に移住した理由

💡 移住を決めた理由やビザ取得の過程を紹介

💡 セブ島での生活を通して感じたことや家族の変化について解説

それでは、最初の章に移りましょう。

セブ島移住を決めた理由

それでは、SHOGOさんのセブ島移住の理由について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!175R SHOGOがセブ島移住を決めた理由。
175R SHOGOがセブ島移住を決めた理由。

✅ SHOGOさんは、子供たちの将来の英語教育を考え、日本でインターナショナルスクールに通わせるよりも、英語圏で生活させたいと考えました。

✅ ロンドン-日本間の距離やビザ取得の困難さから、より身近な英語圏として、友人の紹介でセブ島に着目しました。

✅ セブ島は英語圏であり、日本からの距離が近く、物価が安いという条件を満たしており、実際に現地を訪れて住むことを決めました。

さらに読む ⇒CEBUYOLO|セブ島留学ならセブヨロ!CEBUYOLO|セブ島留学ならセブヨロ!出典/画像元: https://www.cebuyolo.com/special/175r-shogo%E3%81%8C%E3%82%BB%E3%83%96%E5%B3%B6%E7%A7%BB%E4%BD%8F%E3%82%92%E6%B1%BA%E3%82%81%E3%81%9F%E7%90%86%E7%94%B1/

海外移住は、大きな決断ですよね。SHOGOさんの決意と家族の支えを感じます。

175RのボーカルSHOGOさんは、2018年に家族でフィリピン・セブ島に移住しました。移住のきっかけは、東京での生活に違和感を感じ、子どもたちの未来を考え、英語圏で物価が安く、日本からの距離が近いセブ島に移住することを決めたからです。セブ島を選んだ理由は、英語圏であること、日本までの距離が近いこと、物価が安いことなど、子どもたちの将来にとって理想的だと感じたからです。当初は妻の石井あみさんは海外移住に戸惑いがあったようですが、SHOGOさんの決意を尊重し、家族で新しい生活を始めることを決断しました。

え、マジ!?セブ島って、あの、海キレイなとこやん!?最高やん!

うっわー、かっちょええなぁ。海外移住とか憧れるわー。

あら、若いもんは海外志向なのね。うちもお若い頃、ヨーロッパに憧れてたんだけどね、時代が違かったわ。

移住のためのビザ取得

では、次に移住のためのビザ取得についてお話しましょう。

🔖 関連記事の要約!2022最新】フィリピンのリタイアメントビザSRRVで永住権取得!(条件・費用・メリットを徹底解説)
2022最新】フィリピンのリタイアメントビザSRRVで永住権取得!(条件・費用・メリットを徹底解説)

✅ フィリピンで長期滞在や永住を希望する人が取得できる「リタイアメントビザ(SRRV)」について、取得条件、費用、メリットなどの詳細情報が解説されています。

✅ SRRVは、他の国の永住ビザに比べて取得しやすいことが特徴で、年齢要件はあるものの、他の条件は緩い状態です。

✅ SRRVを取得することで、無期限の永住権を取得できる、配偶者や子供も永住権が得られる、就労やビジネスも可能、預託金を不動産に投資できるなど、多くのメリットがあります。

さらに読む ⇒海外デュアルライフメディア|海外移住とワーケーションを激押しする情報サイト海外デュアルライフメディア|海外移住とワーケーションを激押しする情報サイト出典/画像元: https://media.viamahalo.com/retirement-visa-philippines/

SRRVというビザがあるんですね。永住権も取得できるなんて、魅力的ですね。

移住にあたって取得したビザは、PhilippineRetirementAuthority(PRA)の「SRRVSMILEVISA」で、これは「リタイアメントビザのスマイルという種類のビザ」で、フィリピンを第二の故郷にしたい外国人のための特別な非移民ビザです。SHOGOさんは、2万米ドルの預金を維持することで、家族3人までビザを取得することができました。このビザは、期限がなく永住することができ、就労・就学も可能です。

SRRVって、なんやねん?なんか、名前がオシャレやん!

へー、ビザ取得って、結構大変そうやけど、SHOGOさん、余裕で取得できたみたいやね。さすがやわ。

あら、ビザって、色々あるのね。昔は、ビザなんて、なかったわよ。時代が変わったわね。

セブ島での生活を通して感じたこと

それでは、セブ島での生活を通してSHOGOさんが感じたことについてお話ししましょう。

🔖 関連記事の要約!175R SHOGO、セブ島移住で日本人街プロデュース 現地での子育ての魅力も明かす
175R SHOGO、セブ島移住で日本人街プロデュース 現地での子育ての魅力も明かす

✅ SHOGOさんは、2018年に家族でフィリピン・セブ島に移住し、子どもたちの英語教育を目的としています。セブ島は英語人口が多く、経済発展も著しい一方、貧富の格差や子どもたちの貧困問題も存在します。SHOGOさんは、子どもたちにそういった現実を知ってほしいと考えています。

✅ セブ島では、子どもは神様のように大切に育てられ、大人も子どもに対して大らかで、周囲が積極的に面倒を見てくれる文化があります。また、離婚制度がないため、事実婚を選択する人も多く、子育てしやすい環境であると言えます。

✅ SHOGOさんは、日本の過剰な便利さやワンオペ育児の問題点などを指摘し、フィリピンの大らかで温かい文化が子育てに適していると考えています。フィリピンでは家政婦文化が定着しており、金銭的にも心のハードル的にもそれほど負担なく家政婦を雇うことができるため、両親は育児の負担を軽減できます。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2024/04/post-1609241.html

セブ島の子育て環境は、日本のそれと比べて、とても魅力的ですね。

SHOGOさんは、セブ島での生活を通して、日本の社会や子育てについて多くのことを学び、日本人が忘れてしまったような景色や感覚を再認識したと感じています。セブ島は英語人口が多く、経済面でも発展が見込まれる一方、貧富の差は課題です。しかし、多くの家庭で英語が喋れる環境であり、子どもに対する接し方が日本とは大きく異なります。大人たちは子どもを神様のように大切にし、周りの人が子どもを一緒に面倒見てくれる文化があります。離婚制度がないため、事実婚を選択する人が多いのも特徴です。また、家政婦文化が定着しており、ワンオペ育児になりにくい環境です。家政婦さんとの日常的な交流を通して子どもたちは英語を学べる機会も多いです。日本は過剰な便利さがあり、その分悩みも多いですが、セブ島はそれが少なく、子どもも大人も大らかに過ごせる印象を受けます。

え、セブ島の子育て環境って、そんなにええの!?めっちゃ気になる!

セブ島って、治安とか大丈夫なん?ちょっと怖いイメージあるんだけど。

あら、セブ島って、家政婦文化があるのね。うちも若い頃は、家政婦さんを雇いたかったわよ。でも、時代が違かったわね。

子どもたちの成長

では、セブ島での生活が、SHOGOさんの音楽活動やプライベートにどのように影響を与えているのか、見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!自民党・今井絵理子議員の元夫『175R』SHOGOがフィリピン・セブ島に家族移住していた!現地で実践する英語教育と子育て、日本食展開と留学支援の゛外交活動゛(3ページ目)
自民党・今井絵理子議員の元夫『175R』SHOGOがフィリピン・セブ島に家族移住していた!現地で実践する英語教育と子育て、日本食展開と留学支援の゛外交活動゛(3ページ目)

✅ 175RのSHOGOが、20代に友人との誕生日パーティーで大きな鶏を抱え、自ら絞めて丸焼きにした写真が公開された。

✅ 175Rは2003年にNHK紅白歌合戦に初出場した。

✅ 175Rは結成25周年、メジャーデビュー20周年を記念したツアーを11月から開催する。

さらに読む ⇒ 週刊女性PRIME 週刊女性PRIME出典/画像元: https://www.jprime.jp/articles/-/28901?page=3

セブ島での生活を通して、SHOGOさんの音楽活動にも変化があったんですね。

当初の目的は子どもの英語教育でしたが、移住後、子どもたちは生活の中で自然に英語を覚えることができ、特に娘は普段から英語を喋るようになったとのことです。SHOGOさんは、セブ島で感じたことを次のように語っています。

え、SHOGOさんって、セブ島に住んでるの!?なんか、イメージと違うわ。

SHOGOさんって、音楽活動もバリバリやってんの?セブ島で、ライブとかもするんかな?

あら、SHOGOさんも、セブ島で音楽活動してるのね。若いもんは、元気だわ。

SHOGOさんの音楽活動とプライベート

それでは、SHOGOさんの音楽活動とプライベートについてお話しましょう。

🔖 関連記事の要約!175R・SHOGO、元妻・今井絵理子との息子にコブラツイストかけて叱咤激励「つよくなれ!」 息子は18歳現役プロレスラー(1/2 ページ)

公開日:2022/12/21

175R・SHOGO、元妻・今井絵理子との息子にコブラツイストかけて叱咤激励「つよくなれ!」 息子は18歳現役プロレスラー(1/2 ページ)

✅ SHOGO選手は、自身のInstagramで2021年12月21日に、疲弊した状態でのトレーニング動画を投稿しました。

✅ この動画は、SHOGO選手自身の疲れを赤裸々に表現しており、ファンからの反響が大きかったようです。

✅ SHOGO選手は、2004年5月生まれで、2007年にプロレスデビューを果たし、2020年12月にHEAT-UPに入団しました。

さらに読む ⇒�˂Ƃ���˂Ƃ��出典/画像元: https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2212/21/news171.html

SHOGOさんは、音楽活動とプライベートを両立しながら、精力的に活動されているんですね。

175RのボーカリストSHOGOは、2018年8月にフィリピン・セブ島に移住し、現在もその地を拠点に活動しています。セブ島移住の理由は、英語圏で日本から近く、物価が安いこと、そして将来英語が必須になることを考え、子供たちの教育環境を重視したためです。SHOGOさんは、セブ島移住後も音楽活動を継続しており、レコーディング、ライブ、プロモーションなどを行っています。また、2019年12月には自身のアパレルブランド「Cebu&Co.」を立ち上げています。2022年1月からは、公式YouTubeチャンネルも開設し、精力的に活動しています。プライベートでは、SPEEDの今井絵理子さんと結婚、離婚後、石井あみさんと再婚し、長男の礼夢(らいむ)くんを育てています。175Rは、2010年に活動休止し、2016年に活動を再開しました。休止理由は、ロンドンで自分を見つめ直したいという思いや、さらなる音楽の探求、そして12年間休まず走り続けてきた中で、一旦立ち止まり充電する必要性を感じたためです。2014年3月に石井あみさんと再婚し、活動再開のきっかけになった可能性もあります。 現在でもSHOGOさんは、日本でのライブ活動も精力的に行っています。セブ島での生活と音楽活動、そして家族との時間を大切に過ごしながら、新たなステージへと進んでいっているようです。

え、SHOGOさんって、結婚してたんや!?しかも、再婚!?マジ!?

SHOGOさんって、アパレルブランドもやってるんだ!かっちょええなぁ。

あら、SHOGOさんも、YouTubeチャンネル持ってるのね。うちも、YouTube見てみようかしら。

本日は、175RのSHOGOさんのセブ島移住についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 175RのSHOGOさんが、家族でセブ島に移住した理由

💡 移住のためのビザ取得やセブ島での生活について解説

💡 セブ島での生活を通して感じたことや今後の展望について紹介