Academic Box Logo

UVERworld最新アルバム『30』はどんな作品?進化したサウンドと音楽哲学に迫る!コロナ禍の集大成とは!?

UVERworld最新アルバム『30』はどんな作品?進化したサウンドと音楽哲学に迫る!コロナ禍の集大成とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 約2年ぶりのニューアルバム「30」がリリース

💡 コロナ禍での活動の集大成ともいえる作品

💡 進化したサウンドと音楽哲学が垣間見える

それでは、UVERworldの最新アルバム『30』について詳しく見ていきましょう。

最新アルバム『30』:コロナ禍の集大成

約2年ぶりのニューアルバムということで、ファンの方々も待ち焦がれていたのではないでしょうか。

🔖 関連記事の要約!UVERworld、2年ぶりアルバムタイトルは『30』 収録内容、アートワークも公開
UVERworld、2年ぶりアルバムタイトルは『30』 収録内容、アートワークも公開

✅ UVERworldが約2年ぶりのニューアルバム「30」を12月22日にリリース。

✅ アルバムには、ドラマ「アバランチ」主題歌「EN」「AVALANCHE」をはじめ、山田孝之、青山テルマとのコラボ曲など全13曲を収録。

✅ 初回生産限定盤には、配信ライブ映像やオリジナルショートドラマ「シャガガ」など、それぞれ異なる特典が付属する。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2021/11/post-914772.html

聴き馴染みのある楽曲も収録されているので、UVERworldファンはもちろん、初めて聴く方にもおすすめです。

UVERworldの最新アルバム『30』は、コロナ禍の渦中にありながらも精力的に活動してきた彼らの集大成ともいえる作品だ。約2年の歳月を経て、前作『UNSER』からリリースされた本作には、ライブで何度も演奏され、ブラッシュアップされてきた「EN」やドラマ「アバランチ」の主題歌「AVALANCHE」など、既発曲が収録されている。特に「EN」は、ライブでしか聴けないと思っていたほど、ライブでの叫びを音源に落とし込むのが難しかったそうだが、アルバムの1曲目として収録され、今のUVERworldの軸を示す重要な楽曲となっている。

え、まじ!?めっちゃ気になる!ライブ映像とかも入っとるん?

お、これは聴かなきゃ損だな!俺も早速チェックしてみるわ!

あら、若い子たちはこういう音楽が好きなのね。昔はもっとロックしてたわよ。

「EN」:UVERworldの今を象徴する

「EN」は、ライブで何度も演奏されてきた楽曲ということで、ファンの方々にとっても特別な曲ですよね。

🔖 関連記事の要約!UVERworld、新作『30』。音と言葉。原点回帰と挑戦。二極への特化と拡がりがバンドの今を表す傑作 – THE FIRST TIMES
UVERworld、新作『30』。音と言葉。原点回帰と挑戦。二極への特化と拡がりがバンドの今を表す傑作 – THE FIRST TIMES

✅ UVERworldのニューアルバム「30」は、前作を凌駕する熱量と自由度で聴く者を魅了する傑作であり、バンドの現在の軸となる楽曲「EN」やドラマ「アバランチ」主題歌「AVALANCHE」など、話題のシングル曲に加え、アルバムオリジナル曲も収録されている。

✅ インタビューでは、ボーカルのTAKUYA∞とドラムの真太郎がアルバム制作の裏側や楽曲への想いを語り、特に「EN」についてはライブでの演奏経験を踏まえ、アルバムの1曲目にふさわしい楽曲だと語っている。

✅ TAKUYA∞は「EN」に自分たちの想いやメッセージを凝縮し、リスナーへの問いかけとも捉えられる楽曲であると説明しており、真太郎はライブで培われた「EN」の魅力を音源で届けることを喜び、アルバムの1曲目に置くことの意義を語っている。

さらに読む ⇒THE FIRST TIMESTHE FIRST TIMES出典/画像元: https://www.thefirsttimes.jp/interview/0000060198/

TAKUYA∞さんの言葉からは、UVERworldの音楽に対する情熱が伝わってきますね。

TAKUYA∞は、「EN」はUVERworldの今のメッセージであり、今のUVERworldを象徴する曲だと語り、真太郎も「EN」が1曲目であることに納得している様子。アルバム全体を通して、UVERworldの音楽性、メッセージ性、そしてファンとの距離感を感じることができるだろう。

え、まじ!?「EN」ってライブでしか聴けんかったのに!早く聴きたい!

ライブでめっちゃ盛り上がる曲やけん、音源化されて嬉しいばい!

あら、今の若い子はライブで盛り上がれる音楽が好きなのね。昔はもっと静かな音楽が好きだったわよ。

『30』:進化したサウンド

最新技術を活用したサウンドというのは、UVERworldの新しい挑戦ですね。

🔖 関連記事の要約!バンドの曲作りにDAWを!Studio Oneの打ち込みや編集でフレーズ作成
バンドの曲作りにDAWを!Studio Oneの打ち込みや編集でフレーズ作成

✅ Studio Oneの純正ドラム用サンプラーImpact XTを活用することで、ドラムの音色を簡単に変更でき、生ドラムのような自然なサウンドを打ち込みで再現することが可能。

✅ Impact XTは、MIDIデータでドラムを打ち込む際に、音色の差し替えや電子ドラムのMIDIデータの活用、スウィング機能による跳ねるようなノリの実現など、様々な利便性をもたらす。

✅ オーディオのトランジェントをMIDIデータに変換する機能により、口ドラムや生ドラムの音を簡単に打ち込みに変換することができ、よりリアルな表現を実現する。

さらに読む ⇒ サンレコ  〜音楽制作と音響のすべてを届けるメディア サンレコ 〜音楽制作と音響のすべてを届けるメディア出典/画像元: https://www.snrec.jp/entry/studioone/yamaji_2

打ち込みを多用することで、より洗練されたサウンドを実現しているんですね。

『30』は、歌詞に寄り添うオケ作りを意識し、バンドサウンドは意図的に引き算され、打ち込みを多用した作品となっている。生演奏のような感覚を生み出すために、ほとんどの楽器を打ち込みで制作している点が特徴的である。

え、まじ!?打ち込み!?生演奏ちゃうの!?

打ち込みでも生演奏みたいになるんやね!すげー!

あら、最近の音楽は打ち込みが多いのね。昔は生演奏が当たり前だったのよ。

TAKUYA∞の音楽探求

TAKUYA∞さんの音楽への熱い想いが伝わってくる内容ですね。

🔖 関連記事の要約!TAKUYA∞(UVERworld)、最深音楽トーク・コンテンツ「FUKA/BORI」第2回SIDE Bに登場。影響を受けた音楽を通してTAKUYA∞自身を深掘り
TAKUYA∞(UVERworld)、最深音楽トーク・コンテンツ「FUKA/BORI」第2回SIDE Bに登場。影響を受けた音楽を通してTAKUYA∞自身を深掘り

✅ 「THE FIRST TIMES」のYouTubeコンテンツ「FUKA/BORI」の第2回SIDE BにTAKUYA∞(UVERworld)が再登場し、音楽への影響やUVERworld結成秘話、メンバーとの関係性などを深掘りする。

✅ TAKUYA∞は、ヴォーカリストになるきっかけとなった楽曲や、UVERworld結成に大きく貢献したメンバーとの出会いについて語る。

✅ 番組は本日1月25日22時に「THE FIRST TIMES」のYouTubeチャンネルにてプレミア公開予定。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/news/2022/01/25/tg010

TAKUYA∞さんの音楽に対する探求心は、UVERworldの音楽をさらに進化させていると感じます。

TAKUYA∞はLAでのプロデューサーのスタジオ見学がきっかけで低域の重要性を再認識し、楽曲に厚みを与えるボコーダーの使用を積極的に取り入れた。

え、まじ!?TAKUYA∞さんって、こんなとこまで語ってくれるんや!

TAKUYA∞さんの音楽への情熱、めっちゃ伝わってくるばい!

あら、若い子は音楽を深く考えるのね。昔はただ聴いて楽しむだけだったわよ。

UVERworldの音楽哲学

UVERworldの音楽は、様々なジャンルの要素を取り入れながら、独自の音楽世界を作り上げていますね。

🔖 関連記事の要約!UVERworldオフィシャルサイト「Neo SOUND WAVE」
UVERworldオフィシャルサイト「Neo SOUND WAVE」

✅ UVERworld初のインストゥルメンタルベストアルバム「INSTRUMENTALS-∞」が7月20日にリリースされる。

✅ アルバムにはデビュー以来の楽曲33曲が厳選され、インストゥルメンタルバージョンで収録されている。

✅ これまでインストゥルメンタルとして発表されていなかった楽曲も多く含まれており、UVERworldの楽曲を新たな解釈で楽しめる作品となっている。

さらに読む ⇒UVERworldオフィシャルサイト「Neo SOUND WAVE」UVERworldオフィシャルサイト「Neo SOUND WAVE」出典/画像元: https://www.uverworld.jp/news/detail/2375

インストゥルメンタルバージョンで聴くUVERworldの楽曲も、また違った魅力を感じられますね。

UVERworldの音楽は、ジャンルに縛られない自由な発想と゛らしくなさ゛を追求しており、洋楽のヒットチャートや旬な音楽にインスパイアされながらも、歌詞がしっかり届くことを大切にしている。

え、まじ!?インストゥルメンタルバージョン!?どんな感じなん?

インストゥルメンタルでも、UVERworldの音楽は最高ばい!

あら、最近の音楽はインストゥルメンタルも多いのね。昔はボーカルが中心だったのよ。

UVERworldの最新アルバム『30』は、進化したサウンドと音楽哲学を感じられる作品となっています。ぜひ聴いてみてください。

🚩 結論!

💡 コロナ禍での活動の集大成ともいえる作品

💡 最新技術を活用したサウンド

💡 TAKUYA∞の音楽探求