Academic Box Logo

ジャズ・ヴォーカルの殿堂入り?50人のレジェンドたちを徹底解剖!ジャズ界を揺るがす歌声とは!?

ジャズ・ヴォーカルの殿堂入り?50人のレジェンドたちを徹底解剖!ジャズ界を揺るがす歌声とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ジャズ界における50人の最高のジャズ・シンガーのリストを紹介

💡 各シンガーの経歴・特徴・影響を受けた音楽を解説

💡 ジャズ史における歌手の重要性を分析

それでは、第一章として、ジャズ・ヴォーカルの魅力について詳しく解説してまいります。

ジャズ・ヴォーカルの魅力

ジャズ・ヴォーカルの魅力とは、まさに、歌声を通して繰り広げられる音楽のドラマですね。

🔖 関連記事の要約!全曲試聴付】史上最高のジャズ・シンガー・トップ50

公開日:2020/11/30

全曲試聴付】史上最高のジャズ・シンガー・トップ50

✅ この記事は、ジャズ界における偉大な歌手たちを特集しており、50人の最高のジャズ・シンガーのリストを提示しています。

✅ リストには、ベッシー・スミスやエラ・フィッツジェラルドのような伝説的な歌手から、マデリン・ペルーやモーズ・アリソンのような現代のアーティストまで、様々な世代とスタイルのシンガーが網羅されています。

✅ 記事は、各シンガーの経歴や特徴、影響を受けた音楽、そしてジャズ界における功績を簡潔に紹介することで、ジャズ史における歌手の重要性を示唆しています。

さらに読む ⇒HomeHome出典/画像元: https://www.udiscovermusic.jp/stories/50-best-jazz-singers

本当に、それぞれの歌声に個性があって、聴き比べてみるのも楽しいですね。

ジャズ界を彩るボーカリストたちの世界は、実に多様性に富んでいます。彼らの歌声は、時代を超えて人々の心を魅了し、ジャズの歴史に欠かせない存在となっています。このランキングでは、そんなジャズ界における最も優れた50人のボーカリストを紹介し、彼らの魅力と歴史を深く掘り下げていきます。

え、まじ!?ジャズとか知らんけど、めっちゃ気になるわ!

うっわ、マジすか!ジャズってなんか渋くてかっこええよね!

あら、懐かしいわね。昔はよくジャズ喫茶で歌ってたのよ。

ランキングの基準

ランキングの基準は、時代や文化、音楽性など、様々な要素が考慮されたものなのですね。

🔖 関連記事の要約!Vol.69 変わりつつあるジャズ・ヴォーカル地図〜3人のジャズ・ヴォーカルを聴いて – JazzTokyo

公開日:2016/04/03

Vol.69 変わりつつあるジャズ・ヴォーカル地図〜3人のジャズ・ヴォーカルを聴いて – JazzTokyo

✅ この記事は、ジャズ・ヴォーカル界における、特に黒人ヴォーカリストの凋落について、アーヴィング・バーリンの楽曲「They Say It’s Wonderful」をきっかけに、過去の巨匠たちの活躍を振り返りながら考察しています。

✅ 特に、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、カーメン・マクレェといった巨匠たちが活躍した時代と、現代ジャズ・ヴォーカル界の現状を比較し、現代のジャズ・ヴォーカル界では、過去の巨匠たちの足元にも及ばない状況であると指摘しています。

✅ また、最近のアカデミー賞における黒人受賞者の少なさも例に挙げ、時代を象徴するような傑出した黒人ヴォーカリストが不在である現状は、ジャズ界のみならず、アメリカの様々な分野に見られる、時代のリーダーとなるようなタレントの不在を表しているのではないかと考察しています。

さらに読む ⇒JazzTokyoJazzTokyo出典/画像元: https://jazztokyo.org/monthly-editorial/monthly-editorial-yuh/vol-69-%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%A4%E3%81%A4%E3%81%82%E3%82%8B%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E3%80%9C%EF%BC%93%E4%BA%BA/

確かに、それぞれの音楽性や影響力、時代背景などを考慮すると、ランキング付けは難しいですね。

最高のジャズ・シンガーを定義することの難しさは、多くの要素が絡み合っていることにあります。才能、影響力、オリジナルな音楽性、そして音楽史におけるインパクトなど、様々な要素を考慮して、このランキングは作成されました。あくまでも主観的なランキングであることをご理解ください。

へぇー、そうなんや。知らんかったわ。

なるほどね、ランキングって難しいもんやね。

昔はもっと自由に歌ってたのよ。今は、みんなお辞儀ばっかりして、つまらないわ。

24位: モーズ・アリソン

モーズ・アリソンは、まさにジャズ・ヴォーカルの巨匠の一人ですね。

🔖 関連記事の要約!イフ・ユーアー・ゴーイング・トゥ・ザ・シティ〜ア・トリビュート・トゥ・モーズ・アリソン

公開日:2021/09/01

イフ・ユーアー・ゴーイング・トゥ・ザ・シティ〜ア・トリビュート・トゥ・モーズ・アリソン

✅ モーズ・アリソンは、1950年代から活躍する米ミシシッピ出身の白人シンガー/ソングライターで、ザ・フーのピート・タウンゼント、エルヴィス・コステロなど、多くのミュージシャンに影響を与えた。

✅ 「イフ・ユーアー・ゴーイング・トゥ・ザ・シティ〜ア・トリビュート・トゥ・モーズ・アリソン」は、タジ・マハール、フィオナ・アップル、イギー・ポップ、ボニー・レイットなど、多様な音楽性を持つアーティストがモーズ・アリソンへのトリビュート楽曲を披露するアルバム。

✅ このアルバムは、アリソンの音楽の魅力の幅広さ、そして彼の音楽が後世のミュージシャンに受け継がれていることを示しており、アリソンの人生と音楽を再評価する機会を提供する。

さらに読む ⇒Kenta゛s...Nothing But Pop!Kenta゛s...Nothing But Pop!出典/画像元: https://kenta45rpm.com/2019/12/03/tribute-to-mose-allison-va/

彼のブルースの影響を受けたパワフルな歌声は、本当に魅力的ですね。

24位には、モーズ・アリソンがランクインしました。1927年生まれのアメリカ合衆国のジャズ・シンガーで、ブルースの影響を受けたパワフルな歌声が特徴です。彼は、1950年代から1960年代にかけて、ジャズ界で活躍し、数々の名曲を世に送り出しました。

えー、知らん人やけど、めっちゃ気になる!

パワフルな歌声って、やっぱ最高よね!

あら、昔の人はみんなパワフルだったのよ。今の若い子は、ちょっと物足りないわね。

ジャズ・ヴォーカルの輝き

ジャズ・ヴォーカルは、本当に奥が深いですね。

🔖 関連記事の要約!ジャズ・ヴォーカルの醍醐味が味わえる!奇跡の競演が実現『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』創刊号

公開日:2018/11/05

ジャズ・ヴォーカルの醍醐味が味わえる!奇跡の競演が実現『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』創刊号

✅ この記事は、ジャズ・ヴォーカルの魅力と『JAZZ VOCAL COLLECTION』創刊号の内容を紹介しています。

✅ ジャズ・ヴォーカルの魅力は、親しみやすい歌と奥深いジャズの融合、そしてアドリブや個性的で楽器のような声質による独特な魅力にあります。

✅ 創刊号には、ルイ・アームストロング、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデイ、サラ・ヴォーン、カーメン・マクレエといったジャズ・ヴォーカルの巨匠たちの代表曲が収録されており、ジャズ・ヴォーカルの魅力と歴史を垣間見ることができます。

さらに読む ⇒サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイトサライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト出典/画像元: https://serai.jp/hobby/62765

今回のランキングを通して、ジャズ・ヴォーカルの魅力を改めて感じることができました。

このランキングでは、今後も、ジャズ界を代表する多くの素晴らしいボーカリストを紹介していきます。彼らの個性的な歌声と音楽を通して、ジャズの世界を存分に楽しんでください。

ジャズとか、あんまり聞かんけど、ちょっと聴いてみたくなったわ!

ジャズって、なんかおしゃれでええよね!

昔のジャズは、もっと心が熱くなったのよ。今のジャズは、ちょっと冷めてるわね。

本日は、ジャズ・ヴォーカルの素晴らしい世界の一部をご紹介いたしました。

🚩 結論!

💡 ジャズ史に残る50人の最高のジャズ・シンガーのランキング

💡 それぞれのシンガーの経歴や特徴、影響を受けた音楽を紹介

💡 ジャズ・ヴォーカルの歴史と魅力を深く掘り下げた内容