Academic Box Logo

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新情報!知っておきたい〇〇は?自宅療養と医療機関受診の注意点とは!?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新情報!知っておきたい〇〇は?自宅療養と医療機関受診の注意点とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新情報と、自宅療養や医療機関への受診について解説します。

💡 感染拡大防止のための対策や、感染後の精神・神経疾患発症リスクについても触れます。

💡 この記事を読めば、新型コロナウイルス感染症への理解が深まります。

それでは、詳しく見ていきましょう。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、私たちの生活に大きな影響を与えている身近な存在となりました。

🔖 関連記事の要約!国内のオミクロン株の分子疫学調査
国内のオミクロン株の分子疫学調査

✅ 2022年1月17日までに登録されたゲノム情報分析の結果、国内で確認されたオミクロン株(B.1.1.529系統)は2,650例だった。

✅ 国内流行するオミクロン株は、少なくとも4つの異なる系譜に分類され、それぞれ独立に海外から流入した可能性が高い。

✅ 4つの系譜のうち、1つは関西地方で検出され収束傾向にある一方、残りの3つの系譜は全国に広がっており、現在の感染者急増の要因となっている。

さらに読む ⇒国内のオミクロン株の分子疫学調査国内のオミクロン株の分子疫学調査出典/画像元: https://www.niid.go.jp/niid/ja/2019-ncov/2551-cepr/10962-omi-genome.html

国内で確認されたオミクロン株は、すでに4つの系譜に分類されているんですね。感染拡大防止には、最新の情報を常に把握することが重要です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染することで発症する感染症です。感染者の増減は繰り返されていますが、ワクチンの接種が進み、発症・感染・重症化の予防に役立っています。しかし、ワクチンの効果は時間とともに低下し、変異株に対する有効性も変化するため、最新情報への注意が必要です。感染すると、軽症から重症化まで、さまざまな症状が現れます。初期症状は、発熱、咳、鼻水、喉の痛み、筋肉痛などのかぜのような症状です。無症状で経過する場合もあり、オミクロン株では約3日で発症し、約10日で99%以上の方が発症するとされています。症状の特徴として、嗅覚・味覚障害や下痢、頭痛などが挙げられ、特に女性や子どもに生じやすい傾向があります。初期症状は平均して7日間程度続き、重症化しなければ次第に治癒します。重症化せず軽快する方はおよそ80%とされています。オミクロン株はデルタ株と比較して重症化しにくいと考えられていますが、高齢者や基礎疾患を持つ方は注意が必要です。

マジ!?4つの系譜って、めっちゃ多いやん!

そうじゃねー。最近は、みんな気を付けてるけん、感染者も減ってきたみたいじゃね。

あら、そうなのね。でも、若い人は油断しちゃダメよ。

自宅療養と医療機関への受診

自宅療養中に、酸素不足に気づかずに重症化してしまうケースもあるんですね。

🔖 関連記事の要約!コロナ自宅療養 酸素飽和度を常に確認 呼吸回数も意識して:東京新聞 TOKYO Web
コロナ自宅療養 酸素飽和度を常に確認 呼吸回数も意識して:東京新聞 TOKYO Web

✅ 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、自宅療養者が増加する中、酸素不足に気づかずに重症化する「ハッピー・ハイポキシア」が懸念されています。

✅ 専門家は、血液中の酸素飽和度を測る「パルスオキシメーター」の活用に加え、呼吸回数を意識することの重要性を訴えています。

✅ パルスオキシメーターが不足する状況では、一分間の呼吸回数を数えることで肺の機能低下に気づくことも有効です。また、自宅療養では食料や日用品の備蓄、家族や知人への連絡など、万が一の事態に備えることが重要です。

さらに読む ⇒コロナ自宅療養 酸素飽和度を常に確認 呼吸回数も意識して:東京新聞 TOKYO Webコロナ自宅療養 酸素飽和度を常に確認 呼吸回数も意識して:東京新聞 TOKYO Web出典/画像元: https://www.tokyo-np.co.jp/article/127931

パルスオキシメーターは、自宅療養している方にとって、とても役に立つものですね。

感染が疑われる場合は、会社や学校を休み、外出を控え、自宅で安静にしましょう。毎日体温を測定し、記録しておくことが重要です。症状が続く場合は、かかりつけ医や地域の「受診・相談センター」に問い合わせ、指示に従ってください。発症後7~10日目が回復するか悪化するかの分岐点となります。この期間における呼吸器症状の悪化に注意する必要があります。重症度を測る指標として「酸素飽和度(SpO2)」があります。パルスオキシメーターを用いて測定することができますが、誤差が生じる可能性もあるため、注意が必要です。千葉市におけるCOVID-19疑い症状時の対応について、かかりつけ医への連絡や相談窓口の活用、医療機関でのPCR検査の流れなどを具体的に解説しています。千葉市立青葉病院における感染症疑い患者の対応フローチャートを例に挙げ、医療機関での対応プロセスを説明しています。

え、まじ!?パルスオキシメーターとか、うちにはないわ。

パルスオキシメーター、持っとらんけど、呼吸回数とかは気をつけてるよ。

あら、今の若い人は、そんなものも知らないのかしら。

新型コロナウイルス感染後の精神・神経疾患発症リスク

新型コロナウイルス感染後の精神・神経疾患のリスクは、改めて注意が必要です。

🔖 関連記事の要約!新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(後遺症)について
新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(後遺症)について

✅ この記事は、新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(後遺症)に関する情報提供を目的としたものです。

✅ 具体的には、罹患後症状の種類、QOLへの影響、後遺症対応可能な医療機関の情報、症状別の医療機関一覧などが掲載されています。

✅ また、後遺症の治療は確立された方法がなく、医療機関を受診した場合、症状に応じた対処療法が基本となることを説明しています。

さらに読む ⇒熊本県ホームページ熊本県ホームページ出典/画像元: https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/30/127703.html

感染後の精神・神経疾患発症率は、インフルエンザや他の呼吸器感染症に比べて高いんですね。

この記事は、新型コロナウイルス感染後の精神・神経疾患発症率に関する研究論文を紹介しています。論文によると、感染後全体の34%が精神・神経疾患を患っており、そのうち新規発症は約13%とされています。最も多いのは不安障害で、約7%が新規発症しています。また、重症患者では精神・神経疾患発症率がさらに高く、新規発症率は26%に達します。ただし、この研究は電子カルテを用いた後ろ向きコホート研究であり、エビデンスレベルは低いとされています。そのため、感染後に必ず3割が精神疾患になるわけではないことを理解する必要があります。記事では、感染後の精神・神経疾患発症率はインフルエンザや他の呼吸器感染症に比べて高いことも示されています。結論としては、新型コロナウイルス感染後には精神・神経疾患の発症リスクが高まる可能性があり、注意が必要ですが、過度に不安になる必要はありません。情報収集の際は、タイトルだけでなく原文も確認し、中立的な立場で判断することが重要です。

えー、まじ!?コロナって、精神的な影響もあるん?

コロナ後遺症には、いろいろあるみたいじゃね。でも、ちゃんと治療すれば治るけん大丈夫じゃよ。

あら、そうなのね。でも、心配しすぎてもダメよ。

新型コロナウイルス感染症は、私たち全員が注意しなければならない存在です。

🚩 結論!

💡 最新情報を入手し、感染拡大防止に努めましょう。

💡 自宅療養中は、呼吸状態や体調の変化に注意し、必要があれば医療機関を受診しましょう。

💡 感染後の精神・神経疾患のリスクもあり、心のケアも大切です。