Academic Box Logo

Hi-STANDARDの全曲配信開始!?彼らの魅力に迫る!日本のパンクシーンを牽引した伝説のバンドとは!?

Hi-STANDARDの全曲配信開始!?彼らの魅力に迫る!日本のパンクシーンを牽引した伝説のバンドとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 Hi-STANDARDの楽曲がストリーミングサービスで解禁された

💡 PIZZA OF DEATH RECORDSとその影響について解説する

💡 Hi-STANDARDの音楽性、ライブの魅力、そして今後の活動について詳しくご紹介いたします

それでは、Hi-STANDARDの魅力に迫っていきましょう。

Hi-STANDARDの始まり

それでは、まずHi-STANDARDの始まりから見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!Release ゛Making the Road゛ by Hi
Release ゛Making the Road゛ by Hi

✅ Hi-STANDARDのアルバム「MAKING THE ROAD」の収録曲は、オリジナル楽曲に加えて、Green Acresのテーマ曲やBlack SabbathのChangesなどのカバー曲が含まれている。

✅ オリジナル楽曲は、横山健 (Hi-STANDARD)と難波章浩が作詞作曲を担当し、バンドの代表的なサウンドであるメロディックハードコアとパンクが特徴である。

✅ カバー曲は、Green Acresのテーマ曲、Black SabbathのChanges、bloodthirsty butchersのCrowsなど、様々なジャンルの楽曲をHi-STANDARD独自の解釈でカバーしている。

さらに読む ⇒MusicBrainz - the open music encyclopediaMusicBrainz - the open music encyclopedia出典/画像元: https://musicbrainz.org/release/b23e9226-154e-48d2-a512-0176e114009c

まさに、Hi-STANDARDらしい力強いサウンドですよね。

1991年に結成された日本のパンクロックバンド、Hi-STANDARD。ボーカル&ベースの難波章浩、ドラムスの恒岡章、ギターの横山健の3人からなる。シンプルながらもキャッチーなギターリフが特徴のメロディアスなパンクロックサウンドで、90年代に人気を獲得した。1999年にリリースしたインディーズアルバム『MAKING THE ROAD』は100万枚を超えるセールスを記録し、日本のロックシーンに大きな影響を与えた。代表曲には『STAY GOLD』や『DEAR MY FRIENDS』、『My First Kiss』などがある。

え、ハイスタってこんなんやったん?知らんかったわー!

ハイスタの音楽は、ホンマに最高やね!

あら、懐かしいわね。昔よく聴いてたわよ。

復活と新たな章

続いて、Hi-STANDARDの復活についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!コラム】Hi
コラム】Hi

✅ Hi-STANDARDの新作シングル「ANOTHER STARTING LINE」は、16年ぶりのリリースにもかかわらず、ハイスタらしい力強いサウンドと、新たなスタートを切るようなメッセージが込められており、聴くものを圧倒する。

✅ 同曲は、復活後のライブで培われたコーラスワークや、かつてよりも深みが増したメロディ、そしてリスナーの心に響く歌詞が特徴で、ハイスタのこれまでと今の魅力が詰まっている。

✅ 今作には、過去のアルバム制作にも携わったライアン・グリーンが参加しており、ハイスタサウンドをさらに深めている。また、新譜を制作するに至った背景には、ハイスタとしての意志と、音楽に対する情熱が強く感じられ、彼らが操られることなく、自分たちの道を歩んでいることが伝わってくる。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/149644

16年ぶりの新曲とは思えない完成度ですね。

2000年に活動を休止したHi-STANDARDだが、2011年に活動を再開。2016年には16年半ぶりのシングル『Another Starting Line』をリリースし、翌年には18年ぶりにアルバム『THE GIFT』を発表するなど、精力的に活動を続けている。

うわぁ、かっちょええ!ハイスタ復活したん?

ハイスタの復活は、日本の音楽シーンにとって大きなニュースやね!

あら、若い頃はよくハイスタのライブに行ってたのよ。

Hi-STANDARDの音楽性

次は、Hi-STANDARDの音楽性について掘り下げていきましょう。

🔖 関連記事の要約!Hi
Hi

✅ この記事は、ハイスタの楽曲がストリーミングサービスで解禁されたことを受けて、PIZZA OF DEATH RECORDSとその影響について解説しています。

✅ PIZZA OF DEATH RECORDSは1994年に設立され、ハイスタを中心に数々のバンドを輩出、日本のパンクシーンの隆盛に大きく貢献しました。

✅ ハイスタは、PIZZA OF DEATH RECORDSの象徴的なバンドとして、その音楽性と精力的な活動で日本のロックシーンに多大な影響を与え、数々の伝説的なフェスを開催し、DIY精神と音楽への情熱を体現しました。

さらに読む ⇒KKBOX - LISTEN, AND BE HEARDKKBOX - LISTEN, AND BE HEARD出典/画像元: https://www.kkbox.com/jp/ja/column/showbiz-0-1596-1.html

PIZZA OF DEATH RECORDSは、日本のパンクシーンに大きな影響を与えましたね。

Hi-STANDARDの音楽は、バッド・レリジョンやNOFXなど、海外のパンクロックバンドから大きな影響を受けている。シンプルな3ピースサウンドに、キャッチーなギターリフと前向きな歌詞が特徴だ。英語詞が多く、日本語詞よりもストレートにメッセージを伝えられる点が魅力である。

ハイスタの音楽、めっちゃ好きやねん!

ハイスタと言えばPIZZA OF DEATH RECORDSやね!

あら、PIZZA OF DEATH RECORDSって言うんか。知らんかったわ。

ライブでの熱狂

それでは、Hi-STANDARDのライブについてお話ししましょう。

🔖 関連記事の要約!Hi

公開日:2020/04/22

Hi

✅ Hi-STANDARDの楽曲が2020年4月22日から全曲配信開始されました。

✅ 配信を記念して、AWAではHi-STANDARDの名曲を集めたプレイリスト「Hi-STANDARDのCLASSICS」が公開されました。

✅ Hi-STANDARDは1992年の結成以降、活動休止や復活を経て、2016年に16年ぶりのシングル「ANOTHER STARTING LINE」をリリースし、オリコンチャート1位を獲得するなど、現在も精力的に活動を続けています。

さらに読む ⇒News - AWANews - AWA出典/画像元: https://news.awa.fm/jpn/2020/4/22/hi-standard

ライブでの盛り上がりは、想像をはるかに超えるものですね。

Hi-STANDARDの曲は、ライブで特に盛り上がりを見せる。彼らのライブは、まさに戦争と言われるほど熱狂的で、多くのファンが熱狂する。定番曲として、『STAY GOLD』はライブで最も盛り上がりを見せる曲として知られている。その他にも、ライブで楽しめる曲として、『TEENAGERS ARE ALL ASSHOLES』、『STARRY NIGHT』、『CLOSE TO ME』、『FIGHTING FISTS, ANGRY SOUL』、『MAXIMUM OVERDRIVE』などが挙げられる。

ハイスタのライブ、行ってみたいわー!

ハイスタのライブは、ホンマに最高に楽しいよね!

あら、ハイスタのライブは、若いもんには刺激が強すぎるわね。

以上、Hi-STANDARDの魅力についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 Hi-STANDARDは、日本のパンクロックシーンを牽引してきた伝説的なバンドである

💡 彼らの音楽は、世代を超えて愛されており、現在も精力的に活動を続けている

💡 今後もHi-STANDARDの活躍から目が離せません