Academic Box Logo

Hi-STANDARDって知ってる?彼らの音楽の進化と影響力について迫る日本のパンクシーンを牽引してきたバンドとは!?

Hi-STANDARDって知ってる?彼らの音楽の進化と影響力について迫る日本のパンクシーンを牽引してきたバンドとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 Hi-STANDARDは1991年に結成された日本のパンクロックバンドです。

💡 彼らは、シンプルながらもキャッチーなサウンドで、90年代に人気を獲得しました。

💡 活動休止を経て、2011年に活動を再開し、現在も精力的に活動を続けています。

それでは、彼らの歴史と音楽性について詳しく見ていきましょう。

Hi-STANDARDの始まり

それでは、Hi-STANDARDの始まりについて詳しく説明します。

🔖 関連記事の要約!MAKING THE ROAD (輸入盤)/Hi
MAKING THE ROAD (輸入盤)/Hi

✅ 5,000円(税込)以上購入で送料無料。宅配便とゆうパケットから配送方法を選べます。

✅ 宅配便は全国一律440円(税込)、ゆうパケットは全国一律297円(税込)です。

✅ 代金引換は現金のみで、代金は商品お届け時に支払います。代引手数料は330円~990円です。

さらに読む ⇒ディスクユニオン|レコード・CD・DVD・音楽ソフトの通販・買取ディスクユニオン|レコード・CD・DVD・音楽ソフトの通販・買取出典/画像元: https://diskunion.net/punk/ct/detail/PNK0506-074

当時のパンクシーンでは、Hi-STANDARDのようなメロディアスなパンクロックは斬新だったでしょうね。

1991年に結成された日本のパンクロックバンド、Hi-STANDARD。ボーカル&ベースの難波章浩、ドラムスの恒岡章、ギターの横山健の3人からなる。シンプルながらもキャッチーなギターリフが特徴のメロディアスなパンクロックサウンドで、90年代に人気を獲得した。1999年にリリースしたインディーズアルバム『MAKING THE ROAD』は100万枚を超えるセールスを記録し、日本のロックシーンに大きな影響を与えた。代表曲には『STAY GOLD』や『DEAR MY FRIENDS』、『My First Kiss』などがある。

え、まじ!?知らんかったわー。めっちゃ気になるわ!

おー、懐かしい!学生時代よく聴いてたよ!

あら、懐かしいわね。昔はよく孫と一緒に聞いてたわ。

復活と新たな章

続いて、Hi-STANDARDの復活と新たな章についてお話します。

🔖 関連記事の要約!コラム】Hi
コラム】Hi

✅ Hi-STANDARDの新作シングル「ANOTHER STARTING LINE」は、16年ぶりのリリースで、バンドの復活を告げる力強いメッセージが込められている。

✅ 新たなスタートを切る彼らの決意は、力強いサウンドと心に響く歌詞で表現され、過去の作品を彷彿とさせるながらも進化したハイスタサウンドを聴くことができる。

✅ ライアン・グリーンの参加など、制作陣にも注目すべき点が多く、ハイスタサウンドの原点回帰を感じさせつつ、彼ら自身の成長も感じられる作品となっている。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/149644

16年ぶりの新曲リリースは、ファンにとって待ち焦がれていたことでしょう。

2000年に活動を休止したHi-STANDARDだが、2011年に活動を再開。2016年には16年半ぶりのシングル『Another Starting Line』をリリースし、翌年には18年ぶりにアルバム『THE GIFT』を発表するなど、精力的に活動を続けている。

復活したん!?知らんかった!めっちゃ聴きたいわー!

16年ぶりとか、マジ!?久しぶりに聴きたくなったわ。

あら、若い子たちも知っているのね。

Hi-STANDARDの音楽性

それでは、Hi-STANDARDの音楽性について掘り下げていきましょう。

🔖 関連記事の要約!Hi
Hi

✅ Hi-STANDARDの楽曲がストリーミングサービスで解禁されたことを受けて、PIZZA OF DEATH RECORDSとHi-STANDARDが日本の音楽シーン/パンクシーンに与えた影響について解説されています。

✅ PIZZA OF DEATH RECORDSは、1994年に設立され、ハイスタをはじめとする数々のバンドを輩出し、メジャー資本に頼らないDIY精神とリスナーへのポジティブなメッセージで日本の音楽シーンを変革しました。

✅ Hi-STANDARDは、日本のパンクシーンに大きな影響を与えたバンドであり、彼らの楽曲「MAXIMUM OVERDRIVE」や「STAY GOLD」は、初期のハイスタのサウンドやメッセージを象徴するものであり、日本のパンクシーンの発展に大きく貢献したとされています。

さらに読む ⇒KKBOX - LISTEN, AND BE HEARDKKBOX - LISTEN, AND BE HEARD出典/画像元: https://www.kkbox.com/jp/ja/column/showbiz-0-1596-1.html

海外のパンクバンドからの影響が色濃く出ているのがわかりますね。

Hi-STANDARDの音楽は、バッド・レリジョンやNOFXなど、海外のパンクロックバンドから大きな影響を受けている。シンプルな3ピースサウンドに、キャッチーなギターリフと前向きな歌詞が特徴だ。英語詞が多く、日本語詞よりもストレートにメッセージを伝えられる点が魅力である。

英語詞とか、なんかカッコいいよね!

確かに、海外のパンクの影響受けてる感じするよね!

昔は、こんな音楽、なかったわよ。

ライブでの熱狂

次に、Hi-STANDARDのライブについてお話します。

🔖 関連記事の要約!Hi

公開日:2020/04/22

Hi

✅ Hi-STANDARDの全楽曲が2020年4月22日から配信開始されました。

✅ 配信開始を記念して、AWAではHi-STANDARDの名曲を集めたプレイリスト「Hi-STANDARDのCLASSICS」が公開されました。

✅ Hi-STANDARDは、1992年に現在のスリーピース編成となり、その後も数々のヒット曲を生み出し、活動休止を経て2011年に活動を再開、2016年に16年ぶりの新曲「ANOTHER STARTING LINE」をリリースし、オリコンチャート1位を獲得するなど、現在も活動を続けています。

さらに読む ⇒News - AWANews - AWA出典/画像元: https://news.awa.fm/jpn/2020/4/22/hi-standard

ライブの熱狂は、彼らの音楽のエネルギーを感じますね。

Hi-STANDARDの曲は、ライブで特に盛り上がりを見せる。彼らのライブは、まさに戦争と言われるほど熱狂的で、多くのファンが熱狂する。定番曲として、『STAY GOLD』はライブで最も盛り上がりを見せる曲として知られている。その他にも、ライブで楽しめる曲として、『TEENAGERS ARE ALL ASSHOLES』、『STARRY NIGHT』、『CLOSE TO ME』、『FIGHTING FISTS, ANGRY SOUL』、『MAXIMUM OVERDRIVE』などが挙げられる。

ライブ、絶対楽しいやろなー!行ってみたいわ!

ライブの盛り上がりは、想像をはるかに超えるらしいよ!

あら、昔は、ライブハウスなんて、なかったわよ。

いかがでしたか?今回は、Hi-STANDARDの音楽と彼らの影響力についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 Hi-STANDARDは、日本のパンクシーンに大きな影響を与えたバンドです。

💡 彼らの音楽は、シンプルながらも力強く、多くのファンを魅了しています。

💡 これからも、彼らの活動に注目していきましょう。