Academic Box Logo

三宅諒選手、フェンシング界のレジェンド! アルバイト生活から結婚、そして引退…その裏側とは?フェンシング界のレジェンドの軌跡とは!!?

三宅諒選手、フェンシング界のレジェンド! アルバイト生活から結婚、そして引退…その裏側とは?フェンシング界のレジェンドの軌跡とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ロンドン五輪銀メダリスト、三宅諒選手のフェンシング人生を追う

💡 コロナ禍でのアルバイト生活や結婚、引退の決意など、三宅選手の知られざる一面を紹介

💡 フェンシング界の現状と、今後の展望についても触れていきます

それでは、三宅諒選手のフェンシング人生と、その裏側について詳しく見ていきましょう。

コロナ禍での生活と収入源確保

それでは、Chapter-1、コロナ禍での生活と収入源確保について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!支援を断り、UberEats配達員に。フェンシング三宅諒の本音に迫った。
支援を断り、UberEats配達員に。フェンシング三宅諒の本音に迫った。

✅ ロンドン五輪フェンシング銀メダリストの三宅諒選手は、東京五輪を目指して競技資金を得るため、4月29日から「Uber Eats」配達員アルバイトを始めた。

✅ 三宅選手は、東京五輪が開催されるか不透明な状況下で、スポンサーからの支援を断り、競技資金を得るため配達員として働くという決断をした。

✅ 三宅選手は、スポンサー契約を断ったことで経済的な不安を抱えながらも、限られた時間で競技とアルバイトを両立させながら東京五輪出場を目指している。

さらに読む ⇒Number Web - ナンバーNumber Web - ナンバー出典/画像元: https://number.bunshun.jp/articles/-/843456?page=1

三宅選手は、競技に対する情熱と強い意志を持ちながら、生活費を稼ぐためにアルバイトをするという決断をしたんですね。本当に尊敬します。

ロンドンオリンピックフェンシング団体銀メダリストの三宅諒さんは、2020年1月にスポンサー契約が満了し収入がゼロになったため、4月28日からウーバーイーツのアルバイトを開始しました。収入源確保に加え、トレーニングの一環として捉えているようです。三宅さんは結婚しておらず、嫁や子供はいません。過去には結婚を真剣に考えていた交際相手がいたことを明かしていますが、現在はフェンシングに集中しているようです。三宅さんは、アルバイト開始を公表した際に自身のnoteアカウントを開設しました。今後はnoteやYouTubeなどを通じて収入を得る可能性も視野に入れていると考えられます。三宅さんはハーフではなく、両親は日本人です。インスタグラムはやっていませんが、ツイッターは積極的に活用しており、アルバイト開始や自身の考えなどを発信しています。

え、まじ!?五輪選手がウーバーイーツとか、めっちゃ意外ー!

いや、まじで!?なんかカッコいいじゃん!

今の若いもんは、金銭感覚が違いすぎるわね。

結婚発表と新たな決意

Chapter-2では、三宅選手の結婚発表についてお話します。

🔖 関連記事の要約!フェンシング三宅諒結婚 Zoom飲み会で知り合う
フェンシング三宅諒結婚 Zoom飲み会で知り合う

✅ フェンシングの三宅諒選手(29)が一般女性と結婚したことを発表しました。

✅ 結婚相手は会社員で、8月1日に婚姻届を提出しています。

✅ 2人は、コロナ禍でのZoom飲み会で知り合い、三宅選手の選手生活の終了も視野に入る中、妻の支えにより新たな気持ちで五輪を目指すようになったとのことです。

さらに読む ⇒日刊スポーツ日刊スポーツ出典/画像元: https://www.nikkansports.com/sports/news/202009160001147.html

Zoom飲み会で知り合ったって、今の時代ならではですね。三宅選手の人生に新たな章が加わった瞬間ですね。

フェンシングの三宅諒さんが、自身の公式YouTubeとSNSで結婚を発表しました。お相手は一般女性で、出会いはコロナ禍での「Zoom飲み会」だったそうです。三宅さんは、ロンドン五輪男子フルーレ団体銀メダリストで、2019年にはアジア大会男子フルーレで金メダルを獲得するなど、数々の輝かしい成績を残しています。結婚発表では、コロナ禍での活動費を稼ぐためUberEatsでアルバイトをしていたことや、妻の献身的な支えにより新たな気持ちで五輪を目指せるようになったことなどが語られました。三宅さんは、現在も現役選手として活躍しており、本日18日には全日本選手権に出場予定です。

ええー、結婚したん!?相手の人、どんな人なん?

お相手は一般の方なん?うらやましー!

結婚ってやつは、人生の転換期よね。

オリンピックへの決意と競技に対する考え方

Chapter-3では、オリンピックへの決意と、三宅選手の競技に対する考え方について掘り下げていきます。

🔖 関連記事の要約!【フェンシング】三宅諒選手(ロンドンオリンピック 男子フェンシング団体銀メダリスト)インタビュー【後編】
【フェンシング】三宅諒選手(ロンドンオリンピック 男子フェンシング団体銀メダリスト)インタビュー【後編】

✅ 三宅選手はオリンピックは特別な大会であり、長期間の努力を1日に集約し、最高の状態で臨むことの重要性を強調しています。

✅ 三宅選手は「大乱闘スマッシュブラザーズ」などのゲームをプレイすることで、間合い感覚を研ぎ澄ます効果があると語り、特に世界レベルのプレイヤーの間合い感覚の精密さに感銘を受けていることを明かしています。

✅ 三宅選手は緊張は自信の裏返しであり、練習では得られない緊張感を乗り越えることはできないと主張しています。緊張した時は練習で培ったものをそのまま発揮できるように工夫することが重要だと考えています。

さらに読む ⇒ TobeStronger TobeStronger出典/画像元: https://tobestronger.jp/blogs/interview-ryo-miyake-2

緊張は自信の裏返しという三宅選手の言葉、深いですね。緊張感を乗り越えてこそ、最高の成果が得られるのでしょう。

三宅選手は、オリンピックは世界選手権とは異なる特別な大会だと説明し、4年に1度の開催という特殊性から、長期間の準備と当日のパフォーマンスが重要であると強調しました。また、ゲームプレイについて、スマッシュブラザーズのようなゲームは、フェンシングの間合いの感覚を研ぎ澄ますのに役立つと述べ、特に世界大会レベルのプレイからは、フレーム単位での間合い解析など、フェンシングにも応用できる学びを得ていると語りました。さらに、大舞台での緊張について、緊張は自信の裏返しであり、準備不足による緊張とは異なり、本番では必ず緊張するものであると説明し、緊張に感謝し、日々の練習成果を最大限に発揮できるよう工夫することが重要だと述べました。最後に、好きな言葉として「出る杭は打たれる」を挙げ、注目されることへの感謝と、自分の信念を貫き、才能を最大限に発揮することの重要性を語りました。

ゲームで練習するとか、斬新やなー!

緊張は自信の裏返しって、深い言葉だな!

緊張は、若い証拠よ!

現役引退と未来への展望

Chapter-4では、三宅選手の現役引退についてお話します。

🔖 関連記事の要約!フェンシング三宅が引退 ロンドン五輪銀メダル
フェンシング三宅が引退 ロンドン五輪銀メダル

✅ フェンシングの三宅諒選手が現役引退を発表しました。

✅ 2012年ロンドン五輪男子フルーレ団体銀メダルメンバーで、2020年には新型コロナウイルスの影響で活動費の捻出に苦しみ、ウーバーイーツでアルバイトをしていたことでも話題になりました。

✅ 2021年の東京五輪出場は逃し、昨年の全日本選手権個人戦のフルーレでは9位でした。

さらに読む ⇒JOC - 日本オリンピック委員会JOC - 日本オリンピック委員会出典/画像元: https://www.joc.or.jp/news/015845.html

長い間、お疲れ様でした。三宅選手のフェンシング人生は、本当に輝かしいものでした。

フェンシングのロンドン五輪団体銀メダリスト三宅諒が、4月4日に現役引退を発表した。三宅は5歳からフェンシングを始め、数々の輝かしい成績を残し、2012年のロンドン五輪ではチームを銀メダルに導いた。大学では文学部哲学科で中世哲学を専攻し、卒論テーマは「騎士道」という知性派フェンサーとしても知られる。2020年にはコロナ禍の影響でウーバーイーツのアルバイトをするなど、話題を集めた。近年は年齢を重ね、若手選手の台頭を目の当たりにする中で、自身の進退を模索していた。特に昨年6月のアジア選手権で後輩たちが金メダルを獲得したことが、引退を決意する大きな要因となった。引退後もフェンシング界に貢献していくことを表明し、「楽しいフェンシングおじさん」として、フェンシングの魅力を広め続けることを誓った。

えー、引退!?ちょ、まじ!?

お疲れ様でした!これからもフェンシング界で活躍してくれよ!

引退か…寂しいけど、新しい道が開けるわね。

フェンシング界の近況と今後の展望

Chapter-5では、フェンシング界の近況と今後の展望についてお話します。

🔖 関連記事の要約!慶大「スポーツ」三宅諒 フ…: 「業界早慶戦」 あの人も、この人も 写真特集:時事ドットコム
慶大「スポーツ」三宅諒 フ…: 「業界早慶戦」 あの人も、この人も 写真特集:時事ドットコム

✅ 慶應義塾大学出身のフェンシング選手、三宅諒さんが紹介されています。

✅ 三宅さんはロンドン五輪に出場し、2011年の世界選手権代表にも選ばれています。

✅ 記事は「業界早慶戦」という特集の一環として掲載されており、慶應義塾大学出身の著名人を紹介しています。

さらに読む ⇒時事ドットコム:時事通信社が運営するニュースサイト時事ドットコム:時事通信社が運営するニュースサイト出典/画像元: https://www.jiji.com/jc/d4?p=kei303-jlp09332945&d=d4_aa

フェンシング界は、新たなスポンサーを獲得したり、普及活動を強化したりと、活気のある状況ですね。

フェンシング界では、全日本フェンシング選手権大会にサーバーワークスがスポンサー契約を締結したほか、日本フェンシング協会がキャピタルメディカとCOVID-19対策に関するアドバイザリー契約を締結し、クラウドファンディングも開始しました。また、男子エペの山田選手は5月に手術を受け、全日本選手権を欠場することが発表されました。一方、ロンドン五輪銀メダリストの三宅諒選手は、コーチング英会話「TORAIZ(トライズ)」のオフィシャルスポンサーに就任しました。さらに、西岡詩穂選手は東京オリンピックに向けて普及活動の拡大を目標に掲げています。他競技では、近代五種の才藤歩夢選手が「周りの人を笑顔にすることが目標」と意気込みを語っています。

フェンシング界も、いろいろと変わっとるんやなー!

フェンシングって、奥深い競技だな!

若いもんには、期待しかないわね。

三宅選手のフェンシング人生は、多くの感動と勇気を与えてくれました。これからも、フェンシング界を盛り上げていってください。

🚩 結論!

💡 ロンドン五輪銀メダリスト、三宅諒選手のフェンシング人生を追う

💡 コロナ禍でのアルバイト生活や結婚、引退の決意など、三宅選手の知られざる一面を紹介

💡 フェンシング界の現状と、今後の展望についても触れていきます