Academic Box Logo

小出祐介(Base Ball Bear)の音楽への情熱!~そのルーツから現在まで~音楽への情熱とは!?

小出祐介(Base Ball Bear)の音楽への情熱!~そのルーツから現在まで~音楽への情熱とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 Base Ball Bearの小出祐介は、幼少期から音楽に親しみ、多くの楽曲に影響を受けてきた。

💡 小出祐介は、DeepPurpleの「LIVE IN JAPAN」に衝撃を受け、ギターを始めた。

💡 Base Ball Bearは、20周年記念武道館公演で、初期から最新曲まで幅広い楽曲を披露した。

それでは、小出祐介さんの音楽への情熱について、詳しく見ていきましょう。

音楽への情熱の源泉:幼少期から培われた音楽への情熱

小出祐介さんは、まさに音楽と共に生きてきたんですね。

🔖 関連記事の要約!小出祐介(Base Ball Bear)のルーツをたどる
小出祐介(Base Ball Bear)のルーツをたどる

✅ Base Ball Bear の小出祐介さんは、幼少期から音楽好きで、サザンオールスターズの「エロティカ・セブン」やMr.Childrenの「深海」に影響を受け、音楽を聴くだけでなく、演奏する楽しさに目覚めていった。

✅ 中学時代に父親からDeep Purpleの「LIVE IN JAPAN」を聴かされ、リッチー・ブラックモアのスピーディーなギターソロに衝撃を受け、エレキギターを始め、毎日練習を重ねた。

✅ Oasisに憧れて中学時代にバンドを結成し、90年代ギターロックに影響を受けた音楽を制作していく中で、持ち味である歌詞の世界観やメロディーを生かし、Base Ball Bearらしい音楽スタイルを確立した。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/column/500178

中学生時代からギターを始めて、毎日練習を重ねていたなんて、本当にすごいですね。

BaseBallBearの小出祐介は、幼少期から音楽に親しみ、サザンオールスターズの「エロティカ・セブン」やMr.Childrenの「深海」など、様々な楽曲に影響を受けてきました。中でも、中学生時代に父親からもらったDeepPurpleの「LIVE IN JAPAN」は、小出祐介にとって衝撃的な出会いでした。特に「HighwayStar」のギターソロに魅了され、毎日速弾き風の練習に励んでいたとのことです。その後、Oasisのコピバンを結成したもののすぐに解散。それでもバンド活動を続ける夢を諦めず、90年代の邦楽シーンから刺激を受け、音楽への情熱を燃やし続けました。

へぇー、小出さんて、子供の頃から音楽好きやったんや!

音楽って、やっぱ人生の支えになるもんなんやね。

あのさ、DeepPurpleって、若い頃はよく聴いとったわよ。

進化を続ける3ピースバンド:BaseBallBearのサウンド

Base Ball Bearは、3ピースバンドとして、より進化したサウンドを生み出していますね。

🔖 関連記事の要約!Base Ball Bear、3度目の日本武道館公演のオフィシャルライブレポートが到着 – THE FIRST TIMES
Base Ball Bear、3度目の日本武道館公演のオフィシャルライブレポートが到着 – THE FIRST TIMES

✅ Base Ball Bearは、20周年記念武道館公演で、初期から最新曲まで幅広い楽曲を披露し、3ピースバンドとしての強靭さと矜持を力強く示した。

✅ 小出祐介は、3度目の武道館公演を実現できたのは、20年間応援してくれたファンの支えがあったからだと感謝を述べ、4人時代から3ピースバンドへの転換を経て積み重ねてきたものがあることを強調した。

✅ 最新曲「海になりたい part.3」や「The Cut」など、ブラックミュージックのメソッドを取り入れた楽曲が、オーディエンスを熱狂させ、ライブは後半のセクションへと突入し、武道館の熱を高めたまま本編を終えた。

さらに読む ⇒THE FIRST TIMESTHE FIRST TIMES出典/画像元: https://www.thefirsttimes.jp/news/0000209707/

20周年記念武道館公演、本当にすごかったでしょうね。

2020年から3ピースバンド体制に移行したBaseBallBear。リードギタリストとしてバンドを支える小出祐介は、その卓越した演奏技術で様々な楽曲をこなしています。「TheCut」のようなラップパートも難なく演奏し、4ピース時代の楽曲を3ピース用に再アレンジする際にも、創意工夫を凝らしています。代表曲である「changes」や「ドラマチック」のキャッチーなフレーズはそのままに、アレンジをよりシンプルにすることで、新鮮さと安定感を兼ね備えたサウンドを生み出しています。

武道館とか、めっちゃ憧れるわー!

3ピースバンドでも、全然かっこよくて、むしろ最高やん!

武道館って、あのね、昔はね、もっと小さかったのよ。

音楽への熱い想いを語る:『関ジャム完全燃SHOW』での小出祐介

小出祐介さんは、関ジャムでも音楽への情熱を伝えていましたね。

🔖 関連記事の要約!2021年6月6日 関ジャム完全燃SHOWで『Raspberry』が話題に!(4ページ目)
2021年6月6日 関ジャム完全燃SHOWで『Raspberry』が話題に!(4ページ目)

✅ 関ジャムでTRICERATOPSの「Raspberry」が取り上げられ、視聴者から多くの反響があった。特に、和田唱のバラエティ対応力や楽曲の素晴らしさ、セッションの豪華さなどが称賛された。

✅ 視聴者からは、楽曲の懐かしさや魅力、ライブでの盛り上がりについて多くのコメントが寄せられた。また、セッションに参加したアーティストの演奏技術や楽曲への愛情も高く評価された。

✅ 番組では、TRICERATOPSの演奏に加え、Base Ball Bearなど他のアーティストによる「Raspberry」のカバー演奏も披露された。視聴者は、それぞれのアーティストによる楽曲解釈の違いを楽しむことができた。

さらに読む ⇒トレンドアットTVトレンドアットTV出典/画像元: https://trend-at-tv.com/word/91043?date=20210606&page=4

小出祐介さんは、TRICERATOPSの「Raspberry」も大好きなんだって!

6月6日放送の『関ジャム完全燃SHOW』に出演した小出祐介は、3ピースバンドとしての活動やギターリストとしての魅力を存分に披露しました。TRICERATOPSの和田唱やSHISHAMOの宮崎朝子と共に、3ピースバンドのギターボーカルとして独自の視点でトークを展開し、番組を盛り上げました。番組内では、長岡亮介(ペトロールズ)のギタープレイに対する的確なコメントや、TRICERATOPSの「Raspberry」への熱い思いを語りました。小出祐介は、自身のTwitterで「Raspberry」を絶賛し、番組での特集を熱望していたほどです。

関ジャム、見た見た!小出さんも出てたよね!

Raspberryって、いい曲やよねー!

Raspberryって言うたら、あのね、昔はね、こんな歌があったのよ。

才能開花:ゲストギタリストとしての活躍

小出祐介さんは、Base Ball Bear以外にも、様々な活動をしていますね。

🔖 関連記事の要約!赤い公園のラストライブに小出祐介、キダモティフォ、堀向彦輝 a.k.a. hico参加

公開日:2021/04/23

赤い公園のラストライブに小出祐介、キダモティフォ、堀向彦輝 a.k.a. hico参加

✅ 堂本剛が10年ぶりに「ぐるぐるナインティナイン」のゴチになります。

✅ ファンや業界関係者から祝福の声が上がっており、特に堂本剛と百田夏菜子の結婚はアンチの声が全くないことが話題となっています。

✅ ファンや世間からの祝福の声は、2人の人柄の良さや、結婚に至るまでの関係性が良好だったことなどが要因として挙げられています。

さらに読む ⇒AERA dot. (アエラドット)  | 時代の主役たちが結集。一捻りした独自記事を提供AERA dot. (アエラドット) | 時代の主役たちが結集。一捻りした独自記事を提供出典/画像元: https://dot.asahi.com/articles/-/73776?page=1

赤い公園の解散ライブにゲストとして参加したんですね。

小出祐介は、BaseBallBear以外の活動でも高い評価を得ています。昨年5月には、赤い公園の解散ライブ『THEPARK』にゲストギタリストとして参加し、故・津野米咲の機材を用いて繊細なカッティングなど、個性を光る演奏を披露しました。様々な才能を発揮する小出祐介は、ギタリスト、ソングライター、そしてフロントマンとして、音楽シーンに貢献しています。

小出さんって、めっちゃ多才やんな!

色々な活動してるんやね!すごいなー!

赤い公園って、あのね、昔はね、もっと若い子やったのよ。

音楽トーク番組『TALKLIKEBEATS』で語る小出祐介

小出祐介さんは、「TALK LIKE BEATS」でも、音楽について語っていますね。

🔖 関連記事の要約!小出祐介(Base Ball Bear)、活動の転換点となった3曲を語る リアルサウンドPodcast番組『TALK LIKE BEATS』#61配信
小出祐介(Base Ball Bear)、活動の転換点となった3曲を語る リアルサウンドPodcast番組『TALK LIKE BEATS』#61配信

✅ 「TALK LIKE BEATS」61が配信開始され、ゲストに小出祐介(Base Ball Bear)を迎え、全3回にわたって活動の転換点、歌詞とリズムの関係性、言葉の構成についてトークを展開する。

✅ 今回の配信では、Base Ball Bearの活動の転換点となった3曲を紹介する。

✅ 全3回にわたる配信は、前編、中編、後編とテーマ毎に分けられ、音楽ライターの金子厚武氏がゲストMCとして参加する。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2021/07/post-810055.html

小出祐介さんが語る音楽の転換点について、ぜひ聴いてみたいです。

リアルサウンドのオリジナルPodcast番組『TALKLIKEBEATS』61が、7月9日正午より配信開始。第21回(61~63)のゲストに小出祐介(BaseBallBear)を迎え、音楽に関するトークを展開します。61(前編)では、「BaseBallBear、活動の転換点となった3曲」を紹介。62(中編)は「小出祐介が語る゛歌詞とリズムの関係性゛」、63(後編)は「小出祐介の゛言葉゛を構成するものとは?」をテーマにトークが繰り広げられます。

TALK LIKE BEATSって、なんか、オシャレな名前やな!

音楽トーク番組とか、めっちゃ気になる!

トーク番組って言うたら、あのね、昔はね、こんな番組があったのよ。

小出祐介さんの音楽への情熱は、本当に素晴らしいですね。

🚩 結論!

💡 小出祐介は、幼少期から音楽に親しみ、様々な楽曲に影響を受けてきた。

💡 小出祐介は、DeepPurpleの「LIVE IN JAPAN」に衝撃を受け、ギターを始めた。

💡 Base Ball Bearは、20周年記念武道館公演で、初期から最新曲まで幅広い楽曲を披露した。