Academic Box Logo

サックス奏者たちの軌跡!日本サックス界の歴史を紐解く?サックス界の巨匠たちとの出会いとは!?

サックス奏者たちの軌跡!日本サックス界の歴史を紐解く?サックス界の巨匠たちとの出会いとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 日本のサックス界の黎明期から現代に至るまでの歴史をたどる

💡 伝説的なサックス奏者たちの功績や影響を紹介

💡 現代のサックス界を牽引する若手奏者の活躍に迫る

それでは、日本のサックス界の歴史について、詳しく見ていきましょう。

サックス界を彩る名プレイヤーたち

サックス奏者たちの世界、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!日本・海外の有名なサックス奏者を紹介!一度は聴いてみたい男性・女性プレイヤー13人

公開日:2023/11/23

日本・海外の有名なサックス奏者を紹介!一度は聴いてみたい男性・女性プレイヤー13人

✅ この記事は、サックス奏者を目指す人や、サックスの音色に興味がある人に向けて、著名なサックス奏者を紹介しています。

✅ 日本の男性、女性サックス奏者それぞれ3名、2名ずつ紹介されており、クラシックサックスの巨匠から現代活躍中の演奏家まで幅広い層を網羅しています。

✅ さらに、海外の有名男性、女性奏者もそれぞれ3名、2名ずつ紹介されており、サックスの歴史と発展に貢献した人物や、現在も第一線で活躍する演奏家の紹介を通じて、サックスの魅力や多様性を伝えています。

さらに読む ⇒edy musicedy music出典/画像元: https://edyclassic.com/12648/

それぞれの奏者たちの個性的な演奏が、サックスの魅力をさらに深めてくれますね。

サックスの世界には、数多くの才能ある奏者が存在します。日本の有名サックス奏者として、クラシック界の重鎮である須川展也、国際コンクール優勝の実力派である平野公崇、令和を代表するサックス奏者である大石将紀などが挙げられます。女性奏者では、吹奏楽団で活躍する田畑直美、パリ国立音楽院首席卒業の井上麻子などが活躍しています。海外でも、クラシック界の巨匠マルセル・ミュール、生ける伝説と呼ばれるクロード・ドゥラングル、数々の国際コンクールを制したヴァンソン・ダヴィットなどが有名です。女性奏者では、サックス界の巨匠シガード・ラッシャーの娘であるカリーナ・ラッシャー、フランスを代表するサックス奏者であるマリー=ベルナデット・シャリエなどが活躍しています。 新進気鋭の若手奏者としては、日本の上野耕平と住谷美帆、ロシアのニキータ・ズィミンなどが注目されています。彼らの活躍は、サックス界の未来をさらに明るく照らしてくれるでしょう。

え、まじ!?めっちゃかっこいいやん!

うん、うん。サックスって奥深い楽器やね。

あら、昔はサックスって、ちょっと不良っぽかったのよ。

日本のサックス界の夜明け

日本のサックス界の歴史の始まり、興味深いです。

🔖 関連記事の要約!ミュールの弟子たち・日本の黎明期のサックス奏者

公開日:2020/11/11

ミュールの弟子たち・日本の黎明期のサックス奏者

✅ この記事は、フランスの著名なサクソフォン奏者であるマルセル・ミュールとその弟子たち、そして日本の黎明期のサクソフォン奏者について紹介している。

✅ マルセル・ミュールは、多くの弟子を育て、その弟子たちがさらに後進を育成することで現代のサクソフォン界に大きな影響を与えている。この記事では、特に著名な弟子たちであるジャン・マリ・ロンデックス、そして日本では有名な坂口新氏について詳しく紹介している。

✅ さらに、日本の黎明期のサクソフォン奏者である金田一春彦氏と安宅清氏を紹介し、彼らの功績と、現代のサクソフォン界への影響について触れている。

さらに読む ⇒北海道北見市・オンラインサックスレッスン北海道北見市・オンラインサックスレッスン出典/画像元: https://www.osanaimusicschool.com/20201111/

マルセル・ミュールの弟子たちが、日本のサックス界に大きな影響を与えたんですね。

日本のサックス界の歴史は、阪口新氏によって大きく発展しました。彼は、マルセル・ミュールの音楽に感銘を受け、チェロからサックスに転向し、1953年に東京藝術大学に初のサックス科を開設しました。阪口氏の弟子たちは、アカデミア四重奏団、キャトル・ロゾー・サキソフォン・アンサンブルなどの団体を設立し、日本のサックス界の基礎を築きました。

へぇー、知らんかったわ。

そうか、そうか。日本のサックス界の歴史って、結構長いんやね。

昔はサックスなんて、珍しかったのよ。

日本のサックス界の隆盛

サクソフォニストという雑誌、私も読んだことがあります。

🔖 関連記事の要約!日本サクソフォーン協会
日本サクソフォーン協会

✅ 「サクソフォニスト」は、日本サクソフォーン協会の機関誌として1980年10月に創刊されました。

✅ 協会設立以前には、阪口新先生が世界サクソフォーン・コングレスに参加した際、各国の人々から日本でのコングレス開催を促されたことがきっかけとなりました。

✅ 当初は協会報として発刊されていましたが、1985年9月からは「サクソフォニスト」に改名され、研究紀要的な要素が強くなり、各研究者の論文が掲載されるようになりました。

さらに読む ⇒日本サクソフォーン協会日本サクソフォーン協会出典/画像元: http://www.japan-saxophonists.com/saxophonist/saxophonist.html

サクソフォニストという雑誌は、サックス奏者にとって貴重な情報源ですね。

1979年に日本サクソフォン協会が設立され、阪口新氏が初代会長に就任しました。その後、石渡悠史、雲井雅人、須川展也、平野公崇、原博巳など、多くの優秀なサクソフォン奏者が輩出され、国際舞台でも活躍するようになりました。

サックスの専門誌ってあるんや!

サックスって、結構マニアックな世界やね。

あら、昔は雑誌なんて、紙でしか読めなかったのよ。

巨匠たちの証言 - 日本のサックス界の黎明期を振り返る

日本のサックス界の黎明期は、まさに激動の時代だったんですね。

🔖 関連記事の要約!diary.kuri_saxo: The SAX Vol.70に寄稿
diary.kuri_saxo: The SAX Vol.70に寄稿

✅ 「The SAX Vol.70」では、「躍動するサックス史70年(前編)」という特集が組まれ、クラシック・サックス70年の歩みの執筆を担当しました。

✅ 石渡悠史先生へのインタビューはThunderさんが担当し、雲井雅人氏と須川展也氏のジョイント・リサイタルのレポートも担当しました。

✅ クラシック・サクソフォンの歴史ネタをもう一つ寄稿しており、次回「後編」で掲載予定です。

さらに読む ⇒diary.kuri_saxodiary.kuri_saxo出典/画像元: https://kurisaxo.blogspot.com/2015/03/the-sax-vol70.html

巨匠たちの証言は、日本のサックス界の歴史を理解する上で貴重な資料ですね。

戦後70年という節目を迎え、日本のサックス界の黎明期に焦点を当てた特集記事では、原信夫、渡辺貞夫、石渡悠史といった巨匠たちが、自身の経験や影響を受けた音楽について語っています。彼らの証言は、日本のサックス界の黎明期を生き生きと描き出し、日本の音楽史におけるサックスの重要な役割を理解させてくれます。

えー、なんかすごい人ばっかりやん!

日本のサックス界も、歴史が長いんやね。

あら、昔は音楽なんて、レコードでしか聞けなかったのよ。

日本のサックス界は、多くの才能ある奏者によって発展してきたことがよくわかりました。

🚩 結論!

💡 日本のサックス界の歴史を、黎明期から現代までたどる

💡 サックス界の巨匠たちの功績と影響を紹介

💡 現代のサックス界を牽引する若手奏者の活躍に迫る