Academic Box Logo

サックス界のレジェンドたち!?彼らの奏でる音色とは!!?

サックス界のレジェンドたち!?彼らの奏でる音色とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 サックス界のレジェンドたちの奏でる音色を聴くことができる

💡 サックス界の歴史と発展について学ぶことができる

💡 サックス界の未来を担う若手奏者の活躍を知ることができる

それでは、サックス界を彩る名プレイヤーたちからご紹介しましょう。

サックス界を彩る名プレイヤーたち

サックスの世界は、本当に奥深いですね。

🔖 関連記事の要約!日本・海外の有名なサックス奏者を紹介!一度は聴いてみたい男性・女性プレイヤー13人

公開日:2023/11/23

日本・海外の有名なサックス奏者を紹介!一度は聴いてみたい男性・女性プレイヤー13人

✅ この記事では日本の有名サックス奏者(男性3名、女性2名)と海外の有名サックス奏者(男性3名、女性2名)を紹介し、それぞれの奏者の特徴や功績を解説しています。

✅ さらに、新進気鋭の若手サックス奏者3名も紹介されており、今後の活躍が期待されます。

✅ クラシックサックスの世界に触れたい人や、サックスを始めたばかりで目標となる奏者を探している人に役立つ情報が満載です。

さらに読む ⇒edy musicedy music出典/画像元: https://edyclassic.com/12648/

それぞれの奏者さんの個性が光っていて、本当に素晴らしいですね。

サックスの世界には、数多くの才能ある奏者が存在します。日本の有名サックス奏者として、クラシック界の重鎮である須川展也、国際コンクール優勝の実力派である平野公崇、令和を代表するサックス奏者である大石将紀などが挙げられます。女性奏者では、吹奏楽団で活躍する田畑直美、パリ国立音楽院首席卒業の井上麻子などが活躍しています。海外でも、クラシック界の巨匠マルセル・ミュール、生ける伝説と呼ばれるクロード・ドゥラングル、数々の国際コンクールを制したヴァンソン・ダヴィットなどが有名です。女性奏者では、サックス界の巨匠シガード・ラッシャーの娘であるカリーナ・ラッシャー、フランスを代表するサックス奏者であるマリー=ベルナデット・シャリエなどが活躍しています。 新進気鋭の若手奏者としては、日本の上野耕平と住谷美帆、ロシアのニキータ・ズィミンなどが注目されています。彼らの活躍は、サックス界の未来をさらに明るく照らしてくれるでしょう。

え、まじ!?めっちゃかっこよすぎやん!

うん、うん。みんな上手いよね。

あんたたち、若いもんは知らないだろうけど、昔はもっとサックスが流行ってたのよ!

日本のサックス界の夜明け

日本のサックス界の歴史は、阪口新氏によって大きく発展したんですね。

🔖 関連記事の要約!ミュールの弟子たち・日本の黎明期のサックス奏者

公開日:2020/11/11

ミュールの弟子たち・日本の黎明期のサックス奏者

✅ この記事はマルセル・ミュールの弟子たちと日本の黎明期のサックス奏者について紹介しています。

✅ ミュールの弟子たちとして、フランスのソクソフォニストであるジャン・マリ・ロンデックス、そして日本のサックス奏者の草分け的存在である坂口新氏が紹介されています。

✅ また、日本の黎明期のサックス奏者として、坂口新氏と共に、サックス奏者であり作曲家の深澤孝史氏も紹介されています。

さらに読む ⇒北海道北見市・オンラインサックスレッスン北海道北見市・オンラインサックスレッスン出典/画像元: https://www.osanaimusicschool.com/20201111/

マルセル・ミュールの弟子たちとの繋がりも興味深いですね。

日本のサックス界の歴史は、阪口新氏によって大きく発展しました。彼は、マルセル・ミュールの音楽に感銘を受け、チェロからサックスに転向し、1953年に東京藝術大学に初のサックス科を開設しました。阪口氏の弟子たちは、アカデミア四重奏団、キャトル・ロゾー・サキソフォン・アンサンブルなどの団体を設立し、日本のサックス界の基礎を築きました。

おー、阪口新さんってすごい人なんや!

そうやねー。サックス界のパイオニアって言うんやろ?

阪口さん、昔はよくテレビに出てたわよ。

日本のサックス界の隆盛

須川展也さんの吹奏楽への熱い思いが伝わってきます。

🔖 関連記事の要約!日本が世界に誇るサクソフォン奏者 須川展也に聞く
日本が世界に誇るサクソフォン奏者 須川展也に聞く

✅ 須川展也氏は、吹奏楽の楽しさを伝えることの重要性を訴え、コンクールだけでなく音楽本来の喜びを子供たちに伝えたいという強い思いを持っている。

✅ 吹奏楽とオーケストラの違いについて、オーケストラは弦楽器中心のハーモニーに管楽器が加わるイメージで、吹奏楽は管楽器のみで響きを作り出すためバランスが難しいと説明。吹奏楽の魅力はポップな音楽を生かせる点にあるとし、ジャズやロック系の音楽をアーティスティックに演奏することで魅力を最大にアピールできると考えている。

✅ 吹奏楽の歴史と名曲の少なさについて、オーケストラと比較して歴史が浅いながらも、アルフレッド・リードの「アルメニアンダンス」をターニングポイントに、近年は質の高い作品が増えていると説明。オーケストラ作品の編曲の重要性を述べ、真島俊夫氏の存在は吹奏楽界にとって大きな損失だったと語っている。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/267412

日本のサックス界が隆盛を極めた時代ですね。

1979年に日本サクソフォン協会が設立され、阪口新氏が初代会長に就任しました。その後、石渡悠史、雲井雅人、須川展也、平野公崇、原博巳など、多くの優秀なサクソフォン奏者が輩出され、国際舞台でも活躍するようになりました。

吹奏楽とか、めっちゃ楽しそうやん!

うん、うん。最近は吹奏楽も人気やけんね。

あんたたち、吹奏楽って知ってる?昔はね、吹奏楽ってめっちゃ流行ってたのよ!

サックス界の過去、現在、そして未来について、改めて知ることができました。

🚩 結論!

💡 サックス界のレジェンドたちの功績を知ることができる

💡 日本のサックス界の歴史と発展について学ぶことができる

💡 サックス界の未来を担う若手奏者の活躍を知ることができる