Academic Box Logo

ジャズ・サックス奏者100人ランキング:あなたのお気に入りは?筆者の熱い思いが詰まった選出とは!!?

ジャズ・サックス奏者100人ランキング:あなたのお気に入りは?筆者の熱い思いが詰まった選出とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ジャズ界の巨匠から、若手実力派まで100人のジャズ・サックス奏者をランキング形式で紹介します。

💡 筆者の主観的な選出によるランキングであり、ジャズ・サックスの魅力を再発見できる内容となっています。

💡 各奏者の特徴や代表曲、おすすめのアルバムなどを紹介することで、ジャズ・サックスの世界への理解を深めます。

それでは、最初の章へ進んでいきましょう。

ジャズ・サックス奏者100人ランキング:筆者の熱い思いが詰まった選出

本章では、ジャズ・サックス奏者100人ランキングの筆者の熱い思いをご紹介します。

🔖 関連記事の要約!ソニー・ロリンズ

公開日:2018/11/05

ソニー・ロリンズ

✅ ソニー・ロリンズは「ジャズ界の巨人」として知られていますが、彼の音楽は豪快さだけでなく、多面的な魅力に溢れている。

✅ ロリンズとジョン・コルトレーンは「2大テナー奏者」として比較されることが多いですが、ロリンズは正統派路線を歩む天才肌、コルトレーンは努力型で前衛的な音楽を追求していたという違いがある。

✅ ジャズは演奏技術と音楽理論の理解が不可欠な音楽ジャンルであり、ロリンズはジャズ特有のアドリブを真剣に研究し、チャーリー・パーカーの「閃き」を参考に独自の世界を築き上げた。

さらに読む ⇒サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイトサライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト出典/画像元: https://serai.jp/hobby/23135

まさに、ジャズ史に名を刻む巨匠たちの名前がずらりと並んでいて、筆者の深いジャズへの愛情を感じますね。

定年退職後にアルト・サックスを始めた筆者は、プロのジャズサックス奏者に師事し、ジャズの世界にのめり込みました。その中で、筆者は100人の偉大なジャズ・サックス奏者をランキング形式で紹介する記事を作成しました。ランキングは筆者の好みで構成されており、筆者自身の主観的な選出であることを明記しています。1位にはジャズ史に名を刻むチャーリー・パーカー、2位にはジョン・コルトレーン、3位にはソニー・ロリンズがランクインし、ジャズ界の巨匠たちが上位を占めています。その後は、アート・ペッパー、ポール・デスモンド、キャノンボール・アダレイなど、個性豊かなサックス奏者たちが続きます。日本のジャズサックス奏者では、松本英彦が24位にランクインしています。

え、まじ!?私、ジャズとか全然知らんねんけど、めっちゃ気になるわ!

お兄ちゃん、ジャズ好きなん?なんか、渋くてカッコいいね!

あら、懐かしいわね。昔はよくジャズ喫茶で聴いたものよ。

ジャズ・サックスの世界への入り口:個性豊かな奏者たちの魅力

続いて、ジャズ・サックスの世界への入り口となるような、個性豊かな奏者たちの魅力について解説していきます。

🔖 関連記事の要約!チャーリー・パーカーの魅力を解き明かす名盤ガイド
チャーリー・パーカーの魅力を解き明かす名盤ガイド

✅ チャーリー・パーカーはビバップという新しいジャズスタイルを生み出した革命家であり、その音楽は高速で複雑なリズム、キーの変化、複雑な和音進行などを特徴としている。

✅ パーカーの音楽はジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、オーネット・コールマンなど、後の世代のジャズミュージシャンに大きな影響を与えた。

✅ パーカーはディジー・ガレスピー、マイルス・デイビス、マックス・ローチなどのジャズ界のレジェンドとのコラボレーションを通して、ジャズ史に大きな足跡を残した。

さらに読む ⇒モダンジャズ NOTES |モダンジャズ NOTES |出典/画像元: https://modernjazzmania.com/a-guide-to-the-great-albums-that-unravel-the-charm-of-charlie-parker/

チャーリー・パーカーは、ジャズの歴史を変えるほどの革新的な奏者だったんですね。

この記事では、各奏者の特徴や代表曲などを紹介することで、ジャズ・サックスの世界への理解を深めるための貴重な情報を提供しています。例えば、チャーリー・パーカーの高速なビバップ演奏や、ジョン・コルトレーンのスピリチュアルな音楽、ソニー・ロリンズの力強いサウンドなど、それぞれの奏者の個性的な演奏スタイルや魅力を解説しています。さらに、記事内では、ジャズ初心者向けに、聴きやすいアルバムも紹介しており、これからジャズを聴き始める人にとって、ジャズの世界への入り口となるような情報も満載です。

へぇ~、ジャズって奥が深いんやなぁ。

うんうん、パーカーは超有名だよね。ジャズ好きな人はみんな知ってると思うよ!

あら、昔はね、ジャズって不良の音楽ってイメージだったのよ。

テナーサックス奏者10人:時代を超えて愛される演奏の魅力

本章では、ジャズ史に名を刻む、テナーサックス奏者10人の魅力に迫ります。

🔖 関連記事の要約!テナーサックス(3)―ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーン
テナーサックス(3)―ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーン

✅ この記事は、ジャズ・テナーサックス界の巨匠、ソニー・ロリンズとジョン・コルトレーンの演奏の特徴とキャリアについて解説しています。

✅ ロリンズは「インプロヴァイザー」として知られ、機知に富んだ即興演奏で聴衆を魅了しました。彼のアドリブは芸術の域に達し、代表作「サキソフォン・コロッサス」はモダン・ジャズの代名詞となっています。

✅ 一方、コルトレーンは「求道者」と呼ばれ、ジャズの精神性を深く追求しました。マイルス・デイヴィスの薫陶を受け、独自の演奏スタイルを確立し、歴史に残るアルバム「カインド・オブ・ブルー」に貢献しました。

さらに読む ⇒ジャズ on the net|JAZZの名曲・名演を動画で試聴ジャズ on the net|JAZZの名曲・名演を動画で試聴出典/画像元: https://jazz-cafe.hatenablog.com/entry/jazztenorsax3

ロリンズとコルトレーンは、どちらもジャズ史に大きな影響を与えた伝説的な奏者ですね。

記事では、筆者おすすめのテナーサックス奏者10人を紹介しています。ジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、スタン・ゲッツなど、ジャズ史に名を刻む巨匠たちが取り上げられています。彼らの演奏は、個性的な演奏スタイルだけでなく、時代を超えて愛される魅力に溢れています。記事では、それぞれの奏者の特徴や代表的なアルバムを紹介しており、ジャズ・サックスに興味がある人にとって、貴重な情報源となるでしょう。

え、テナーサックスって、そんな歴史があるんや!?

うん、テナーサックスはジャズには欠かせない楽器だよ!

あら、昔はね、サックスといえば、アルトサックスだったのよ。

ジャズ・サックスの魅力を存分に味わう:代表曲とアルバムの紹介

いよいよ、ジャズ・サックスの魅力を存分に味わえる章です。

🔖 関連記事の要約!サックス奏者の知っておきたい奏者やおすすめCD、楽曲(ソロ)の紹介
サックス奏者の知っておきたい奏者やおすすめCD、楽曲(ソロ)の紹介

✅ この記事は、サックスプレイヤーを紹介しており、国内プレイヤーと海外プレイヤーに分けて紹介しています。

✅ 国内プレイヤーでは、須川展也、田中靖人、本田雅人、矢野沙織、渡辺貞夫といった、それぞれの分野で活躍するプレイヤーを紹介しています。

✅ 海外プレイヤーでは、ジャン=イヴ・フルモー、ファブリス・モレッティ、デイヴィッド・サンボーンといった、クラシックからジャズまで幅広い分野で活躍するプレイヤーを紹介しています。

さらに読む ⇒Suipedia ~吹奏楽の情報サイト~Suipedia ~吹奏楽の情報サイト~出典/画像元: http://suipedia.com/contents/part/woodwind/saxophone/recommend/

国内外の様々なプレイヤーを紹介されていて、ジャズ・サックスの世界の広がりを感じますね。

記事では、各奏者の代表曲やアルバムを紹介しており、ジャズ・サックスの魅力を存分に楽しめるようになっています。筆者の熱い思いが詰まったランキングを通じて、ジャズ・サックスの世界に触れてみませんか?

へぇ~、日本のプレイヤーもいるんや!

うん、日本にもすごいプレイヤーがいるんだよ!

あら、昔はね、ジャズは外国の音楽ってイメージだったのよ。

筆者の熱い思いが伝わる:ジャズ・サックスの魅力を再発見

最後の章では、筆者の熱い思いが伝わる、ジャズ・サックスの魅力を再発見できる内容となっています。

🔖 関連記事の要約!大ヒット映画「BLUE GIANT」のサックス奏者、馬場智章に聞くアップル「空間オーディオ」の魅力

公開日:2023/03/13

大ヒット映画「BLUE GIANT」のサックス奏者、馬場智章に聞くアップル「空間オーディオ」の魅力

✅ 「BLUE GIANT」のサウンドトラックは、空間オーディオで聴くと、映画のシーンを思い浮かべながら、まるで映画館にいるような臨場感を感じることができます。

✅ 空間オーディオは、楽器やボーカルの音像が立体感を増すことで、より豊かな音楽体験を提供します。

✅ 馬場智章さんは、空間オーディオによって、映画の場面に合わせたリアルな音づくりを忠実に再現できていることに満足しており、リスナーが音質にこだわることの楽しさを知ってほしいと考えています。

さらに読む ⇒マイナビニュースマイナビニュース出典/画像元: https://news.mynavi.jp/article/20230313-2613854/

筆者のジャズへの情熱が伝わってくる、素晴らしい記事ですね。

筆者は、自身の経験に基づいたランキングと紹介を通して、読者にジャズ・サックスの世界の魅力を伝えたいという強い意志を感じます。この記事は、ジャズ初心者から上級者まで、幅広い読者に楽しんでもらえる内容となっています。

なんか、ジャズ聴きたくなってきちゃった!

うん、ジャズは聴けば聴くほど深みがあるよね!

あら、昔はね、ジャズって難しくてよく分からなかったのよ。

このランキングを通じて、ジャズ・サックスの魅力を再発見できたのではないでしょうか。

🚩 結論!

💡 ジャズ・サックス奏者100人ランキングと、各奏者の特徴や代表曲、おすすめのアルバムが紹介されています。

💡 筆者の熱い思いと豊富な知識が詰まった、ジャズ・サックスの世界への入り口となる記事です。

💡 ジャズ・サックスに興味がある方はもちろん、初めてジャズに触れる方にもおすすめです。