Academic Box Logo

Hi-STANDARDの音楽的進化って?6年間で生まれた名曲の数々とは!!!

Hi-STANDARDの音楽的進化って?6年間で生まれた名曲の数々とは!!!
📘 この記事で分かる事!

💡 Hi-STANDARDは1991年に結成された日本のパンクバンドです。

💡 彼らは、メロコアと呼ばれるジャンルで人気を博し、日本のパンクシーンを牽引する存在となりました。

💡 彼らの音楽は、パワフルでエネルギッシュなサウンドと、ストレートなメッセージが特徴です。

それでは、Hi-STANDARDの音楽的進化について、詳しく見ていきましょう。

6年間の音楽的進化

はい、それでは、Hi-STANDARDの音楽的進化について、見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!Hi
Hi

✅ Hi-STANDARDの1994年7月発売アルバム「LAST OF SUNNY DAY」の初版プレス分は、ジャケットに無許可でレゴを使用していたため、レゴ社からのクレームにより発売1ヶ月で回収・廃盤となりました。

✅ このアルバムは、レゴブロックを使用したジャケットデザインが特徴で、当時話題となりました。

✅ ジャケットの玩具は、COCOBATのTAKE-SHITが制作したと言われています。

さらに読む ⇒◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇出典/画像元: https://sk8rock.exblog.jp/9362779/

レゴの件は、意外なエピソードですね。でも、初期のハイスタの勢いが伝わってきます。

1994年の『LAST OF SUNNY DAY』から2000年の『Love is a Battlefield』まで、わずか6年間でハイスタは数々の傑作を生み出した。この期間は、バンドの音楽的進化が著しく、初期のパンクサウンドからより洗練されたメロディーとメッセージ性へと変化していった。それぞれのアルバムは、ハイスタの音楽的成長を鮮やかに物語っている。

え、まじ!?ハイスタって、そんなとこあったんや!

そうやな、ハイスタは、初期から、めっちゃ勢いがあったけんね。

あら、懐かしいわね。あの頃は、みんな若かったわよ。

ハイスタのDIY精神と名曲たち

ハイスタのDIY精神は、彼らの音楽をより一層魅力的にしていますね。

🔖 関連記事の要約!MAKING THE ROAD

公開日:2020/04/21

MAKING THE ROAD

✅ ハイスタのアルバム「MAKING THE ROAD」は、作者にとって人生の入場曲のような存在であり、ハイスタに出会わなければ今の自分は存在しなかったと語る。

✅ アルバムは、メロコアの枠にとどまらないバラエティに富んだ楽曲で構成され、ハイスタの決意と人生そのものを表現している。

✅ 作者は、アルバムのタイトルや歌詞が持つ意味を解釈し、21年前のハイスタが示してくれた道が今も自分の人生を導いてくれると結論付けている。

さらに読む ⇒PIZZA OF DEATH RECORDS サブスク全解禁!! 特設サイトPIZZA OF DEATH RECORDS サブスク全解禁!! 特設サイト出典/画像元: https://subsc.pizzaofdeath.com/release/making_the_road/

はい、まさに、ハイスタのDIY精神が詰まったアルバムですね。

『MAKING THE ROAD』は、ハイスタが独立したインディーズレーベル、PIZZA OF DEATH RECORDSからリリースされた作品である。このアルバムは、ハイスタのDIY精神を象徴する作品であり、彼らの音楽に対する熱い情熱が伝わってくる。筆者は『STANDING STILL』『NOTHING』『BRAND NEW SUNSET』といった楽曲を特に推している。これらの楽曲は、ハイスタの音楽の魅力を凝縮したような素晴らしい作品である。

ハイスタって、ほんまに、かっこいいわ!

うん、ハイスタは、最高やね!

あら、若い人は、ハイスタを知ってるのね。

世代を超えて愛される代表曲たち

ハイスタの音楽は、世代を超えて愛される普遍的な魅力があります。

🔖 関連記事の要約!Hi
Hi

✅ Hi-STANDARDのドラマー、恒岡章さんが51歳で亡くなりました。

✅ 彼の訃報を受け、ラジオではHi-STANDARDの楽曲が多数オンエアされ、「STAY GOLD」や「DEAR MY FRIEND」がチャートインしました。

✅ Hi-STANDARDのボーカル・難波章浩は自身のラジオ番組を休止し、番組内でHi-STANDARDの楽曲を9曲ノンストップで流しました。

さらに読む ⇒ラジオ・オンエア・チャート by PLANTECHラジオ・オンエア・チャート by PLANTECH出典/画像元: https://plantech-mdata.themedia.jp/posts/41617241

はい、恒岡さんの突然の訃報は、本当に残念でした。

ハイスタの代表曲である『STAY GOLD』『DEAR MY FRIEND』『MOSH UNDER THE RAINBOW』は、彼らの音楽の幅広さを示す楽曲である。これらの曲は世代を超えて愛され続けており、ハイスタの音楽が持つ普遍的な魅力を証明している。

えー、めっちゃショックやわ。

そうやね、悲しいけど、ハイスタの音楽は、永遠に生き続けると思うよ。

あら、若い人が、ハイスタの音楽を聴いてるなんて、嬉しいわね。

ハイスタの道のり

Hi-STANDARDの音楽は、これからも多くの人々に影響を与えていくでしょう。

🔖 関連記事の要約!MAKING THE ROAD (メイキング・ザ・ロード) : Hi
MAKING THE ROAD (メイキング・ザ・ロード) : Hi

✅ この記事は日本のパンクバンド「Hi-STANDARD」のボーカル&ギター担当である横山健のソロプロジェクト「Ken Yokoyama」について記述しています。

✅ 記事はKen Yokoyamaの音楽活動の中で重要な要素である「PIZZA OF DEATH」というレーベルについて解説しています。

✅ また、Ken Yokoyamaの楽曲「Stay Gold」や「Please Please Please」など、彼の音楽活動における重要な楽曲について説明しています。

さらに読む ⇒HMV&BOOKS online - �{�ECD�EDVD�E�u������C�E�Q����E�O�b�Y�̒ʔ̐��T�C�gHMV&BOOKS online - �{�ECD�EDVD�E�u������C�E�Q����E�O�b�Y�̒ʔ̐��T�C�g出典/画像元: https://www.hmv.co.jp/artist_Hi-STANDARD_000000000051298/item_MAKING-THE-ROAD-%EF%BC%88%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%EF%BC%89_858110

はい、ハイスタは、日本のパンクシーンに大きな影響を与えたバンドですね。

『MAKING THE ROAD』は、ハイスタが歩んできた道のりを示す重要な作品である。このアルバムは、筆者だけでなく多くのファンにとって、ハイスタの音楽の魅力を再確認できる作品である。ハイスタの音楽は、これからも多くの人々の心を熱くし続けるだろう。

ハイスタって、ほんまに、すごいバンドやわ。

うん、ハイスタは、レジェンドやね!

あら、ハイスタって、今も人気なのね。

以上で、Hi-STANDARDの音楽的進化について、ご紹介しました。

🚩 結論!

💡 Hi-STANDARDは、1991年の結成から、日本のパンクシーンを牽引してきました。

💡 彼らの音楽は、世代を超えて愛され、多くの人々に影響を与えています。

💡 今後も、彼らの音楽は、多くの人々に愛され続けるでしょう。