Academic Box Logo

バイオリニスト松本蘭の歩みは?母の死は、彼女の音楽に大きな影響を与えた!!?

バイオリニスト松本蘭の歩みは?母の死は、彼女の音楽に大きな影響を与えた!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 バイオリニスト松本蘭は、幼い頃から才能を発揮し、数々のコンクールで入賞

💡 母を亡くした経験が、松本蘭の音楽への情熱を深めた

💡 ソロ活動やコラボレーションなど、多岐にわたる活動で活躍している

それでは、松本蘭さんの歩みについて、詳しく見ていきましょう。

バイオリニストとしての歩み

松本蘭さんのバイオリニストとしての歩みは、まさに輝かしいものですね。

🔖 関連記事の要約!バイオリニストの松本蘭が第一子出産 ミス日本グランプリで「ミス着物」受賞― スポニチ Sponichi Annex 芸能
バイオリニストの松本蘭が第一子出産 ミス日本グランプリで「ミス着物」受賞― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ 近藤春菜さんが、鼻下のほくろを切除したことを公表。健康面を考慮し、切除を決断したと説明。

✅ ロッチの中岡創一さんが、彼女とのゲンカについて告白。喧嘩の内容や、彼女の反応について語っている。

✅ アイドルグループ「=LOVE」のセンターを務める高松瞳さんが、活動の一時休止を発表。9月12日の2周年コンサートをもって、活動を休止する予定。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/20/kiji/20190820s00041000209000c.html

様々な経験を経てきた松本蘭さんのバイオリニストとしての成長を感じます。

松本蘭さんは1983年9月15日生まれの埼玉県出身のヴァイオリニストです。幼い頃からヴァイオリンを始め、数々のコンクールで入賞を果たし、ソリストとして活躍しています。2006年から「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」のメンバーとして活動し、2009年にソロデビューを果たしました。松本蘭さんは、桐朋学園大学音楽学部出身で、徳永二男氏に師事しました。東京交響楽団や京都市交響楽団など数々のオーケストラと共演し、2009年にワーナーミュージック・ジャパンよりアルバム「蘭ing」でCDデビューを果たしました。松本蘭さんは、海外でも活躍しており、台湾総統府を表敬訪問して総統を前に演奏したり、スペインリサイタルや日本ロシア文化交流公演に参加するなど、活躍の場を広げています。松本蘭さんは、2014年から「めざましクラシックス」に出演し、高嶋ちさ子さんの妹分として活躍しています。また、第41回09年ミス日本「ミス着物」を受賞した美貌を生かし、津軽三味線の吉田兄弟や歌舞伎役者の七代目市川染五郎さんとコラボレーションするなど、和の世界でも活躍しています。松本蘭さんは、2017年に一般の方と結婚し、2019年には第一子となる男の子を出産しています。

え、まじ!?めっちゃ気になるわ!

いやぁ、すごいっすね。やっぱ努力って大事やね。

あら、若いって素晴らしいわね。うちも若い頃はバイオリン弾きたかったのよ。

母との別れ

松本蘭さんの母親の闘病は、彼女にとって大きな試練だったと思います。

🔖 関連記事の要約!松本蘭の結婚と旦那!実家や母など家族・出身高校も紹介【ヴァイオリン奏者】
松本蘭の結婚と旦那!実家や母など家族・出身高校も紹介【ヴァイオリン奏者】

✅ ヴァイオリン奏者松本蘭は、埼玉県出身で、桐朋学園大学音楽学部を卒業した。

✅ 松本蘭は母をがんで亡くし、その経験から音楽に対する情熱を燃やし続けている。

✅ 松本蘭は、ソロ活動のほか、「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」のメンバーとしても活躍し、海外公演や著名人とのコラボなど幅広い活動を行っている。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001768

母親の死は、松本蘭さんに大きな影響を与えたことが分かります。

松本蘭さんの母親は、松本蘭さんが7歳の時にがんが見つかり、再発と転移を繰り返して闘病25年という長い時間を過ごしました。松本蘭さんは母親が亡くなる2日前にはコンサートがあり、母親がコンサートを観に来てくれたことを報告しています。亡くなる前日には一緒に映画を見るなど普段通りの日常を過ごしましたが、翌朝に眠ったまま亡くなっていたところが発見されました。母親は2015年9月14日に亡くなりました。

え、まじやばい。泣けるやん。

つらい経験もあったんやけど、乗り越えてきたんすね。すごい。

あら、かわいそうに。でも、きっと天国から見守ってくれてるわよ。

多岐にわたる活動

松本蘭さんの活動の幅広さに驚きました。

🔖 関連記事の要約!和洋折衷の美を紡ぐ、松本蘭の着物&ヴァイオリン
和洋折衷の美を紡ぐ、松本蘭の着物&ヴァイオリン

✅ 若手ヴァイオリニストの松本蘭が、8月26日にソロ・デビューアルバム「蘭ing」をリリースする。

✅ アルバムに先駆けて、5月20日からiTunesにて先行配信「蘭ing(先行セレクトver.)」が開始される。

✅ 松本蘭はミス着物を受賞しており、日本の名歌曲「山田耕筰/からたちの花」を収録するなど、着物姿での演奏にも積極的に取り組む予定で、ヴァイオリンと着物の和洋折衷のパフォーマンスに期待が高まる。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000049398

バイオリンと和服という組み合わせ、とても素敵ですね。

松本蘭さんは、バイオリニストとしての演奏活動に加え、作曲活動や企業広告のイメージキャラクターなど、多彩な活動を行っています。その才能豊かな松本蘭さんの今後の活躍が楽しみです。松本蘭さんは、日本の音楽家たちとのコラボレーションも数多く、津軽三味線の吉田兄弟、歌舞伎役者の七代目市川染五郎、俳優・歌手の寺尾聰など、幅広い分野の著名人と共演しています。松本蘭さんのソロデビューアルバム『蘭ing』は、5月20日からiTunesにて先行配信され、親しみやすいクラシック楽曲で構成されています。ミス着物を受賞した松本蘭さんは、日本文化への思いを込めて日本の名歌曲「山田耕筰/からたちの花」を収録しました。今後、着物姿での演奏にも積極的に取り組むという、ヴァイオリンと着物という和洋折衷のパフォーマンスへの期待が高まっています。5月20日には、東京紀尾井ホールにて「12人のヴァイオリニスト」コンサートに出演し、ソロデビューを宣言する予定です。

ええ、めっちゃかっこいいやん!

着物姿でバイオリンって、想像つかんけど、なんかおしゃれそうやね。

あら、着物姿でバイオリン弾くの?斬新だわね。

輝かしい実績と未来への展望

松本蘭さんの実績は素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!松本蘭 プロフィール
松本蘭 プロフィール

✅ 桐朋学園大学音楽学部卒業後、同大学研究科修了。才能教育よりヴァイオリンを始め、国内外の著名な音楽家から指導を受け、数々のコンクールで受賞するなど、高い演奏技術を認められています。

✅ 国際的な音楽祭や研修会に参加し、著名な指揮者から指導を受けるなど、幅広い音楽経験を積んでいます。また、地域住民とのふれあいコンサートなど、アウトリーチ活動にも積極的に取り組んでいます。

✅ 東京交響楽団やロイヤルチェンバーオーケストラとの共演など、プロの音楽家として活躍する一方、「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」のメンバーとしても活動し、幅広い音楽ジャンルに挑戦しています。

さらに読む ⇒ワーナーミュージック・ジャパン | Warner Music Japanワーナーミュージック・ジャパン | Warner Music Japan出典/画像元: https://wmg.jp/matsumotoran/profile/

様々な経験を通して、松本蘭さんは大きく成長されたのでしょう。

ヴァイオリニストの松本蘭は、桐朋学園大学音楽学部卒業後、徳永二男氏に師事。東京交響楽団、京都市交響楽団など著名なオーケストラとの共演や、ワーナーミュージック・ジャパンからのCDデビュー、ミス日本「ミス着物」受賞など、数々の実績を持つ。ソロ活動に加え、「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」への参加や、津軽三味線・吉田兄弟、俳優で歌手の寺尾聰、歌舞伎役者の七代目市川染五郎など、クラシックの枠を超えたコラボレーションも積極的に行っている。また、国際交流基金の助成を受けスペイン各地でリサイタルを行い、日露文化交流公演でサンクトペテルブルク、マリインスキー劇場にて公演するなど、国際的な舞台でも活躍している。さらに、フジテレビアナウンサー軽部真一と共に「めざましクラシックス」松本蘭バージョンを全国で公演するなど、幅広い活動でクラシック音楽の魅力を発信している。

うわぁ、すごい!めっちゃ憧れるわ。

やっぱ、プロってすごいね。

あら、若いのにすごいわね。うちも若い頃はバイオリン弾きたかったのよ。

松本蘭さんのバイオリニストとしての歩みは、これからも目が離せません。

🚩 結論!

💡 松本蘭は、幼い頃から才能を発揮し、数々のコンクールで入賞している

💡 母親の死は、松本蘭の音楽への情熱を深めた

💡 ソロ活動やコラボレーションなど、多岐にわたる活動で活躍している