Academic Box Logo

ぱんだウインドオーケストラは、一体どんな吹奏楽団?その魅力とは!?

ぱんだウインドオーケストラは、一体どんな吹奏楽団?その魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 東京芸大出身の若手奏者で構成された吹奏楽団

💡 フレッシュな演奏とオリジナル曲、編曲作品に特徴

💡 従来の吹奏楽のイメージにとらわれず、現代的なアレンジを取り入れた演奏

それでは、第一章、ぱんだウインドオーケストラの誕生と理念についてお話します。

ぱんだウインドオーケストラの誕生と理念

ぱんだウインドオーケストラは、東京芸大出身の若手奏者で構成された吹奏楽団で、フレッシュな演奏とオリジナル曲、編曲作品に特徴があるとのことですね。

🔖 関連記事の要約!ぱんだウインドオーケストラ(上野耕平・佐藤采香) – ぶらあぼONLINE
ぱんだウインドオーケストラ(上野耕平・佐藤采香) – ぶらあぼONLINE

✅ ぱんだウインドオーケストラは、東京芸大出身の若手奏者で構成された吹奏楽団で、フレッシュな演奏とオリジナル曲、編曲作品に特徴があります。

✅ 5月の東京文化会館公演では、ジョン・マッキーの交響曲「ワイン・ダーク・シー」、ガーシュウィンの「パリのアメリカ人」、ラヴェルの「ボレロ」など、新旧の名曲を独自の解釈で演奏します。

✅ 従来の吹奏楽のイメージにとらわれず、現代的なアレンジや演出を取り入れた演奏で、幅広い層に吹奏楽の魅力を伝えたいと考えています。

さらに読む ⇒ぶらあぼONLINE | クラシック音楽情報ポータルぶらあぼONLINE | クラシック音楽情報ポータル出典/画像元: https://ebravo.jp/archives/33069

創立当初は、上野動物園のパンダにちなんで名付けられたとのこと、ユニークで印象的な名前ですね。

2011年、東京藝術大学の一年生有志によって創立されたぱんだウインドオーケストラは、上野耕平をコンサートマスターに迎え、吹奏楽の芸術性、エンタメ性、教育の3つの柱を軸に活動を展開しています。創立当初は、東京藝術大学入学生を中心とした吹奏楽団として、上野動物園のパンダにちなんで名付けられました。その後、上野耕平をコンサートマスターに迎え、Creation(芸術性)、Entertainment(エンタメ性)、Education(教育)を3つの軸として活動を本格化させました。

へぇー、パンダって、なんで?

そうなんか、知らんかったわ。

パンダって、笹ばっかり食うやろ?

芸術性の追求とメディアへの進出

現代の作曲家による委嘱作品を積極的に演奏しているとのこと、まさに現代の吹奏楽界を牽引する存在と言えるのではないでしょうか。

🔖 関連記事の要約!ツアー】宮川彬良×ぱんだウインドオーケストラ
ツアー】宮川彬良×ぱんだウインドオーケストラ

✅ 2020年代の吹奏楽界を牽引する作曲家・宮川彬良氏と、サックス奏者上野耕平氏率いる若手精鋭集団「ぱんだウインドオーケストラ」によるコンサートが開催されます。

✅ 本公演では、宮川氏作曲の吹奏楽オリジナル最新作「NEXT VISION」や、手塚治虫の名作「ブラック・ジャック」から想を得た吹奏楽のためのソナタ「ブラック・ジャック」など、ジャンルを超えた多彩な楽曲が演奏されます。

✅ また、宮川氏作曲の吹奏楽コンクール課題曲「僕らのインベンション」も演奏され、新たなメンバーを加えたぱんだウインドオーケストラによる演奏が聴きどころとなっています。

さらに読む ⇒ おふぃすベガ おふぃすベガ出典/画像元: https://office-vega.net/2020/02/10/panda2020tour/

宮川彬良氏作曲の吹奏楽オリジナル最新作「NEXT VISION」や、手塚治虫の名作「ブラック・ジャック」から想を得た吹奏楽のためのソナタ「ブラック・ジャック」など、ジャンルを超えた多彩な楽曲が演奏されるとのこと、楽しみですね。

ぱんだウインドオーケストラは、現代の作曲家による委嘱作品を積極的に演奏し、吹奏楽の魅力を追求した清新なプログラミングで好評を得ています。黛敏郎や前久保諒など、現代の作曲家による委嘱作品を積極的に演奏し、吹奏楽の魅力を考え抜いたプログラミングで公演を重ね、高い評価を得ています。これまでに6枚のCDをリリースし、テレビ朝日「題名のない音楽会」やNHK-Eテレ「ららら♪クラシック」など、様々なメディアにも出演しています。

えー、まじ?なんか、かっこよすぎやんな!

なるほどね。パンダって、意外と文化人やったんや。

ブラック・ジャックって、あの医者やろ?パンダが医者になるって、どうゆうことや?

多岐にわたる活動と社会貢献

多岐にわたる活動を通じて音楽への希望や愛を発信し続けているとのこと、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!地域に愛され20年! 上野耕平率いるぱんだウインドオーケストラが『富士山河口湖音楽祭2022』に登場~「これまでに耳にしたことがない吹奏楽が聴けると思います」
地域に愛され20年! 上野耕平率いるぱんだウインドオーケストラが『富士山河口湖音楽祭2022』に登場~「これまでに耳にしたことがない吹奏楽が聴けると思います」

✅ 2022年8月11日(木・祝)~8月20日(土)に開催される「富士山河口湖音楽祭」は、国内外で活躍する音楽家によるリサイタルや、マスタークラス、朗読劇など様々なプログラムが楽しめる地域に根差した音楽祭です。

✅ 8月20日(土)には、サクソフォン奏者・上野耕平率いるぱんだウインドオーケストラ(以下、ぱんだWO)が河口湖ステラシアターに登場し、歴史的な作品から近年の作品まで幅広く演奏する予定です。

✅ 音楽祭期間中は、音楽祭と富士急行線のタイアップで「音楽祭コラボ号」が運行し、電車が河口湖駅に到着すると、ぱんだWOのテーマソング「PANDASTIC!」が同地を訪れた観客を出迎えます。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/306588

富士山河口湖音楽祭での演奏、楽しみですね。音楽祭と富士急行線のタイアップで「音楽祭コラボ号」が運行されるとのこと、これもまた話題になりそうですね。

ぱんだウインドオーケストラは、大編成に加え、「こぱんだウインズ」や「こぱんだウインドアンサンブル」といった小編成の活動も展開しています。アウトリーチ活動や次世代の音楽家育成など、多岐にわたる活動を通じて音楽への希望や愛を発信し続けています。2015年10月には上野動物園パンダの日記念イベントに出演するなど、精力的に活動しています。

え、パンダって、富士山まで行くの?

知らんかったわ。パンダって、意外に活動的なんやね。

富士山って、高いとこやで。パンダが登れるんかな?

音楽の記録と発信

これまでに6枚のCDをリリースしているとのこと、人気も高いんですね。

🔖 関連記事の要約!ぱんだウインドオーケストラ(PWO)『PANDASTIC!! Live2016』2016/8/24発売
ぱんだウインドオーケストラ(PWO)『PANDASTIC!! Live2016』2016/8/24発売

✅ 「PANDASTIC!! ~Newest Standard~ 」は、2010年以降に発表された人気楽曲を、ぱんだウインドオーケストラによるオリジナルアレンジで収録した吹奏楽アルバムです。

✅ BABYMETAL、ももいろクローバーZ、SEKAI NO OWARI、初音ミク、秦 基博など、幅広いジャンルの楽曲を吹奏楽に編曲し、新たな魅力を引き出しています。

✅ 映画「スター・ウォーズ」のメインテーマや、アニメ「響け!ユーフォニアム」の主題歌など、話題の楽曲も収録されており、吹奏楽ファンだけでなく、幅広い層に楽しめる内容となっています。

さらに読む ⇒日本コロムビアオフィシャルサイト|NIPPON COLUMBIA日本コロムビアオフィシャルサイト|NIPPON COLUMBIA出典/画像元: https://columbia.jp/pwo/

BABYMETAL、ももいろクローバーZ、SEKAI NO OWARIなど、幅広いジャンルの楽曲を吹奏楽に編曲しているとのこと、興味深いですね。

ぱんだウインドオーケストラは、これまでに6枚のCDをリリースしています。特に、2015年12月16日には初のセッション録音によるアルバム「PANDASTIC!!〜NewestStandard〜」をリリースしました。

パンダが、BABYMETALとか、SEKAI NO OWARIとか、演奏するって、まじ?

パンダって、音楽好きなんかな?

パンダが、音楽を演奏するって、なんか、シュールやな。

未来への展望

クラリとコンサートスクウェアが統合され、音楽家の登録閲覧が可能になったとのこと、これは音楽家にとって朗報ですね。

🔖 関連記事の要約!ぱんだウインドオーケストラ
ぱんだウインドオーケストラ

✅ クラリとコンサートスクウェアが統合され、音楽家の登録閲覧が可能になりました。

✅ クラリと同じ方法でコンサートスクウェアへのログインが行えます。

✅ ぱんだウインドオーケストラのコンサートが開催され、水戸博之氏と児玉隼人氏が参加します。

さらに読む ⇒コンサートスクウェア(クラシック音楽情報)コンサートスクウェア(クラシック音楽情報)出典/画像元: https://www.concertsquare.jp/blog/2024/202405158.html

ぱんだウインドオーケストラは、プロ顔負けの技術と若いエネルギーを感じられる演奏が魅力とのこと、今後の活躍が期待されますね。

ぱんだウインドオーケストラは、プロ顔負けの技術と若いエネルギーを感じられる演奏が魅力です。今後も、吹奏楽の世界で新たな道を切り開く存在として、注目を集めていくことが期待されます。

えー、パンダって、音楽家になるん?

まじか、パンダって、やっぱすごいんやな。

音楽家って、パンダもなるんや。なんでもありやな。

ぱんだウインドオーケストラは、フレッシュな演奏とオリジナル曲、編曲作品に特徴を持つ、現代的な吹奏楽団です。

🚩 結論!

💡 東京芸大出身の若手奏者で構成された吹奏楽団

💡 現代の作曲家による委嘱作品を積極的に演奏し、吹奏楽の魅力を追求した清新なプログラミングで好評を得ている

💡 アウトリーチ活動や次世代の音楽家育成など、多岐にわたる活動を通じて音楽への希望や愛を発信し続けている