Academic Box Logo

松浦勝人、音楽プロデューサーとしての挑戦とエイベックス人生の区切り?とは!?

松浦勝人、音楽プロデューサーとしての挑戦とエイベックス人生の区切り?とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 松浦勝人氏は、音楽プロデューサーとして活躍後、エイベックスの社長を務めた人物です。

💡 現在は、社長を退任し、再び音楽制作に専念しています。

💡 経営者としての学び直しや、今後の展望など、幅広い内容を語っています。

それでは、松浦勝人氏の現在と過去の挑戦について詳しく見ていきましょう。

音楽プロデューサーとしての挑戦

松浦勝人氏、音楽プロデューサーとしての再出発ですね。

🔖 関連記事の要約!エイベックス創業者 松浦勝人、新たな楽曲制作への挑戦を宣言「最後になるかもしれないけど一番やりたかったことをやる」
エイベックス創業者 松浦勝人、新たな楽曲制作への挑戦を宣言「最後になるかもしれないけど一番やりたかったことをやる」

✅ エイベックス創業者・松浦勝人が、ハワイの別荘で音楽制作に再挑戦することを決意。20年前、社長になるため音楽制作を中断していたが、社長を退任し、再び音楽制作に専念することを決めた。

✅ 松浦は、長年の音楽制作への情熱と、40代、50代でこそ音楽制作のピークを迎えるという信念を持ち、再び音楽制作に取り組むことを決意。

✅ 松浦は、5年以内に結果が出なければ音楽制作を終えるという強い決意を表明し、新たな章の幕開けを告げている。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2020/07/post-584022.html

社長を退任して、音楽制作に専念するとは、強い決意を感じます。

松浦勝人氏は、エイベックスの創業者であり、音楽プロデューサーとして成功を収めた人物です。しかし、社長業には苦労が多く、音楽制作に集中できませんでした。現在は経営から退き、音楽制作に専念しており、新たな挑戦として「コーライティング」と呼ばれる作曲手法を取り入れています。これは、様々なジャンルの作曲家と共同で楽曲制作を行うもので、若い世代のクリエイターとのコラボレーションによって、新鮮な音楽を生み出しています。松浦氏は、テクノロジー部門の子会社の取締役も務め、オンラインライブなどの新たなエンタメの形にも積極的に取り組んでいます。コロナ禍の影響でライブ業界は大きな変化を迫られていますが、松浦氏はピンチをチャンスと捉え、時代を象徴する音楽を作りたいと考えています。音楽人としての情熱と、時代の変化に対応する柔軟な発想で、今後の音楽シーンを牽引していくことが期待されます。

え、社長辞めて音楽に戻ったん?マジ?

社長辞めて音楽やるって、かっこいいじゃん!

音楽は若いもんのものよ。年寄りには無理よ。

経営者としての学び直し

松浦勝人氏は、経営者としても学び続けているんですね。

🔖 関連記事の要約!成功を手にし、50歳を過ぎた松浦勝人が今、「勉強」をする理由
成功を手にし、50歳を過ぎた松浦勝人が今、「勉強」をする理由

✅ 松浦勝人氏は、エイベックス創業後、30年間企業理念やミッションを言語化して共有することができていなかったことを反省し、社員約1500人規模の会社として、明確な理念を共有する必要性を感じている。

✅ そのため、役員一同で経営学や英語を学び、TOEICを受験するなど、自ら率先して行動することで社員に刺激を与え、エイベックスの理念やビジョンを明確にすることを目指している。

✅ 過去の成功体験を振り返り、情熱を持って取り組んでいたダンスミュージックビジネスを例に挙げ、現在の自分には欠けている熱意や行動力を再認識し、現状維持に甘んじることなく、常に自分を追い込み、成長を続けることの重要性を説いている。

さらに読む ⇒幻冬舎plus|自分サイズが見つかる進化系ライフマガジン幻冬舎plus|自分サイズが見つかる進化系ライフマガジン出典/画像元: https://www.gentosha.jp/article/13739/

30年間、理念を言語化せずに経営してきたとは、驚きです。

松浦勝人氏は、エイベックス創業後も経営学や英語を学び直し、企業理念やミッションを再定義しようと努力しています。30年間、理念を言語化せずに経営してきたことを反省し、従業員1500人規模の企業として、明確な指針を共有する必要性を感じています。また、企業のやるべき事業は「経済的原動力になるもの」「情熱を持てるもの」「世界一になれるもの」の3つの輪が重なり合うものだと考え、自分自身も学び直し、社員に「やらない言い訳」をしないよう、率先して行動しています。かつてダンスミュージックに情熱を注ぎ、世界一詳しいと自負していた松浦氏は、経営者になってからは「まあ、いいや」という気持ちが強くなり、学びを怠っていたと反省しています。現状に満足せず、学び続けることの大切さを説き、自ら行動することで、社員にも同じことを実践することを促しています。

え、まじで?社長なのに、経営学とか勉強してんの?

社長って大変そうやけん、勉強も大事よね。

あー、でも、学び直しって大事よね。私も若い頃は、もっと勉強しておけばよかったわ。

エイベックス人生の区切りと今後の展望

松浦勝人氏は、今後「いいお金持ち」として生きていくんですね。

🔖 関連記事の要約!松浦勝人】「真っ当に稼いで真っ当に使う。いいお金持ちがどういうものかを見せようと思う」
松浦勝人】「真っ当に稼いで真っ当に使う。いいお金持ちがどういうものかを見せようと思う」

✅ この記事は、エイベックスの松浦勝人氏が、自身の経験と現在の心境を語ったものです。

✅ 松浦氏は、CEOを退任し、今後は「いいお金持ち」として生きていくことを宣言しています。そのために、今まで避けてきた「お金持ち」としての側面を積極的に見せることを決意し、高級車を購入したり、子供たちに財産の一部を譲渡したりしています。

✅ また、松浦氏は、過去の苦労や、メディアによる誤解、そして現在感じるストレスについて触れ、多くの人を許す決意を表明しています。

さらに読む ⇒GOETHEゲーテ | 仕事が楽しければ人生も愉しいGOETHEゲーテ | 仕事が楽しければ人生も愉しい出典/画像元: https://goetheweb.jp/person/article/20210530-matsuura_35

過去の苦労やストレスを乗り越えて、前向きに生きていく決意が伝わってきます。

この記事は、元エイベックスCEOである松浦勝人氏が、自身のエイベックス人生の区切りと、今後の「いいお金持ち」としての生き方を語ったものです。松浦氏は、これまで稼いできたお金を真っ当に使い、人としてのルールを守りながら、自分の好きなように生きていきたいと考えています。具体的には、限定車を購入し、資産価値が上がるのを期待するなど、お金の使い道を明確にしています。また、自身の健康面や、子供たちへの影響、そしてメディアでの誤解など、これまで抱えてきた苦しみについても言及しています。CEOを退任した理由についても、会社にとって一番良い形を模索した結果だと説明しています。最後に、松浦氏は、過去に自分を苦しめてきたすべての人々を許し、前向きに進んでいきたいという気持ちを表明しています。

え、お金持ちって、どんな感じなん?

お金持ちって、楽しいやろーなー。

お金持ちって、ええなぁ。私も若い頃に、こんなふうに生きてたらよかったわ。

ビジネス哲学と才能開花

松浦勝人氏のビジネス哲学、とても興味深いです。

🔖 関連記事の要約!松浦勝人 「破壊者 ハカイモノ」 エイベックス代表取締役会長CEOが半生語った書籍
松浦勝人 「破壊者 ハカイモノ」 エイベックス代表取締役会長CEOが半生語った書籍

✅ 松浦勝人の半生を描いた『破壊者』は、彼が現実と思えないほど、のめり込み、のみ込まれ、そして吐き出す、というサイクルを繰り返してきたことを明らかにする。

✅ 「今のままでいいわけがない」という危機感は、松浦を常に新しい領域へと駆り立て、ユーロビートにのめり込んだ彼の数十年は、私たちにとっても音楽を通じて共有された時間だった。

✅ 松浦の経験は、現実への挑戦と変化を恐れずに進むことの大切さを示唆しており、読者自身の人生に対する新たな視点を与える。

さらに読む ⇒Mikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディアMikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディア出典/画像元: https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/18969

才能ある人材を見出し、開花させることの大切さを改めて実感しました。

松浦勝人氏の著書「破壊者ハカイモノ」は、エイベックス創業から芸能界での成功に至るまで、彼のビジネス哲学を語る一冊。ヒットの秘訣は、後付けで分析された「方程式」ではなく、気合いと根性、そして「全部やる」という行動力だという。大学生の頃、横浜のレンタルレコード店でオーナーから全権を任され、才能を発揮する機会を得た彼は、その経験を通して、才能を見出し、チャンスを与え、開花させることの重要性を説く。成功は偶然ではなく、才能ある人々にチャンスを与えることで生まれると主張し、周囲に才能を開花させることの大切さを訴えている。

松浦勝人って、めっちゃ頭いいんやな!

才能ある人にチャンスを与えて、開花させるって、なかなかできないよなー。

才能って、磨かなくちゃね。私も若い頃は、才能があったのよ。

松浦勝人氏の歩みとメッセージ

松浦勝人氏の歩みは、まさに波乱万丈ですね。

🔖 関連記事の要約!エイベックス30周年は寿命か始まりか? 松浦勝人の軌跡

公開日:2019/04/02

エイベックス30周年は寿命か始まりか? 松浦勝人の軌跡

✅ 松浦勝人氏は、小室哲哉氏に憧れ、そのブランド力を活用してtrfを売り出し、エイベックスを設立した。

✅ しかし、小室氏の態度や仕事の進め方に疑問を抱き、確執が生じ、決別することになる。

✅ その後、松浦氏は、Every Little Thingや浜崎あゆみを成功させるが、借金や会社の経営危機に見舞われ、エイベックスの成長は困難を極める。

さらに読む ⇒NewsPicks | 経済を、もっとおもしろく。NewsPicks | 経済を、もっとおもしろく。出典/画像元: https://newspicks.com/news/2942501/body/

小室哲哉氏との確執など、様々な苦難を乗り越えてきたことが分かります。

松浦氏は、音楽プロデューサーとして成功し、経営者としても数々の経験を積んできました。しかし、彼は常に学び続けることの大切さを説き、現状に満足することなく、新たな挑戦を続けています。音楽制作、経営、そして「いいお金持ち」としての生き方と、様々な分野において、松浦氏は自身の経験と哲学を語り、読者に刺激を与えています。

え、小室哲哉と喧嘩したん?マジ?

小室哲哉って、やっぱすごいんやなー。

若いもんは、苦労せんと成功できんよ!

松浦勝人氏の音楽プロデューサーとしての挑戦、経営者としての学び直し、そして今後の展望についてお話しました。

🚩 結論!

💡 松浦勝人氏は、音楽プロデューサーとして再び活動を始めることを決意しました。

💡 経営者として、学び直しを行い、企業理念を明確にすることを目指しています。

💡 今後の展望として、゛いいお金持ち゛として、自分の人生を謳歌したいと考えています。