Academic Box Logo

高木里代子って誰?ジャズピアニストの軌跡変幻自在なインプロヴィゼーションとは!?

高木里代子って誰?ジャズピアニストの軌跡変幻自在なインプロヴィゼーションとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 高木里代子さんは、ジャズピアニストとして活躍されています。

💡 数々のコンテストで受賞歴があり、メジャーデビューも果たしています。

💡 近年ではテレビ番組への出演や、自身のYouTubeチャンネルでの活動など、幅広く活躍されています。

それでは、高木里代子さんの音楽活動について詳しく見ていきましょう。

高木里代子の音楽活動の始まり

高木里代子さんの音楽活動は、非常に華やかで、かつ、力強く、聴く人を魅了する力を持っていますね。

🔖 関連記事の要約!PROFILE – RIYOKO TAKAGI OFFICIAL WEBSITE(ジャズピアニスト 高木里代子 公式サイト)
PROFILE – RIYOKO TAKAGI OFFICIAL WEBSITE(ジャズピアニスト 高木里代子 公式サイト)

✅ 高木里代子さんは、4歳からピアノを始め、慶應義塾大学在学中から都内のジャズクラブなどで演奏活動を始め、変幻自在なインプロヴィゼーションで人気を博しています。

✅ 2014年から本格的な活動をスタートし、数々のコンテストで入賞、2016年にメジャーデビューを果たしました。

✅ 近年ではテレビ番組「THE TIME」のレギュラーピアニストとしても活躍しており、幅広い層から注目を集めています。

さらに読む ⇒RIYOKO TAKAGI OFFICIAL WEBSITE(ジャズピアニスト 高木里代子 公式サイト)RIYOKO TAKAGI OFFICIAL WEBSITE(ジャズピアニスト 高木里代子 公式サイト)出典/画像元: https://www.riyoko.jp/riyokotakagi-profile/

若くして才能を開花させ、精力的に活動されていることに感銘を受けました。

高木里代子は、1984年9月20日生まれの東京都出身のピアニストです。4歳からピアノを始め、慶應義塾大学在学中から都内のジャズクラブやライブハウスで演奏活動を開始しました。2014年にはダイナースクラブ主催の動画コンテストで優勝し、ブルーノートに出演。世界的ギタリストのリーリトナー氏と共演しました。同年、リーリトナーが主催するコンペ「6stringtheory」でピアノ部門世界第4位に入賞するなど、早くから高い評価を得ています。2015年には初のソロコンサートのハイレゾ録音アルバム『Salone』がリリースされ、e-onkyoの総合アルバムチャートで1位を獲得。同年9月の「東京JAZZ」出演や、11月の配信ミニアルバム「THEINTRO!高木里代子」がiTunesチャートで1位を獲得するなど、注目を集めました。

へぇー、めっちゃすごいじゃん!どんな音楽なん?

若い頃から才能ある人って、やっぱ違うね。

若い頃からバリバリ活躍しとるんやな。この子は将来有望やで!

メジャーデビューと更なる挑戦

メジャーデビューを果たし、更なる活躍の場を広げているんですね。

🔖 関連記事の要約!Live Lab. 澤田一範 with STRINGS ジャズ・フュージョン – 【教則DVD】アトス・インターナショナル
Live Lab. 澤田一範 with STRINGS ジャズ・フュージョン – 【教則DVD】アトス・インターナショナル

✅ 「澤田一範 with Strings ジャズ・フュージョン」のライブを収録したアルバムで、チャーリー・パーカー生誕94周年を記念して2015年8月28日にSOMEDAYで行われたライブ音源を収録しています。

✅ ストリングスの美しくロマンティックな調べと、チャーリー・パーカーへのリスペクトが感じられる演奏が特徴です。

✅ 収録曲は「Just Friends」、「Stella by Starlight」、「They Can’t Take That Away」など、チャーリー・パーカーの代表曲を収録しています。

さらに読む ⇒Live Lab. 澤田一範 with STRINGS ジャズ・フュージョン – 【教則DVD】アトス・インターナショナルLive Lab. 澤田一範 with STRINGS ジャズ・フュージョン – 【教則DVD】アトス・インターナショナル出典/画像元: https://www.atoss.jp/atlb-661/

メジャーデビュー後は、さらに精力的に活動を続け、多くのファンを獲得しているようです。

2016年にはエイベックスからメジャーデビューアルバム「THEDEBUT!」をリリース。オリコンチャート初登場37位を記録しました。2017年にはJAZZJAPANAWARDニュースター部門賞を受賞。2018年にはヤマハ主催イベント「ジャズの黄金時代」でソロライブを実施し、そのライブ映像を収録したDVD「LiveLab」がAmazonのジャズフュージョン部門で1位を獲得しました。2019年に初のスタジオ録音でのピアノソロCD「Resonance」をリリースし、ストレートアヘッドなジャズピアノを披露しました。2020年にはコロナ禍においても精力的に制作活動を行い、Youtubeチャンネルで数々の弾いてみた動画が再生回数数十万回を突破するなど、話題を呼びました。

え、まじ!?メジャーデビューとか超スゴイやん!

メジャーデビューって、やっぱすごいよね。

メジャーデビューしたんか!若いのにすごいわね!

多様な音楽表現と真摯な姿勢

多様な音楽表現に挑戦しながらも、常に真摯な姿勢で音楽と向き合っているんですね。

🔖 関連記事の要約!エロ過ぎるジャズピアニスト゛高木里代子、名器と向かいあったピアノソロアルバム『Resonance』をリリース (2019年10月4日)
エロ過ぎるジャズピアニスト゛高木里代子、名器と向かいあったピアノソロアルバム『Resonance』をリリース (2019年10月4日)

✅ ジャズピアニストの高木里代子さんが、ピアノソロアルバム「Resonance」をリリースしました。

✅ アルバムは、スタンダード曲をメインに構成され、群馬のTAGO STUDIOにある名器「ファツィオリ」で録音されました。

✅ 高木さんは、ファツィオリの音色について「一音鳴らした瞬間、驚喜で溜息が出るような……そんなピアノでした」とコメントしています。

さらに読む ⇒  エキサイトニュース エキサイトニュース出典/画像元: https://www.excite.co.jp/news/article/M_on_music_0000370354/

ソロアルバム「Resonance」は、高木さんの音楽に対する真摯な姿勢が伝わってくる作品ですね。

高木里代子は、セクシー衣装やコスプレでの演奏で注目を集める一方で、ピアノと真摯に向き合うストイックなミュージシャンでもある。新作「Resonance」では、ソロピアノによるジャズ・アルバムを制作し、制御困難なピアノと対峙することで徹底的に゛響き゛にこだわった。彼女の音楽活動は、クラブDJとピアノのユニットや、東京ジャズでの水着姿のパフォーマンスなど、常に変化を遂げてきた。しかし、その変化は、単なる派手さではなく、音楽に対する真摯な姿勢から生まれている。今回のアルバムは、これまでのダンスミュージックやジャズなど、異なる音楽ジャンルの融合ではなく、アコースティックなジャズに焦点を当てている。ソロピアノというシンプルな編成で、ピアノそのものの響きを追求した作品となっている。高木里代子は、今後も、自身の音楽スタイルを追求し、新たな挑戦を続けるだろう。

ええー、まじ!?セクシー衣装で弾くんや!

セクシー衣装もええけど、音楽への情熱も伝わってくるよね。

この子、変わってるわね。でも、音楽に対する情熱は本物よ!

秋田公演開催!ピアノトリオによる新たなステージ

ピアノトリオでの新たな挑戦、今後の活動にも期待が高まりますね。

🔖 関連記事の要約!インタビュー/高木里代子】トリオとしての完成度を追求した新作『The Piano Story』

公開日:2023/07/07

インタビュー/高木里代子】トリオとしての完成度を追求した新作『The Piano Story』

✅ 高木里代子の新作アルバム「The Piano Story」は、井上陽介(ベース)と則竹裕之(ドラム)という、高木が尊敬する2人との初共演で制作された。

✅ アルバムは、高木が書き下ろした新曲に加え、クラシック、ジャズ、ラテンなど、ジャンルを超えたカバー曲を収録。トリオとしての完成度を目指し、それぞれの演奏者の個性と技術が際立つサウンドとなっている。

✅ 高木は、今回のアルバム制作を通して、尊敬する2人との共演から新たな発見を得たことを語っている。特に、則竹裕之のドラムプレイは、楽曲にグルーブと深みを加え、高木自身の演奏にも新しい発見をもたらしたという。

さらに読む ⇒ARBAN(アーバン) | ジャズを中心としたカルチャーメディアARBAN(アーバン) | ジャズを中心としたカルチャーメディア出典/画像元: https://www.arban-mag.com/article/77311

高木さんのピアノトリオは、それぞれの演奏者の個性が融合して、素晴らしいサウンドを生み出していますね。

ジャズピアニスト高木里代子の秋田公演が決定しました。2023年11月9日(木)にオープン18:00、スタート19:00で開催され、料金はMC¥6,500-(ドリンク別)です。予約事前割引はありません。高木里代子は4歳からピアノを始め、慶應大学在学中から演奏活動を開始。変幻自在なインプロヴィゼーションで人気を博し、数々の受賞歴を持ち、テレビやラジオにも多数出演しています。2023年4月にはピアノトリオアルバム第三弾「ThePianoStory」を発売予定で、今回の秋田公演ではそのアルバムの楽曲を含む、オリジナル楽曲とスタンダード曲を演奏します。今回の公演は、高木里代子のピアノトリオによるライブで、リズムセクションには日本のトップミュージシャンが参加します。ショパンのScherzoNo.1(スケルツォ第1番)を幕開けに始まる彼女のピアノストーリーは、ジャンルや国境を超えて、2023年4月全世界へと語り継がれる、究極のピアノトリオ作品です。本公演は入替なしとなっているため、ゆっくりと高木里代子の演奏をお楽しみください。

え、ピアノトリオってどんな感じなん?

ピアノトリオって、なかなか聞けるもんじゃないよね。

ピアノトリオって、新しい音楽を生み出すんやな!

高木里代子さんは、ジャズピアニストとしてだけでなく、様々な音楽に挑戦し、常に進化を続けるアーティストですね。

🚩 結論!

💡 高木里代子さんは、ジャズピアニストとして活躍しています。

💡 数々のコンテストで受賞歴があり、メジャーデビューも果たしています。

💡 今後も多くの音楽ファンを魅了する活躍を期待しています。