Academic Box Logo

サイケデリックロックって、どんな音楽?ビートルズが変えた!!?

サイケデリックロックって、どんな音楽?ビートルズが変えた!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 サイケデリックロックは、1960年代後半に生まれた音楽ジャンルです。

💡 LSDなどのドラッグの影響を受け、幻覚的なサウンドが特徴です。

💡 ビートルズやピンク・フロイドなど、多くの著名なミュージシャンがサイケデリックロックを生み出しました。

それでは、サイケデリックロックの歴史と魅力について詳しく見ていきましょう。

サイケデリックロック誕生の背景

Chapter-1では、サイケデリックロック誕生の背景について解説していきます。

🔖 関連記事の要約!サイケデリック・ロック特集:ビートルズから始まった名曲とバンド達

公開日:2022/10/14

サイケデリック・ロック特集:ビートルズから始まった名曲とバンド達

✅ ザ・ビートルズの「Revolver」は、サイケデリック・ロックの台頭を象徴するアルバムであり、そのサウンドはエキゾチックな要素や、テープ逆回転、ループ、シタールの演奏によって特徴付けられました。

✅ ザ・ビートルズは、「Revolver」の制作において、ボブ・ディランやティモシー・リアリーらの影響を受け、また、LSDの使用経験もサウンドに影響を与えたと考えられています。

✅ 「Revolver」では、テープ逆回転やループなどのサイケデリック・ロックの特徴的なサウンド技法が初めて採用され、その後の音楽に大きな影響を与えました。

さらに読む ⇒HomeHome出典/画像元: https://www.udiscovermusic.jp/stories/so-what-is-psychedelic-rock

当時の社会状況や思想、音楽シーンなどを考えると、サイケデリックロックは必然的に生まれたと言えるかもしれませんね。

サイケデリック・ロックは、1960年代に生まれた音楽ジャンルで、ドラッグ(幻覚剤)の影響を大きく受けたことが特徴です。1943年、スイス人科学者アルバート・ホフマンがLSDを合成し、その幻覚作用を体験したことが、西洋におけるドラッグへの関心を高めました。オルダス・ハクスレーの著書「知覚の扉」は、幻覚剤体験の手記と考察を記したもので、当時のミュージシャンに大きな影響を与えました。バンド名「ドアーズ」もこの本から名付けられました。また、仏教における解脱を説いた「チベットの死者の書」も、ミュージシャンたちに読まれ、ジョン・レノンは「tomorrow never knows」という曲をこの書からインスピレーションを得て制作しました。このように、サイケデリックロックはドラッグ体験や宗教的思想の影響を色濃く受けながら発展してきました。

へぇー、知らんかった!サイケデリックロックって、ドラッグと関係あるんや!

そうやねー、あの時代は、ドラッグとか、思想とか、音楽とか、色々混ざり合って、新しい文化が生まれたんやろねー。

あら、懐かしいわね。あたしの若い頃は、サイケデリックって言葉、よく聞いたわよ。

ビートルズの革新的なサウンド

Chapter-2では、ビートルズの革新的なサウンドについて詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!The Beatles「Revolver」(1966) : 音楽の杜
The Beatles「Revolver」(1966) : 音楽の杜

✅ 「リボルバー」は、ビートルズが音楽的に大きく飛躍したアルバムであり、サイケデリックな要素とビートルズらしいポップスを融合させた傑作である。

✅ ジョージ・ハリスンはインド音楽の影響を受け、本作ではインド音楽の要素を取り入れた「Love You To」を収録している。

✅ ポール・マッカートニーは、「Here, There and Everywhere」、「For No One」、「Eleanor Rigby」など、美しいメロディーと深みのある歌詞を持つ名曲を多数作曲しており、アルバムの重要な部分を占めている。

さらに読む ⇒音楽の杜音楽の杜出典/画像元: https://y240.exblog.jp/5967947/

ビートルズは、サイケデリックロックの進化に大きく貢献したと言えるでしょう。

ザ・ビートルズの1966年のアルバム『Revolver』は、サイケデリック・ミュージックを一般のレコード購買者に紹介した画期的な作品とされています。このアルバムは、エキゾチックな要素、テープ逆回転やループといった革新的なテクニック、そして意味深な歌詞で、リスナーを魅了しました。『Revolver』のサウンドは、ザ・バーズ、ビーチ・ボーイズ、ボブ・ディランといったアーティストの影響を受け、特にジョン・レノンがLSDの体験をしたことが大きな影響を与えたと言われています。特に注目すべきは、アルバムの最後の曲『Tomorrow Never Knows』で、これはティモシー・リアリーとリチャード・アルパートの著書『チベット死者の書 サイケデリック・バージョン』からインスピレーションを受けたものです。この曲は、テープのループやレスリー・スピーカーを通したヴォーカルなど、サイケデリック・サウンドの特徴をすべて備えています。ザ・ビートルズは、『Revolver』のリリース前に『Rain』という楽曲でテープを逆再生する実験を行っていました。そして、これらの実験はサイケデリック・ミュージックの典型的なサウンドの要素を確立する上で重要な役割を果たしました。

ビートルズって、サイケデリックやったんや!知らんかったー!

ビートルズは、やっぱりすごいよね。音楽史に残るレジェンドやもん。

あら、ビートルズね。あたしの若い頃は、ビートルズはアイドルやったのよ。

サイケデリックロックの特徴と代表的なアーティスト

Chapter-3では、サイケデリックロックの特徴と代表的なアーティストについて解説していきます。

🔖 関連記事の要約!音楽ジャンル解説

公開日:2022/06/28

音楽ジャンル解説

✅ サイケデリックロックとは、1960年代後半に生まれたLSDなどのドラッグによる幻覚を再現したロック音楽であり、リバーブのかかったボーカルと不思議なサウンドが特徴です。洋楽初心者にもおすすめです。

✅ 現代サイケは2000年代以降に生まれた、現代の技術で制作されたサイケデリックロックです。1960年代の源流サイケよりも音がクリアで、リバーブ感が深いです。Tame Impala、MGMT、Templesなどのアーティストが有名です。

✅ 源流サイケは1960年代後半に生まれた、リバーブや歪み、シンセサイザーなどの技術が発展していない時代のサイケデリックロックです。当時の技術によって生まれた独特なサウンドを楽しむことができます。The Beatlesの「She Said She Said」や「Lucy In The Sky With Diamonds」などが代表曲です。

さらに読む ⇒Noel-MarbleNoel-Marble出典/画像元: https://noel-marble.com/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%AB%E5%85%A5%E9%96%80-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A8%E3%81%AF/

サイケデリックロックは、独特のサウンドと雰囲気を持つ音楽ジャンルですね。

サイケデリックロックは、1960年代のサイケデリックカルチャーから生まれた音楽ジャンルです。LSDなどの幻覚剤の影響下にある時の感覚を音で再現することを目指し、浮遊感の強いサウンドやエキゾチックな音階、サウンドエフェクトなどを特徴としています。代表的なバンドには、The Beatles、Pink Floyd、Jefferson Airplaneなどが挙げられます。The Beatlesの「Revolver」やPink Floydの「The Piper at the Gates of Dawn」は、サイケデリックロックの初期の名盤として有名です。

サイケデリックロックって、どんな感じなん?

サイケデリックロックって、なんか、宇宙っぽい感じするよね!

サイケデリックロックね、あたしの頃は、若者がよく聞いてたわよ。

サイケデリックロックの継承と現代における復活

Chapter-4では、サイケデリックロックの継承と現代における復活について解説していきます。

🔖 関連記事の要約!サイケデリックロックバンドTAME IMPALAがアルバム『Currents』のデラックスエディションをリリース
サイケデリックロックバンドTAME IMPALAがアルバム『Currents』のデラックスエディションをリリース

✅ TAME IMPALAが、2015年7月22日にリリースしたアルバム「Currents」のリリース1周年を記念して、デラックスエディションを制作することを発表した。

✅ デラックスエディションには、アルバム「Currents」のBサイドトラックが収録される予定だ。

✅ TAME IMPALAは、サイケデリックポップサウンドで人気を集めているオーストラリアのバンドであり、アルバム「Currents」は第58回グラミー賞「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」にノミネートされた。

さらに読む ⇒ clubberia クラベリア clubberia クラベリア出典/画像元: https://clubberia.com/ja/news/5919-TAME-IMPALA-Currents/

サイケデリックロックは、現代でも新しいアーティストによって継承され、進化を続けています。

サイケデリックロックは、1960年代後半には衰退しましたが、その要素は後のプログレッシブロックやヘヴィメタルなどに影響を与えました。近年では、Tame ImpalaやKing Gizzard & the Lizard Wizardなど、新しいサイケデリックロックバンドも人気を集めており、再び注目されています。

え、サイケデリックロックって、今も流行ってるの?

サイケデリックロックって、なんか、レトロな感じがして、いいね。

あら、サイケデリックロックは、今も人気なのね。

サイケデリックロックの音楽史における影響力

Chapter-5では、サイケデリックロックの音楽史における影響力について解説していきます。

🔖 関連記事の要約!特集『連れサイケ』 – ロック名盤からサイケ沼へと落ちていく・・・
特集『連れサイケ』 – ロック名盤からサイケ沼へと落ちていく・・・

✅ この記事は、サイケデリック・ロックの名盤を紹介する内容です。

✅ 具体的には、ビートルズの「Revolver」、13th Floor Elevatorsの「Easter Everywhere」、The Doorsの「The Doors」、Morly Greyの「Only Truth」の4作品が取り上げられています。

✅ 各作品の特徴や魅力が解説されており、サイケデリック・ロックの歴史や影響について理解を深めることができます。

さらに読む ⇒�����ϥ����쥳���ɡ� �ץ�����å��������å������CD˭�١��ץ����졢�����Υ˥å����ǥ����פ�60s/70s���å�����ͥå�CD����åס������ϥ����쥳���ɡ� �ץ�����å��������å������CD˭�١��ץ����졢�����Υ˥å����ǥ����פ�60s/70s���å�����ͥå�CD����åס�出典/画像元: https://kakereco.com/magazine/?page_id=8625

サイケデリックロックは、音楽史に大きな影響を与えたと言えるでしょう。

サイケデリック・ロックは、ザ・ビートルズのようなアーティストの影響によって、音楽史に大きな足跡を残したのです。サイケデリック・ロックは一時的な流行として見なされることが多いですが、その影響は長く深く、現代にまで続いています。

サイケデリックロックって、音楽史に影響を与えてたんや!

サイケデリックロックって、やっぱりすごいよね。

あら、サイケデリックロックは、音楽史に影響を与えてたのね。

サイケデリックロックは、時代を超えて愛される音楽ジャンルですね。

🚩 結論!

💡 サイケデリックロックは、1960年代後半に生まれた音楽ジャンルです。

💡 LSDなどのドラッグの影響を受け、幻覚的なサウンドが特徴です。

💡 ビートルズ、ピンク・フロイドなど、多くの著名なミュージシャンがサイケデリックロックを生み出しました。