Academic Box Logo

Something Elseの「ラストチャンス」は、一体どんな曲だったのか?「雷波少年」企画から生まれた名曲とは!?

Something Elseの「ラストチャンス」は、一体どんな曲だったのか?「雷波少年」企画から生まれた名曲とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 「ラストチャンス」は、テレビ番組「雷波少年」の企画で生まれた楽曲

💡 「ラストチャンス」は、Something Elseの代表曲であり、ミリオンセラーに迫るヒットを記録

💡 Something Elseは、解散後も、「ラストチャンス」は多くの人に愛され続けている

それでは、最初の章に移りましょう。

SomethingElseの始まりとブレイク

それでは、Something Elseの始まりとブレイクについて、詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!雷波少年」出演バンド・元Something ELseの大久保伸隆が再起を語る!今夜もオトパラ! – ニッポン放送 NEWS ONLINE
雷波少年」出演バンド・元Something ELseの大久保伸隆が再起を語る!今夜もオトパラ! – ニッポン放送 NEWS ONLINE

✅ 元Something ELseの大久保伸隆さんがゲスト出演し、過去の「雷波少年」での過酷な挑戦や、音楽活動について語った。

✅ 大久保さんは、スティービー・ワンダーの「I Just Called To Say I Love You」を「オトナを感じた音楽」として挙げた。

✅ 番組内で大久保さんは、2月に開催されるライブへの熱い想いを語った。

さらに読む ⇒ニッポン放送 NEWS ONLINEニッポン放送 NEWS ONLINE出典/画像元: https://news.1242.com/article/110401

大久保さんの熱い想いが伝わってくる素晴らしいお話ですね。

SomethingElseは、1994年に結成され、1996年にメジャーデビューした日本のロックバンドです。メンバーはボーカルの大久保伸隆、ギターの伊藤大介、ベースの今井千尋の3人でした。彼らは、日本テレビのバラエティー番組『雷波少年』の企画でブレイクしました。この企画では、3人は合宿生活を行い、オリコン20位以内に入らなければ解散という条件で楽曲制作に取り組みました。その中で生まれた楽曲『ラストチャンス』はミリオンセラーに迫るヒットを記録しました。しかし、その後はブレイク後解散という結果に終わりました。SomethingElseは2006年に解散しました。

え、マジ!?何か懐かしい!私、雷波少年見てたわ!

そっかー、懐かしいなぁ。あの頃は若かったよねぇ。

雷波少年って、あのね、私ね、あの番組の企画考えたのよ!

「ラストチャンス」誕生秘話

続いて、Something Elseの代表曲「ラストチャンス」についてお話をお伺いします。

🔖 関連記事の要約!雷波少年「CD売れなかったら即解散!」紅白にも出場したアーティストの今 – grape グレイプ
雷波少年「CD売れなかったら即解散!」紅白にも出場したアーティストの今 – grape グレイプ

✅ 元Something ELseの大久保伸隆さんが、ニッポン放送の番組「土屋礼央レオなるど」に出演し、自身の音楽活動や健康へのこだわりについて語った。

✅ 特に、Something ELseの代表曲「ラストチャンス」について、解散後歌わなかった理由や、現在の活動について語った。

✅ 大久保さんは9月23日にバースデーライブを開催し、Something ELseの楽曲も披露する予定である。

さらに読む ⇒grape グレイプgrape グレイプ出典/画像元: https://grapee.jp/388380

解散後も、楽曲への想いが強いことが伝わってきますね。

SomethingElseの代表曲『ラストチャンス』は、1998年12月23日にリリースされた6枚目のシングルです。この曲は、『雷波少年』の企画がきっかけで制作されました。メンバー3人は、3ヶ月間共同生活を行い、オリコン初登場20位以内に入らなければバンド解散という厳しい条件下で、この曲を制作しました。共同生活を通して、メンバーはこれまで遠慮していた部分を互いに打ち明け合い、絆を深めました。その経験が反映された『ラストチャンス』は、グルーヴィなファンクサウンドと、サビで歌い上げる奇跡のメロディが特徴です。歌詞は、夢を諦めずに、最後のチャンスを掴もうとする強い意志を表現し、聴く人に勇気を与えます。MVは、3人の共同生活を振り返るような映像になっており、企画を見ていた人たちにとって感慨深いものです。

え、なんで解散したん?

あの頃の曲って、今聴いても新鮮やね。

「ラストチャンス」って、ね、私ね、あの曲で人生変わったのよ。

「ラストチャンス」が伝えるメッセージ

それでは、「ラストチャンス」が伝えるメッセージについて、掘り下げていきましょう。

🔖 関連記事の要約!バンドスコア】ラストチャンス / Something ELse 提供:フェアリー
バンドスコア】ラストチャンス / Something ELse 提供:フェアリー

✅ 「ラストチャンス」は、Something ELseの1998年12月23日発売のシングルで、日本テレビ系「雷波少年」の企画により発表されました。

✅ 楽譜はバンドスコアで、Vo、Cho、Key×2、E.G、A.G、B、Drのパートが掲載されています。

✅ 楽譜はPDF形式で、11ページ(コンビニ印刷:A3サイズ 6枚)で構成されており、ファイルサイズは991.36KBです。

さらに読む ⇒楽譜@ELISE(アットエリーゼ)| 楽譜のダウンロードとコンビニ印刷楽譜@ELISE(アットエリーゼ)| 楽譜のダウンロードとコンビニ印刷出典/画像元: https://www.at-elise.com/elise/JPDPFA01230/

楽曲の背景を知ることで、より深く「ラストチャンス」を楽しめるようになると思います。

「ラストチャンス」は、音楽を通して、夢を諦めないことの大切さと、仲間との絆の大切さを教えてくれる名曲です。SomethingELseの成功は、テレビ番組の企画によって、売れないバンドが一時的に注目を集めたことを示しています。一方で、その後の成功には、メンバー自身の才能や努力が必要であることも明らかになりました。

なんか、ちょっと難しい話やなぁ。

歌詞とか、よく考えたら深いよね。

「ラストチャンス」って、ね、私ね、あの曲を聴くたびに、若い頃の自分を思い出すのよ。

解散後のメンバーの活動

続いては、Something Else解散後のメンバーの活動についてご紹介してまいります。

🔖 関連記事の要約!Something ELseは今!解散理由暴露も?大久保伸隆のみ一番ソングSHOW登場!残る伊藤と今井は…?
Something ELseは今!解散理由暴露も?大久保伸隆のみ一番ソングSHOW登場!残る伊藤と今井は…?

✅ 「雷波少年」出身のバンド「サムシングエルス」のボーカル、大久保伸隆さんが「一番ソングSHOW」に出演し、現在ソロで音楽活動していることを明らかにした。

✅ 解散理由はメンバー間での音楽に対する価値観の変化であり、再結成については未定だが、新アルバムに「ラストチャンス」のリメイクバージョンを収録予定とのこと。

✅ ネットでは「ラストチャンス」への懐かしさや再結成を期待する声が多く見受けられた。

さらに読む ⇒芸トピ芸トピ出典/画像元: https://geitopi.com/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E7%95%AA%E7%B5%84%E3%83%BB%E6%98%A0%E7%94%BB/something-else%E3%81%AF%E4%BB%8A%E8%A7%A3%E6%95%A3%E7%90%86%E7%94%B1%E6%9A%B4%E9%9C%B2%E3%82%82%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E4%BC%B8%E9%9A%86%E3%81%AE%E3%81%BF%E4%B8%80%E7%95%AA%E3%82%BD%E3%83%B3/

音楽に対する価値観の変化は、バンドにとって大きな決断だったと思います。

SomethingELseは、解散までに多くのヒット曲をリリースしました。彼らの音楽は、今でも多くの人の心に響いています。SomethingELseのメンバーは、現在それぞれソロで活動しています。大久保伸隆さんはソロシンガーとして活動しており、2021年5月26日に4作目のアルバム「Time」をリリース予定です。伊藤大介さんの現在の活動については、インターネット上では明らかになっていません。今井千尋さんは会社員、音楽ディレクターとして活動しています。

解散したんかー。残念やなぁ。

ソロ活動とか、頑張ってほしいよね!

解散って、ね、私ね、バンドって解散しても、音楽は残るものよ。

SomethingELseの音楽の未来

最後の章では、Something Elseの音楽の未来について考えていきたいと思います。

🔖 関連記事の要約!Something ELseのヒット曲16選!人気ランキング【最新決定版・動画あり】
Something ELseのヒット曲16選!人気ランキング【最新決定版・動画あり】

✅ Something ELseの人気曲ランキングTOP16-6位を発表。16位は「1M」、15位は「どこまでも遠くへ」、14位は「反省のうた」となっています。

✅ 13位は「磁石」、Something ELseの解散までにリリースされたヒット曲をランキング形式で紹介しています。

✅ 記事では、Something ELseのメンバーの現在についても触れられており、大久保伸隆さんはソロで活動中、伊藤大介さんの活動は不明、今井千尋さんは会社員と音楽ディレクターとして活動しているとのことです。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001802

Something Elseの音楽は、世代を超えて愛され続けていることが分かりますね。

SomethingELseの音楽は、彼らの解散後も、多くの人々に愛され続けています。彼らの音楽が、これからも多くの人に感動を与え続けてくれることを期待しています。

え、まだ人気あんの?

やっぱり、名曲は色褪せないよね。

Something Elseの音楽は、ね、私ね、あの頃はね、毎日聴いてたわ。

Something Elseの「ラストチャンス」は、彼らの夢や絆、そして音楽の力強さを伝える素晴らしい楽曲です。

🚩 結論!

💡 「ラストチャンス」は、テレビ番組「雷波少年」の企画から生まれた楽曲

💡 「ラストチャンス」は、Something Elseの代表曲であり、ミリオンセラーに迫るヒットを記録

💡 Something Elseは、解散後も、「ラストチャンス」は多くの人に愛され続けている