Academic Box Logo

在特会:その主張と活動は本当に差別的?ヘイトスピーチの現状とは!?

在特会:その主張と活動は本当に差別的?ヘイトスピーチの現状とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 在特会は、在日韓国人を標的にした差別的な言動を行う団体である。

💡 在特会の主張は、根拠のない偏見に基づいており、多くの批判を受けている。

💡 在特会は、暴力的な行為や違法行為も行っており、警察から摘発されたこともある。

では、最初の章に移りましょう。

在特会:その主張と活動

在特会は、様々な主張を行っていますが、その多くは根拠のない差別的な内容です。

🔖 関連記事の要約!差別排外デモ」密着ルポ 在特会・桜井誠会長への突撃取材(下)
差別排外デモ」密着ルポ 在特会・桜井誠会長への突撃取材(下)

✅ 排外主義団体「在特会」による街宣活動と、それに反対する「カウンター」と呼ばれる反差別デモの現状について解説しています。

✅ 在特会会長である桜井誠氏へのインタビューの様子が紹介されており、桜井氏が「在日特権」の存在を主張し、特例法を根拠に挙げる一方、インタビューをした筆者は植民地支配の歴史的背景を踏まえ、特例法を「特権」と呼ぶことの誤りを指摘しています。

✅ 記事は、在日朝鮮人に対する差別的な主張が根拠のないものだと示し、排外主義的な言論とその実態に対する批判的な視点を読者に提供しています。

さらに読む ⇒アジアプレス・インターナショナルアジアプレス・インターナショナル出典/画像元: https://www.asiapress.org/apn/2013/06/japan/post_4774/

在特会の主張は、歴史的な事実を歪曲したり、偏見を助長したりするものであり、非常に危険なものです。

在日特権を許さない市民の会(在特会)は、在日特権や反日の排除を目的とする日本の保守系市民団体です。設立者は桜井誠で、初代会長を務めました。現在の会長は八木康洋です。在特会は、在日韓国人に対する差別的な言動や行動で知られており、デモ活動や街宣活動などを通じて主張を展開しています。主な主張は、在日韓国人が日本の社会で特権的な立場にあること、日本の文化や伝統を破壊していること、などです。これらの主張は、根拠のない偏見に基づいており、在日韓国人に対する差別とヘイトスピーチを助長するとして、多くの批判を受けています。在特会は、暴力的な行為や違法行為も行っており、警察から摘発されたこともあります。在特会は、日本の社会に大きな影響を与えており、その活動は今後も注目されています。

マジ!?めっちゃ怖いんだけど。

なるほどね。やっぱ、差別は良くないよね。

あんた、在特会って、昔はもっとすごかったのよ。

桜井誠氏のヘイトスピーチ:選挙活動と法の解釈

桜井誠氏のヘイトスピーチは、非常に問題のある発言です。

🔖 関連記事の要約!元在特会長、大使館前で「シナ」連呼 法の例外を逆手に?活動:朝日新聞デジタル

公開日:2021/11/09

元在特会長、大使館前で「シナ」連呼 法の例外を逆手に?活動:朝日新聞デジタル

✅ 桜井誠氏は、衆院選で中国大使館前で「悪の巣窟、シナ大使館」などと大音量で演説し、排外主義的な言動を行いました。

✅ 桜井氏は過去に「日本にいる韓国人を焼き尽くせ」といったヘイトスピーチを行い、在特会元会長として知られています。

✅ ヘイトスピーチ対策法の施行などにより、露骨なヘイトスピーチは減っていますが、選挙活動の自由を保障する公職選挙法の存在により、桜井氏は選挙運動を隠れ蓑に差別的な言動を続けています。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASPC86RCNPC8UTIL042.html

ヘイトスピーチ対策法は、差別的な発言を抑制する効果はあるものの、選挙活動の自由とのバランスが難しい問題です。

桜井誠氏は衆院選で中国大使館前で「シナ」と連呼するなど、露骨なヘイトスピーチを繰り返しました。大使館前では通常、静穏保持法により拡声機の大音量や大規模集会の開催が規制されていますが、今回は選挙活動という例外が適用されました。桜井氏は在特会元会長で、過去のヘイトスピーチで知られています。しかし、ヘイトスピーチ対策法施行後も、公職選挙法の自由を盾に差別的な発言を続けています。今回の演説もその一例であり、ヘイトスピーチ対策法が十分に機能しているのか疑問視されています。

ちょ、まじ!?選挙でそんなこと言う人いるん!?

選挙活動っちゃ、自由っちゃけど、差別的な発言はダメじゃん。

昔はもっとひどいこと言ってたのよ。

在特会に対する法的判断:大阪地裁の判決

大阪地裁の判決は、在特会による差別的な発言が法的にも認められないことを示す重要な判決です。

🔖 関連記事の要約!対在特会ヘイト裁判、人種差別と女性差別の複合差別 李信恵さん
対在特会ヘイト裁判、人種差別と女性差別の複合差別 李信恵さん

✅ この記事は、著者が在日朝鮮人として経験したネット上での差別やヘイトスピーチ、そしてそれに対抗する市民運動について語っています。

✅ 2002年の日韓ワールドカップ共同開催や拉致問題の発覚以降、ネット上での在日朝鮮人に対するバッシングが激化する中で、著者は自身の名前をインターネットで検索した際に差別的な言葉を多く見つけ、その現実を目の当たりにします。

✅ 著者は、差別に対抗するために法律を学び、ヘイトスピーチが行われた現場に赴くなど、積極的に活動しています。また、自身の経験を通して、差別やヘイトスピーチの現状と問題点を浮き彫りにし、社会全体で考えることの重要性を訴えています。

さらに読む ⇒ふらっと 人権情報ネットワークふらっと 人権情報ネットワーク出典/画像元: https://www.jinken.ne.jp/flat_special/2018/10/post_32.html

この判決は、ヘイトスピーチの被害者に対する法的保護を示すものであり、今後のヘイトスピーチ対策に大きな影響を与える可能性があります。

大阪地裁は、フリーライターの李信恵さんが「在特会」と桜井誠氏を相手取り、ネット上の民族差別発言による精神的苦痛に対する損害賠償を求めた裁判で、在特会側に77万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。判決は、在特会を「在日朝鮮人を日本から排斥することを目的に活動する団体」と認定し、桜井氏の差別的な発言は人種差別撤廃条約に違反するとしました。李さんは、在特会がネット上で彼女を侮辱する発言を行ったことによって人格権が侵害されたと主張し、裁判所はこの主張を認めました。一方で、在特会側は判決を不服として控訴を検討しているとのことです。

え、まじ!?裁判で勝ったん!?

よかったね!差別は許されへんもんね。

裁判って、難しいのよ。

在特会と反対派グループの衝突:新大久保デモ事件とヘイトスピーチ認定

在特会と反対派グループの衝突は、深刻な社会問題です。

🔖 関連記事の要約!桜井誠氏が都知事選5位の18万票を得た意味

公開日:2020/07/19

桜井誠氏が都知事選5位の18万票を得た意味

✅ 2020年の東京都知事選で、桜井誠氏が約17万8000票を獲得し、候補者22人中5位につけた。これは前回選挙の約1.5倍の票数で、近年法整備が進んでいるヘイトスピーチへの反発を示す結果と捉えられている。

✅ 桜井氏は、今回の選挙結果をネットの力によるものと捉え、次の選挙に生かしたいとしている。

✅ 今回の結果を受けて、ヘイトスピーチへの反発が投票行動に結びついている可能性が指摘されている。

さらに読む ⇒ニュースサイトニュースサイト出典/画像元: https://mainichi.jp/articles/20200718/k00/00m/040/283000c

ヘイトスピーチは、社会の分断を招き、人々の心を傷つける行為であり、決して許されるものではありません。

2013年6月16日、東京・新大久保で「在特会」による反韓デモと反対派グループが衝突し、双方のグループから8人が暴行容疑で逮捕されました。在特会は在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチを行うことで知られており、反対派グループからは激しい批判と抗議活動が展開されていました。特に「レイシストをしばき隊」は攻撃的な言動で対立を激化させていました。当日は両グループ合わせて約550人が参加し、デモ隊の集合直後から双方ともみ合いとなり、在特会会長の桜井誠容疑者を含む4人が、しばき隊側からの暴行により逮捕されました。一方、しばき隊側からも4人が桜井容疑者に対する暴行により逮捕されました。2019年に九州朝鮮中高級学校近くで行った街頭演説が、福岡法務局によってヘイトスピーチと認定されました。同校が人権救済を申し立てたことに対し、法務局担当者が口頭で伝えたとのことです。

うわぁ、怖い。デモって、めっちゃ派手やん。

デモって、言論の自由っちゃけど、暴力はダメよ。

昔は、もっと平和的なデモがあったのよ。

在特会は、日本の社会に大きな影響を与えている問題であり、今後も注目していく必要があります。

🚩 結論!

💡 在特会の主張は、根拠のない差別的なものが多い。

💡 在特会の活動は、社会の分断を招き、人々の心を傷つける。

💡 ヘイトスピーチ対策は、法整備だけでなく、社会全体の意識改革も重要である。