Academic Box Logo

東京都知事選、山本太郎氏の財源確保策は実現可能?都債発行15兆円とは!?

東京都知事選、山本太郎氏の財源確保策は実現可能?都債発行15兆円とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 山本太郎氏の財源確保策は都債発行による15兆円という大胆なもので、賛否両論を巻き起こしています。

💡 宇都宮健児氏は福祉重視の政策を掲げ、医療体制の充実や都立病院の独立行政法人化の中止などを訴えています。

💡 小池百合子都知事は、新型コロナ対策や経済活性化など、幅広い分野で政策を展開しています。

それでは、東京都知事選における注目ポイントについて、詳しく見ていきましょう。

都知事選における財源確保をめぐる論争

今回の東京都知事選では、各候補者の財源確保策が重要な争点となっています。

🔖 関連記事の要約!東京都知事選 山本太郎出馬で゛小池圧勝゛を崩せるか コロナ禍救済のため、起債20兆円を都民に配る!(山口一臣)
東京都知事選 山本太郎出馬で゛小池圧勝゛を崩せるか コロナ禍救済のため、起債20兆円を都民に配る!(山口一臣)

✅ 山本太郎氏の東京都知事選出馬会見は、コロナ対策に焦点を当て、小池百合子都知事を厳しく批判し、財政出動による大規模な給付を訴えたことで、従来の情勢予想を覆すほどのインパクトがあった。

✅ 特に、コロナによる経済的困窮者への支援を強く訴え、具体的な対策として20兆円の起債による給付や東京オリンピック中止による資金転用などを主張した。

✅ 山本氏は、小池都知事のコロナ対策への対応を批判し、国への災害指定要請や都民への直接的な経済支援の必要性を訴え、宇都宮健児氏とは財政に対するスタンスが異なることを強調した。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/a4c576519e4b2aa68bbf96d9b18c7efe68f01f8d

山本太郎氏の財源確保策は、実現可能性や財政への影響、そして償還方法など、様々な課題が指摘されています。

2020年7月5日に行われた東京都知事選では、複数の候補者がそれぞれの政策を掲げ、都政の未来を懸けて競い合いました。特に注目されたのは、福祉重視を掲げる宇都宮健児氏と山本太郎氏の政策でした。両氏は、福祉政策において共通点が見られる一方、財源確保の方法においては大きな違いがありました。山本氏は、15兆円の都債発行による財源確保を主張しましたが、宇都宮氏や現職の小池百合子氏は、その実現性や財政規律、償還への懸念を表明しました。山本氏は、東京都の実質公債費比率が低く、15兆円の調達でも財政状況に大きな影響はないと主張しました。しかし、小池氏は地方財政法の制限や償還による財政負担の増加を指摘し、宇都宮氏は一般的なコロナ対策における都債発行の困難性を疑問視しました。小野泰輔氏は、15兆円の都債発行は可能だが、財政再建団体になるリスクがあると指摘し、財政規律を守る必要性を訴えました。討論会では、都債発行の実現性、使途、償還方法、財政規律など、さまざまな観点から議論が交わされました。それぞれの候補者の財源確保に対する考え方は、今後の政策実現に大きな影響を与える可能性があります。

え、まじで?15兆円て、どないして返すん?

いや、そこは、なんとかせんとね。ちゃんと考えてるやろ。

あんたねぇ、15兆円て、想像つかんやろ?老後の年金も、これでカットされちゃうかもよ?

宇都宮健児氏の政策:福祉重視と社会変革

宇都宮健児氏の政策は、福祉重視の理念に基づいており、社会の弱者への支援を重視しています。

🔖 関連記事の要約!宇都宮健児氏の主な公約 都知事選:朝日新聞デジタル

公開日:2020/06/22

宇都宮健児氏の主な公約 都知事選:朝日新聞デジタル

✅ 宇都宮健児氏は、都知事選で医療体制の充実、都立・公社病院の独立行政法人化の中止、カジノ誘致計画の中止を主な公約に掲げています。

✅ 彼は、サラ金問題やグレーゾーン金利問題に取り組んできた経験から、社会的・経済的弱者への思いが強く、都政を変えたいと考えています。

✅ 宇都宮氏は、コロナ禍で生活が脅かされる人が増えている状況を受け、3度目の都知事選に立候補し、都政改革を目指しています。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASN6Q3RVRN6MUTIL063.html

宇都宮健児氏の政策は、社会全体をより良くしたいという強い思いが伝わってきます。

宇都宮健児氏は、2020年5月27日に東京都知事選出馬を発表し、6月28日に詳細な政策を記載した総合政策集を公開しました。彼の政策は、新型コロナウイルス感染症対策、教育、福祉、環境、都市開発、国際交流、そして行政改革など、幅広い分野にわたっていました。具体的な政策としては、新型コロナウイルス感染症対策として、医療体制の充実と自粛・休業要請に対する補償の徹底、PCR検査体制の強化、病院や保健所への財政支援、病床・医療器具の充実、中小事業者・非正規労働者・フリーランスへの生活補償などが挙げられます。さらに、学校給食の完全無償化、都立大学の授業料半額化、都営住宅の新規建設、公契約条例の制定、災害対策強化、道路政策の見直し、羽田空港新ルート低空飛行反対、温暖化対策強化など、生活の質を高める政策も掲げていました。また、女性の貧困対策、ジェンダー平等社会の実現、保育士・介護労働者の労働条件改善、義務教育の完全無償化、障害者差別のないバリアフリー社会の実現、ヘイトスピーチ対策強化、出前福祉制度の導入、都民参加予算制度の導入、横田基地へのオスプレイ配備反対、東京オリンピック・パラリンピックの開催に関する対応なども重要な政策として挙げられていました。これらの政策を実現するための財源対策については、宇都宮氏は自身の談話で詳細を説明しました。

え、まじで?医療体制も充実させんの?ええやん!

なんか、社会福祉とか、いい言葉並べてるけど、実際にはどうなんかな?

あんたねぇ、福祉も大事だけど、もっと世の中のこと考えないと!

候補者たちの政策:それぞれの重点分野

新型コロナ対策は、各候補者が最も力を入れている政策分野の一つです。

🔖 関連記事の要約!東京都知事選の候補者5人に聞いた「新型コロナ対策どうする?」:東京新聞 TOKYO Web
東京都知事選の候補者5人に聞いた「新型コロナ対策どうする?」:東京新聞 TOKYO Web

✅ 東京都知事選に出馬予定の候補5人はオンラインでの共同記者会見で、新型コロナ対策に関するそれぞれの主張を展開しました。

✅ 小池百合子氏は、第2波に備えて医療と経済の両立を図る対策を検討していると述べ、休業要請への協力金については、すでに大部分が支払われたこと、さらに第2弾の申請も始まったことを強調しました。

✅ 一方、立花孝志氏は、第2波は防げないと予測し、感染者数ではなく死者数の増加に注目し、特に60代以上に自粛を呼びかけるべきだと主張しました。

さらに読む ⇒東京都知事選の候補者5人に聞いた「新型コロナ対策どうする?」:東京新聞 TOKYO Web東京都知事選の候補者5人に聞いた「新型コロナ対策どうする?」:東京新聞 TOKYO Web出典/画像元: https://www.tokyo-np.co.jp/article/36198

各候補者の新型コロナ対策に対する考え方は、それぞれの政策理念や哲学を反映していると言えるでしょう。

2020年の東京都知事選で、公益社団法人東京青年会議所(東京JC)が主催したWEB討論会では、7人の候補者が参加しました。討論会では、事前にアンケート回答を行った6人の候補者の主な政策が紹介されました。小池百合子氏は、すべての政策を重要視し、順位付けは困難であると回答しました。宇都宮健児氏は、コロナ対策として経済補償、医療強化、カジノ誘致の中止を優先課題として挙げました。小野泰輔氏は、産業政策、安全・防災、行政改革を優先事項としています。服部修氏は、文化活動の正常化と経済活動の正常化を重視しています。立花孝志氏は、社会保障、産業政策、労働を第一に掲げ、斉藤健一郎氏は社会保障、産業政策、労働を重要課題としています。山本太郎氏はアンケートに回答しませんでした。

え、小池さんって、もうちょっと頑張ってほしいわ!

コロナ対策は難しいよね。みんな頑張ってると思うよ。

あんたねぇ、コロナ対策なんて、もうどうでもいいのよ!

宇都宮健児氏の決意:弱者への思いと都政改革

宇都宮健児氏は、社会の弱者への思いを強く持ち、政治改革を目指しています。

🔖 関連記事の要約!東京都知事選 18日告示/宇都宮健児さんインタビュー/生存権かかった選挙 何としても勝利する
東京都知事選 18日告示/宇都宮健児さんインタビュー/生存権かかった選挙 何としても勝利する

✅ 宇都宮健児氏は、東京都知事選に立候補し、小池都政の失敗を批判、都民の生存権を守る都政をつくると訴えている。

✅ 宇都宮氏は、貧困や高金利被害に苦しむ人々への支援活動を長く続けており、その原動力は、戦争で足を失った父の姿や、困っている人々からの相談経験にあると話す。

✅ 宇都宮氏は、日本の政治の遅れを指摘し、ドイツやフランスなどの海外の例を挙げながら、社会保障の充実や金融規制による高金利被害の防止、国民との距離の近い政治の必要性を訴えている。

さらに読む ⇒東京都知事選 18日告示/宇都宮健児さんインタビュー/生存権かかった選挙 何としても勝利する東京都知事選 18日告示/宇都宮健児さんインタビュー/生存権かかった選挙 何としても勝利する出典/画像元: https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-06-14/2020061401_01_1.html

宇都宮健児氏は、自身の経験に基づいて、社会の課題解決に向けて努力してきたことがわかります。

東京都知事選は7月5日に投票が行われ、即日開票されました。宇都宮健児氏の主な公約は、コロナ対策の抜本強化、都立・公社病院の独立行政法人化中止による充実強化、カジノ誘致計画の中止などでした。彼は、社会的・経済的弱者への思いを強く持ち、サラ金問題や年越し派遣村での活動などを通じて、弱者支援に長年携わってきました。今回の都知事選では、コロナ禍で生活が脅かされる人々への思いを強く、都政を変えたいと3度目の立候補を果たしました。

え、まじで?社会の弱者って、なんか、かっこいいやん!

政治改革って、実際には難しいよね。でも、頑張ってほしいね。

あんたねぇ、政治改革って、結局は金持ちが得するだけよ!

都民の選択:政策と未来

東京都知事選は、都民の未来を左右する重要な選挙です。

🔖 関連記事の要約!都民ファ・公明、52区市町村長が小池知事に都知事選への出馬を要請
都民ファ・公明、52区市町村長が小池知事に都知事選への出馬を要請

✅ 東京都知事選に向け、都民ファーストの会、公明党、有志の区市長らが小池知事に出馬を要請。小池知事は「重く受け止めたい」と応じた。

✅ 各政党は小池知事の出馬を前提に、支援に向けた動きを見せている。自民党は慎重に支援を検討し、都民ファーストは選挙の準備期間を長くしたいと考えている。一方、立憲民主党と共産党は蓮舫議員を支援する方針。

✅ 区長や市長らは、小池都政の政策継続を望んでおり、特に多摩地域の市長は東京都からの支援が途絶えることを懸念している。

さらに読む ⇒TOKYO MX+(プラス)TOKYO MX+(プラス)出典/画像元: https://s.mxtv.jp/tokyomxplus/mx/article/202405291040/detail/

各候補者の政策をしっかり比較検討し、自分にとって最適な候補者を選びましょう。

東京都知事選は、都政の未来を左右する重要な選挙であり、候補者たちの政策は、都民の生活に大きな影響を与える可能性があります。それぞれの候補者の政策を比較検討し、自身の考えに合致する候補者を選び、投票することが重要です。

え、小池さん、頑張ってほしいわ!都政、よろしく!

選挙って難しいけど、ちゃんと投票しないとね。

あんたねぇ、選挙なんて、結局は裏で繋がっとるだけよ!

東京都知事選は、都民にとって重要な選択です。各候補者の政策を良く理解し、投票に参加しましょう。

🚩 結論!

💡 東京都知事選では、各候補者の政策や人物像が注目されています。

💡 新型コロナ対策、福祉政策、財源確保など、様々な課題が議論されています。

💡 都民の皆様は、それぞれの考えに基づいて、投票をすることを期待しています。