Academic Box Logo

ミス東大の天才少女はなぜ医師を志したのか?上田彩瑛さんの物語とは!!!

ミス東大の天才少女はなぜ医師を志したのか?上田彩瑛さんの物語とは!!!
📘 この記事で分かる事!

💡 ミス東大に輝いた上田彩瑛さんの医師を志すきっかけとなった経験とは?

💡 天才少女の頭脳と努力が詰まった、東大理科三類合格への道のりとは?

💡 上田彩瑛さんを支えた母親の英才教育と、驚くべき学習戦略とは?

それでは、第一章、上田彩瑛さんの医師を志す道のりについてご紹介しましょう。

天才少女の誕生: 医師を志す道

上田彩瑛さんの医師を志すきっかけとなった経験は、本当に衝撃的ですね。

🔖 関連記事の要約!東大理Ⅲに現役合格、上田彩瑛さん SNS断ちの高2冬:朝日新聞デジタル

公開日:2021/02/18

東大理Ⅲに現役合格、上田彩瑛さん SNS断ちの高2冬:朝日新聞デジタル

✅ 上田彩瑛さんは、高校1年時にインフルエンザの予防接種後に意識を失った経験から、人の体の仕組みを学びたいと医師を志すようになった。

✅ 東京大学理科Ⅲ類への受験を決めたのは高校2年になってからで、他の受験生に比べて勉強時間の遅れを感じていたが、効率的な勉強方法を確立し、SNS断ちなど徹底した対策を行った。

✅ 受験を終え、大学生活ではオンライン授業やオンラインでの友人との交流など、従来とは異なる状況に直面するも、興味のある授業を自由に受講できたり、オンラインで友人と交流できるなど、新たな発見やメリットもあった。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASP2K3VP7P1JUTIL016.html

高校2年からのスタートとは思えない、素晴らしい努力ですね。

上田彩瑛さんは、東京大学理科三類に現役合格した天才的な頭脳の持ち主です。彼女は、大阪教育大学付属天王寺小学校、四天王寺中学校、四天王寺高校と、常にトップレベルの学校に通っていました。高校1年の秋にインフルエンザの予防接種を受けた後に意識を失った経験から、医師を目指し、東京大学理科Ⅲ類への進学を決意しました。志望校決定が遅れたため、他の受験生との差を埋めるべく、効率的な勉強方法を意識し、時間管理、SNS断ち、間違えた問題の即時克服などに取り組みました。高校3年の夏以降は、試験時間に合わせた生活リズムを送り、英語のリスニング対策では、本番と同じ環境で練習を行いました。また、受験勉強に集中するため、SNS断ちを行い、合格後は好きなだけSNSを利用できるという目標をモチベーションに、勉強に励みました。大学生活では、オンライン授業やオンラインでの友人との交流など、コロナ禍の影響を受けながらも、充実した日々を送っています。上田さんは、受験生に向けて、諦めずに最後まで粘り強く努力することの大切さを訴えています。

え、まじ!?高校2年から東大理三って、めっちゃスゴイやん!

いやー、やっぱ頭ええけんね。努力もすごいけど、才能もあるんやろなー。

あら、若い頃から意識高い子やったんやね。将来が楽しみだわ。

天才の秘訣: 独自の学習戦略

上田彩瑛さんは、医師を志すだけでなく、ミス東大にも挑戦するなど、多岐にわたる才能をお持ちなのですね。

🔖 関連記事の要約!医学部でミス東大」上田彩瑛さんを育てた母は、娘に勉強する姿を見せていた 昼間は英語教員、夕方から大学院へ

公開日:2020/09/18

医学部でミス東大」上田彩瑛さんを育てた母は、娘に勉強する姿を見せていた 昼間は英語教員、夕方から大学院へ

✅ ミス東大に輝いた上田彩瑛さんは、東京大学理科三類で学ぶ医師の卵です。母親の影響で幼い頃から勉強に抵抗感がなく、医学部を目指すようになります。

✅ 上田さんは、東大理三を目指すことを決めた際に、母親から「やりたいことは何でもやってみたら?」と背中を押され、ミス東大コンテストにも挑戦しました。

✅ 母親は、英語教員として生徒の進路指導に長く携わっていましたが、娘の進路となると迷いもありました。しかし、上田さんが最終的に決めた道に「じゃあ、それで行こう」と寄り添い、支え続けました。

さらに読む ⇒プレジデントオンラインプレジデントオンライン出典/画像元: https://president.jp/articles/-/38816?page=1

母親からの言葉に背中を押され、目標に向かって突き進む姿は本当に素敵ですね。

上田彩瑛さんの勉強法は、次の通りです。ひとつのまとまり・ひとつのストーリーで覚える: 1対1で覚えるのではなく、ストーリーとして覚えることで、関連する情報を芋づる式に思い出せるようにします。歴史を例に、推古天皇の摂政から曽我氏、中臣鎌足、中大兄皇子、大化の改新と、飛鳥時代の出来事をストーリーとして関連付けて覚える方法が紹介されています。 「数学=暗記」とは、解法を覚えるべし: 細かな式を覚えるのではなく、問題を見ただけで解法と公式を思い出せるように、例題をたくさんこなすことが重要です。 自習では、バイブ機能のあるストップウォッチを活用: スマホのタイマーではなく、バイブ機能のあるストップウォッチを使うことで、緊張感を持って勉強時間を管理できます。上田彩瑛さんは、受験勉強中はSNSを一切やめて、全ての時間を勉強に費やしていました。全国模試では常にトップクラスで、センター試験では900点満点中850点という素晴らしい成績を収め、見事東京大学に現役合格を果たしました。

ミス東大って、頭ええだけやなくて、めっちゃ綺麗やん!

なるほど、やっぱ親の支えって大きいんやね。

若い頃から勉強好きって、ほんまにすごいわ。

母の影響力: 天才を育む環境

上田彩瑛さんの母親は、娘の才能を育むために、多くの工夫を凝らしてきたんですね。

🔖 関連記事の要約!上田彩瑛は鉄緑会出身で母は英語教師!天才を育てた教育法を調査
上田彩瑛は鉄緑会出身で母は英語教師!天才を育てた教育法を調査

✅ 上田彩瑛さんは、東京大学医学部を受験された際、東大受験指導専門塾である「鉄緑会」に通っていました。鉄緑会は、東大医学部と法学部の伝統を基盤とした塾で、著名人も多く輩出しています。

✅ 上田さんの母親は、中学高校の英語教師であり、上田さんが幼い頃から英語で話しかけるなど、英才教育を実践していました。また、生後6ヶ月からパズルを与えたり、数を学ぶための絵本を読ませるなど、知的好奇心を育む工夫をしていました。

✅ 上田さんは、幼い頃からバレエやダンスを習っており、勉強と両立しながら、逆算思考を身につけていました。母親の英才教育は、英語教師としての経験を生かしつつも、母親自身の好奇心や熱意に基づいたものであり、上田さんの才能を育む上で大きな役割を果たしたと考えられます。

さらに読む ⇒sakuhomeのトレンドブログ | トレンドの気になる情報をわかりやすくお届けします。sakuhomeのトレンドブログ | トレンドの気になる情報をわかりやすくお届けします。出典/画像元: https://sakuhome23.site/sae-ueda/

英才教育だけでなく、娘の好奇心や熱意を育む環境を作ることは、本当に素晴らしいですね。

この記事は、医学部でミス東大に輝いた上田彩瑛さんと、その母親のインタビュー記事です。母親は、彩瑛さんが中学受験をする際に、昼間は英語教員として働き、夕方から大学院に通うという多忙な日々を送っていました。しかし、常に勉強する姿を見せることで、彩瑛さんに勉強への抵抗感をなくさせ、学力向上を促しました。彩瑛さんは、母親の努力と、自身も勉強好きという性格もあって、中学受験に成功し、その後も常にトップクラスの成績を維持しました。特に数学が得意で、常に周囲と切磋琢磨し、勉強を楽しんでいたようです。母親は、彩瑛さんがスランプに陥っても、前向きな性格で乗り越え、常に「くよくよしている時間がもったいない」という考えを持っていたと語っています。この記事は、親が子供に与える影響力と、子供の努力によって成功がもたらされることを示す、素晴らしい事例です。

え、まじ!?小さい頃から英才教育とか、うちもしてもらえばよかったー。

やっぱ、成功するには環境も大事やね。

あら、昔はこんなに英才教育とかなかったのに、今は色々あるのね。

天才の戦略: 受験成功への道標

上田彩瑛さんは、効率的な勉強法を駆使して、見事東大理三に現役合格を果たしたんですね。

🔖 関連記事の要約!現役で理三合格「ミス東大」が手ほどきする直前期に驚くほど点が上がる付箋&ノート術(PRESIDENT)
現役で理三合格「ミス東大」が手ほどきする直前期に驚くほど点が上がる付箋&ノート術(PRESIDENT)

✅ 現役東大理科三類合格の上田彩瑛さんが、センター試験で95%以上の得点率をマークし、東大の個別試験も突破した経験に基づいた、直前期に驚くほど点が上がる付箋&ノート術を紹介しています。

✅ 上田さんは、1週間単位でスケジュールを立て、毎日のタスクを細かく決めることで、時間管理を徹底し、効率的な勉強を実現しました。また、本番の試験時間に合わせて生活することで、試験本番にスムーズに対応できるよう準備しました。

✅ さらに、タイマーを活用し、問題を解く時間と集中力を意識的に管理することで、勉強効率を向上させました。目標時間内に解くことを意識することで、問題を解くスピードと正確性を高めることができたとのことです。

さらに読む ⇒LINE NEWSLINE NEWS出典/画像元: https://news.line.me/detail/oa-president/7dht9whhddyz

具体的な勉強法や時間管理術は、多くの受験生にとって参考になると思います。

上田彩瑛さんは、2019年に東京大学理科三類に現役合格し、同年「ミス東大」にも選ばれた人気者です。彼女はセンター試験で95%の正解率を記録し、難関の東大個別試験も突破しました。この記事では、上田さんがすべての受験生に教える「今から間に合う驚きの得点アップ」勉強法を紹介しています。上田さんは、高2から東大理科三類を意識した勉強を始め、個別試験対策に重点を置きました。特に物理と化学は高3から始めたため、年末まで時間をかけました。センター試験は地理をクリスマスまで放置し、2週間で一気に詰め込みました。上田さんは、この短期集中型の受験を可能にした4つの勉強法を公開しています。具体的には、1. 集中力を高めるための時間管理術2. 効率的な復習方法3. モチベーションを維持するための工夫4. 試験本番で力を発揮するためのメンタル強化これらの方法を実践することで、受験生は限られた時間の中で最大限の成果を上げることが可能になります。詳細は、プレジデントFamily医学部進学大百科2021完全保存版で確認できます。

え、まじ!?センター試験で95%って、めっちゃスゴイやん!

やっぱ、計画性って大事やね。

あら、若い頃から計画性があるって、ほんまに素晴らしいわ。

華麗なる軌跡: 天才の未来

上田彩瑛さんは、医師を目指しながらも、ミス東大として活躍されているんですね。

🔖 関連記事の要約!最難関医学部で現役の元ミス東大・上田彩瑛 夢は「お医者さん」 ヒロミも「かわいぃ~」/芸能/デイリースポーツ online
最難関医学部で現役の元ミス東大・上田彩瑛 夢は「お医者さん」 ヒロミも「かわいぃ~」/芸能/デイリースポーツ online

✅ 元ミス東大でタレント活動もする現役東大生の上田彩瑛さんが、TBS「THEプラチナリスト」に出演。

✅ 理科Ⅲ類に現役合格、ミス東大グランプリ獲得と輝かしい経歴を持つ上田さんは、医学部医学科4年生で将来は医師を目指している。

✅ 番組では医学への熱い思いを語り、頭蓋骨や脳の仕組みなどについて専門的な知識を披露。その知性と情熱にヒロミも感心していた。

さらに読む ⇒最難関医学部で現役の元ミス東大・上田彩瑛 夢は「お医者さん」 ヒロミも「かわいぃ~」/芸能/デイリースポーツ online最難関医学部で現役の元ミス東大・上田彩瑛 夢は「お医者さん」 ヒロミも「かわいぃ~」/芸能/デイリースポーツ online出典/画像元: https://www.daily.co.jp/gossip/2022/09/18/0015651986.shtml

医学への熱い思いと、知性あふれる姿は、本当に魅力的ですね。

元ミス東大でタレント活動もする上田彩瑛さん(22)が、東大理科Ⅲ類現役合格、ミス東大グランプリ受賞と華麗なる経歴を持つ医学部生であることが「THEプラチナリスト」で明らかになりました。医学への情熱を熱く語る姿に、ヒロミも感心。成績優秀、阪神ファン、森英恵さんデザインの制服姿など、多面的で魅力的な人物像が垣間見えました。

え、まじ!?ミス東大で医者って、めっちゃカッコイイやん!

将来が楽しみやね。

あら、若い頃から夢に向かって頑張ってるって、ほんまに素晴らしいわ。

上田彩瑛さんの努力と才能、そして周りの支えによって、素晴らしい夢に向かって進んでいく姿は、多くの人の心を動かしますね。

🚩 結論!

💡 ミス東大に輝いた上田彩瑛さんの医師を志すきっかけとなった経験とは?

💡 天才少女の頭脳と努力が詰まった、東大理科三類合格への道のりとは?

💡 上田彩瑛さんを支えた母親の英才教育と、驚くべき学習戦略とは?