Academic Box Logo

光永亮太、歌手人生20周年!あの名曲誕生秘話から、観月ありさとの熱愛まで…波乱万丈な軌跡をたどる!「Always」から「風の街」まで!光永亮太の音楽人生とは!?

光永亮太、歌手人生20周年!あの名曲誕生秘話から、観月ありさとの熱愛まで…波乱万丈な軌跡をたどる!「Always」から「風の街」まで!光永亮太の音楽人生とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 光永亮太は、2003年に「Always」でメジャーデビューを果たし、スマッシュヒットを記録したシンガーソングライターです。

💡 2004年には、観月ありさと熱愛がスクープされ、話題となりました。

💡 近年は、ソロ活動、ユニット活動、楽曲提供など、幅広く活躍しています。

それでは、光永亮太さんの音楽人生を、章ごとに詳しく見ていきましょう。

歌手としての出発とデビュー

それでは光永亮太さんのデビューについて、詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!光永亮太 / Always
光永亮太 / Always

✅ 光永亮太のメジャーデビュー20周年記念楽曲「Always」は、コミカルな人生応援歌で、伝説の音楽スタジオ「キティ伊豆スタジオ」で合宿レコーディングされた。キャッチーなメロディとグルーヴィーなサウンドが特徴で、コロナ禍で生まれた明るく前向きな楽曲となっている。カップリングには、コロナ禍で亡くなった祖母への愛を綴ったミディアムバラード「追憶」が収録されている。

✅ 作詞家・売野雅勇の代表曲をAORアレンジでカヴァーしたアルバム。80年代の昭和歌謡界を牽引した売野雅勇の楽曲を、現代のアーティストたちがリスペクトを込めて歌い継ぎ、当時を懐かしむとともに、新しい世代に80年代のスピリットを届ける企画アルバムとなっている。

✅ 光永亮太の20周年記念楽曲と、売野雅勇の代表曲AORアレンジアルバムの2つが紹介されている。どちらも、コロナ禍や80年代という時代背景を反映した、聴き手の心を揺さぶる作品となっている。

さらに読む ⇒OTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviewsOTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviews出典/画像元: https://ototoy.jp/_/default/p/630416

20周年記念楽曲「Always」は、コロナ禍で生まれた明るい曲調で、聴く人の心を元気にしてくれますね。

光永亮太は1980年生まれのシンガーソングライターで、4歳から10歳までシカゴで過ごし、R&BやAORの影響を受けて歌手になることを目指しました。16歳で本格的なボイストレーニングを開始し、2002年にインディーズデビューを果たしました。2003年2月にはフジテレビ系ドラマ『いつもふたりで』の主題歌『Always』でメジャーデビューを果たし、オリコン5位を記録するなど注目を集めました。この曲は光永亮太のデビュー曲であり、スマッシュヒットを記録しました。

へぇ~、知らんかったわ!光永亮太って、昔はめちゃくちゃ人気やったんや!

そうやね、懐かしいなぁ。あの頃はよくカラオケで歌ったもん。

あら、懐かしいわね。あの頃は、まだ私が若かったのよ。

観月ありさとの熱愛報道とその後

続いては、光永亮太さんと観月ありささんの熱愛報道について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!光永亮太と観月ありさの熱愛・破局原因まとめ
光永亮太と観月ありさの熱愛・破局原因まとめ

✅ 光永亮太と観月ありさは2004年にフライデーによって熱愛がスクープされました。

✅ 熱愛発覚後、両者の所属事務所は交際を否定しましたが、フライデーの記事では観月ありさのマンションから出てきた光永亮太に直撃したことも報じられており、熱愛の事実はあったと考えられています。

✅ 2004年夏に熱愛がスクープされ、その後結婚間近ではないかと噂されていましたが、約1年後に破局が報じられました。破局の原因は明らかになっていません。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001772

熱愛報道は衝撃的でしたね。その後、結婚には至らなかったのが残念です。

2004年、写真週刊誌「フライデー」によって、光永亮太と女優の観月ありさの熱愛がスクープされました。記事では、二人が恵比寿ガーデンプレイスで食事をしたり、手を繋いで歩いたり、光永亮太が観月ありさのマンションで生活している様子が報じられました。しかし、双方の所属事務所は「友人関係」「交際しているとは聞いていない」と熱愛を否定しました。その後、2005年には破局の噂が流れましたが、破局原因は明らかにされていません。

えー、まじ!?観月ありさとか、めっちゃカッコイイやん!

そうやね、あの頃は話題になったよね。でも、結婚できなかったんかぁ。

あら、あの頃は、まだ私が元気だったのよ。

プライベートと音楽活動の展開

光永亮太さんのプライベートと音楽活動の展開について、詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!光永亮太ALWAYSで一発屋に!現在は何をしている?結婚はしてる?

公開日:2023/10/28

光永亮太ALWAYSで一発屋に!現在は何をしている?結婚はしてる?

✅ 光永亮太さんは、2003年に「Always」でメジャーデビューし、一時期話題となりましたが、その後は目立った活動をしておらず、「一発屋」と呼ばれることもありました。

✅ 現在は、ソロ活動、ユニット活動、楽曲提供、ラジオパーソナリティなど幅広く活動しており、2013年の「ハモネプ」出演や2023年3月26日の「有吉反省会」出演など、近年では再び注目を集めています。

✅ 光永亮太さんは2009年9月27日に、幼馴染みの女性と結婚しています。

さらに読む ⇒芸能レジスタンス芸能レジスタンス出典/画像元: https://geinou-resistance.info/1413.html

近年は、メディア露出が増えて、改めて光永亮太さんの魅力が再認識されていますね。

光永亮太は2009年9月27日に幼馴染の女性と結婚しています。近年は、2013年にハモネプへの出演や、2023年3月26日の『有吉反省会』出演など、メディア露出も増え、改めてその歌唱力と存在感を示しています。光永亮太の連続ドラマ主題歌は、「Always」と「believe」の2曲です。「Always」は2003年放送のフジテレビ系ドラマ「いつもふたりで」の主題歌で、光永亮太のデビュー曲であり、スマッシュヒットを記録しました。「believe」は2004年放送のTBS系ドラマ「コスメの魔法」の主題歌です。さらに、光永亮太さんは2016年放送のTBS系ドラマ「OUR HOUSE」のサウンドトラックに「Peace of mind」という楽曲で歌唱参加しており、2020年8月放送のTOKYOMXドラマ「彼が僕に恋した理由」の主題歌「REASON」の作曲・編曲を担当しています。

え、結婚してたん!?知らんかったわ!

そうやね、最近はテレビでもよく見かけるようになったよね。

あら、結婚したの?もうそんなに経つのね。

音楽活動とその裏側

光永亮太さんの音楽活動の裏側について、詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!風の街 by 光永亮太
風の街 by 光永亮太

✅ 光永亮太が10年ぶりにソロ名義の新曲「風の街」をリリース。故郷への想いを歌った珠玉のバラードで、ライブでは涙を誘う「泣きの1曲」として人気を博しています。

✅ 「風の街」は、光永亮太が生まれ育った故郷をテーマに作詞作曲した楽曲で、2014年に地元の睦会創立50周年記念に制作されたものです。

✅ 「風の街」は、J-POP の実力シンガーによる新曲リレーリリース・プロジェクト「Legato」の第1弾シングルとしてリリースされます。Legato プロジェクトでは、中西圭三、ISEKI、Naomi Yoshimura、我那覇美奈、浅田祐介といった実力シンガーが、今だから歌える、今しか歌えない歌を歌います。

さらに読む ⇒LinkCore(リンクコア) - 短縮URLでリリースの告知をひとまとめにLinkCore(リンクコア) - 短縮URLでリリースの告知をひとまとめに出典/画像元: https://linkco.re/Qvfps5xU?lang=ja

故郷への想いを歌った「風の街」は、まさに光永亮太さんの心の叫びを感じますね。

光永亮太の「Always」は、2003年2月19日にリリースされた彼のデビューシングル。オリコンチャートでTOP10入りし、週間チャート最高5位を記録しました。R&B色が強かった当時の音楽シーンの中で、光永亮太はシンガーソングライターとしての才能を発揮し、力強くも儚い歌声が特徴的な「Always」は、多くの人々に愛されました。カップリング曲「Closetoyou」はバラード調で、フジテレビ系情報番組「F2」のエンディングテーマに起用されました。「Always」は、2003年7月2日にリリースされたアルバム「Insidemyheart」に収録されており、このアルバムは光永亮太の最高売り上げを記録しました。同アルバムには、ミディアムテンポのバラード曲「いつか君が」も収録されており、こちらも人気曲となりました。実は「Always」の歌詞には、光永亮太自身の挫折経験が込められています。彼は幼い頃からサッカーに打ち込み、ジェフ市原Jr.ユースに所属していましたが、突然の解雇通告を受け、大きな挫折を経験しました。しかし、兄の励ましの言葉に支えられ、サッカーから陸上競技へと転向したのです。「Always」は、光永亮太の挫折と再生、そして兄への感謝の気持ちが詰まった楽曲であり、聴く人の心に響く力強いメッセージを伝えています。シンガーソングライター光永亮太が、10年ぶりに自身の名義で新曲「風の街」を7月28日に配信リリースする。この曲は、光永が生まれ育った故郷への想いを綴ったバラードで、ライブではオーディエンスを涙させる「泣きの1曲」として知られてきた。「風の街」は、光永が所属する御神輿の睦会の創立50周年記念で制作された楽曲であり、今回満を持してのリリースとなる。配信は、「Legato」プロジェクトの一環として行われる。「Legato」プロジェクトは、J-POPの名シンガーが今しか歌えない新曲をリリースするプロジェクトで、中西圭三、ISEKI、NaomiYoshimuraなどが参加している。「風の街」のMVには、櫻井貴史が出演。櫻井は、楽曲タイトルにもある風を感じた瞬間に故郷に思いを馳せる主人公の心情を見事に表現している。撮影地には光永が思い入れのある店や風景が登場し、リアリティのあるシーンも見どころとなっている。

「風の街」って、めっちゃエモい曲やん!

そうやね、最近はこういうバラード調の曲もいいよね。

あら、故郷って、やっぱり大事なのね。

光永亮太さんは、歌手デビューから20年、様々な経験を経て、今もなお音楽活動を続けています。これからも、光永亮太さんの活躍から目が離せません。

🚩 結論!

💡 光永亮太さんは、2003年に「Always」でメジャーデビューし、その後も音楽活動を続けています。

💡 2004年には、観月ありさと熱愛がスクープされましたが、その後破局。プライベートも波乱万丈でした。

💡 近年は、ソロ活動、ユニット活動、楽曲提供など、幅広い活動を展開し、再び注目を集めています。