Academic Box Logo

村上“ポンタ”秀一、伝説のドラマーの軌跡?音楽界に多大な影響を与えたとは!?

村上“ポンタ”秀一、伝説のドラマーの軌跡?音楽界に多大な影響を与えたとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 村上“ポンタ”秀一は日本のトップドラマーとして、数々のアーティストをサポートしてきた。

💡 彼の独特なドラムスタイルは、多くのドラマーに影響を与え続けている。

💡 ポンタの音楽人生は、多くの音楽ファンにとって、感動と興奮を与えてくれるだろう。

それでは、村上“ポンタ”秀一さんの音楽人生について、詳しく見ていきましょう。

ポンタの音楽人生の始まり

ポンタさんは、本当に才能溢れるドラマーだったんですね。

🔖 関連記事の要約!スティックを握ってたった4日で…名ドラマー村上 ゛ポンタ゛ 秀一の「スゴい伝説」(山田 ゴメス)
スティックを握ってたった4日で…名ドラマー村上 ゛ポンタ゛ 秀一の「スゴい伝説」(山田 ゴメス)

✅ 日本のトップドラマー、村上゛ポンタ゛秀一さんが3月9日に亡くなりました。享年70歳です。

✅ 1970年代から活躍し、フォーク、ジャズ、ロックなど多くのジャンルで活躍しました。郷ひろみ、沢田研二、山下達郎など数多くのアーティストのサポートを務め、レコーディング総数は1万4000曲以上にも及びます。

✅ 中学生時代はブラスバンド部でフレンチホルンを演奏していましたが、朝比奈隆氏に勧められ打楽器奏者になりました。21歳の時に赤い鳥のドラマーオーディションを受け、ドラムスティックを握ってわずか4日目で合格しました。

さらに読む ⇒現代ビジネス | 講談社 @gendai_biz現代ビジネス | 講談社 @gendai_biz出典/画像元: https://gendai.media/articles/-/82171?page=1&imp=0

ポンタさんの音楽人生は、まさにドラマティックですね。

1951年生まれの村上゛ポンタ゛秀一は、幼少期を京都の祇園で過ごし、「ポンタ」の愛称で呼ばれていました。中学時代はフレンチホルンを演奏していましたが、大阪フィルハーモニー交響楽団の指揮者・朝比奈隆さんの勧めで打楽器奏者の道へ進みました。21歳の時、フォークグループ「赤い鳥」のドラマーオーディションに合格し、わずか4日間のドラム練習でオーディションに参加し、見事合格を果たしました。その後、赤い鳥、渡辺香津美、PONTABOXなどに参加し、角松敏生、吉田美奈子、椎名林檎、山下達郎など数多くのアーティストをサポートしてきました。

まじ!?4日で合格とか、ポンタさん天才やん!

いや、まじで!?4日で合格って、ありえへんやろ?

ポンタさん、若い頃から才能が開花してたんだねぇ。素晴らしいわ!

伝説のドラマー、ポンタの逸話

ポンタさんのエピソードは、どれも興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!村上゛PONTA゛秀一〜Murakami Ponta Shuichi〜

公開日:2016/12/02

村上゛PONTA゛秀一〜Murakami Ponta Shuichi〜

✅ 村上゛PONTA゛秀一は、日本のトップミュージシャンとの共演や14,000曲以上のレコーディングなど、日本の音楽シーンに多大な貢献をした、唯一無二のカリスマドラマーです。

✅ ポンタのプレイスタイルは、特徴を挙げることが難しいほど独特で、様々な楽曲に対応できる万能さを持つ一方で、重厚な音と体の動きや呼吸を意識した演奏が魅力です。

✅ ポンタは、楽曲の歌詞からインスピレーションを受け、ドラムのチューニングやアプローチを決めるなど、音楽への深い洞察と研究を積み重ね、独自のスタイルを確立しています。

さらに読む ⇒トップページトップページ出典/画像元: https://drumstreet.net/murakami-ponta/

ポンタさんの伝説は、本当に語り継がれていくべきですね。

村上゛ポンタ゛秀一は、日本の代表的なドラマーとして、数々の伝説的なエピソードを残しました。わずか4日間のドラム練習でフォークグループ「赤い鳥」のオーディションに合格したエピソードは、彼の才能の開花を物語っています。また、世界的ドラマーのスティーブ・ガッドの替え玉として、カーラ・ブレイのアルバム「DinnerMusic」のレコーディングに参加し、高い評価を得たエピソードは、彼の高い技術力を証明しています。さらに、自分のドラムの音色が気に入らない際に、神保彰氏を例に挙げ、「そんな音では神保彰のようだ!」と発言していたエピソードは、彼の厳しい自己評価と向上心を感じさせます。

えー、ポンタさんって、そんな伝説もあったんや!

まじで!?スティーブ・ガッドの替え玉とか、凄すぎやろ!

ポンタさん、若い頃から厳しい修行を重ねてきたのね。素晴らしいわ!

ポンタの音楽性とドラムスタイル

ポンタさんのドラムスタイルは、本当に独特で魅力的ですね。

🔖 関連記事の要約!ドラマー 村上゛ポンタ゛秀一さんが逝去。享年70歳。数多くのミュージシャンのレコーディングやライヴに参加
ドラマー 村上゛ポンタ゛秀一さんが逝去。享年70歳。数多くのミュージシャンのレコーディングやライヴに参加

✅ 日本の著名なドラマー、村上゛ポンタ゛秀一さんが2021年3月9日に死去されました。享年70歳。死因は視床出血によるものとのことです。

✅ 村上さんは「赤い鳥」や矢沢永吉、沢田研二、井上陽水など、数多くのアーティストのレコーディングやライブに参加し、14,000曲以上のレコーディングに携わってきました。

✅ また、自身で「PONTA BOX」というバンドを結成し、サウンドプロデューサーとしての活動や後進の育成にも力を注いでいました。多くの音楽関係者から追悼のコメントが寄せられています。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/news/2021/03/15/tg008

ポンタさんのドラムは、聴く人の心を揺さぶる力がありますね。

ポンタさんのドラムの特徴は、唯一無二のグルーヴ感、セッションドラマーとしての先駆者的存在、即興演奏の腕前、そして呼吸感のある演奏です。ドラムセットは、パールを使用しており、シンバルは4つ以上、スネアは2つを使用していることが多いです。また、ツインペダルを使用することもあります。ポンタさんは、音楽業界に多大な影響を与えた伝説的なドラマーであり、そのプレイは今も多くのドラマーに影響を与えています。

ポンタさんのドラム、めっちゃかっこいいやん!

ポンタさんのドラム、聴いてて鳥肌立つわ!

ポンタさんのドラム、魂がこもってるわね!

幅広い音楽ジャンルでの活躍と影響力

ポンタさんの音楽は、ジャンルを超えて愛されていますね。

🔖 関連記事の要約!村上 ゛ポンタ゛秀一】デビュー50周年を目前に逝去─邦楽史に残した足跡と偉業を振り返る

公開日:2021/08/31

村上 ゛ポンタ゛秀一】デビュー50周年を目前に逝去─邦楽史に残した足跡と偉業を振り返る

✅ 村上゛ポンタ゛秀一は、1972年からプロドラマーとして活動を始め、数々のヒット曲のレコーディングに参加し、年間800本のCM曲を演奏するなど、日本の音楽シーンを代表するドラマーとして活躍しました。

✅ 彼は、高い音楽理論と譜面を読む能力に加え、2年間のドラムセットを使わない修行によって培われた独自の演奏スタイルで、多くのアーティストから愛され、セッションドラマーとして活躍しました。

✅ ポップスだけでなく、フュージョンやジャズなど幅広いジャンルで才能を発揮し、2022年に迎えるはずだったプロデビュー50周年を前に、2021年3月9日に逝去しました。

さらに読む ⇒ARBAN(アーバン) | ジャズを中心としたカルチャーメディアARBAN(アーバン) | ジャズを中心としたカルチャーメディア出典/画像元: https://www.arban-mag.com/article/70379

ポンタさんの音楽は、これからも多くの人の心を魅了していくでしょう。

村上゛ポンタ゛秀一は、ジャズ、ロック、ポップスなど、幅広いジャンルの音楽で活躍し、坂本龍一、山下洋輔、井上陽水など、数多くのトップミュージシャンと共演してきました。14,000曲以上のレコーディングに参加し、日本の音楽シーンに大きな貢献を果たしています。特徴的なのは、天才的なドラムスキルと、楽曲の歌詞からインスピレーションを得て演奏を構築する独自のスタイルです。また、後進の育成にも熱心に取り組み、ドラムクリニックなどで若いミュージシャンを指導しています。

ポンタさんの音楽、めっちゃ聴いてみたいわ!

ポンタさんの音楽、めっちゃ幅広いんやね!

ポンタさん、若いミュージシャンを育ててたんだねぇ。素晴らしいわ!

村上゛ポンタ゛秀一さんは、日本の音楽界に大きな足跡を残した素晴らしいドラマーでした。

🚩 結論!

💡 ポンタは、日本のトップドラマーとして、多くのアーティストをサポートしてきた。

💡 彼は、独自のドラムスタイルで、多くのドラマーに影響を与え続けている。

💡 ポンタの音楽は、これからも多くの人の心を魅了していくでしょう。