Academic Box Logo

都はるみ 歌手人生 三冠の陰に…壮絶な葛藤!?差別と引退の真実とは!?

都はるみ 歌手人生 三冠の陰に…壮絶な葛藤!?差別と引退の真実とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 都はるみさんは、日本レコード大賞で新人賞、最優秀歌唱賞、大賞の三冠を達成した。

💡 都はるみさんは、在日韓国人であることを公表し、差別とバッシングに苦しめられた。

💡 都はるみさんは、1984年に36歳で歌手活動を引退した。

それでは、都はるみさんの歌手人生について、詳しく見ていきましょう。

都はるみさんの歌手人生

都はるみさんの歌声は、本当に素晴らしかったですね。

🔖 関連記事の要約!BS
BS

✅ 都はるみは、日本レコード大賞で新人賞、最優秀歌唱賞、大賞の三冠を達成した。

✅ 記事では、都はるみの三冠達成までの軌跡と歌人生が、TBSの貴重な映像と共に紹介されている。

✅ 都はるみの栄光の歌声を振り返る内容である。

さらに読む ⇒栄光の歌声!都はるみレコード大賞三冠物語栄光の歌声!都はるみレコード大賞三冠物語出典/画像元: https://bs.tbs.co.jp/music/miyakoharumi/

都はるみさんの歌声は、時代を超えて愛される魅力がありますね。

都はるみさんは、1948年に在日韓国人の父と日本人の母との間に生まれました。本名は北村春美で、幼い頃から音楽に親しみ、歌手になることを決意し、高校を中退しました。1964年に歌手デビューし、翌年にはNHK紅白歌合戦に初出場を果たしました。1976年の『北の宿から』の大ヒットにより、第18回日本レコード大賞やFNS歌謡祭最優秀グランプリなど数々の音楽大賞を受賞しました。しかし、在日韓国人であることを公表していたことから、差別的な扱いを受けることもありました。1980年には『大阪しぐれ』で日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞しました。その後も歌手活動を続けましたが、1984年に突如引退を発表しました。

え、まじ!?高校中退して歌手になったん?スゴイわ!

いやー、ホンマにスゴイっすね!都はるみさんって、やっぱレジェンドやけん!

あら、昭和のアイドルって、みんな大変だったのよ。でも、都はるみさんは強いわね。

公表とその後

都はるみさんは、差別を受けながらも、歌手活動を続けられたことは本当に素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!都はるみの本名と年齢・実家の家族・韓国や生い立ちと若い頃を総まとめ
都はるみの本名と年齢・実家の家族・韓国や生い立ちと若い頃を総まとめ

✅ 都はるみさんの本名は李 春美で、1966年に帰化し北村春美となりました。彼女は在日韓国人の父と日本人の母との間に生まれ、歌手デビュー前に母親が彼女の出自を公表したため、差別とバッシングに苦しめられました。

✅ 都はるみさんは1964年に歌手デビューし、1965年にはNHK紅白歌合戦に初出場を果たしました。1976年には「北の宿から」で数々の音楽賞を受賞しましたが、彼女の出自が明らかになったことで再びバッシングを受けました。

✅ 都はるみさんは、差別とバッシングにも負けずに歌手活動を続け、1980年には「大阪しぐれ」で日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞しました。しかし、1984年に突然引退を発表しました。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001818

都はるみさんは、辛い経験にも負けずに、自分の道を突き進んだんですね。

都はるみさんの父親は、京都で西陣織りの機屋を営んでいましたが、家族に関する情報はほとんど公開されていません。都はるみさんが在日韓国人であることを公表したのは、母親の北村松代が1969年に週刊誌「週刊平凡」でカミングアウトしたことがきっかけでした。この告白は大きな反響を呼び、都はるみさんは差別と偏見に苦しむことになります。特に、1976年に「北の宿から」がレコード大賞を受賞した際には、出身を理由に批判が集中し、都はるみさんは受賞を辞退することも考えたそうです。

え、マジ!?ありえへん!そんなことあるん?

いやー、マジ大変だったやろね。でも、都はるみさんって強いやん!

あら、昔の芸能界は、今よりもっと厳しい時代だったのよ。でも、都はるみさんは立派に生き抜いたわね。

引退の決意と葛藤

都はるみさんの引退は、本当に残念でしたね。

🔖 関連記事の要約!復刻ロングインタビュー【都はるみ】国民的歌手の青春・恋愛・仕事

公開日:2020/12/09

復刻ロングインタビュー【都はるみ】国民的歌手の青春・恋愛・仕事

✅ 都はるみさんは、1984年に36歳で歌手活動を「引退」した。これは、歌手以外の仕事がしたいという思いと、仕事に対して自信を持てなかったことから生まれた決断だった。

✅ 都はるみさんは、10代の頃から国民的歌手として活躍したが、大人の恋の歌詞にはリアリティを感じられず、洋画のシーンを思い浮かべながら歌っていた。しかし、「北の宿から」を歌う頃から歌詞の内容と自身の想像力が一致し始めたという。

✅ 都はるみさんは、多忙な歌手生活の中で、新宿2丁目のバーに通い、ゲイボーイの人たちと交流していた。バーは、仕事から解放される唯一の場所だった。

さらに読む ⇒読む映画館読む映画館出典/画像元: https://todorokiyukio.net/2020/12/09/8733/

都はるみさんの引退の理由が、仕事への自信のなさだったとは、意外でした。

都はるみさんは、1996年のインタビュー記事で、1984年の36歳での引退について、歌手以外の仕事への憧れや、歌手活動への自信の無さ、そして「40歳になる前に断ち切りたい」という強い決意を語っています。また、10代でのデビューから20年間の歌手生活を振り返り、大人の恋の歌詞を歌いながら、自身の恋愛経験の乏しさや、洋画のシーンを思い浮かべて歌っていたことを明かしています。さらに、29歳頃になって初めて歌とプライベートの感情が近づき始めたことや、17歳の頃から新宿2丁目のバーに通っていたことなども語られています。記事からは、都はるみさんがスターとしての葛藤や、仕事に対する真摯な姿勢、そして人生における変化への強い意志を感じることができます。

え、まじ!?なんでやねん!もったいない!

いやー、ホンマに惜しいっすね。でも、都はるみさんなら、きっと何か新しい道を開拓するでしょう!

あら、都はるみさんは、自分の道を自分で決める、強い女性だったのよ。

代表曲「北の宿から」

「北の宿から」は、本当に名曲ですよね。

🔖 関連記事の要約!楽譜】フルートで昭和歌謡シリーズ 『北の宿から』都はるみ / 小林 亜星 (フルート / 初〜中級)
楽譜】フルートで昭和歌謡シリーズ 『北の宿から』都はるみ / 小林 亜星 (フルート / 初〜中級)

✅ 「北の宿から」は、都はるみの代表曲であり、1975年12月1日にシングルリリースされた昭和歌謡の名曲です。

✅ 作詞は阿久悠、作曲は小林亜星で、140万枚を超える売上を記録し、都はるみにとって3曲目のミリオンセラーシングルとなりました。

✅ 「北の宿から」は、第7回日本歌謡大賞と第18回日本レコード大賞の大賞を受賞し、日本レコード大賞と日本有線大賞をダブル受賞する史上初の快挙を成し遂げました。

さらに読む ⇒ Piascore 楽譜ストア Piascore 楽譜ストア出典/画像元: https://store.piascore.com/scores/195326

「北の宿から」は、聴くたびに心に響く名曲ですね。

「北の宿から」は、都はるみさんの代表曲であり、1975年に発売され、140万枚を売り上げたミリオンセラーです。歌詞は阿久悠が書き、作曲は小林亜星が担当しました。歌詞は、北国に取り残された女性が、遠くに行ってしまった恋人を想う切ない心情を描いています。女性の想いは、冬の寒さや、編んで渡せないセーターを通して表現されています。「あなた」は、恋人の男性であり、上京したと考えられています。女性は、会いたい気持ちと、もう二度と会えない現実の間で苦しんでいます。セーターは、女性の未練や、叶わぬ恋を表す象徴となっています。この曲は、昭和歌謡を代表するラブソングであり、時代を超えて多くの人に愛されています。

え、マジ!?この曲知らんかったわ!めっちゃいいやん!

いやー、ホンマに名曲っすね!何回聴いても飽きない!

あら、「北の宿から」ね。昔の曲は、歌詞が深いのがいいのよ。

都はるみさんの歌手人生は、輝かしい功績と苦悩が詰まった、ドラマティックな物語でした。

🚩 結論!

💡 都はるみさんは、日本レコード大賞で三冠を達成した。

💡 都はるみさんは、在日韓国人であることを公表し、差別とバッシングを受けた。

💡 都はるみさんは、1984年に36歳で歌手活動を引退した。